2012年08月31日

無知の知

先日,スマホを購入しデザリング機能といものについて偉そうに書いたわけですが,賢明な先輩からデザリングじゃなくてテザリングだよとやんわりと指摘されて,顔が真っ赤になりました(ウソ)。

考えてみたら僕はいままでこういう勘ちがい・思い込みがいろいろあって

 誤 正 コメント
 デザリング テザリング 指摘されるまで気づかなかった(恥)
 アボガド アボカド これは間違うよね〜ふつう
 シュミレーション シミュレーション どっちでもいいじゃん!
 東大もと暮らし 灯台下暗し こういう漢字を使うと思ってたw
 台風一家 台風一過 同上
 的を得る 的を射る これ気づいたの最近w
 ブランチャ プランチャー プロレス技です(笑)
 ゲッペルス ゲッベルス ナチス・ドイツの宣伝相
 月極(げっきょく)駐車場 月極(つきぎめ)駐車場 これは読めないよね〜
 キャノン キヤノン どっちでもいいだろ!
 曖味 曖昧 あいまいの「まい」は「味」だと思ってた・・


今すぐには思い出せないけどこういった思い込み・勘ちがいってほかにもたくさんあったと思う。
僕の周りにもクリックをクイックって言ってた人もいるし,テレビを録画することをダビングすると言ってた人もいるし,登坂車線を「とっぱんしゃせん」って読んでた人もいるし,左投左打を「さとうさだ」って読んでた女子アナもいるし,団塊の世代を「だんこんのせだい」って読み間違いた女子アナもいるし,

だからどうした?
と言われればそれまでなのですが,

あ〜,あと僕,「萩原」と「荻原」どっちがどっちだか瞬時には判断できません(笑)


写真がないのも淋しいので,夏っぽい写真でも(あんまり夏っぽくないか)。

s-DSCN0079.jpg

残暑お見舞い申し上げます。


posted by poptrip at 19:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

福井県立歴史博物館特別展「玩具の100年」に行ってきた

s-IMG_1111.jpg

ちょっと前のことですが・・・行ってきました。
タイトルどおりの展示へ。

s-IMG_1104.jpg

通常、この歴史博物館は入場料100円なのですがこの特別展を見る場合は400円が必要です。
ほとんどが撮影禁止となっているので写真は下の1枚だけ。

s-IMG_1083.jpg

うーん。
正直あんまりぱっとしなかったかな・・・
もちろんそれなりに楽しめます。

で,あとは以前も紹介した常設展示「昭和のくらし」などを。
正直いって,この歴史博物館ではここ以外はあんまり僕は興味がない。

s-IMG_1103.jpg

s-IMG_1088.jpg
↑こんなグローブでは野球をしたくないな・・(笑)


s-IMG_1098.jpg

s-IMG_1094.jpg
↑猪木の卍固めはやっぱりかっこいい。鶴田も若いね〜

残念ながら,中身を読むことはできないのです。


s-IMG_1100.jpg
↑昔の自転車屋さんですかね。
昔は自転車屋さんだったお店が現在は自動車屋さんになっていることが多いそうです。


s-IMG_1089.jpg
↑駄菓子屋さん
ぼくがよく行っていた駄菓子屋さんは「あぶらや」というお店ですが,もちろんもうすでに店を閉めてしまっております・・


s-IMG_1092.jpg
↑昭和の食堂
こういう雰囲気に近い食堂はときどきありますね・・
さすがにテレビは液晶だし,エアコンですけどね。

久しぶりに来ましたが,数年前とあまり変わり映えはせず・・(多少の展示品入れ替えはあったと思います)。

あとは,56豪雪時の福井市が作成したと思われる記録映画が上映されていたので見たりしました。停電して,ろうそくを買いに行った記憶があります。確か学校も休みになったんだよね・・

それにしても,三国昭和倉庫館の焼失はほんとうに残念です。
あそこは,実際におもちゃを触れたし雑誌だって中をちゃんと見ることができたすばらしい施設だったのです。

いちおう,福井県立歴史博物館特別展「玩具の100年」は9月2日までなので興味のある方は今週末にでも行ってみてください。

posted by poptrip at 21:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

港町 敦賀

敦賀は港町なのである。
海が身近に感じられる街だ。

夜の港を最近購入したばかりのコンパクトデジカメNikonP310を片手にぶらぶら。
ちんちんぶらぶらそーせーじ(死語)。


赤レンガ倉庫がライトアップされていました。


s-DSCN0024.jpg

s-DSCN0030.jpg

この倉庫は紐育スタンダード石油会社が明治38年に石油の輸入を開始したときに石油貯蔵庫として建設された。2棟のイギリス積みの煉瓦造平屋建の倉庫は外国人技師の設計と伝えられている。
この倉庫は,第二次世界大戦中は軍の被服庫として,その後は海産物の貯蔵庫として使用されていたが,平成15年に敦賀市に寄贈された。
圏内では最大の煉瓦造の建物は,敦賀港の繁栄の時代を今に伝える遺構の一つで市民からは「赤レンガ倉庫」として親しまれている。

だそうです。
市民から親しまれている・・という実感は僕にはない。
というようないやらしいことを書いちゃダメですよ。

s-DSCN0032.jpg
旧敦賀港駅舎

s-DSCN0033.jpg

ここにジンベエザメが来たと大騒ぎしたのももうずいぶん前のこと。
当時は,普段は閑散としているここに大勢の人が集まったのです。
この日は,家族連れとか僕のようなオタッキーな人がちらほら。

s-DSCN0036.jpg

お散歩するにはよいところじゃないでしょうか。
時間があれば,金ヶ崎宮,敦賀ムゼウムもセットでどうぞ。


こちらはフェリー乗場。

s-DSCN0086.jpg


なお,私は自宅が鯖江市で職場が敦賀市なわけですが・・

2012年6月29日の敦賀市の人口 68,861人
2012年7月 1日の鯖江市の人口 68,896人

敦賀市の人口を鯖江市が抜いたと,ほんの一部の人たちの間で話題になりました。

最新の人口を鯖江市および敦賀市のウェブサイトで確認したところ・・・

2012年7月31日の敦賀市の人口 68,820人
2012年8月 1日の鯖江市の人口 68,895人

鯖江市がまだ敦賀市よりも人口の多い状態をキープしているようです。

敦賀市の人口減少が激しいのか,鯖江市の人口増加が大きいのか・・・
敦賀市の人口減少はやっぱり原発産業が絡んでいるのかもしれませんね。

え〜
昨日一昨日とちょいとネガティブな記事が続いたので本日は少し趣向を変えてみました。

posted by poptrip at 21:20 | Comment(7) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

「ファミリー寿しまる」の座敷は・・・

ちょっと事情があって,ヨメがいない日にこども二人を連れて外食。

鯖江アルプラザ駐車場内の「ファミリー寿司まる」へ。
ここけっこう好きなんですよね。100円寿司よりもおいしいし(もちろんその分”多少”は高いのですが),与加呂や海鮮アトムよりは安く済むし,子供が喜ぶようなメニューもいっぱいあるし・・

で,はじめて座敷の方へ案内されました・・

周りの客は「ちいさなお子様連れ」ばかり。
まあそれはいいとして,そのお子様たちが大声で叫びつつ走り回っている。
「○○キック」とかって技を出してもうひとりが「うわー」って言って倒れる,みたいな。
うん,元気があっていいじゃない。



とは思いませんよ,僕は!

家ならいいですよ,家なら。
ここは家じゃないだろ。
ここは金曜日の首相官邸前か!ってくらいの騒々しさ。
やっぱりというかなんていうか親は注意する様子もなし・・・
(もちろん赤ちゃんが泣くことに関しては僕は腹を立てたりしませんからね)

座敷はほんとにほんとにchaos panicなわけですよ。



・・・マジ頭痛がしてきました。

以前も書いた通り僕は小心者でシャイで気弱(笑)なので注意しませんでしたが,うちの子供たちと顔を見合わせておりました。

いちおう食べたものの写真の一部を並べてみます。

s-IMG_0059.jpg

s-IMG_0061.jpg

s-IMG_0063.jpg


ごちそうさまでした。
雰囲気は最悪でしたが食べ物はあいかわらずほどほどの美味しさでした。
次回からは座敷だけは選ばないようにします(テーブルまたはカウンター)。

posted by poptrip at 20:50 | Comment(12) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

僕の机上にある「竹島」

先日の記事でうんこを流さない奴がいるとか,隣の席の人が僕の机にまで書類を広げて困っているということを書いたわけですが・・・

コメントでいろいろと防衛策をご教示いただいたので実行してみたわけです。
隣りの人が書類を広げてくるぼくの机の上のスペースにちょっとした箱とその上にティッシュペーパーの箱を乗せて高さ20cmくらいのベルリンの壁を作ったわけです(図−1および図−2参照)。

0.gif
図−1 Aさんが僕の机に書類を広げる

1.gif
図−2 僕がティッシュペーパーで壁を作る

1週間くらいは,このまま何もなく過ぎました。
壁の効果はてきめんだと喜んでいたのですが・・・

なんと

僕がちょっと席を外している間に勝手に僕の机の上の箱の向きを変えてスペースをつくり,そこに書類を広げていたのです(図−3参照)。

2.gif
図−3 Aさんの暴挙

僕が席に戻ってきてちらちら右を見てたら,Aさんはそそくさと書類を自分の机に戻しました。

さすがにこれはあり得ない。
僕の堪忍袋の緒も切れました。いや緒がブチ切れて吹っ飛びました(ウソ)。
逆に笑えてきますよ・・

ということで穏便にことを運びたい僕は(小心者ともいう),Aさんが席をはずしている間に再び箱をもとの向きに戻しました(図−2参照)ww

するとですよ・・・

なんとAさんはその箱の上まで書類を広げだしたではないですか・・・(図−4参照)

3.gif
図−4 もう・・・なんも言えねえ!(死語)

こうなると容量がでかいぼくの堪忍袋にも怒りは入りきらない(ウソ)
もうホントに笑うしかない。
本人は全く悪いことをしているという気がないのでしょう。

しかし,この状況・・・なにかに似てませんか。

そう。

今話題の領土問題が勃発しているんですよ,まさに今僕の机上で。

4.gif
図−5 僕の机の上の竹島あるいは尖閣諸島

A国が実効支配を強めつつあり,ついには石碑まで建っちゃうかもしれません。
大変遺憾です。国際司法裁判所に提訴することも考えましたが,そもそも領土問題ですらないのですよ。
今度,このような事態が発生したら「親書」を手渡すつもりです(ウソ)。

友好関係を保っているB国にこの話をしたら「感覚がわからんよね〜」と同情してくれましたがどうしようもありません。

弱腰外交の僕。野田首相の気持ちがほんの少しわかった気がしました(笑)

マジメな話,「ごめん」とか「ちょっと今書類を広げないとできない仕事をしてるからはみ出すけどいいか?」というような一言があれば僕も,鎖国を行っているわけではありませんからこんなにブツブツ言うこともなかったのではないかと。こういうのが大事なんですよ。

しかしやっぱり仕事は自分の机の上だけで片づけてほしいよね。

壁の高さを高くすることを検討中ですww



posted by poptrip at 22:45 | Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする