2009年10月31日

改装前の鯖江ベルベール

鯖江のベルベールは改装のためしばらく休業するそうです。

改装前の最終営業日に行ってきました。

P1060002.jpg

はじめてこの店に来たのは僕が大学生のころなので約20年前。
植物園みたいな喫茶店があるんだぜ,という話を聞いて行ってみた様な記憶があります。そのころ利用したシチュエーションはもちろんデート(笑)
そして今は,子供を連れて家族で利用,あるいは「おひとりさま」。
長い付き合いです。


P1060001.jpg

この
悪く言えば雑然とした,ごちゃごちゃした空間が好きでした。
福井店の整然とした雰囲気は僕にはあまり魅力がなく(僕がもっと若ければたぶん福井店のほうを利用しそうな気もしますが)。
テーブルが狭いかとぶつぶつブログで書いたりもしてますが,これが改装後にでかいテーブルになっちゃったりするとまた逆に文句を言っちゃいそう。あの狭いテーブルがよかったんだよなあ,みたいな。

僕はただのわがままな男なのです。
わがままジュリエットていうか気まぐれロメオ。

IMG_3422.jpg
この日食った焼肉定食(750円)

肉質が・・・
このお店では焼肉ピラフというものが大好物なのですがチョト高いので・・


12月くらいに営業を再開するようです。
楽しみですな。

ベルベールの過去記事をどーんと。

卒業 2009年6月
夢見るワルツ 2009年3月
ベルベール(鯖江市)#2 2009年1月
ベルベール(鯖江市) 2007年10月
ベルベール(福井店) 2007年6月
ベルベール(鯖江のほう) 2007年4月
ベルベール(福井市) 2006年12月
ベルベール(鯖江市) 2006年11月
posted by poptrip at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

すき家の炭火とりマヨ丼

僕の場合,牛丼だけを比べたら

吉野家>松屋>>>>>>>>すき家

なわけです。


nanao.jpg




♪七尾にも〜
やっと〜七尾にも
牛丼やができた♪

♪オレンジの看板〜
だけど〜
名前は・・・
















「すき家」♪




できることならば吉野家がほしかった。

なぜ吉野家が来ないんだ!
ゴルァ!



ということで,久しぶりに「すき家」
ここ七尾店は数ヶ月前にできたばかり。
店内はにぎわっておりました。

それにしてもメニュー大杉。
作ってる人は大変でしょうねえ。

あまりにもたくさんのメニューがあるもんだから
牛丼やで何を食おうか悩む。
まさか,こんなことがあろうとは。

熟考の末,
新発売だという「炭火とりマヨ丼(480円)」の味噌汁・サラダセット(100円)を。

IMG_3167.jpg

うん。こんなもんでしょう。
B級度満点です。
また食いたいかとたずねられたらビミョー。


一緒にいった連れは同じく新発売の「とりたま丼」の健康セットを。

健康セット(笑)

すき家で「健康」って・・・



あと,すき家のWebサイト見たら,とりマヨ丼には卵が乗った画像が掲載されてるんですが・・・・オレの食べたやつには卵がついてこなかった。

これはいったいどうしたことだ。
どうも,オレやられちゃったみたいね・・・
メニューが多すぎるからこういうミスが起こるんじゃなかろうかと。
気づかなかったオレもアホなわけですが。

悔しいです!(←もう古いか?)

ちょっとタレがきついなあと思いながら食ってたんですが,ちゃんと生卵があればマイルドになってもっとおいしく食べれたのかもね。
posted by poptrip at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(石川県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

金沢まいもん寿司

金沢は回転寿司の激戦区!

なのだそうです。

回転寿司のコンベアを作ってる会社が石川県にあることと関連があるのかもしれませんが。

わたし,金沢回転寿司バージンです。
せっかくの初体験なので「一番有名なお店」に行ってみることにしました。

金沢まいもん寿司駅西本店。
全国ネットのテレビなどでもときどき見かけます。

P1050096.jpg
秋ランチ (1,000円)

海藻たっぷりのお味噌汁がつきます。
イカがうまかったり。

もう少し食えそうだったのでいくつか追加で。
シマアジとか関サバとかノドグロとかいろいろ魅力的なものがあるんですけど・・高い。

ほとんどのネタが300円以上。
ちょっと手が出ない。

かなり悩んだ末・・・

以下の2つを。

P1050097.jpg
ふくらぎ (130円)

P1050098.jpg
かにみそ (310円)
↑この日食った中でこれが一番うまかった。



びっくりするほどではないけれど納得のお味。

並んでまで食べようとは思いませんがね。
接客もよかったです。

ランチセットのネタより追加で注文したネタのほうがおいしく感じたのは・・オペレーションの都合とかいろんな事情があるのでしょう。

いちおう回転寿司ということでレーンは回ってますが,ほとんどの人が回ってるネタなど無視して直接注文するので,回ってるネタはサクラみたいなもんなんですかね。回転寿司の意味がないような。なんにせよ握りたてのほうが圧倒的にうまいから何の不満もないんですけれど。

もうすこし安いとうれしい。

P1050099.jpg

石川県に比べたら福井県のお寿司屋さんって全国的には評価が低いみたいです。ネタ的にはぜんぜん見劣りしないはずなんですけどね(むしろ福井の魚のほうがうまいんじゃねえかと福井人としては思いたい)。
ああもちろん僕にはそんな微妙な違いは分からないのでわざわざ高い金を出して金沢の高級店へ行こうなんて気は全く起こりませんが。
posted by poptrip at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(石川県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

宇宙三銃士〜熱いぜ太陽の季節〜

昨日のHEY!HEY!HEY!を何気なく見ていたら衝撃映像。



ナッチマウ!ナッチマウ!ナッチマウ!ww

細野晴臣・松本隆というビッグネームによるテクノ歌謡・・・なのか?
オリジナル音源はもう少しテクノっぽいです。
いちおうテクノ歌謡コレクション*Polydor編 ハートブレイク太陽族というCDに収められていますので。

【関連過去記事】
すばらしきテクノ歌謡

いちおう,ワタシは80年代フリークそしてシングルレコードコレクターですからもちろんスターボーの存在は知ってましたが,映像を見たのは初めて。これはスゴイ。スゴイよ。

80年代にはわけのわからないアイドルグループが多数いましたが,その中でもスターボーというのはかなりキてます。マジメにやってるところが悲しい。




わざわざ「スターボー」を記事にしたのにはワケがありまして。

今日,会社に出社したら,まず別の部署のM氏がニヤニヤしながらわざわざ僕の席にやってきて

「やっぱ,スターボーだろ!」

・・・

そして,僕がスターボーを忘れかけていた
この日の帰り際

隣の席の同僚が,

「すごかったよなあ。昨日の
 『なっちまう。なっちまう。なっちまう。』(笑)」


と歌いだす始末。

一日に2度も,それも別々の人から「スターボー」の話題を振られたんですな。これは運命だ。デスティニーだ。ブログに書かなければいけない。とこう思い立ったわけです。

ていうか
僕の周りにはこういう人ばっかり・・・・orz






以下,wikipediaより転載
涙なしには読めません。


1982年7月7日、「ハートブレイク太陽族」(作詞:松本隆、作曲・編曲:細野晴臣)でデビュー。当初の名義は宇宙三銃士スターボー。太陽系第10惑星「スターボー」から脱出し、地球に「A・I(愛)」を伝えるためにやってきた性別不明の3人組アイドルという設定の下売り出された。

衣装は三銃士を意識した宇宙的なコスチューム、髪型も刈上げのテクノカット、また態度も無表情・無口と、徹底して性別不明で非人間的なイメージを演出して活動していた。デビュー当初、メンバーはそれぞれナガト、イマト、ヤエトと称していたが、全員の名前の語尾に「ト」が入るのは「男らしくするため」という理由があった。デビュー曲「ハートブレイク太陽族」もそのイメージ戦略は徹底しており、作曲者の細野が所属していたYMO色の強いテクノポップやニュー・ウェイヴ的なサウンドに、男目線で書かれた命令口調の歌詞のラブソングである。またメンバーの歌唱法も意図的にドスの利いた野太い声で歌われ、男らしさをさらに際立たせていた。

しかし、「ハートブレイク太陽族」のレコード売り上げが7千枚(オリコン最高98位)と商業的に失敗に終わったことから一転、大幅なイメージチェンジ・路線変更を行い、1983年発売のシングル「たんぽぽ畑でつかまえて」以降はキャンディーズを意識した普通の女性アイドルグループになった。メンバーも当時流行したいわゆる「聖子ちゃんカット」にフリフリの衣装となり、名前もナミ、ナギ、メグと変えた。



アバンギャルド過ぎて時代が彼女たちについていけなかった。彼女たちは20年先をいっていた。
だって,同じように宇宙から来たという設定(笑)のアイドルがブレイクするのは21世紀になってからですから。ああもちろん,「こりん星からきたりんごももか姫(ゆうこりん)」のことを指しておりますが。


フツーのアイドルになったスターボーの映像はこちら。




僕的にはアイドル→行き詰まる→ロックに走るというのが規定路線だと思っていたのですが・・こういうイメチェンもあったのですな。
posted by poptrip at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 80年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

小川家のレゾンデートル

格安でソースカツ丼を提供してくれる庶民の味方。
小川家。

福井産のコシヒカリとポークを使用したソースカツ丼「極」とおろしそばセット(1,180円)。

P1050095.jpg

小川家で1,180円も出すオレの勇気に乾杯!

IMG_3164.jpg
ソースがかなりキツイです。
ドぎついんです。

IMG_3165.jpg

そして,予想通りおろしそばはやっぱりアレです。アレってのはアレだってことですよ。
注文したときに「冷たいのと暖かいのとどちらにしますか?」とたずねられたので,僕が今まで未食である「暖かいおろしそば」というものにも興味はあったのですが・・・やはり「おろしそばは冷たくなければいけない」が僕の信条なので(←もちろんホントはそこまで考えてませんが)

やっぱり480円のロースカツ丼を注文し,たったの480円でソースカツ丼が食えるというありがたみを噛み締めつつ食べるのがこの店の正しい利用法ではないかとしみじみと思った秋の日。
他県から来た人を連れて行くとしたらヨーロッパ軒,若生軒あたり。小川家はソースカツ丼好きの福井県人が多少質を落としてでも安くソースカツ丼を食べたいってときに行くお店なのでしょう。うまくデマケーションされてるんじゃないでしょうか。
600円くらいで小川家とパ軒の中間ぐらいのお店もできることが望ましいのですがね。

P1050094.jpg
↑ソースカツ丼(ロース)のセット(600円)
posted by poptrip at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする