2007年08月13日

牛丼ひとすじ・・

七尾市には僕の大好きな吉野家がない。
百歩譲って他の牛丼チェーンにでも・・と思っても
「松屋」も「すき家」も「なか卯」も「らんぷ亭」もない。つまり牛丼チェーンが一切ないのです。(近郊にもなく、金沢まで行かないと食えないようだ)

牛丼にも有り難みが湧くと言うものです。
ずいぶんご無沙汰でしたが久しぶりに食ってきました@福井市の某店。

牛丼ひとすじ1.jpg

わたしの吉野家での振る舞いは決って以下の通り。

座るとまず「牛丼大盛」を注文。即座にショーケースからお新香を取り出し、これでもかというくらい七味をかけます。その上にしょうゆをほんの少したらします。

牛丼ひとすじ2.jpg

牛丼大盛りが出てくるまでの間にお新香を二口ほどつまむ。
牛丼大盛りが登場すると、これでもかというくらい紅ショウガと七味をかけます。
卵はぼくはかけません(僕の中では生卵は邪道)。

牛丼ひとすじ3.jpg
牛丼というより牛七味紅ショウガ丼という食い物のようだ

半分ほど食ったところで紅ショウガと七味を補給し、またかきこむ。勿論途中にお新香を口に運ぶ事にも余念はない。

うますぎる。まさに小確幸(小さな、確実なる、幸せ・・村上春樹の作った造語です)を感じる瞬間だ。

七味と紅ショウガが一番似合う食べ物、それが吉野家の牛丼だとぼくは確信している。

【過去記事】
吉野家メモリーズ
吉野家牛丼復活祭
吉野家の牛丼復活
posted by poptrip at 08:14 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする