2013年5月に読んだ本

ちょいと仕事が忙しく,今月はあまり本を読めませんでした。 明日も明後日も仕事っす。 2週連続で土日勤務はツライ(泣) 自宅にも帰ってないので,図書館に本を返却することもできず・・ごめんなさい。返却期限とっくに過ぎちゃってる。 じゃあ早速いきましょう。 歪められる日本現代史/秦郁彦 日本人でありながら反日(左翼とは違う)である人っていうのが僕にはいまいち理解できない…

続きを読む

武衛山(越前市)

武衛山です。 味真野苑の裏から登ることができます。 よく整備された道をしばらく登ると,俱利古曽山展望台に着きます。   下界(といっても標高122mなのだがw)を見下ろす。 味真野小学校の桜もチリバツ。 ロープの設置された急登も何か所かありますが,基本的にはなだらかな道が続き,それほど大変な山ではありません。休憩なしで一気に山頂まで。 山…

続きを読む

嶺北の山Comment (5)

ミルクセーキ

コメダ珈琲店にあるメニューにミルクセーキというものがある。 マンゴー世代にはまったくなじみのない飲み物ではないかと思う。 僕の中では「ミルクセーキ」というのは,間違いなく70~80年代の遺物だ。 子供の頃,母親と卵黄をかきまぜて家でも作った記憶があるのだけれどそれ以来飲んだことがないのだ。フルーチェも子どもの頃何度も家で作って食べた記憶があるのだが・・・ ミルクセーキ(480…

続きを読む

80年代Comment (2)

ケリーケトルのお手入れ

ケリーケトルを使い込んでいるうちに内壁がススとヤニで真っ黒になってきた。 以前もこのブログで書いたのだけれど,取扱説明書には,お手入れ方法など全く書かれていない。空焚き厳禁だとか火傷防止のための注意事項が書かれているだけだ。 ただ単に色が黒くなるだけなら全く問題にしないのだけれど(多少使い込まれた感があったほうがシブイ気もするし),付着物(タール状のヤニ)にかなりの厚みがあるので…

続きを読む

味見屋#4

味見屋である。 たぶん4度目の記事ですが,過去に10回は行っていると思います。 今回食べたのはオムライス。 オムライスってさあ,素敵な食べ物だよね。 家でも食べれるんだけどときどき外食でも食べたくなっちゃう。 セットで850円だったかな。 この日も「アカギ」を読みながらこやつらを食す。 僕が入店したときは,先客1人。 僕が食べはじめる頃に,そのお客が帰った…

続きを読む

湯尾峠(南越前町)

この前,藤倉山に行ったときに「八ヶ所」の三角点を現認できなかったため,リベンジ。 湯尾峠から三角点までカメラを首からぶらさげて手ぶらでぶらぶらお散歩。   トンボやら蝶がたくさん舞っていて,望遠レンズを持ってこなかったのを後悔したのでした・・   標準レンズで撮ったものをトリミング ちょっと見るに堪えない写真だね。 さて,分岐に着きました。 さっそく三…

続きを読む

嶺北の山Comment (2)

オープンスクール

最近は,授業参観日という単語はなくなり,オープンスクールというらしい。 「オープンスクール」の定義はあいまいだが,僕なりの解釈だと一日中学校を開放し(もちろん保護者に限る)好きな時間に授業参観をしたり学校施設を見ることができるというものだ。 前置きはこれくらいにして・・・ 先日,子供の高校のオープンスクールに行ってきた。 ここは僕とヨメの母校でもあり,とても懐かしく感じます。 …

続きを読む

野見ヶ岳・武周ヶ池・岩谷山(南越前町)

まず最初に断っておきますが,この山はいろんな意味でオススメできません。 僕と同じルートでこの山々に登る場合は,自己責任でお願いします(・・・ということで今さらながら免責事項のページを作りましたw)。 野見ヶ岳へはいくつかの登山コースがあるのですが,岩谷峠からのルートを選ぶと,峠の登山口までのクルマでのアクセスがまずかなりヘビー。県道203号線を南越前町側から登っていくわけですが・・ …

続きを読む

嶺北の山Comment (0)

餃子の王将武生店のヤングセット

餃子の王将武生店のヤングセット(790円)。 料理の味自体には何の文句もありません。 ここの武生店のヤキメシってあんまり好みじゃなかったんだけど,僕の味覚が変わったのかあるいは店側のレシピが多少変わったのかこの日はふつうにおいしくヤキメシも食べることができました。 ただね,7年前のブログにも書いてるんだけど(過去記事を調べてみたのですw)このお店は大きな問題(僕にとっては)…

続きを読む

藤倉山(南越前町)

さて,本日は今庄の鍋倉山~藤倉山縦走の巻です。 標高差500m以上ですからなかなかキツイっす。 今庄駅から北へ数百メートル。 観音霊場登山口から頂上を目指します。   が,いきなりトラブル発生。 登り始めて10分ほどしたところで,ケリーケトルを車の中に置き忘れたことに気づき,あえなく下山。再度登り始めるというこの惨めなスタート。山に登るときだいたい何かを忘れてくる僕ちゃん…

続きを読む

嶺北の山Comment (4)