旬菜麺茶屋 五目亭

福井市開発のバーミヤン閉店後にできたお店。 5周年とやらで日替わりでラーメンが半額(6月末まで)。この店舗はまだ5年も経っていないと思うのですが,どうも福井駅前にある店舗が5周年ということらしい。 ということでこの日の半額メニューである 旬菜五目らーめん(しお) の チャーハン+餃子のセット ラーメンも餃子もチャーハンもそこそこいけてました。麺もスープ…

続きを読む

吉野家で15分待ち

都会の吉野家はやっぱりちがうな。この混み具合。 吉野家に並んだことなんて数えるほどしかない。 東京・新橋のランチタイムの吉野家,それと牛丼復活祭の日。これくらいしか思いつかない。 吉野家の牛丼っていつでもどこでも食えるから並んでまで食べるものだと思わないんですよね。 しかし,旅先で土地勘もなく時間的制約があった場合には仕方が無い。回転の速い店だから。 もうほ…

続きを読む

いとしのエリ

数ヶ月前,中古のクルマを購入したわけですが,そのクルマにはカーナビが付いておりました。まあHDDナビ付きの車を探してきてもらったんだから当たり前なのですが。 このナビにはエージェントという機能があって エリという名前の女の子が登場し,電源投入時にまずは「おはよう」とか「これから夕食ですか?」とかって挨拶をしてくるんです。それだけではなく運転中にいろんなことを話しかけてきた…

続きを読む

雑記Comment (9)

ミスドのリッチシェイクからはじまるダイソンばなし。

七尾市で飲み会3連チャン。 一日目:つきのや→スナック 二日目:藤屋→スナック 三日目:日本海庄や とこういったラインナップだったんですが,もちろん昼間は普通に仕事をこなし,しかも二日目の深夜にはワールドカップサッカー日本対デンマーク戦をテレビ観戦。 最終日の飲み会なんてもう目がうつろな奴もいる状態でした。 もう酒なんていらねえっ て感じで「日本海庄や」を出た後は七…

続きを読む

やっこ城東分店で「北陸政界」

日曜のランチタイムは満席でした。 やっこ城東分店。 卵カツ丼セット(1,050円) セットのサイドメニューはうどんかそばを選べるのですが,もちろん冷たいおろしそば(太麺)を。 おいしかったです。 でも この太麺がなかなかの強敵だった。 この麺の固さは今までたべたおろしそばのなかでもトップレベル。固くて太いのが好き(←決していやらしい意…

続きを読む

洋膳ダイニング オリーブの樹

ヨメとふたりでランチ利用。 武生の洋膳ダイニング オリーブの樹 よくわからんけど,貴重な肉だとかという宣伝文句につられ黒毛和牛のいちぼとかいうステーキのセット(1,500円くらいだったと思う)を。コーヒーはセルフサービスでオカワリ自由です。 おいしかったっすわ。 どうもステーキが中心のお店みたいです。値段も手ごろなので利用しやすいと思います。 …

続きを読む

歩くということ

相変わらず万歩計をつけているわけですが,最近歩きすぎ(仕事で)。 だいたいフツーに仕事してると5,000歩くらいなんですよね。 10,000歩を超えると,ああ今日は歩いたなあという気になります。 15,000歩を超えると,歩きすぎやん。めっちゃ疲れたわ~ 20,000歩を超えると,疲れた~有り得へん。 こんな感じになります。。 ある人に言わせると, 「1…

続きを読む

グルメ雑記Comment (0)

3年ぶりのモスバーガー

久しぶりだ。 モスバーガー。 モスという単語からは 映画「俺たちに明日はない」を想像してしまう。 強烈なキャラでした。 C.W.モス チリドックにオニポテセット。 おいしい。 シェイクなんかも。 マックのよりも粘度が高く,吸引力が必要だった。 モスの店内でチリドックを かじっているとき, スピーカ…

続きを読む

旧銀行の金庫室でいしりを味わう

「まいもん処 いしり亭」 七尾市の御祓川(みそぎがわ)沿いにある大正時代の銀行(旧第十二銀行)を改装して,ギャラリー兼飲食店となっております。 「いしり」というのは,能登の特産物の魚醤のことだそうで,その「いしり」を使った料理を堪能できます。 せっかくなので,旧金庫室のテーブル席を利用。 食べるのは定番だという「いしり御膳」(1,050円) …

続きを読む

ホタルはリバーサイド

夜,何気なく家の外に出て周りをぶらっとしてたら 家の裏の田んぼや小川でホタルを発見。 すぐさま家に子ども達を呼び,カメラを片手に元の場所に戻る。 手持ちなので手振れしまくりですが,これが限界。   子どもの頃はよく見かけたんだけどねえ。 家の裏に田んぼがあるってどんだけイナカやねん!って感じなんですけれど,こういううれしいこともあります。 1匹だ…

続きを読む