2010年03月31日

結局,ハードカバーを買ってしまった男

IMG_5832.jpg

図書館だと,いつ借りれるのか見当もつかないし,
ブックオフにも置かれてないし,
文庫化がいつなのかもわからないし,
結局,ハードカバーを買っちまった。

1冊1,850円(税別)也。

図書カードなんかをもらっちゃったので思い切って買っちゃったわけです。ムスコの参考書を買おうというヨメの圧力をなんとかかわして。



久しぶりに書店で本を購入しました。
でも,もし図書カードがAmazonで使えたとしたら,きっとAmazonで買ってたんだろうな・・・・


なんだかんだいって「国境の南、太陽の西」以降の長編小説はすべてハードカバーを買ってます。発売されてすぐに買うわけじゃないんだけど,結局文庫化するまでガマンできずに買っちゃうっていう今回と同じパターンで手に入れたものばかりのような気がする。

ハードカバーの本ってキライなんですよね。でかくて重くて携帯性がなく,片手で読めないし,値段も高い。机に座って読書をするって場合にはハードカバーでもいいんだけどまずそんなシチュエーションは僕にはあり得ない。

確かにハードカバーだと装丁とかが凝ってて(「ノルウェイの森」なんかのデザインはすごいですもんね),CDよりレコードのほうがジャケットがカッコイイのと同様で本棚に並んだときも見栄えがするし,本を読むときの緊張感や本気度みたいなものも違うんだけど・・・

ネットで調べてみたら,最初にハードカバーを出版するのは供給側の経営戦略上の問題で経費回収がしやすいためだとか,ハードカバー以外は本と認められておらず文学賞の対象にすらならないとかそんなことが理由のようです。まあ映画だってまずは映画館で上映してからDVD化されるし,同じようなもんだと思えばいいのかもしれないけれど・・持ちにくいというのは致命的な欠点だと僕は思うんですよね。


BOOK1を100ページほど読んだのだですが,ちょっと違和感のある表現が。「計算器」という単語がP.67に出てくるんだけど,普通「計算機」ですよね・・・

まあとにかく,つづきをじっくり読むことにします。
今日からしばらくは寝不足が続きそう。
posted by poptrip at 18:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ピエトロ(鯖江市)

庶民派ブログ(笑)を目指してる僕だってたまにはオサレなお店にお邪魔することがあります。

今回は,そんな感じ。



むかし,武生のシピィの近くに「ピエトロ」というイタリアンレストランがあった。2006年2月に閉店してしまったのだが,鯖江に同じ名前のお店がオープン。どうやら場所を変えて復活したようだ。

IMG_5782.jpg

まだネット上には情報があまりないようなので,メニュー構成なんかをちょっぴりご紹介。

Aランチ:サラダ+パスタ+ジェラート+コーヒー
Bランチ:前菜+サラダ+パスタ+デザート+コーヒー
Cランチ:Bランチ+メイン(肉)

こんな感じだったと思う。
値段は確か,それぞれ980円,1380円,1580円。
パスタは4種類から選べました。
コーヒーはジュースにも変更できました。


ムスコはAランチ,ヨメとワタシはBランチを。

IMG_5778.jpg
↑この前菜はおいしかったですね〜

IMG_5779.jpg
↑バジルのパスタ

もちもちっとした麺はこういう仕様なのかな。


IMG_5780.jpg

IMG_5781.jpg

こんな感じで。

駐車場が狭いのがちょっと難点かなあ。

ごちそうさまでした。
posted by poptrip at 21:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

驚愕の山田コレクション#2

P1100126.jpg

週刊誌をいろいろ賑わせている福井県随一の博物館。
スポーツコレクション山田ミュージアムへ久しぶりに行ってまいりました。

ネットでの情報によると以下のいずれかの手段で入場料1,000円が半額の500円になります。

(1)「セブン・イレブン・いい気分」と言う

(2)「クチコミマップを見た」と言う

(3)「ホームページにある割引券」を印刷していく

(4)JAF会員証を見せる


もちろんぼくは(3)を選択しました。
ご存知の方も多いと思いますが,館長の山田勝三氏はセブンイレブンの大株主です。

P1100151.jpg
掛布のスポーツカーの奥に並ぶ2台のクルマのナンバーはいずれも「711」でした

さて,正面に来て建物を眺めてみるわけですが違和感が。


P1100149.jpg
いつのまにかアニキ金本の聖地にもなっちゃってる!

金本って長嶋と肩を並べるほどの存在なのか。
まあ特に気にせず中へ入りましょう。

P1100146.jpg

ミスターのほかに金本の蝋人形が増えておりました。
かなり精巧なもので,手の甲の毛まで再現されていて正直気持ち悪かったです(笑)

以前来たときよりも,展示品はかなりグレードアップされておりまして・・・イチローのグラブのほかに,桑田と清原のグラブもはめて撮影できるようになっておりました。

P1100128.jpg
清原のグラブを手にするムスコ


P1100129.jpg
↑某テレビ番組で山田館長が落札した蛭子さんの絵


P1100139.jpg
金本のユニフォームを着て記念撮影

P1100147.jpg
猪木,馬場のサインとフレッド・ブラッシーのサインまで

もちろんドラゴン藤波,長州力,ジャンボ鶴田等往年の名選手のサインもそろっておりまする。

まあ,このミュージアム。
つっこみどころは100はくだらないと思われるのですが,やっぱりすごいです。

前回はなかったと思われるものとしては
尾崎豊の直筆ノート(「I LOVE YOU」の歌詞を何度も書き直した痕跡があるもの),ハンカチ王子のハンカチ,掛布コーナー,金本コーナー,ビートルズやジョン・レノンのゴールドディスク,荒川静香関係,石川遼関連,セックス依存症のあのお方のグッズ,ジョニー・デップのサイン,マイケル・ジャクソンのサイン入りアルバム,THIS IS ITのチケット,ウサイン・ボルトのサイン・・・・
まあ世界で一流といわれている(そうでない人もいますが)有名人(主としてアスリート)のグッズが雑多に展示されております。

もちろん週刊誌を賑わせているミスター&一茂関連グッズも豊富。一茂の卒業証書や作文,ミスターの家の建築図面とかには流石に,「うーん。」って感じはしましたけどね。
ほかにもどうやって手に入れたんだろうって品物が多数あります。有名プロ野球選手の引き出物とか,愛用していたコーヒーカップとか・・・


運よく?この日も山田勝三館長自らがわれわれのお相手をしてくださいまして,前回のリプレイじゃないかと思われるマシンガントークが炸裂。

「これ,見てください。ヴィトンのスーツケース。1億円しますよ。」
「こっちに来てください。これは手塚治虫がミスターに送った色紙です。」
「この時計は3億円するんです。税務署にもちゃんと確認してもらってます。」
「これはミスターがはじめて送ったファンレターなんですよ。」
「これは世界に100個しかなくて,ここにあるのは3番目のやつです。」
「この前,石川遼くんと写真を撮ったんですよ。あの会場では私だけですよ。一緒に写真を撮ったのは」
「ほら,これは美空ひばりとミスターの・・・」


まあこちらの反応をあまり確かめずに,一方的に自慢のコレクションを次から次へと紹介する,お茶目な山田勝三氏。相変わらず強烈でした。正直ウチのヨメとコドモはミスターには全く興味がないので,話を聞いててもほとんど何を言っているのかよくわからなかったみたいです。
われわれに10分ほど矢継ぎ早に説明した後は,別の方に同じようにお話をされておられました。この日もこのミュージアムで一番印象に残ったのが山田勝三館長だったことは言うまでもありません。

まだ行ったことのない方は,是非。
もちろん山田館長がいなくても十分楽しめますから。
また,館長によれば「2週間から1ヶ月ごとに展示品を入れ替えている。ほかにも数千点のコレクションがある」とのことなので定期的に訪れるのもいいかも。

なお,最近はここが観光ツアーのコースに含まれているようで観光バスもやってきておりました。


【過去記事】
驚愕の山田コレクション

posted by poptrip at 18:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

キミは王将のカウンターに座ったことがあるか

最近の「餃子の王将」。

メシドキをずらしても,満員御礼のことがあり注意が必要。むかしはそこそこ混雑している活気のあるお店,という印象だった。飲食店ってのはあまりガラガラだと居心地がよくないし,混雑しすぎててもなんかイヤなんだ。

この日も,なかなかの盛況ぶり。

P1100117.jpg
餃子の王将丸岡店のベストセット

「餃子の王将」にはひとりで行くことが多く,もちろんカウンターに案内される。

カウンターってのは,とにかく隣のおっさん(カウンターで食ってるのは決まっておひとりさまのオッサンなのだ。まあオレも含めまれるんですけどねw)とかが気になってしょうがないのであまり好きではないのだがこれは必然。仕方がないことだ。

以前,とある王将のガラガラのカウンターでチャーハンと餃子2人前を食ってたら,わざわざオレの隣に座ってきやがったおっさんがいた。
お前はモーホーか!と心の中でツッコミをいれながらなんとなく落ち着かない気持ちのまま食事を終えたことがある。

この日,右隣に座ってた先客のガテン系おっさん。
僕が座ったときは,やきそばをうまそうにもくもくと食っていた。そういえば王将のやきそばって食ったことないな。今度食ってみようかな,なんて思ってたらなんと

オレの頼んだベストセットがそのおっさんのところへ・・

と思いきや,そのおっさんは「やきそば+ベストセット大盛り」を注文してたのだ。すげえ。

敗北感を覚えた。

餃子4人前とチャーハン大盛ってメニューも見ずに注文して隣のおっさんの度肝を抜いてやればよかった。

あるいは,から揚げと餃子2人前っていう主食のないオーダー(実際にこういう注文したおっさんを見たことがあります),言ってみればトリプルアクセルのような大技を披露するべきだったか。

ほどなくして僕のベストセットも運ばれてきた。
逆となりのおっさんは天津飯とラーメンを携帯をいじりながら食いはじめる。

オレのほうが右隣のおっさんより先にベストセットを食べ終え,精算。
先に食べ終えたことで一矢を報いた気がした。

そう,王将のカウンターでは,あちこちでこのような隣のおっさんとの目に見えない脳内戦争が行われている。王将のカウンターはまさに戦場。座るには覚悟が必要なのだ。





こんなバカなことを考えながら食ってるのはたぶん僕だけですから,安心して王将のカウンターを利用してくださいね〜。決して戦場なんかではありませんから。ただ女子にはちょっとキツイかもね。
「餃子の王将」って基本的にどの店もオープンキッチンなのでカウンターに座ると調理してる様子が見れて楽しいですよ。

今日はこの辺で

バイナラ。
posted by poptrip at 20:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(王将) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

鯖江お散歩

娘とヨメが病院に行ってる間,ぶらぶら。

IMG_5600.jpg
松阜神社
初詣に行ったりします。


IMG_5596.jpg
萬年堂


IMG_5592.jpg
藤の家
何度か利用したことがあります。


IMG_5594.jpg
天狗楼
ここは利用したことがないです。


IMG_5793.jpg
鯖江藩家老植田家長屋門(市指定文化財)


IMG_5604.jpg
ヨーロッパンキムラヤ

敦賀ヨーロッパ軒本店(味のお城)となんとなく似た建物のような気がしますが,決して敦賀ヨーロッパ軒鯖江支店ではありません(笑)

【参考画像】

敦賀ヨーロッパ軒本店(味のお城)


ヨーロッパンキムラヤの大福あんぱんはダウンタウンDXで紹介された人気商品です。
この日もお客さんで店内はあふれていました。
軍隊堅麺麭(ぐんたいかたパン)なんてものも売ってます。



IMG_5610.jpg
恵美写真館(国登録文化財)
息子は,松阜神社でお宮参りをした後,ここで写真を撮りました。


IMG_5613.jpg
↑これ不明
普段歩かないようなところを歩いていたらこんな建物発見。なんなんですかねえ,この建物。


IMG_5792.jpg
本山誠照寺

IMG_5790.jpg
鯖江公民館

このタイルでできた壁画,こどものころに初めて見て以来なぜか脳裏に焼きついて離れないんですよね・・・何の絵なんでしょうかね?


IMG_5787.jpg
旧鯖江地方織物検査所(国登録文化財)


IMG_5796.jpg
萬年堂で購入した銘菓ワッフル(120円)をおうちに帰ってから食べましたとさ。久しぶりに食べたけどやっぱりおいしかったです。
posted by poptrip at 20:40 | Comment(18) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする