2011年10月15日

敦賀ヨーロッパ軒の大盛はなかなかのもんである。

s-IMG_6786.jpg

記事にはしていないけれど,ここ数ヶ月の間に敦賀ヨーロッパ軒のカツ丼を何度も食べている。
最近月イチくらいで他県から会社にやってくるお客さんふたりが大のヨーロッパ軒好きで私がお供をして昼飯を「味のお城」で食べるのです。

その二人はなかなかの大食漢でパ軒にくると必ず「大・大セット」を注文するのです。
「大・大セット」というのはカツ丼セットのカツ大盛+ごはん大盛のことなのだそうで(あ,勝手に彼らが言っているだけで店に人に通じるかどうかは不明です)。
敦賀ヨーロッパ軒の場合,大盛を注文すると「カツ大盛」と「ごはん大盛」がありますがどうしますかと尋ねられます。どちらも大盛にするのが彼らの流儀。

とんでもない量なのでぼくは遠慮してたんですが,先日試してみましたよ。

s-IMG_6783.jpg

カツは4枚。
それよりもぎゅうぎゅうに詰め込んだごはんがかなりの強敵。

丼のふたははずされた状態で運ばれてきます。
じゃあ,ふたなんかいらないじゃん。って思うわけですがカツをこのふたに移さないと食べることができないからついてくるんですね(と推測)。
普段わたしはカツをふたに移して食べることはしないのですが,この大盛はそうしないと食べることは困難を極めるためわたしもカツをふたの上に移動させてからいただきました。

目の前に飾られた桜田うんこ,もとい桜田淳子さんと小林カツ代さんのサイン色紙を眺めながら(一時期,淳子ちゃんは敦賀に住んでたんですよね・・),なんとか完食しましたが,少食なわたしにはまるで罰ゲーム。僕ほどのパ軒好きをもってしてもかなりの難敵。マジでボスキャラのような食い物でしたわ・・
しかし敦賀のパ軒の大盛って福井のパ軒と比べて絶対に量が多いと思うんです。とくに岡山店の大盛はすごいのです!(ただあそこ2回行ったんだけど2回ともコメの味がイマイチだったので,たまたまだったのかもしれないけれどそれ以来行っていない)。

s-IMG_6785.jpg

ごはん大盛もカツ大盛もそれぞれ確か+100円。両方大盛だと+200円となり,かなり割安となっております(過去の検証によればカツ1枚は200円のはずですから)。まあもともとの値段設定が高い気がするんだけどね・・

ちなみにこの日,平日の夜7時過ぎだったんですが客はわたし一人でした。
パ軒でもこんな日があるんですね。

僕のカラダはソースカツ丼ウイルスに侵されてしまったのでしばらくカツ丼はいらないや。
と思ったんですが翌日の昼食はワケあって某所でソースカツ丼w
正直キツかった。

ほんとうに1週間ほどはカツ丼はご遠慮させていただく(たった1週間かよ!と自分でツッコんでおく)。
posted by poptrip at 16:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(パ軒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

ぼくがディーラーにいくのはリコールのときだけ

僕が自動車のディーラーへ行くのはリコールのときだけ。

過去,ホンダに3回,トヨタに1回,ダイハツに2回。
そして今回またまたダイハツ様に行って参りました。
昔よりリコールって増えてるような気がするんですが・・

s-P1250002.jpg

しかし,待っている間のヒマつぶし方法を探すにはなかなか骨が折れます(クルマというものに全く興味がないので・・・)
とりあえずどのお店にいってもドリンクが出てきますね。
あとは,雑誌をひたすら読みまくるしかない(一度はずっと昼寝してたこともあります)。
ネットのできるパソコンでも置いておいてくれるといいのにね。


この日は

福井県を代表する雑誌であるところのコレ↓

s-P1250001.jpg

をヨメと一緒に眺めつつ
ふたりでう○ら姫コンテスト(←いちおう検索エンジン除けのため伏字にしてあります)参加者への批評が始まり,一次審査で落ちるやつってホントにいるのかね。写真だけじゃわからんよなあ。ま,この中で選ぶとしたらオレはこの娘かなあ〜。ウソーッ!この娘のどこがいいの?ほら,この娘見てよ。服がイマイチだし,足が太いし。で,私はこの娘のがいいと思う。なんていう会話で10分くらい時間がつぶれたかな(笑)
こういうときって,自分のことは棚に上げてしまうんですよね〜
う○ら姫コンテストってのが福井で根付いているのか,巷ではものすごく盛り上がっているのか,目的やコンセプトもよく理解できないのですがまあ結果は一応気になります(僕が一番イイって思った娘が落ちてたら僕の女性の趣味はフツーじゃないってことにもなりかねませんしw)

あとはこんなの↓

s-P1250003.jpg

を見て,ああ確かに自分に当てはまるものもあるなあ,やっぱB型ってアレだよなあ。などと思いつつも,B型の説明書だよと言われてO型のやつを読んでも違和感がなかったりして,などとどうでもいいことを考えながら40分経過。

まだ修理は終わらない。

こうなったら

最後の手段。

こんなやつ↓

s-P1250004.jpg

を読むしかありません。


主婦層に韓流スターがいかに人気があるかがほんのちょっぴりわかったような気がしたところで「○○様,お待たせしました。作業が終わりました。」って。ちなみに僕がちゃんと名前を憶えている韓流スターってチャン・ドンゴン,チャン・グンソク,ペ・ヨンジュンの3人だけです。そして顔と名前が一致するのはヨン様だけです(笑)


有意義だったのかそうでなかったのかよく分からない1時間のリコール待ち時間でした。
posted by poptrip at 22:30 | Comment(8) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

無添くら寿司

たまには「くら寿司」でも行ってみるか。
ヨメとムスメは行った事が無いと言うし(まあ僕も1度しか行った事が無いのですが)。

寿司のいいところは,自分で食べる量を調節できるというところ。

まあご存知の通り激安回転寿しチェーン店であります。
安さの他に「無添くら寿司」という名前の通り,添加物を使用していないということと30分以上レーンを回ったお寿司は自動的に廃棄処分にされるという徹底した管理方法を売りにしているお店です。
あと携帯からネット予約できたりするので便利だと言う話も聞いた事がありますが携帯音痴の私にはよくわかりません。

s-IMG_7192.jpg

回転寿司なんで回ってるネタをとることもできますが,タッチパネルがありまして(最近の回転寿しでは標準となりつつあるのでしょうね),タッチパネルで注文すると・・

s-IMG_7172.jpg

注文品っていう容器に乗ってやってきます。
直前にタッチパネルに注文した品の画像が表示され(画像が表示されなかったら自分の注文したヤツなんだったか忘れちゃいますもんね),「まもなく注文品がきます〜」みたいな音声が流れます。
しかし,うっかり取り忘れちゃった場合どうなるんでしょうね〜試す勇気はありませんがw。

あと,このお店は全品さび抜きですので自分でわさびを付ける必要があります。個人的にはタッチパネルでわさびの「あり」「なし」を選べると有り難いのですがまあいろんな事情があるのでしょう。

s-IMG_7170.jpg

食べ終えた皿はここ↑に入れます。皿の数がカウントされてタッチパネルに表示されるので食べた皿の数が一目で分かるし,テーブルの上が片付くのでなかなかよろしいんじゃないかと。このシステムは僕はここでしかみた事がありません。まあ皿が下に落ちる音が気になる人は気になるかもしれません。

5皿ことにゲームがはじまり,運がよければガチャガチャの景品みたいなのが貰えます。まあ大人の人にはあんまり興味が無いかもしれませんが小さいお子さんは喜ぶんじゃないでしょうか。この日は1勝5敗でございました。


あとは回転寿しの記事ということで
いつものごとく食ったものの一部をずらずらと。

s-IMG_7169.jpg s-IMG_7171.jpg
ねぎまぐろとはまち

ねぎトロじゃないところがミソ。
ぼくの一番好きな寿司ネタははまちなのです。

s-IMG_7185.jpg s-IMG_7186.jpg
赤にし貝とはまちの切り落とし

赤西貝って七尾の寿司屋でしか食えないものだと思ってましたが・・
もちろん味は七尾で食ったものと比較するまでもありません。

s-IMG_7187.jpg s-IMG_7191.jpg
みる貝とビントロ

s-IMG_7190.jpg s-IMG_7188.jpg

味については言及する必要はないかと。値段相応です。
この値段の回転寿しに味を求めるのは(「すたみな太郎」同様に)酷だと思います。そういう店じゃないんだから。

まあ正直スーパーで買ってきた刺身のパックを家で手巻き寿司にして食べた方が美味しいと思いますが,回転寿しってのはエンターテインメント的要素もあり,外食ってほんのちょっぴりだけどテンションが上がるし,スーパーには売ってないネタもあるし,このお店は比較的財布にも優しいので子ども連れの場合は利用価値があるんじゃないでしょうか。と無理矢理このお店を推奨する為の理由を探してみました。並んでまで食べようとは思いませんけどね。


なんか最近は,寿司もジャンクフード化が進みつつあるっていうかB級グルメになりつつある気がします。
posted by poptrip at 22:30 | Comment(11) | TrackBack(0) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

Vivace

s-IMG_7198.jpg

鯖江のイタリアンVivace(ヴィヴァーチェ)へ行ってきました。
過去に2度振られているお店ですが(予約しようとしたらもう何れの日もいっぱいで断られた),今回は当日の午前中に予約の☎をいれてもオッケーでした。
でも店に着くと「今日は予約でいっぱいです」みたいな表示が。
僕たちがメシを食っている間も,それをみて帰っていく人が数人。流行ってますねえ。

1,050円,1,470円,1,890円と3種類のランチがあるのですが,なんとなく真ん中のヤツを選んじゃうのが小市民の証。

s-IMG_7194.jpg
サラダ

フツー。まサラダがフツーじゃなかったら困るんですけど。


s-IMG_7195.jpg
パスタ

おいしかったです。


s-IMG_7196.jpg
メイン

フツー(個人的にちょっと苦手な味が混ざっていたので・・)。


s-IMG_7197.jpg
デザート

おいしかったです。



写真にはありませんが,パンとドリンクがつきます。


もともと武生で多国籍料理ランポーネというお店をやっていた方が,こちらに店を開いたようなのですが当時と同じくコストパフォーマンスに優れたランチは健在でした。

さて,このお店は「マテ茶」なんかが売ってたりしまして(もちろん店でも飲む事ができます),数種類のマテ茶があったんですが・・残念ながらアントンマテ茶(笑)は売ってませんでした(当たり前か)。

※「アントンマテ茶」ってのはアントニオ猪木が売り出したマテ茶です。ワールドプロレスリングの番組内で古舘伊知郎アナウンサーが宣伝したりもしてましたが,今は入手不可能な逸品であります(ってもちろん飲んだことはないんだけどね)。マテ茶を日本に広めた彼の功績は称えられるべきでしょう(ウソ)。しかし彼のこういったビジネスが成功した例はほとんどないんですよね・・


なおこのお店は駐車場が狭いので,できれば軽自動車で,また乗り合わせて行く事をオススメします。また料理が出てくるまでにちょっと時間がかかるので余裕をもってスケジュールを組んだ方がイイと思います。
posted by poptrip at 23:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

龍双ヶ滝

なんとなくクリスタル。
なんとなく龍双ヶ滝。

池田町にあるこの滝は「日本の滝100選」に選ばれているそうです。
3連休の最後の日に行ってきました。

s-IMG_7162.jpg

駐車場に車を止めて

てくてく歩いていくと(この道はクルマが通りますのでご注意を)

s-IMG_7157.jpg

滝が見えてきます。

s-IMG_7145.jpg

下から見上げる滝は圧巻です。

s-IMG_7124.jpg

みなが一様に滝の上を見上げるこの光景は
エレベータに乗った時にみなが
階数表示をみつめるあの光景と同じ。
あるいは,運動会の国旗掲揚で日の丸をみつめるあの光景とも同じ(でも国旗掲揚のときも脱帽もせずに大きな声で話をしてる保護者なんかも結構いるんすよね・・)。

s-IMG_7121.jpg

滝の上のほうはこんな感じになってます。

s-IMG_7130.jpg

s-IMG_7155.jpg

このあたりは細い道路が多いので,若葉マークの人とかにはちょっときついかもね〜

あ,あとさすがにこのあたり携帯電話は圏外でしたわ(auの場合)。


三連休のうち二日間は運動会でした。どちらも競技・準備・片づけに参加してヘトヘトです・・・綱引きってやる前は全然気合入ってないんだけどなぜか一生懸命やっちゃうんですよね〜綱を持ったらひっぱっちゃうのは人間の本能なのかもしれませんねw

s-IMG_7017.jpg s-IMG_6966.jpg s-IMG_7057.jpg
posted by poptrip at 20:30 | Comment(8) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ(県内) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする