東京で最もディープなところ(泪橋あたり)

ぼくの同世代あるいはもう少し上の世代の男子にとって 「あしたのジョー」というマンガは忘れられない傑作のひとつと思う。 アニメも見たしマンガも読んだし「サンドバッグに~♪」って主題歌だって今でも歌える。 その「あしたのジョー」のモデルとなったといわれる「泪橋」,下町のドヤ街あたりで飲まないか,というuchidaholic氏の提案に僕は二つ返事でOKしました。 酉の市を満喫した僕…

続きを読む