2011年10月13日

無添くら寿司

たまには「くら寿司」でも行ってみるか。
ヨメとムスメは行った事が無いと言うし(まあ僕も1度しか行った事が無いのですが)。

寿司のいいところは,自分で食べる量を調節できるというところ。

まあご存知の通り激安回転寿しチェーン店であります。
安さの他に「無添くら寿司」という名前の通り,添加物を使用していないということと30分以上レーンを回ったお寿司は自動的に廃棄処分にされるという徹底した管理方法を売りにしているお店です。
あと携帯からネット予約できたりするので便利だと言う話も聞いた事がありますが携帯音痴の私にはよくわかりません。

s-IMG_7192.jpg

回転寿司なんで回ってるネタをとることもできますが,タッチパネルがありまして(最近の回転寿しでは標準となりつつあるのでしょうね),タッチパネルで注文すると・・

s-IMG_7172.jpg

注文品っていう容器に乗ってやってきます。
直前にタッチパネルに注文した品の画像が表示され(画像が表示されなかったら自分の注文したヤツなんだったか忘れちゃいますもんね),「まもなく注文品がきます〜」みたいな音声が流れます。
しかし,うっかり取り忘れちゃった場合どうなるんでしょうね〜試す勇気はありませんがw。

あと,このお店は全品さび抜きですので自分でわさびを付ける必要があります。個人的にはタッチパネルでわさびの「あり」「なし」を選べると有り難いのですがまあいろんな事情があるのでしょう。

s-IMG_7170.jpg

食べ終えた皿はここ↑に入れます。皿の数がカウントされてタッチパネルに表示されるので食べた皿の数が一目で分かるし,テーブルの上が片付くのでなかなかよろしいんじゃないかと。このシステムは僕はここでしかみた事がありません。まあ皿が下に落ちる音が気になる人は気になるかもしれません。

5皿ことにゲームがはじまり,運がよければガチャガチャの景品みたいなのが貰えます。まあ大人の人にはあんまり興味が無いかもしれませんが小さいお子さんは喜ぶんじゃないでしょうか。この日は1勝5敗でございました。


あとは回転寿しの記事ということで
いつものごとく食ったものの一部をずらずらと。

s-IMG_7169.jpg s-IMG_7171.jpg
ねぎまぐろとはまち

ねぎトロじゃないところがミソ。
ぼくの一番好きな寿司ネタははまちなのです。

s-IMG_7185.jpg s-IMG_7186.jpg
赤にし貝とはまちの切り落とし

赤西貝って七尾の寿司屋でしか食えないものだと思ってましたが・・
もちろん味は七尾で食ったものと比較するまでもありません。

s-IMG_7187.jpg s-IMG_7191.jpg
みる貝とビントロ

s-IMG_7190.jpg s-IMG_7188.jpg

味については言及する必要はないかと。値段相応です。
この値段の回転寿しに味を求めるのは(「すたみな太郎」同様に)酷だと思います。そういう店じゃないんだから。

まあ正直スーパーで買ってきた刺身のパックを家で手巻き寿司にして食べた方が美味しいと思いますが,回転寿しってのはエンターテインメント的要素もあり,外食ってほんのちょっぴりだけどテンションが上がるし,スーパーには売ってないネタもあるし,このお店は比較的財布にも優しいので子ども連れの場合は利用価値があるんじゃないでしょうか。と無理矢理このお店を推奨する為の理由を探してみました。並んでまで食べようとは思いませんけどね。


なんか最近は,寿司もジャンクフード化が進みつつあるっていうかB級グルメになりつつある気がします。
posted by poptrip at 22:30 | Comment(11) | TrackBack(0) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする