2007年08月30日

けんぞう(永平寺町)

永平寺町っていうか旧松岡町ていったほうが大多数の人には分かりやすいでしょう・・

うちの兄は僕と違ってあまり食い物に執着がないように見える。
しかし、そばに関しては意外とうるさいようで、以前から何度もこのお店を薦められていた。
ずっと前から気になっている店だったのだが、いかんせん場所的に鯖江からは遠く機会に恵まれなかった。

この日は、平日夕方に時間が取れたので、夕方の営業開始時間5:00を目指して店に向かったのだが住宅街の中にありちょっと迷ったため5:10ごろ店に到着。驚く事にすでにお店にはお客さんが一杯。さすが人気店。

入り口で靴を脱ぎ、座敷に上がり、おろしそばを注文。

けんぞう1.jpg
おろしそば (500円)
デフォルトではダシは別で出てきます。ぼくはおろしそばは常にぶっかけで食べますので・・

ちょっと辛めの大根に、そばものどごしが良く、おいしい。

明かりの少ないこの入れ込みの座敷でおろしそばをたべていると、浅草の「駒形どぜう」などを思い出す。(もちろん大きさがまったく違いますが)
ご主人があいさつに出て来て常連さんと思われるお客さんと世間話などをはじめる。

どこかでみた光景・・
池波正太郎の小説のなかのお店にいるような錯覚を覚えた。

けんぞう2.jpg

きびきびと動く女性の店員さんにも好感を覚えました。
よいお店です。次回は「けんぞうそば」(800円)を・・

松岡って鯖江から遠いイメージがあったけど行ってみてそうでもないことに気づきました。
posted by poptrip at 20:47 | Comment(8) | TrackBack(0) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月28日

マック★アドベンチャー

マック★アドベンチャーへ行ってきました。

これはマクドナルドの一部の店舗で実施されている企画で、厨房に入ってハンバーガーなどを実際に作る体験が出来るというものです。まさにアドベンチャー。

そうさ 今こそアドベンチャー〜♪
ってな気分ですよ。

実を言うとぼくが行きたかったので子供をダシにして申し込んだようなもので・・だって大人だけでの参加はできないんだもの。

しかし、大人は厨房に入れるのですけれど、実際に作ることはできないんですねえ。
大人の方でマクドナルドのハンバーガーを作ってみたいという人はクルーになるしかということです(〜それはちょっとできない相談ね〜♪)。

帽子とエプロンをつけて、手をよく洗って。専用の洗剤で。

アドベンチャー1.jpg
(1)冷凍のハンバーグを焼いて(これは危ないので子供はやりません)

アドベンチャー2.jpg
(2)パンを焼いて

アドベンチャー3.jpg
(3)ケチャップ、マスタードをかけて

アドベンチャー4.jpg
(4)オニオンとピクルスをのせて

アドベンチャー5.jpg
(5)チーズとハンバーグを乗せて

できあがり。

オレもやりて〜

最後には子供たちがレジに立たせてもらい僕とヨメが客となって子供に注文します。
ここで先ほど作ったハンバーガーを一個100円で子供から買うのです。

アドベンチャー6.jpg

いやあこれは面白かったですねえ。
まあ一般のお客さんがじろじろ見るのでちょっと子供たちも恥ずかしかったみたいですけれど楽しかったようです。

さすがマクドナルド。こういう食育プログラムをほぼ無料(ハンバーガー代100円のみ)でやっちゃうのですから。
こういう企画に子供受けする数々のCM。子供をとりこんでしまえば未来永劫客となる、という思想から来ているんでしょうけれど矢張りマクドナルドの企業戦略というのも凄いと思います。

アドベンチャー7.jpg

気のせいか、いつもより美味しく感じたチーズバーガーでした(ケチャップが多すぎだったけど)。
忙しい中、大変丁寧にやさしく対応してくれたお店の方にはホントに感謝してます。そして、実際に使用されている厨房を公開してしまうマクドナルドの姿勢にも驚きです(客には絶対見せられないようなお店もきっとたくさんあるはずですから)。

※マック★アドベンチャーは店により内容や実施時期、料金が異なるようです。
posted by poptrip at 22:07 | Comment(14) | TrackBack(1) | グルメ(マック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

水族館でマタリ

ペンギンのお散歩!

水族館1.jpg

水族館2.jpg

水族館3.jpg

水族館4.jpg

水族館5.jpg
目の前をペンギンたちが歩いていきます。

ここは、三国の越前松島水族館。

ちなみに宮城県の日本三景で有名な松島にも松島水族館というのがあります。(そこにも行ったことはあります。ボクは、あまり意識はしてないんだけどどうも水族館が好きなようで全国各地のいろんな水族館に行ったことがあります。)

ボクが子どもの頃からある比較的古い水族館ですが、いかにも田舎の水族館といった感じでほのぼの、まったり。
こういう小さな水族館のいいところは、じっくり魚たちを見れること。都会なんかの大きな水族館は大きな水槽があったり、珍しい魚がいたりして見るべきものはたくさんあるのですが、いかんせん人間様の数も魚と同じくらいたくさんいるため魚より人間を見てる時間のほうが長いんじゃないかと思うくらい。

以前は無かったと思うのですが、冒頭の写真のようないろんなイベントも用意されていて、予想以上に楽しめました。むかしの水族館のようにただ魚や動物を展示しているだけではお客さんは集まってこないから、いろんなアイデアで勝負しているのですね。企業努力のあとが見えます。

水族館6.jpg 水族館7.jpg
アザラシに触ることができます

水族館8.jpg
たくさんの魚が泳ぐ海水プール

水族館9.jpg
ウミガメに餌をやったり

水族館10.jpg
自然のカニ

水族館のすぐ後ろが越前海岸で、イルカショーを見るベンチの足元には岩場に住む小動物がたくさん。
フナムシ(海のゴキブリ)もたくさん見ました。写真にも収めたのですが、パソコンの画像で数十匹のフナムシが戯れている姿を見ていると吐き気がしてきたので画像は割愛します(笑)。フナムシってホントにグロいです・・・・フナムシについての写真つきの解説があるページはこちら

小さな子どもたちにはとてもよいところだと思います。小学校高学年から中学生くらいになると物足りないかもしれませんがね。
posted by poptrip at 22:21 | Comment(6) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月26日

メリメロ・ニュアージュで遭遇

ときどき無性にスイーツが食べたくなる。
県立博物館などに行ったついでにメリメロ・ニュアージュ。

メリメロ1.jpg

相変わらず流行ってますな。

入り口に向かうと、僕たちの前にいた外国人男性(客)が扉を開けたまま僕たちが来るまで待ってくれていた。さすが外国人はスマートだなと思いつつ「ありがとう」と礼を言い、席に着くと先ほどの男の人たちの隣のテーブルだった。
よく見てみるとその外国人、ある芸(能)人にソックリ。話し声も聞こえてくるのだが、声もその芸能人に瓜二つ。
ヨメと意見は一致した。間違いない。本人だと。

パックンマックンのパックンです。

メリメロ2.jpg

なぜパックンが福井などという片田舎にいたのか、あるいは本物じゃなかったのかと気になり家に帰ってからネットでちょっと調べてみると、来日直後から2年間ほど福井市に住んでいて福井の事も大好きなのだそうです。(参考ページ)

僕の中では好感度がかなりあがっちゃいましたね。
応援します。

勿論声などはかけずに、素知らぬ振りをしていたわけですが、芸能人に遭遇した事実になんとなく嬉しくなってしまう小市民でした。


さて、この日もやっぱりクレープ。

メリメロ3.jpg
なかなか。

メリメロ4.jpg
娘の食べたケーキ 微妙

メリメロ・ニュアージュの前回の記事
posted by poptrip at 23:06 | Comment(10) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

金沢ぶらぶら

金沢観光ですか・・・・

金沢市内には昔ながらの町並みや建物がたくさん残っています。大東亜戦争で空襲を受けなかったためだそうです。
明治時代になるまでは、東京・大阪・京都に次ぐ日本第4の都市だったそうですね。政令指定都市になろうともがいている今の姿はなんとも・・・

金沢1.jpg
尾山神社
この門は重要文化財。ステンドグラスなどのある風変わりな建築物です。

金沢2.jpg

金沢3.jpg
長町武家屋敷
土塀が続くこの辺りが最も雰囲気が出ています。

金沢4.jpg

金沢5.jpg

金沢6.jpg
主計町茶屋街

金沢7.jpg

金沢8.jpg
近江町市場

ほかにもいろいろあります。

僕の高校3年生の遠足は、金沢市内自由行動でしたが、ゲーセンと喫茶店で時間をつぶしてた気がするなあ。当時はこういうものの良さってのが全く理解できなかったんですよねえ。
修学旅行でも山口県の萩なんかにいったんだけどつまらなかったもんなあ。今行くと楽しめそうですけれどね。
posted by poptrip at 20:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする