2005年10月28日

ボキャ天

最近押し入れから発見したビデオ。

「家族そろってボキャブラ天国」(98年5月放送)
司会は谷村新司、ヒロミ、小島奈津子アナ。
審査員には川合俊一、大島渚、YOU、デーブ大久保、飯島愛ほか。

なんでこんなの録画してたんだろう?全く記憶がない。

でもなかなか面白いものが見れました。

まずは・・



ボキャ天1.jpg

だっちゅーの

この人たちのどこが面白かったんだろう?



続きまして

ボキャ天2.jpg

アンタッチャブル。
「一触即発BOYS」だそうです。
柴田は眼鏡をかけてないし。
ネタは結構笑えました。


続きまして

ボキャ天3.jpg

U-turnです。
土田君は今はピンで活躍してますね。


続きまして

ボキャ天4.jpg

邪悪なお兄さん

海砂利水魚です。
いまは「くりーむしちゅー」と改名して売れっ子になっちゃってますね。


この頃勢いのあったのは「BOOMER」とか「X-GUN」とか「プリンプリン」とか。
今はお笑いブームとか言われてますがこの頃も若手芸人っていっぱいいたんです。
最近見かけない人ばかりですけどね。

それよりも一番驚いたのは
Blankey Jet Cityがエンディングテーマを歌ってたってこと。
「小さな恋のメロディ」

カッコイイ。
posted by poptrip at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

扇風機

ここ数日寒い日が続いてます。
暖房器具を使い始めた家もたくさんあるみたいです。

そんな中、僕の家ではいまだに扇風機が稼動しています。

なぜか?

ルータが異常な熱を持ってしまい、扇風機で冷却しないとインターネットができないから。
困ったもんです。
扇風機.jpg

さて、最近ヤマダ電機でポイント170%還元みたいなセールをやってたんです。
たまたま別のものを買いに行ってこのセールの存在を知った訳ですが、セールはその日が最終日。
ということで何か買わなきゃ損って思い前からバックアップ用に欲しかったMac用の外付けハードディスクを購入しました。

帰宅後、iMacG5に接続して数時間。HDの筐体がすごい熱を持ってました。
なんかパッケージには放熱効率強化とか熱の放射率がアップとかそんな言葉がずらりと並んでるんですけど。

価格コムの口コミ掲示板を見ると。

この製品には時限爆弾がしかけられている

とか

6ヶ月で壊れました。このメーカの製品は二度と買いません

みたいな書き込みがずらり。

このハードディスクにも扇風機をあてなきゃならないみたいです。
posted by poptrip at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

'94ワールドカップサッカー予選の思い出

相変わらず押し入れに眠っているビデオテープのデジタル化作業を淡々とこなしている毎日です。

今回見つけたのは1993年4月18日国立競技場で行われた'94ワールドカップアジア地区予選 日本ースリランカ戦の録画テープ。

このときの日本代表は、

監督:オフト
コーチ:清雲
GK:松永(1)
DF:井原(7)、柱谷(5)、堀池(4)、都並(6)
MF:ラモス(10)、福田(9)、吉田(15)、森保(17)
FW:三浦カズ(11)、高木(20)
スーパーサブに中山(16)、沢登(18)

いやあすごいメンツですな。
キーちゃんはケガしててスタンドから観戦してます。

サッカー1.jpg
左から森保、吉田、高木、カズ、福田、堀池


さて、試合の方は格下のスリランカ相手に多少てこずるもののカズのPK、高木のヘディングシュートなどで5ー0の快勝。

試合終了後はお約束のキャプテンのインタビュー。

柱谷キャプテン(スイカップアナとフリンしてた男の弟です)が「がんばります」みたいなことを言った後、画面が観客席に切り替わります。



オレが映ってるよ・・・


サッカー2.jpg

日本代表のTシャツを着て日の丸を振ってる男の横に黄色いメンズ・フランドルというDCブランド(死語)のスタジャンを着てチアホーン(これも死語)を吹いてる男。

これが僕なんです。

まあ日の丸を振ってる男も僕の後輩で、後に「新婚さんいらっしゃい」で三枝と山瀬まみの前で夜の生活を得意げに語り全国に放送されることになろうとはこの時点では思いもよりませんでした。

しかしこのときの気温はいったい何度だったんでしょう。
Tシャツで旗を振る後輩と腕のみレザーのスタジャンで完全防備の僕。

いやあ、何度も巻き戻して見ちゃいましたよ。
当然、子供にも嫁にも見せましたよ。
子供にはちょいウケ、嫁は無関心。


こんなもんだろ。


ちなみに、この年の予選は日本では4試合行われたんですが、そのうち3試合を見に行きました。神戸の試合には女の子も誘っていったような気もするんだけど。

そして、観客席では知らないサポーターと肩をくんだり、

オーレーオレオレオレー
ウィアザチャーン


ってみんなで大合唱したり、顔にペイントをしたり、ウェーブしたりと、今考えると信じられないようなアツい行動(今考えるとサムい行動も中にはある)をしていた僕の青春時代がよみがえってきました。

この年のアジア地区最終予選に進んだ日本代表は、
ドーハの悲劇によりワールドカップ本戦への出場が夢と消えたのでした・・・

(追記)この記事にだけ大量のスパムコメントが来るので、コメントはgoo IDを持っているユーザーのみ許可としました。
posted by poptrip at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パリ丼 その他最近食ったもの

パリ丼.jpgパ軒(ヨーロッパ軒)のパリ丼定食です。

パリ丼というのは、ソースカツ丼のソースカツがメンチカツになった食い物です。なぜ、これがパリ丼という信じられないようなダサいネーミングをされているのかはよく分かりませんが、死ぬまでに一度は食っておくべき食べ物のひとつだと思います。

自分的には圧倒的にソースカツ丼 >>>> パリ丼なんですが、たまに食うことがあります。
今回も食ってみてやっぱりソースカツ丼にすればよかったと後悔しました。


秋吉では純けい大好きっ子といっしょにいっちゃったため、純けいばかり食ってました。

連れ曰く、「冷えた純けいもうまい」
僕は冷えた純けいはやっぱり食いたくないです。
あごが異常に疲れますから。

パリ丼2.jpg
敦賀の洋食やさんなごみ家ではランチでメンチカツのセットを食いました。
ヨーロッパ軒でもパリ丼を食ってますが、とくにメンチカツ好きという訳ではありません。まさかここでメンチカツを食って数日後にパリ丼を食うことになるとは予想していなかったのです。

やっぱりこの店は好きです。
ランチは800〜1000円くらいでサラダと飲み物がつきます。



パリ丼3.jpg
久しぶりに武生のと伊万里で武生名物ボルガライスを食おうと思ったら休みだったんで、鯖江のカフェベルベールで大好きな焼き肉ピラフ(1,250円)を食いました。

店に置いてあった「1・2の三四郎2」を読みながら食ってたんだけど、相変わらずの正統派ギャグが面白くてついつい長居。
追加で注文したアイスコーヒーは食後なので100円引きだったけど320円。
食い物も飲み物ももうちょっと安けりゃなあ。
植物がたくさんあったりしてなかなか面白いお店です。

結局1・2の三四郎2は四巻まで読んだところで店を出ました。


あと最近鯖江の「らぅめん屋あとむ」の跡地にオープンした中國飯店
その名の通り中華料理店です。レジの周りには中国のお守りなんかが売られてたりします。内装はほとんど「らぅめん屋あとむ」と変わらず。

ランチどきにいったらほぼ満席。一人で言った僕はすごくせまいカウンター(両隣に人が居る間)に案内されました。この時点でちょっぴりブルー。
いつまでたってもコップを持ってこない(水はセルフサービス)ので中国人の店員さん(お店の人はみんな中国人のようです)に声をかけて持ってきてもらいました。だまってコップを置く接客にまたブルー。
まあ値段が値段だけにサービスを期待するのが間違ってるんでしょう。
味はまあ普通。安いのでまた利用することもあるかもしれない(たぶんないけど)。
posted by poptrip at 19:31 | Comment(2) | TrackBack(2) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

愛の貧乏脱出大作戦

ビデオをDVDにデジタル化するために整理してたら、懐かしいTV番組がいっぱい。

その中に、みのもんた司会の「愛の貧乏脱出大作戦」が大事に保存されてました。

TV東京系で98年から02年ごろまで放送されてた人気番組。
貧乏脱出.jpg

なぜ、この番組を保存版としてたかというと・・

学生時代の友人の実家が登場したからなんです。
知り合いの親がこういう番組に出るって言うのはとても不思議な感覚です。
笑っていいのやら同情していいのやら。

友人の親が達人のもとで修行するんですが、この番組のいつものパターンで、友人の親が一度は達人を怒らせてしまいます。

そしてなんと「もう一度チャンスをください。お願いします」って土下座までしちゃうんですよね。

父親のああいう姿(かなり演出がはいってるそうなんだけど)は見たくなかったって笑いながら友人は言ってましたが・・

結局、達人の技をマスターすることが出来て、リニューアルオープン後は最高の売り上げを達成しめでたしめでたし、となるわけです。

貧乏脱出2.jpg
奥さんに感謝の手紙を読む友人の父

ところがゲストの某男性タレントが食通ぶって小生意気なことを言っちゃったりしてます。お前が言うなって感じなんです。
まあこの日のゲストはみんな最近はテレビで見かけないような人ばかりなんですが・・・

とまあこのビデオ、普通の人なら消しちゃうような内容なんだけど、やっぱりDVDに永久保存版として残しておくことにしました。

ちなみに友人の親は今でもがんばって借金を返しながらお店をやってるそうです。応援してます。
posted by poptrip at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 懐かしTV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする