2010年01月31日

ココイチのリッチなカレー

ココイチでリッチ(死語)なカレーといえば


トッピング全部のせ


ですか?





ノンノンノン



あれは,僕に言わせれば邪道。



だってあんなに食えないし。リッチというよりはどちらかと言えば大食いメニュー。企画ものですよ。



やっぱり



ココイチでリッチな気分に浸れるのは



ビーフソースのカレーですよ。


意外と知られていないのですが,ココイチのカレーというのはデフォルトはポークソースで,+150円でビーフソースに変更することができるんです。


で,コレ。


IMG_5001.jpg
ロースカツカレー ビーフソース 400g 1辛


ほら,ちゃんとビーフが3つほどはいってるでしょ(笑)
具が全く見当たらないためどのあたりが豚なのかよく分からないポークソースに比べたら,ちゃんとビーフがその存在をアピールしているだけマシな気がする。ただ150円プラスする価値があるかどうか。それが問題だ。


カレーをリッチにしたため,私の脳内では倹約令が発布されることとなり,ほんとはポテトサラダが食べたかったんだけど一番安いノーマルな野菜サラダ(180円)を。
子どものころからガマンするのには慣れてます(笑)

IMG_4999.jpg


ああ,過去にも書いたことがあると思うのですが特にビーフソースがうまいというわけではないので,決してオススメはしません。ポークソースで十分です。
じゃあ,なぜビーフソースを食ったんだと言われても返答に困るのですが,わたしときどきこういう天邪鬼な行動をとりたくなるのです。


ちなみに同行のM氏は

ビーフカレーにイカとカキフライをトッピングし,さらにポテトサラダというココイチにおけるセレブリティなカレーを召し上がっておられました。ただ,彼には1辛でもちょっと辛すぎたようで,「しゃっくりをしながらカレーを食うオッサン」というなかなか珍しい光景が私の目の前で広がっておりました。


IMG_5003.jpg
「ここいちばにゃ」と読んではいけません。「ここいちばんや」と読んでください。
posted by poptrip at 21:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

世界の国からコニャニャチワ(死語)



小学生のころ,「世界の国からこんにちは」にあわせて旗を持たされてマスゲームみたいなことを体育大会でやらされた記憶があります。いや決して万博のあった年に僕が小学生だったわけじゃないですよ。だいたい大阪万博のときって僕まだ生まれてませんから。
今考えるとなぜあの曲に合わせて体育大会で踊らなきゃならなかったのか,その必然性が全く見つかりません。
まあ中学生のときになぜ坊主頭にしなきゃいけなかったのか,そして頭髪検査で先生に髪の毛を指で挟まれて坊主頭の髪の毛の長さが先生の指の太さよりも長くなったらなぜビンタされなきゃならなかったのか,なぜ遠足のお菓子は300円までしか許されなかったのか,なぜ修学旅行にゲーム&ウォッチを持っていったら没収されなきゃいけなかったのか,そんなことすら今の僕には理解できません。当時は素直だった僕は全く疑問に思わなかったのですが,そういうところに疑問を持った人の代表がきっと尾崎豊なのでしょう。
今考えてみるとどうにも不条理な学園生活を送ってたんですよねえ(”学園”生活といってもワタシ正真正銘ただの公立の学校にしか通ってませんけど)


話を元に戻しましょう。



「世界の国からこんにちは」
「イッツ・ア・スモールワールド」
今日のテーマはこれですから。


1ヶ月ほど前からアクセス解析ツールであるGoogle Analyticsってのを導入してみたんですけど,これがなかなか面白くて。世界のどの国から訪問があったかが一目でわかっちゃうんですよね。
このブログのほうはリピーターが多くてまた地域密着型ブログ(笑)なんで,それほどワールドワイドではないんですけど,ぼくのサイトpop tripのほうはどちらかというとレコードコレクションやグルメ情報のデータベース的情報サイトのような内容であるため検索エンジンを通していろんな国から訪問がございまして・・(ほとんど更新してないこともあるし,リピーターは多くないです)

1ヶ月弱で50数カ国の方から訪問がありました。僕のサイトは当然言語としては日本語を使用しているので,世界各国で活躍している日本人の方が僕のサイトを見てくれているわけです。なんとなく感慨深い。

この地図,訪問者がいる国はグリーンで表示されます(訪問者数の多い国ほど色が濃く表示されます)。

map.gif

さらに該当国にマウスを当てるとセッション数が表示されるとともに色がオレンジに変わるんですけどね・・

グリーンに塗られた台湾にマウスを当てると中国までオレンジ色に変わっちゃうんです。なんでやろ?
逆に中国にマウスを当てると台湾もオレンジに変わります。

taw2.jpg

なお,なぜか中国からはほとんどアクセスがありません(わずか1件)・・・やっぱ僕のサイトも中国共産党の検閲にひっかかっちゃってるのかしら。シモネタがたまーにあるくらいで無害なサイトだと思うんですけど・・・



このGoogle Analyticsってのは奥が深くて,どの国のどの都市の人がどういう検索ワードでどのページを訪れたかが分かります。
たとえばRussiaのNovosibirskという都市から「キッスは目にして ヴィーナス」というキーワードでワタシのサイトにこられてます。JordanのAmmanからは「山下久美子」というキーワードで訪問されている方がいらっしゃったり・・・インターネットってほんとすごいですよね,そしてこのGoogle Analyticsってツールもすごい!(恐ろしいという言い方も可能)

まあ僕のような個人サイトはこのデータを何かに生かすってことができず,こうしてブログネタになるのとワタシの暇つぶしに役立ってるだけなんですけどね(笑)。この膨大なデータ,商用サイトであればいろいろ分析してサイトに改良を加えることができるんじゃないでしょうか。まあそう簡単にはいかないと思いますけどね。



ちなみにBurkina Fasoという国のOuagadougouという都市からアクセスがあったのですが

map2.gif

map3.gif

マジでこの国,知りませんでした・・

世界は広い。
スモールワールドなんてやっぱ虚構なのか。
posted by poptrip at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

秋吉の串の形

秋吉の焼鳥。
その串には丸いものと四角いものの2種類があります。

くし.jpg

通説としては

四角い串はからしをつけて

ってことなわけですが

「いや,それは違うよ。」

と先日の秋吉の記事を読んだ友人に言われました。
よくそういう風に言われているけれど,秋吉で働いている知人に聞いた話では

固い肉等は四角い串,柔らかい肉等は丸い串。
丸い串は強度が足りなくて,固いものに
刺そうとすると折れることがあるから。

なんだとか。


なるほど。
串の強度の問題なのか。
なんか説得力があるような気がする。


過去の記事から写真を拝借して検証してみる。

【四角い串】
じゅんけい.jpg ハツ.jpg
純けい,タン(or アカ orハツ・・・写真だけではわからん)

ロース.jpg
ロース

確かに固いヤツばっかりのような気もするな・・・



【丸い串】
くしかつ.jpg うずら.jpg
串カツ,うずら

きゅうり.jpg ささみ.jpg
キュウリ,ささみ

ししとう.jpg ねぎま.jpg
ししとう,ねぎま

わかどり.jpg
若どり

検証してみるなどと偉そうなことを言っておきながら,もちろんなんの結論も導き出せないわけです。

どっちがほんとなんですかね〜。

今度お店に行ったら店員さんに聞いてみよっと。いやでもこういうことは答えを聞かないほうが面白いのかもね。
posted by poptrip at 20:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | グルメ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

とある飲み会

こんな飲み会アリですか。






















18:10集合

徒歩

18:30七尾駅着

18:35七尾駅発
P1080017.jpg
のと鉄道に乗って

18:40のと鉄道和倉温泉着

徒歩

18:50ディープなとり野菜のお店
P1080018.jpg
この日はとり野菜のほかにとり皮炒めなどを。なぜかイカの塩辛とおかきがでてきた(笑)

19:45相変わらずの丼勘定に満足し,店を出る

徒歩

19:50「鶏うま」着
P1080023.jpg
P1080022.jpg
焼鳥の盛り合わせ

20:10店を出る

徒歩

20:15和倉温泉駅着

P1080028.jpg
和倉温泉まではJRも走ってるんです(線路はのと鉄道と共用)

20:25和倉温泉駅発

電車

20:30七尾駅着

徒歩

20:45韓国料理風居酒屋「おふくろ」着
P1080030.jpg
チヂミ,チゲ鍋等を喰らう

店内はカンペキ「スナック」のような状態。おばさんがひとりで切り盛りしてます。

なお,リボン通りの裏路地にはこのような香ばしい店がたくさん並んでおります。

21:45店を出る

徒歩

21:50ミスタードーナツ着
P1080031.jpg
珍しくポンデリングなどを

22:20タクシー乗車

22:30帰宅



この日のテーマはウォーキング飲み会。
一次会で「とり野菜」を食べながら,この後和倉温泉の総湯まで歩いてひとっ風呂浴びてから二次会へ繰り出すかという案も出たのですが,さすがにそれは却下。
和倉温泉駅から温泉街ってかなりの距離があるんですよね・・

よく歩きよく食べよく飲んだ(僕は下戸なんであんまり飲んでませんけどね)。
posted by poptrip at 20:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(石川県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

たまにはサイト運営に係る少しマジメなお話でも

たまにはサイト運営に係る少しマジメなお話でも。

インターネットというツールを利用し始めてから14年,そしてWebサイトやらブログやらを7年近くも運営していると,全く知らない人からいろんなメールをいただきます。

感想メール以外で,来るのは以下のようなもの。

【記事の内容の間違いを指摘してくださるメール】
これは歓迎します。ブログの場合,コメントで指摘していただけることが多いのですが,Webサイトのほうではそういうやりとりができないので(Webサイトのほうには掲示板とか設置してないから)


【情報をくださいというメール】

今度福井県の○○に行くのでオススメのお店を教えてください。
○○のような雰囲気のレストラン知りませんか?
この記事のお店の住所と電話番号を教えてください。

こういう類のメールですね。
最近はさすがに住所や電話番号を聞いてくる方はいらっしゃいませんが,まず自分で調べてくださいと言いたいのを我慢して,自分の頭の中の主観的な情報(といっても相手がどんな方か分からないので本音を書くことは極力控えるしかありません)にネットで検索して得られた客観的な情報をプラスして返事を書くのですが,お礼のメールが返ってこないことなんてしょっちゅうですね。
まあ,世の中そんなもんなんだな。
もちろんこちらが恐縮してしまうくらい丁寧なお礼のメールをくださる方もいらっしゃいますが・・


【相互リンク依頼,リンク集への登録依頼メール】
ワタシのサイトと相互リンクしてください,あるいはリンク集を作成したので掲載してもいいですかってやつですね。

これは,うれしい反面,困ることがあります。
明らかにワタシと趣味が合わなそうなサイト管理者から来ることがあるもんだから・・・もちろんそういう場合,丁重にお断りのメールをお返しすることになります。
なお,基本的には僕はあまりよく知らない人との相互リンクってあんまり好きじゃないし,そもそも相互リンクというシステム自体がよくわからないしあまり興味がない(昔はサイトにリンク集をつけるのが当たり前という暗黙の了解があったので多少気にしていたこともありますが),というのが根底にあります。

ネット世界でのリンクってのは基本的には自由であるべきだと僕は思っています(商用利用等特殊な場合を除く)。「こちらからリンクを貼ったのでそちらもワタシのサイトにリンクを貼ってくれませんか」というのは少々乱暴ではないかと考えております。
「リンクさせていただきました」「リンクさせていただいてもよろしいでしょうか」というマナーはあるのかな,とも思いますが。


【ストーカーまがいのメール】
いちおう80年代のレコードコレクションサイトなどを運営しているんですが,アイドル関係のレコードを見たファンらしき人から,ほんとに理解不能なメールをいただいたことがあります。寒気がするようなメール・・・



僕からしたら,こういうメールを送ってくる人たちのメールの送信者欄が明らかに本名になってたりするのも驚きなわけで。




【広告掲載依頼メール】

貴サイトは大変すばらしい情報を発信している。
是非,テキストの広告リンクを貼らせてもらえないか。
広告掲載料は○千円/ページで5ページくらいをお願いしたい(実際には非常に丁寧な言葉遣いのメールです)。

これはね,正直迷いましたね。
だってこの話がホントなら,Wiiを買ってもおつりがたっぷりってくらいのお金がもらえちゃうんだもん。濡れ手で粟ですよ,ほんとに。

結局悩んだ末,迂闊にもモノは試しだ。騙されたと思って申し込んでみようと,掲載を了承して実際にテキスト広告リンクも貼っちゃいました(爆)

でもやっぱりどう考えても納得できない部分があったので,更にネットで調べまくりました。結果・・思い直し,ごめんなさいやっぱやめます。ってメールを返信しました。(僕のサイト,ほんの2時間くらいだけテキスト広告が掲載されてたはずです・・それを見た人はいるかなww)

どうもページランク4から5程度のサイトが勧誘の対象にされるようですな。詳細は控えますが,結論から言うと個人的にはこういうお誘いはやっぱりメリットよりデメリットのほうが大きいと思います。
※ページランクというのは,検索エンジンgoogleがウェブページの重要度を数値化したもので最高値は10です。この数値を上げると検索順位の上位に来るためアクセスアップに繋がる(と昔は言われてました・・今はそういう勉強をしてないのでよく分からん)

【参考過去記事】
Page Rank




いろいろと注意を払っているつもりでもやっぱりネットで情報を公開するということは多少のリスクが伴うことを考えておかなくてはなりません。

「見てるだけ」

これが一番安全・安心なのでしょうな。

もちろんネットを通して知り合いが増えたり,非常に有益な情報を得ることもできるのでネット自体を否定することなどできまるはずもありません。
ただ,ヤフオクで詐欺にあった知り合いもいるし,ネットの怖さというものを理解した上で付き合っていかなくてはならないのです。


長文失礼しました。
posted by poptrip at 22:40 | Comment(8) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする