2009年06月30日

ほうれん草カレー

あいかわらずココイチ。

ワタシのブログ,グルメというカテゴリーの記事が600以上もあるんですが,「ココイチ」と「餃子の王将」と「吉野家」と「マクドナルド」の記事を外したら400くらいに減っちゃうんじゃないだろうか(笑)

IMG_1551s-.jpg


ほうれん草カレーにうずら卵フライをトッピング1辛400g。
これで900円也。

年を取るにつれて栄養のバランスを考えるようになってきた。
若い頃は何も考えずにロースカツカレーだったのだが,やっぱ野菜をとらなきゃね,なんて思うようになりときどきこういう変化球的で野菜の含まれたカレーを注文する。

満足感はやっぱりカツカレーには及ばないのだが,ココイチ至上主義のワタシにとっては十分おいしいカレーだ。



栄養のこと考えるんなら,ココイチなんかに行くなよ。それにサラダも食えよ。というツッコミはなしの方向でお願いします(だって自分でもそう思うし・・ココイチで1,000円以上払うのが惜しいんですよね)。
posted by poptrip at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

な,なんだってー!

AA.jpg


わたし,オカルトが好きです。
しかも中途半端に。

めざましテレビを見ていたら,先日のおたまじゃくしが空から降ってくる騒動はほぼサギが落としたものと結論付けておりましたが(まあまったく消化されていないおたまじゃくしも発見されているのでなんともいえないけれども),オカルト好きの私としては矢追純一の唱える宇宙人説(笑)みたいな,そっち方面の検証が見たかったりするわけで。



最近,ブックオフで見つけて思わず買ってしまったオカルトマンガがコレ。

IMG_1570s-.jpg

このマンガの連載当時,私の職場にはオカルト好きが何人もいまして,昼休みになるたびにオカルト談義に花を咲かせていたのです。
もちろん,話題の中心は「MMR」と「大槻教授(TVタックル)」
どうです,この中途半端具合。

このMMR(マガジンミステリー調査班)という漫画は,いろんな超常現象を科学的に(笑)解明していくという至ってマジメな漫画なんですが,その主題となっているのが
「1999年には人類は滅亡する」という前提でノストラダムスの予言を検証していくところにあります。
いわゆるトンデモ本(伊集院光に言わせれば最高のギャグ漫画)。


例えばこんなご高説をもっともらしく述べております。

1999年に日本とアメリカで核戦争が発生する
世界が終末を迎えた後1981年1月21日生まれの日本人が救世主となる








で,気付いたんだけど
当時オカルトの話をしていた僕の同僚たちって
みんなオカルトが好きっていうより


単にお笑い(ギャグ)が好きだったんだと。


それでは,youtubeにあった「な,なんだってー!」の総集編をお楽しみください。



是非,MMRに空からおたまじゃくしが降ってくる件についても真剣に調査していただきたいと,こう思うわけです。

きっと,ノストラダムスが予言していた!
とか,「グレイ」が人類を滅亡させるためのシナリオのひとつ
なんてことになるんでしょうけどね(笑)


fddad0920ea0bdf58e76f110.L._AA240_.jpg

ワタシが過去に読んだこの本↑によれば,ノストラダムスの予言の的中率は約3割程度であり(ノストラダムス自体は否定していない),また西暦3千数百年の予言も残しているとのことである。


最後に

ワタシは金縛り(らしき)体験をしたこともあるし,UFO(らしきもの)を何度も見た事があるので,超常現象を大槻教授のようにすべて否定しているわけではありません。
posted by poptrip at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

THE SHIMONETA STORY

【閲覧注意】
今回の記事は下品なコンテンツが含まれております(R-15指定)










先日,石窯パーティに参加した事を記事にしました。
そこである方から

「ブログ見てますよ〜。」

とうれしい言葉をかけられたわけですが

「ありがとうございます。ただどうしてもときどき下ネタがでちゃうんですよね。アレがうちの嫁さんの顰蹙をかってまして・・でもああいうのも一部の人からは意外とウケているようで(大きな勘違いかも。一部の人にはかなりの不評だろう)コメントが結構ついたりして・・」

なんてことを話していたらいつの間にかとなりに来ていたうちの娘が

「ねえ。しもねたってなあに?」

と大変”困ったちゃん”な質問をしてきたのでございます。

onyanko2.jpg

20年以上前,おニャン子クラブが

女の子はいつでも耳年増
お勉強してるのよ Ah− 毎日♪


なんて歌を歌ってましたが,やっぱ女の子ってのはデンジャラスだ。うっかり変なことは言えない。


あのね,東京に下北沢ってすんげえディープっていうかロックっていうか,そんな街があってね,その下北沢の事をさあ,みんな「シモキタ」って略す訳よ。
それと同じで,下根田沢って場所が横浜にあってそれをみんな「シモネタ」って呼んでるんだよ。


などと言うウソを咄嗟に思いつくはずもなく,小さな声で「エッチで下品なことだよ。」と仕方なく説明をしたわけですが・・・



その日の帰宅途中。

「下ネタ」という単語を連発する娘の声に聞こえない振りをしている私と,「もう,静かにしてなさい!」と不条理に叱るうちの嫁さん。
卑怯な大人達の見本。
尾崎豊に叱られそうだな・・・


ちなみに

過去の下ネタ記事はたとえばこんなの↓

偉大なるDr.NakaMats
おっぱいがいっぱい
ひとりでできるもん
放送禁止歌
リゾラバ(死語)
ハワイへの旅#9(お散歩)
カブトムシその後

思いついたものを並べただけなので過去記事には他にもヤヴァイのがあるような気もするな。これだけ読んだ人はきっと僕の人間性を疑うことだろう。

・・・覚悟の上です(笑)


でもこういう内容のことを書いていると,こんな僕にも羞恥心というものがあったんだということに気付かされます。

そういった意味では・・

羞恥心のない天津木村は偉大だとつくづく思う夏の日の2009。






不快な思いをされた方,ゴメンナサイ。
posted by poptrip at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

馬場清六さんとマスクマン

IMG_1565s-.jpg

久しぶりにレコードを聴いてみた。
亡くなったマイケル・ジャクソンのアルバム。

マドンナとともに80年代ポップシーンを支えた,まさにスーパースターだった。私の持ってるレコードなんかを紹介しつつ彼を偲ぶことにします。

A5BBA5A4A5BBA5A4A5BBA5A4A3B2.jpg
セイ・セイ・セイ

ポールに「作曲を教えてくれ」ってマイケルが電話してこの夢のようなコラボが実現したんだったっけ(適当なこと書いてすみません。どっかで聞いたような気がする)。この頃はポールとこんなに仲良しだったのにね・・・・。

IMG_1559s-.jpg
スリラー

言わずと知れた大ヒットアルバム。
当時,これは聞かなきゃいけないアルバムだった。
好き嫌いに関わらず。
このアルバムでは「ビリー・ジーン」が好きかな。


IMG_1568s-.jpg
ウィ・アー・ザ・ワールド(ビデオももってます)

マイケルとライオネル・リッチーの呼びかけで集まったアメリカのビッグスターたちによるチャリティ・アルバム。シンディ・ローパーのキレキレのボーカルに,スティービー・ワンダーとブルース・スプリングスティーンのかけ合いがカッコイイ。そして主役はやっぱりマイケルなのだ。





80年代以降は,彼の音楽ってほとんど聴かなくなったんだけど,つい数年前,友人のブログで「オフ・ザ・ウォール」(「スリラー」以前に発売されたアルバムです)ってはじめて聞いたけどカッコよかったぜ,みたいな記事を見てワタシも借りてきて聞いてみたんだけど・・

確かにファンキーでカッコイイ。
実は「スリラー」ではなく,「オフ・ザ・ウォール」のほうが彼のマスターピースと言ってもいいんじゃなかろうか・・・





なお,タイトルの「馬場清六さんとマスクマン」ってのは

アルバム「スリラー」のオープニング曲「Wanna Be Startin' Somethin'」の最後で入るコーラス「Ma ma se, ma ma coo sa」の部分を「馬場清六さんとマスクマン」
って替えて歌うのが当時僕の周りで流行っていたのを思い出したからです。もちろん当時はムーンウォークを皆が真似してました。ムーンウォークのうまくできるやつはヒーローだった・・・



彼の人生についてアレコレ言えるほど僕は偉くない。
ご冥福をお祈りします。


【関連過去記事】
アル・ヤンコビック
セイ・セイ・セイ
posted by poptrip at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 80年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

くらげくん,かもめくん

わたしの職場のすぐ近くにはこんなのがいます。

P1020738s-.jpg

P1020737s-.jpg

P1020745s-.jpg




どうなっちゃってんだよ。

なお以前いた職場では,帰宅途中にイノシシと衝突しそうになったことがあります・・・





都会で働きてえ〜ッ!

まあ誰かが釣ってきた魚を食べれたり,誰かがつかまえてきたイノシシの肉を食えたりするってのもね,楽しいといえば楽しいんだけどね。



やっぱ都会で働きてえ〜ッ!
posted by poptrip at 07:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする