2012年10月31日

ゆのくにのトンチャンカレー

今日は,ハロウィンですね。
興奮しますね〜(ウソ)
僕はまったく関係ない人生を送っております(ピグライフではハロウィーン漬けですがw)。

2週間くらい前に鯖江にコハクチョウがやってきました。

s-IMG_4453.jpg

もう冬も間近です。
ということで,季節の風物詩をふたつ紹介しておきつつ,
カレー強化週間第2弾にスムーズに移行します(スムーズじゃないって!)。

過去に何度か紹介したことがあるが,敦賀のアーケード街に昭和の香り漂う喫茶店がひっそりとたたずんでいる。

s-DSCN0364.jpg

敦賀を代表する迷店「ゆのくに」である。

s-DSCN0393.jpg

店の雰囲気については今さらもう多くを語るまい。
薄暗い照明にソファ。壁にはよくわからない女性の肖像画。そしてテーブルゲーム。昭和が勢ぞろいしている。

このお店ではなんといってもトンカツチャーハン(略してトンチャン)なのであるが,さらに強力なメニュートンカツチャーハンカレー(略してトンチャンカレー)というものが存在しているのです。

飲みに行った後,4人でトンチャンカレー大盛を4人で分けて食べたことがあるのですが僕はほとんどその奪い合いには参加せず・・・

今回の目的は・・・完食(笑)

s-IMG_4229.jpg

強敵です。
これは大盛ではありませんので。

ウスターソースで炒めたチャーハンに細切れのトンカツが埋もれているのがトンチャン。そのうえにカレーソースがかけられているのがトンチャンカレー。

予想通りの強敵だった。
味わうというよりは,スプーンでそこにあるものを救って口に運びそれを噛んで飲みこむという作業を何度も何度もただただ繰り返しているという感じw

そして・・

s-DSCN0395.jpg

やりました。やり遂げましたよ。
孤独な戦いだった。
ひとりでトンチャンカレーを完食できたという喜びに浸りながらお店を後にしたのでした。

あ,味ですか?

す・・・すごいわ。
ここ・・こんなの初めて(はーと)


っつー感じですか。

勇気のある人は一度お試しあれ。

しかし,大勢で飲みに行くとたいてい「二次会はゆのくにのトンチャンカレーにするか」って言い出すやつが一人くらいいるのが敦賀の七不思議のひとつなのです。

posted by poptrip at 21:15 | Comment(12) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

敦賀ヨーロッパ軒駅前店のカツカレー

敦賀ヨーロッパ軒駅前店に来るのは久しぶりだ。

そしてパ軒でカレーを注文するのもはじめて。
カレーライス(735円)にするかカツカレー(840円)にするかちょっと迷ったのですが,やっぱりカツカレーをチョイス。

ソースカツ丼のカツがそのままでてくるんですな。
別皿で・・・

s-IMG_4232.jpg

これも食べ方に迷うわけですが,とりあえずカレーだけで食べてみる。
うーむ。辛さが足りないな・・・
昭和のカレーといった感じです。
ということでカツをカレーの上に乗せて,テーブルにあったウスターソース(カツ丼のソースとは異なる)をかけて食べることにしました。

s-IMG_4233.jpg

昔は食堂とかのカレーにソースかける人っていっぱいいたような気がするんですが勘ちがいかな。

カツカレーのカツは,もっと分厚いカツ(ソースカツ丼のカツとは違うもの)のほうがよかったな。

しかしやっぱり辛さを選べないというのはつらいですね。
ココイチのシステムはそういう意味では画期的だと思うのです。

餅は餅屋。
パ軒ではソースカツ丼を食べるのが吉と思われ。
もし,占いで今日のさそり座のラッキーアイテムは「ヨーロッパ軒のカツカレー」なんて言われたとしても僕はソースカツ丼を食べることになるでしょう。もともとアレ信じてないしw

まだまだカレーネタは続くよ。

posted by poptrip at 18:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(パ軒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

吉野家の牛旨辛カレー(並)

最近うんこネタが多い。と読者からご指摘を受けた。
確かに僕は無意識のうちに思考停止状態に陥りシモネタという安易な方向へ逃げようとしていたのかもしれない。うんこネタはしばらく封印だ。

ということで今週からは「カレー週間」ということにして,ここ最近食べたカレー特集を行います。

ちなみに
「うんこ味のカレー」と「カレー味のうんこ」
ぼくなら,「うんこ味のカレー」を選びます。
やっぱりうんこは食えないって。

・・・封印はあまりきかなかったようだw


さて,本題に移りましょう。

まずは,吉野家さんで〜す。
最近は,カレーにも力を入れ出したみたいですね。
吉野家でカレーを食べるのははじめてのような気もするな。

ふつうでした。
至ってふつうでした。
というか家でヨメの作るジャワカレー中辛のほうがおいしいような気が・・・

curry_ph003.jpg
吉野家ウェブサイトより転載

すみません。ちゃんと写真を撮ったのですがうまく保存されていませんでした。
こんなことは初めてです・・ニコンのバカヤロー(泣)

写真のようにカレーに具はたくさんはいってなかったけどまあそれはよしとしよう。
辛口を注文したのだけれど,まったく辛いとは思いませんでした。

そして,このカレー。
どうやって食べるのが正しい食べ方なんだろう。

牛肉の乗ってる部分は紅ショウガと七味をぶっかけて牛丼感覚で食べて,のこったメシをカレーとして食べるべきなのだろうか。それにしては,カレーソースの量はちょうどこのライスにぴったりのバランスなのだ。
だから僕はふつうに混ぜてそのまま食べてしまったのだが,カレーとも牛丼ともどっちつかずの中途半端な感じがしてしまったわけです。

すき家の牛あいがけカレーでも食べ方に迷います。

明日からもしばらくうんこネタカレーネタが続きますので,我慢しておつきあいください(笑)

posted by poptrip at 21:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

文殊山登山

文殊山に登ってきました。

今回は,おひとりさまです。

文殊山といえば,僕の通っていた小学校・中学校どちらの校歌の歌詞にも含まれているなじみの深い山。子供の頃何度か登った記憶があるのですが,それ以来だから30年ぶりくらいでしょうか。

二上コースという一番人気のコースを。
まあ小学校の遠足でも登るくらいの山ですから危険なところはほとんどありません。
登山道も広く,場所によっては車が通れるくらいの広さ。
だらだらと緩い登り坂が続きます。

s-IMG_4380.jpg
展望台より

s-IMG_4384.jpg
大文殊より白山を望む

s-IMG_4395.jpg s-IMG_4397.jpg
胎内くぐりの大岩

s-IMG_4426.jpg s-IMG_4414.jpg

s-IMG_4417.jpg s-IMG_4406.jpg

s-IMG_4440.jpg
中腹より福井市方面

鯖江市方面の眺望が全くないのが残念でした・・・あと,紅葉はもう少し先ですね。

小文殊にはトイレもあるので安心です(ただしボットン便所なので・・)。


【参考実績行程】

 時刻 イベント
13:47駐車場発
s-IMG_4356.jpg
14:17分岐通過
s-IMG_4366.jpg
14:27小文殊通過
s-IMG_4369.jpg
 s-IMG_4372.jpg
14:36
14:43
展望台着
 〃  発
s-IMG_4379.jpg
14:49
15:07
大文殊山頂(標高365m)着
  〃   発
s-DSCN4360.jpg s-DSCN4361.jpg
15:21
15:30
奥の院(二等三角点:350.5m)着
     〃     発
s-IMG_4402.jpg
16:42駐車場着


標高差 約360m
登り 1時間02分(大文殊まで,休憩含む) 
下り 1時間12分(奥ノ院から,休憩含む)
歩数 約11,000歩

posted by poptrip at 17:20 | Comment(6) | TrackBack(0) | 文殊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月26日

餃子の王将敦賀店の松原定食

餃子の王将敦賀店の松原定食。

s-DSCN0262.jpg

ラーメンはあいかわらず,イマイチ。
中華料理屋の看板メニューはやっぱラーメンと餃子とチャーハンだと思うので(僕の勝手な意見です),できればもっとラーメンに力を入れて頂きたいと思うわけです。

そしてこの松原定食は1,060円という微妙な価格設定。
1,050円なら1,000円に消費税で1,050円なんだな。と納得するのだけれど,たぶん税抜価格が1,010円なのでしょう。
ウーロン茶が缶のままでてくるのが,素敵すぎる。
ウーロン茶なんていらないからその分,安くしてくれないかな。
そして,せめてコップくらい出してくれないかな。お店で缶のままドリンクを飲むということはあまりないですよね。

なぜ松原定食なんていう名前がついているのかと言うと,このお店の店長さんが松原という名字だからというのはもちろん根も葉もない嘘で,たぶん敦賀の観光名所「気比の松原」からとったものではないかと想像されます(ホントに店長さんが松原さんだったら笑えますけどねw)

wikipediaによりますと,
気比松原(けひのまつばら)とは、福井県敦賀市の景勝地である。三保の松原、虹の 松原と共に日本三大松原として知られ・・・(以下略)

いや,どの松原も僕は知らないんだけど・・・

ちなみに敦賀に通算8年住んでいながら気比の松原って2回くらいしか行ったことがない。それも花火を見に行ったときとメーデーかなんかに動員されたとき・・・

洞察力のあるあなたならもうわかったと思いますが,
松原定食をテーマに何かを書こうと思っても非常に難しいので,無理やり字数を稼ぐためにいろいろと頭をしぼって書き上げたのが今日の記事なのです(笑)
posted by poptrip at 22:00 | Comment(12) | TrackBack(0) | グルメ(王将) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする