2005年04月21日

餃子の王将、そして秋吉

gooブログも軽くなったようで一安心です。スタッフブログのコメントを毎日チェックしちゃてました。なかなか楽しめましたよ。

王将秋吉1.jpgさて、先週は天候不良で花見が中止になったため一人で晩飯を食うハメに。行き先はもちろん「餃子の王将」。家庭を持ちながらも月に一度は(一人または友人と2人で)食いにきてる気がする。ほとんど病気ですな。一人で行ったときは当然カウンターに座り、大量の餃子が焼かれている様子を見ながら食うのが楽しみになってしまってます。
大好きです、王将。
家族で外食するってときには候補にあがらないお店なんですけどね(笑)
写真は餃子と炒飯と唐揚げがセットになった「ヤングセット」。セットメニューとかは店舗によって違うのため敦賀店のオリジナルセットなのかもしれませんがヤングって言うネーミングもなかなかのセンスしてます。いまどきヤングって・・
ヤングセットを食った自分は今年35歳になります。


王将秋吉2.jpg家族で外食。
新しくオープンする「まつり寿し」へ行ってみたら「開店は来週です」って張り紙が。ということで久しぶりにファミリーでやきとりの名門秋吉へ。
土日は結構家族連れもいますが、夕方5時30分頃に入れば座敷に座れる確率は高いです。とりあえず純けいとキュウリと串カツがあれば僕は満足なんですが子供と嫁さんのためにネギマと若鶏、ごはんも注文。腹一杯食って飲んで6,000円くらい。やっぱり安いです。
秋吉は600本以上の注文がある場合は出張もしてくれるので時々出張サービスも利用してます。

ところでうちの息子よ。友達に「今日お寿司やさんに行くんだよ」なんて言いふらさないで下さい。回転寿しなんだから(それもすべて一皿100円のお店に行こうとしていた)。恥ずかしいじゃないですか。
posted by poptrip at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

最近の外食まとめ

外食まとめ1.jpgまずは、敦賀のそばやさん。「千成そば」です。メインの通りにはないのでちょっと場所がわかりにくいですが(行くときいつも迷う)まあそれなりのお店です。定食類が人気のようです。自分も必ず定食を食う。今回食ったのはソースカツ丼とおろしそばがセットになったもの。そばは日によってできがちがうのかな。前回行ったときはあんまりいい印象が無かったんだけど今回はおいしく食べれました。ソースカツ丼は典型的なそばやさんのソースカツ丼です。ランチタイムと土日の夕方はいつも駐車場がいっぱいで、結構はやってます。


外食まとめ2.jpg
外食まとめ3.jpg




次は、同じく敦賀の洋食や「なごみ家」です。住宅街にあるのでここもかなり分かりにくい場所にあります。
ランチは900〜1000円くらいでドリンク付き。何種類かのハンバーグ、パスタなどから選びます。この日は嫁さんが「春キャベツとベーコンのパスタ」、自分が「チーズハンバーグ」を選びました。ハンバーグは相変わらずの手作りの誠実な味。パスタはかなりうまかった。嫁さんの分をたくさんわけてもらってしまった。
おしゃれ系の洋食屋さんやフレンチ・イタリアンの店と同様に量は少なめなので女性向けかも。何度か子連れで行ったこともありますが特に問題はなし。お子様メニューはないですけど。

外食まとめ4.jpg最後は、鯖江の「御園(みその)飯店」。昔からある店なんで子供の頃から時々行ってました。子供の頃と変わらないのがこのお店のでかい唐揚げ。骨付きだからでかいんだけど、携帯電話くらいの大きさのものもあります。6人で行って2人前頼んだんだけど失敗しました。多すぎる。
どのメニューも900円くらいです。1300円ほどする海老マヨはちょっと僕の口には合いませんでした。




posted by poptrip at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

iMac購入3ヶ月経過(その2)

iMacG5は調子がいいと昨日書いたばっかりなんだけど・・
今日iPodをUSBでつないだら突然画面が暗くなって
「コンピュータを再起動する必要があります。電源ボタンを数秒間押し続けて下さい。」
みたいなことを英語その他何か国語かが箇条書きに書かれたいやな予感のするメッセージがでました(写真とっておけばよかった)。正真正銘のクラッシュですね。昔のシステムで言う爆弾マークと同じようなもんでしょうかね。このメッセージが出たのは初めてなので正直かなり焦りました。

再起動したらいちおうシステムは異常ないみたいなんですけれど、itunesでiPodを認識しなくなりました。Appleのwebサイトのdiscussion boardでは同様の症状がたくさん報告されていたのでそれらを参考にして、itunesやシステムの再起動を繰り返しながら以下のことを試しました。
(1)iPodをリセット
(2)USBケーブルの抜き差し
(3)Firewireで接続
(4)コネクタをエアダスターで掃除
症状は改善されないため、結局、iPodアップデータをダウンロードして「復元」を選んでiPodのデータを初期化することで問題はいちおう解決しました。
これだけのことを行うのに失った時間は約3時間。

またAppleが嫌いになりそう・・

あとiMac G5の不満なところを思いついたので以下に書いてみる。
■USBコネクタが裏面にあるので抜き差しが面倒くさい。
 デザインのからみなんだろうけど横にあると便利。
■iMacに特化することではないけどやっぱり使えるソフトが少ない。
 このgooのブログサービスもMacには非常に冷たいです。
 RSSリーダー未対応。アドバンスの動画配信も未対応。
 あとgoogleのツールバー未対応。もちろんnyやMXも使えません(たぶん)。

ウイルスがあんまり怖くないって言うのは大きなメリットではありますけれどね。
まあ以前も書いた覚えがあるけどマカーには忍耐力が必要なのです。
posted by poptrip at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月03日

iMac購入3ヶ月経過。

iMacG5を買ってから三か月経ちました。
ずっとOS9で頑張ってた自分もOS Xの訳の分からんファイルシステムと文字化けに悪戦苦闘しながらもなんとかある程度は使いこなせるようになりました。Classic環境もほとんど使わなくなりました。(Classic環境を使うのは2ちゃんの専用ブラウザを使うときのみ)
とりあえず今はかなり満足。なんと言ってもiTunesで音楽聴きながら、アナログレコードをSound Itで取り込みながらレコードジャケットのスキャンをして、インターネットからダウンロードをしちゃったりしても全然ストレスを感じない処理能力がお気に入り(メモリは768MBに増設済み)。
まあ今までの環境(Power Mac G3/DT233 + OS9.1)が悪すぎたのかもしれませんが・・・
安定性が売りのOS Xですが確かにめったにクラッシュすることはありません。でもときどき勝手にアプリケーションが終了したりすることがあります。(IEとPhotoshop Elementsを使ってるときに発生することが多い気がする)まあこれもしかたがないのだと諦めてます。ユーザーで機能拡張を触ったりそういうことができるシステムではないですから。
あと気に入らないのは8cmのCDシングルを挿入できないこと。とある掲示板ではアダプターにとりつけて挿入すれば再生もできると言う書き込みもありましたが、Appleのwebサイトでは動作保証できないと書いてあります。自分は怖くて挿入できません。

iPodFMトランスミッター(Monster iCarPlay wireless)のほうは、走る場所によってかなりのノイズが入ることに気づきました。ノイズの入るポイントが信号待ちしてるところだったりしたら結構ストレスを感じます。わざわざ信号待ちの短い時間でチューニングをしようっていう気にもならないし。
となりの車の音と混信しちゃってるみたいなときは困りましたね。ある車と並走している間ずっと聴きたくもない音楽と混信してましたから。
まあFMトランスミッターに関してもこんなもんかなと諦めてます。FMトランスミッター自体の性能に問題があるのか自分の車載チューナー(またはアンテナ)の性能のせいなのかわからないし。ちなみに嫁さんの車(ムーヴ)についているCDチェンジャーもFMでとばしてるんですがノイズが入ったことは一度もありません。
posted by poptrip at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月01日

久しぶりにCDを買った。

CD.jpg
たぶん新譜のCDを買ったのは半年振りくらいじゃなかろうか。
新譜って言っても2004年に発売されたやつですけど。浜田省吾フリークとしては一応押さえておかなければいけない一枚・・・Fairlifeの「Have a naice life」。浜田省吾ファンには物足りない一枚とも言えるのですが、雰囲気的には悪くないです。元プリ・プリの岸谷(奥居)香のボーカルが聴けるのも70年代生まれの自分にはうれしい一枚です。
さて、CDをMacに挿入してiTunesでエンコードしてiPodに取り込んでしまうとこのCDの役目はほぼ終えたも同然。iTunesとiPodを手に入れてしまった今、CDやレコードに対する扱いが全く変わってしまった。
学生時代は食費を削ってでも欲しい中古レコードを手に入れ、欲しい新譜は予約してまで買っていたもんだ。購入したレコードはジャケットをじっくりと眺め、歌詞カードを眺めミュージシャンのクレジットなどをじっくりチェックした。その頃に買った数百枚のCDやレコードはジャケットを見ればタイトルがパッと出てくるし、一枚一枚に思い出があるのです。
友人の風呂も無い下宿で灯りを消してコンポーネントステレオでピンク・フロイドの「狂気」をじっくりと聴いて「やっぱすごいよなあ」なんて言ってた時代もあったんです。レコードを聴くことはある種の儀式のようなものですらあったのです。
iPodがあればいつでもどこでも好きな曲が一発で検索できて聴くことができます。iTunesとiPodは確かに便利です。でも何となく寂しいのです。CD一枚、アナログレコード一枚の存在意義がどんどん薄れていくようで。
CDの売り上げが激減しているようですがこの流れはとまらないのでしょうね。公立の図書館でもCDが無料で貸し出されパソコンに取り込んじゃえばもうそれで十分と言う世の中なんですから。
posted by poptrip at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする