2005年08月31日

東京旅行その3(東京ディズニーシー)

旅行最終日はディズニーシー。

まずは東京ベイホテル東急の朝食バイキングで少しだけリッチな気分にでもひたろうかと思ってましたが、まあ子供だらけのレストランは、食事・雰囲気とも2800円の価格とはほど遠いもので。

この日はあいにくの雨模様のため、入り口では「閉園時間が早まるかもしれませんがよろしいですか」と訪ねられました。
地元の人なら別の日にします、って気軽に答えられるんだろうけど、こちとらずっと前からこの日だけをターゲットにして準備してきたんだから引き下がれるはずもありません。

ディズニー0.jpgまあ結果的には、雨のために客が少なくてほとんどのアトラクションを一日で利用できました。一番長いのでも20分待ちくらい。ファストパスをとる必要は全くなし。

ミスティック・リズムも10分ほど前に行ったら最前列がまだ空いてましたし(もちろん最前列に座った)、マーメイドラグーンシアターも空席だらけ。

パーク内のキャストも暇そうでした。
暇だったからか向こうから話しかけてくることが多く、子供たちは楽しい話をしてもらったり、シールをもらったりして満足げでした。

またキャストに対する好感度がアップ。

屋外でのショーなんかは中止だったけど、こういうのもアリかな。

しかし相変わらず東京ディズニーリゾート内のメシは高くておいしくない。
TDL、TDSの唯一といってもいい不満はそこにあります。
今回はどのお店も空いてたからよかったけど、混雑している時に高くておいしくない食事を並んでまで食わなければならないのは大変な苦痛ですよ。

競争がないから仕方がないとあきらめるしかないのか。

競争のないところには発展はあり得ない

市販のガイドブックには必ず食事のことも写真入りで詳しく書かれてますが僕はTDRで食事を楽しんだことはありません。まあガイドブック自体も講談社がほぼ独占状態なんですけどね。

帰りの電車内には、おみやげをいっぱい抱えた人がいっぱいいますが、いったいいくら使ってるんでしょうかね。
ほんとに日本は不況なんでしょうか。

そんなことどうでもいいのさ。

とにかく楽しい東京旅行だったから。
posted by poptrip at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京旅行その3(東京ディズニーシー)

旅行最終日はディズニーシー。

まずは東京ベイホテル東急の朝食バイキングで少しだけリッチな気分にでもひたろうかと思ってましたが、まあ子供だらけのレストランは、食事・雰囲気とも2800円の価格とはほど遠いもので。

この日はあいにくの雨模様のため、入り口では「閉園時間が早まるかもしれませんがよろしいですか」と訪ねられました。
地元の人なら別の日にします、って気軽に答えられるんだろうけど、こちとらずっと前からこの日だけをターゲットにして準備してきたんだから引き下がれるはずもありません。

ディズニー0.jpgまあ結果的には、雨のために客が少なくてほとんどのアトラクションを一日で利用できました。一番長いのでも20分待ちくらい。ファストパスをとる必要は全くなし。

ミスティック・リズムも10分ほど前に行ったら最前列がまだ空いてましたし(もちろん最前列に座った)、マーメイドラグーンシアターも空席だらけ。

パーク内のキャストも暇そうでした。
暇だったからか向こうから話しかけてくることが多く、子供たちは楽しい話をしてもらったり、シールをもらったりして満足げでした。

またキャストに対する好感度がアップ。

屋外でのショーなんかは中止だったけど、こういうのもアリかな。

しかし相変わらず東京ディズニーリゾート内のメシは高くておいしくない。
TDL、TDSの唯一といってもいい不満はそこにあります。
今回はどのお店も空いてたからよかったけど、混雑している時に高くておいしくない食事を並んでまで食わなければならないのは大変な苦痛ですよ。

競争がないから仕方がないとあきらめるしかないのか。

競争のないところには発展はあり得ない

市販のガイドブックには必ず食事のことも写真入りで詳しく書かれてますが僕はTDRで食事を楽しんだことはありません。まあガイドブック自体も講談社がほぼ独占状態なんですけどね。

帰りの電車内には、おみやげをいっぱい抱えた人がいっぱいいますが、いったいいくら使ってるんでしょうかね。
ほんとに日本は不況なんでしょうか。

そんなことどうでもいいのさ。

とにかく楽しい東京旅行だったから。
posted by poptrip at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京旅行その2(東京ディズニーランド)

ディズニーランドのアフター6パスポートは幼児も大人もすべて同じ料金(2900円)です。

東京ディズニーランドに来るのは多分10回目くらいになるんだけれど、今回はじめて気づいたこと(ていうか会社の同僚におしえてもらったことなんだけど)、パレードを見る場所の重要性です。

パレードルートの最初の方で見て、パレードが通り過ぎたら即、近くのアトラクションに走る。
これだけで、閉園までに利用できるアトラクションがひとつふたつ違ってくるはずです。
こんなことは常識らしいんだけれど10回近く行ってて考えもしなかった。ちゃんとエントランスでもらえるガイドブックにもパレードのルートって書かれているんですよね。それさえも気づきませんでした。
ディズニー.jpg
ブレイジング・リズム(写真)、エレクトリカルパレードを見てアトラクションを4つ利用して22:15ごろディズニーランドを出ました。
閉園は22:00となってますが22:00までに列に並べばそのアトラクションを利用できます。だから実際は22:30くらいまでは動いてるものもある。

ちなみにブレイジング・リズムの写真はわざと写りの悪い奴を載せてます。
ディズニーは半端じゃなく著作権にうるさいですから。
ディズニー、ジャニーズ、ガンダムが著作権御三家と勝手に思ってます。でもディズニーの写真を平気で載せてるブログなんかもたまに見かけますが大丈夫なんでしょうかね。

相変わらずキャストの方たちは親切でとても気持ちがいい。
トイレの場所がわからないとき、自分はガイドブックを見る前に近くのキャストに尋ねます。(そのほうが絶対早い)
どのキャストも笑顔で、丁寧に教えてくれるし、子供にシールをくれたりするし。
キャストの数も多いので目の付くところに必ずいるので声をかけやすい。(案内人を探さなければならない愛知万博とは大違い)

やっぱりディズニーランドはすごいです。


posted by poptrip at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

東京旅行その1(六本木ヒルズ〜東京ベイホテル東急)

東京へ行ってきました。
先々週、出張で東京方面に行ったばかりなのに今度は家族で。

ヒルズ.jpg
お台場冒険王に行くつもりだったんだけど、都合により六本木ヒルズへ行くことに。
いまさら六本木ヒルズって感じですが、とりあえず田舎モノは行っておかなければならない聖地なのです。

自分はここに来るのは二度目。
前回も迷ったんだけど、今回も迷いました。
ここに初めて来て迷わない人が居たら会ってみたいくらいです。
ガイドブックがいちおう置いてあるんだけど非常にわかりにくい。

結局、テレビ朝日とウエストウォークと庭園を歩いてメシ食って終了。

こんなもんだろ。
金がなかったらあんまり面白いところでもないんです。

ヒルズ2.jpg
そのまま麻布十番まで歩いて、有名なたいやき屋さん「浪花屋総本店」に行ってみたんですけどなんと定休日。
写真の通りシャッターが閉まってました。

仕方が無いので、宿泊先の東京ベイホテル東急へ。
最近は舞浜までは車で行くことが多かったんで忘れてたんだけど、東京駅での京葉線の乗り換えは不便です。

「京葉線まであと420m」みたいな案内板を見てげんなり。

舞浜からはディズニー・リゾートラインなるモノレールに乗り、ベイサイド・ステーション駅まで行きます。
そこからはシャトルバスに乗ってホテルまで。
シャトルバスも内装はディズニー仕様。
ミッキーの挨拶のあとにバスが出発します。
こういう演出も初めて乗るときには感動しちゃうんですが、何度も乗ると飽きてきます。

バスは8〜10分間隔で運行しているんですが、ヒルトンとか東急とかならタイミングによっては歩いた方が早いかもしれません。駅から遠いサンルートなんかだと歩くとちょっと疲れそうですけど。

で、ついたら即、シャワーを浴びて昼寝。

食事もホテル内でとったんですが、これは失敗。
たいしておいしくなかったのですが料金は一流ホテル価格。当然サービス料はつくし。

オフィシャルホテルに泊まるのは今回が初めて。
あまり期待もしてなかったけど、接客はとても好感が持てていいです。
でも、しょせんリゾート地のドレスコードもないホテルな訳でコストパフォーマンスはどうかな。

ホテルのメール会員とかになって激安プランで泊まるにはいいと思いますが、夏休みの一番高い料金設定のときにマトモな値段で泊まるのはちょっと勘弁。
ディズニーリゾート価格にはいつも納得がいかないんだけどまあ仕方が無いです。

食事を終えてからアフター6パスポートでディズニーランドへ向かいました。

(つづく)
posted by poptrip at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

Freaks(フリークス)

先日、最近福井にすごい勢いで増殖している漫画&インターネット喫茶「Freaks」の某店で昼飯を食ってみました。

何回か時間つぶしに利用したことがあるんだけどいつもはドリンクだけで食事をしたのは初めて。

フリークス.jpg
期待通りの100%レトルトカレーが出てきました。しかも中途半端に甘い。客に出せるギリギリのラインです。

まあ値段が値段だし、店員さんもコストの関係か少ないし仕方が無いと思います。漫画、雑誌、ゲーム、インターネット、DVDが見放題ですから、納得するしかないんです。



さて、カレーを食い終え、トレイを自分で片付け(この店は片付けはセルフです)漫画を読み始めて数十分。

ある客がアダルトDVDをどうもヘッドホンなしで見始めたようなんです(ヘッドホンを接続した状態で音が外部に出るってことはないと思う)。
一応、席は個室みたいになってるといってもアクリル製の薄い板一枚だけ。
しかもみんな一人で静かに漫画を読んでたりするし、部屋にはヘッドホンが備え付けてあるから、通常は店内は図書館並みの静寂なんですよ。
そんな中、突然とてもここには書けないような男優さんの言葉攻めと女優さんの喘ぎ声が店内に響き渡ったわけです。

若い女性や、親子連れの客もいる(この店には絵本とかも置いてあるし、ファミリールームみたいな部屋もあるんです)のに「あんあんあんあんあんあん」って声がとある部屋から聞こえてくるんです。

これは大事件ですよ。

純粋に静かな空間で一人の時間を楽しみたいと思ってきているお客さんの中に、ひとりド変態が混ざってる訳ですからね。
ヘッドホンをつけて見てる分にはまあそういう客も来るんだなくらいにしか思わないけど、音を出してるってことはド変態と言っても言い過ぎじゃないです。

ああいう声がどこかから聞こえてくると漫画を読んでてもインターネットを見ていても全く頭にはいっていきません。

ドリンクをとりにいったとき数人の客とすれ違って、目が合ったんですが、みんな複雑な表情をしてました(若い女性もいた)。

いたたまれなくなった小市民(死語)の僕はその後すぐに店を出ることにしたんですが、ひとりの女性客が店員に苦情を言ってました。
そそくさと店を出た自分はその後どうなったのか分かりませんが(アダルトDVDを見てたのがどんな人だったのかちょっと気になってますけど)、ホント迷惑な話です。

全然食い物の話じゃなくなっちゃいました。。
とにかくこのお店で食事をするのはオススメできません。
敦賀の某店(Freaksではない)のメシもひどかったし、マトモな食事のできるマン喫ってないんですかね。
鯖江のBe Dreamなんかは結構よかったんだけど潰れちゃったし。
武生のプリンスホテル(西武系じゃないあやしいプリンスホテル)の横にある店はそれなりに食えます。

おいしい食事もとれてFreaks並みのハード、ソフトがそろってるような店ができるといいんですけどね。
もちろんアダルトDVDをヘッドホンなしで見るような客の来ないお店限定。
posted by poptrip at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする