2010年02月28日

ツイッターのやっつけ仕事

なんかよくわからんけど

web上でツイッターを開くと

検索されやすくなるように

こういうウインドウ↓が開くようになったのですが


tw.gif


なんか違和感ありません?


やっつけ仕事だったんですかね。












設定はいつでも変更かのうです。


って。


いちおうつっこませていただきました。


以上
posted by poptrip at 09:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

辻口の店

和倉温泉みやげ。

七尾市の生んだスタア,スーパーパティシエ辻口博啓氏のお店ル ミュゼ ドゥ アッシュが加賀屋のすぐそばにあるのですが,早朝には開いていないので加賀屋の売店で売ってたものを購入。

IMG_5201.jpg
雪吊り 10個入り1,050円

IMG_5204.jpg

IMG_5206.jpg

一個100円って考えてみると高い。

IMG_5209.jpg

まあよろしいんじゃないでしょうか(ワタシはピンときませんでしたが・・・)。



ああ,僕の周りのみんな(もちろんオッサンどもです)は,
「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」という名前が覚えられないので(普通,覚えられんわな)

辻口の店

と呼んでおります(笑)。

通称「辻口の店(笑)」は和倉温泉のほかにも金沢の石川県立美術館内にもあります。また,この「雪吊り」は兼六園,小松空港等でも購入できるようです。ていうかこれ,兼六園のおみやげなのかもしれない。


辻口さん,呼び捨てにしてごめんなさい。他意はありませんので。
posted by poptrip at 01:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(石川県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

和倉温泉加賀屋#2(メシ)

P1100025.jpg

昨日のつづきです。

加賀屋のメシ。

部屋食じゃなく,宴会場にて。

P1100019.jpg
合鴨ロース煮 前菜 サラダ
↑手振れ写真なので小さく・・



P1100020.jpg
平目薄造り 鮪重ね


P1100021.jpg
伊勢海老黄身煮

小さいながらもフカヒレなんかもはいっておりました。


P1100022.jpg
鰆木の芽バター焼き


P1100026.jpg
コラーゲン鍋


写真にはありませんが,ご飯と漬物と味噌汁がでてきて,


P1100028.jpg
オレンジ釜 キウイ イチゴ

途中,支配人のご挨拶がありました。
女将って挨拶に来ないのね・・・・


まあおいしかったです。とびきりうまいってものはなかったけれど。
高級食材があまり含まれていなかったのでワクワク感は不足していましたが,アップグレードで雪月花になった身(しかももともとかなり安いプランで宿泊している)では,何も言えねえ。きっとプランにもよるのでしょうが正規料金で雪月花に宿泊する場合はもう少しちがう料理が出てくるのではないかと思います。
ちなみに苦手な食べ物がないかどうか,チェックイン時に仲居さんに尋ねられております。


IMG.jpg






で,朝食。

いつも思うことなのだが

旅館の朝食ってどうしてこんなにうまいのだろう?

P1100052.jpg

海苔は福井市の駒屋さんというところのものでした。

P1100053.jpg

完食。
しかもご飯のオカワリ1回

もしコーヒーがついてくればベストの朝食。

なお,この朝食はバランスのとれた食事となっており,「まごはやさしい」を含んでおるそうです。

ま・・・豆
ご・・・胡麻
は・・・わかめなど(海藻=海苔)
や・・・野菜
さ・・・魚
し・・・椎茸など(茸)
い・・・芋類


食事は夕食も朝食も2階の宴会場にある,同じ部屋で食べたんですけれど,朝食に行くときに前日の夜来たはずの部屋に行く途中に迷いました(笑)
まあとにかくでかい旅館なのできっと迷う人はたくさんいると思うのですが(オレだけだったりして・・・)



こんな感じでたぶんもう二度と来ることもない(というか来れない)であろう私の加賀屋初体験は終わったのでありました。
posted by poptrip at 11:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(石川県) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

和倉温泉加賀屋#1

加賀屋です。


ka.jpg


ああ,すいません。

間違えました。

これはハウス加賀谷でした(←ハウス加賀谷って覚えてるかな〜?






P1100058.jpg

えー,会社で毎月積み立てなどをしてですね
プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選(旅行新聞新社主催)で,30年連続の総合1位に選ばれている和倉温泉の加賀屋などという高級旅館に一泊してきたわけです。

ひとくちに加賀屋といってもランク分けがあり,上から雪月花,能登渚亭,能登客殿,能登本陣となっています(建物が違います。浴衣の帯もちがうらしい。あと料理が違うらしい。もちろん値段も違いますw)。

今回は,能登渚亭を予約しようとしたんですけれど満室(平日に満室って・・・)。ということで能登客殿というところにしました。


市内からマイクロバスの送迎をお願いしました(有料)。「のと楽」は無料だったんだけどね。

で,到着したら

嬉しい誤算。

いろんな幸運が重なりまして,

雪月花にアップグレードされておりました(パチパチパチ)

なお,平日はときどきアップグレードされることがあるようです(予約の方法やいろんな条件がうまく重なった場合)。

といいつつ,部屋にはあんまりこだわりはないんですけどね・・だって定時までフツーに仕事をしてからチェックインして夜中まで飲んで風呂に入って,寝て起きて急いで朝飯食ってすぐチェックアウトしてそのまま職場へ直行っていうプランですからね。ほんとに寝るだけのための場所ですから。

でも,やっぱりうれしい。



P1100032.jpg

↑シースルーのエレベータ。


P1100050.jpg
エレベータからの風景(チェックインしたときはもう真っ暗だったので翌朝撮影したもの)

P1100057.jpg

フロントからエレベータまではかなりバブリーなもので・・

部屋は15階の「水仙」というところ。

P1100002.jpg
フカフカの座椅子

P1100007.jpg
まず抹茶なんかを出してくれます

P1100043.jpg

浴衣の帯は2種類あり,1つは室外へ出ても多少オサレに見えるもので帯に部屋番号が書かれているため,鍵がなくても部屋を間違えることがない,あるいは料金を部屋付けにしたい場合にこの帯が利用できます。
浴衣は身長にあったものを仲居さんが用意してくれます。

P1100009.jpg

歯ブラシやタオルはすべて違う色のものが用意されているので,他人のものと間違えることがありません。まあ自分の使ってた色を忘れちゃうような人が一人でもいればパニック状態ですけどね(笑)

P1100010.jpg

↑この部屋なんのためにあるのだろう?まあ別の部屋で寝たい人が居た場合とか?今回は全く使いませんでした。
家族で宿泊した場合,年頃の娘さんが「お父さんなんかに着替えを見られたくないのよ。」ってなシチュエーションのときに使われる,に一票。

P1100011.jpg

P1100014.jpg

P1100015.jpg

P1100016.jpg

↑金庫は4個あり,鍵は別々。ただし右の大きなやつだけは誰のキーでもあけることができます。これ,なかなか便利です。

P1100046.jpg
部屋からはかろうじて海が(アップグレードだから贅沢は言えん。)

風呂は3フロアに分かれており,裸のままエレベータで移動することができます。この規模の宿にしてはもう少し風呂が大きくてもいいのかなと思いました。



P1100054.jpg P1100036.jpg

館内のいたるところに加賀友禅や九谷焼が展示されていおります。



滞在時間が短かったため,加賀屋流の十分サービスを堪能することはできなかったのですが,よい宿だと思います。
仲居さんのサービスには好き嫌いもあるかもしれませんが,僕はよかったと思います。
フレンドリーだけれども礼節はわきまえ,当たり前のことを当たり前にしてくれる,そこにはさりげない気遣いがあり,客にあまり気を使わせない,そんな印象を受けました。
高級ホテルの接客は,確かにビシッとしてて言葉遣いも素晴らしいのですが,僕の場合,威圧的な感じを受けることがときどきあり,逆にこちらが緊張してしまうことがありますから。


食ったものについてはまた次回。
posted by poptrip at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

seesaaブログようやく復活

昨日今日とこのブログにアクセスしてくれた方はお分かりだと思いますが,ワタシの利用しているseesaaブログがメンテナンスのため,ほぼ一日半ほど使用できない状態になっており,ご迷惑をおかけしました。
閲覧はもちろんブログの編集もできませんでした(たまーにつながることがあったのでコメントだけはなんとか返しましたが・・・)。


まあワタシ「なんちゃって技術屋」ですから,機械というものは定期的にメンテナンスしなきゃいけないというのはよく理解しているつもりだし,想定外のトラブルで予定通り作業が進まないことがあることも分かっているつもりですがseesaaに限らず,こういうネットのサービスのメンテナンスって予定時刻に終了したことがないような気がするのは私だけ?

計画が甘いんじゃないかなあ。
金融機関のオンラインシステムなんかではこういうの絶対許されませんからね。


昨日,この画面を見た方はもううんざりかもしれませんが一応記録として残しておきます。


sesa2.gif
↑2月23日12時過ぎのアナウンス





sesa3.gif
↑2月23日20時過ぎのアナウンス





sesa4.gif
↑2月24日 0時過ぎのアナウンス





sesa5.gif
↑2月24日12時過ぎのアナウンス





sesa6.gif
↑現在のアナウンス




予定していたメンテで,なんかやらかしちゃったのかな。



こういうのってなかなかストレスが溜まるため(いつ復旧するのかわからんから),seesaa様におかれましては,是非オンラインのままメンテナンスのできるシステムを構築していただきたいと,こう思うわけです。
ワタシのような素人の考えでは,こういうサービスってサーバは二重化とか四重化されてて1系ずつ停止してオンラインでメンテできるもんだと思ってたんだけど・・

まあ金さえかければ技術的には可能なんだろうけど費用対効果というものもあるだろうし,ワタシもタダで使わせてもらってる身分なので文句を言うのが筋違いという気もするのですがね。

でも,さすがに一日半以上使いものにならないというのはどうかと思うよ。

昨日入力したコメントも消えちゃってた・・・まあ記事が全部消えちゃうという最悪の事態が避けられただけでもよしとしましょう。

seesaaってもともと軽いブログじゃなかったんだけど,復活後はメンテ前よりも重たい気がするんだけど・・・


posted by poptrip at 20:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする