2006年06月30日

みの助のソースカツ丼

ネタはあるんだけどとにかく忙しすぎてなかなかアップできません。

敦賀のセルフうどん「みの助」のソースカツ丼などを食ってみた。

みの助.jpg

500円。

・・・正直おすすめはできない。
小川屋のソースカツ丼のほうがまだまし。

以前とんこつラーメンを食ったときにも書いたけれども、この店ではやっぱりうどんorそば+お惣菜を食うべき。
posted by poptrip at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

西洋食堂 木乃花

敦賀の洋食やさんです。
day'sエフレ近く。

今回はディナーで利用。男二人で。
こういう店には男二人は似合わないかとも思ったんだけど男二人の先客あり。
・・・意外でした。
オープンキッチンの店内はまさに正統派の洋食屋さんそのもの。

注文したのは二人ともたぶんこの店の一番人気であろうハンバーグのセットメニュー(この店ではこれしか食ったことがない)。
1580円で何種類かのハンバーグ+フライorコロッケ、サラダ、味噌汁、コーヒー、デザートがつきます。

木乃花.jpg

箸で食べる洋食という触れ込みですが(もちろんナイフとフォークもついてきます)、やっぱり味噌汁じゃなくスープがほしいなあなんて思うのは私だけ?

駐車場が少ないのが難点。エフレの駐車場に止めちゃうのは反則ですが・・・

いつも空調が効きすぎて寒かった印象が強かったのですが、今回は特に感じませんでした。
posted by poptrip at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

つくも橋ピリケン初体験

福井では有名な老舗中華チェーン「ピリケン」。
8号線沿いの丸岡と福井の間くらいにあるお店には行ったことがあるのですが(あまりいい印象は持たなかった)、足羽川沿いのつくも橋ピリケンは初めて。

4階立ての立派なビルです。

最近はちょっとしたお店にいくと、1皿1,500円とか1,800円とかのメニューがざらなのですが、1,000円を越えるメニューがほとんどありません。

今回注文した一番高いのがこれ。
ピリケン.jpg

フカヒレの姿煮 2000円也。

その他、トンポーロ、餃子、唐揚げ、麻婆豆腐、レタスチャーハン、エビチリ、イカのオイスター炒め、ニラレバ等単価が安いことを幸いとばかり食い散らかしてきました。

ピリケン2.jpg ピリケン3.jpg
     写真は「おこげ」と「杏仁豆腐」

とびぬけておいしい、ってものはなかったけれどどれもそれなりの味。
しかし値段を考えると満足度は高いです。

レタスチャーハンが意外とうまかった。
今まで食ったレタスチャーハンではここが一番。(今までろくなレタスチャーハンを食ってなかったのか、ここのが激ウマなのかはよくわかりませんが)


さて、今から日本ークロアチア戦を見ることにします。
posted by poptrip at 21:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月16日

シトラスでランチ

数年前にオープンした福井市のフレンチレストラン「シトラス」。
平日13:30ごろでも結構お客さんが入ってました。
店内はカジュアルな洋食やといった感じです。

1,000円前後のメニューから3,000円のランチコースまで。
自分はシトラスハンバーグ(1,200円)、嫁はメンチカツ(900円)を注文。

オーダーした後、「トマトは大丈夫ですか」と訪ねられたのですが、

理由はこれ。

シトラス.jpg

トマトまるごとのサラダが出てきます。中にも細工がしてありなかなかいけます。

ハンバーグはこれ。

アルミホイルに包まれたまま運ばれてくるのですが、それを破るとこんなのが。
シトラス2.jpg

シェフは東京で修行したとってメニューに書かれてましたが(サレポアにもいたとかってめしどきのもんだいに書かれてた気もしますが確認できませんでした)、
東京銀座の「つばめグリル」のつばめ風ハンブルクステーキそのもの。
東京に住んでた頃、つばめグリルのハンバーグは2度ほど食ったことがあります。もう遠い昔なので比較はできませんが、どちらもおいしいのには間違いない。

ランチメニューにはプラス350円でデザート、コーヒーがつきます。
てことでバニラアイスなどを食べてみる。

シトラス3.jpg

「私ならバニラアイスなんて(普通すぎて)絶対頼まない」などと嫁に馬鹿にされたんですが、これが大きなブルーベリーの乗ったなかなかのもの。

こういう店ってディナーなんかを食べてみないとわからないところもありますが、接客もなかなか感じがよくて、いい店だと思います。
posted by poptrip at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

上品な王将はいらない

王将武生店にてヤングセットなどを食ってみました。
最近「大阪王将」が福井にも進出してきましたが、当ブログでは「王将」といえば「餃子の王将」のことですから誤解の無いようにしていただきたい。

王将.jpg

以前にも書いたのですが武生店のチャーハンは味が薄い。
二度食って二度ともそう感じたのだから間違いない。
薄いというのを言い換えれば上品と言えないことも無い。

やっぱり王将はもっと下品な(野性的な)味付けであってほしい。
いちファンの勝手な希望。

山岡士郎や海原雄山などは、
チャーハンは炒め物の技術を見るのに一番適した料理であり、チャーハンが満足に出来ないものは中華料理の基本ができてない
などと訳の分からないことを言い始めそうですが、


そんなことどうでもいいよ。
とにかくもう少し味付けが濃くて、もう少し具がたくさん入ってるとうれしいと思うんです。
ここのチャーハンが好きな人もきっといるはずで、それを否定する訳ではありませんが(単にぼくの舌がおかしいだけかもしれない)、今後は武生の王将には行かずに別の店を利用することにします。
posted by poptrip at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(王将) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする