2013年6月に読んだ本

転進 瀬島龍三の「遺言」/新井喜美夫 僕には尊敬する人物と言うのはいないが,興味を持っている人物は何人かいる。たとえば瀬島龍三や甘粕正彦。瀬島龍三の関連書籍の中でこの本は読んだことがなかった。越前市中央図書館でふと目に入って借りてみたのだが・・・タイトルに偽りありと言ったところでしょうか。坂本龍馬や勝海舟を見識のない人間と一刀両断するなど著者独特の歴史観ばかりで瀬島龍三の遺言といえるも…

続きを読む

朝いちばん早いのは

朝いちばんはやいのはパン屋のおじさん♪ こんな歌がありましたね~(今もあると思うけど) パン屋さんのランチに行ってまいりました。 僕はパンにこだわりとかが全くないのでふだん,パン屋さんに行くなんてことはまずないのですがこの日はヨメのリクエストで,ペールメールへ。 鯖江のロフティが移転してオープンしたのがこのお店。 ロフティではシュトーレンという季節限定のパン(というかお菓子…

続きを読む

百里ヶ岳(小浜市)

「popさんの福井県内一等三角点巡り」のコーナーです。 そんなコーナーあったっけ? ええ,今作ったんです(笑) 福井県にある一等三角点は7つ(あるいは8つ)なのでこのコーナーも残りあと数回となっております。 今回は小浜市の百里ヶ岳でございます。 もちろんこんな山(といっては失礼ですが),調べるまで知りませんでした。 いろんなところから登ることができるのですが,ヘタレな僕は…

続きを読む

嶺南の山Comment (0)

谷口屋の油あげ

秘密のケンミンショーで紹介されてから爆発的人気のこのお店。 あの番組では福井県民はカレーに油あげをのせて食べるなどというデマを流したりしてしまう罪な番組なわけですが(笑),とにかくテレビの影響力と言うのはネット社会となった今でも絶大なのです。 山奥の辺鄙なところに車がわんさかと押し寄せる奇妙な光景。 いちど,竹田のしだれ桜を見に行ったときに様子をうかがいにいったらめしどきを…

続きを読む

三床山(鯖江市)#3

鯖江市と越前町の境にある三床山(みとこやま)。 今回は和田コースから登ってみました。 民家の横から登山口へ。 近くに駐車場はないので少し離れたところに路駐させていただきました。 イノシシ防護柵の扉をあけていざ出陣。 落葉を踏みしめながら緩い坂を登ったり下ったり・・ 頂上まで1,000mという標識を過ぎてしばらくするとロープのある急登が。 …

続きを読む

文殊山Comment (4)

たつやのオリジナルビーバー

福井を代表するブロガー・たつや氏が へしこ味(上の写真は敦賀市内の某居酒屋の生へしこです)の <courtesy of フォーリンラブ> バービーを 発売したらしい。 マルシェワンダーランドというイベント限定で。 ??? あ,なんか違和感あるなあと思ったら・・ へしこ味のバービーではなくて へしこ味のビーバーでした(ふ…

続きを読む

杣山(南越前町)

杣山(そまやま)です。 花はす公園のテニスコートは昔よく利用していたのですが,山に登ったことはありませんでした。 今回は,第二登山口から登ることにします。 最初はなだらかな階段が続きます。 途中の分岐では,すべて東御殿方面に進みます。 最後の分岐を過ぎてから急登に変わりそれが頂上まで続きます。まずは,この登りにやられました。はっきり言ってなめてました・・この山。意外とキ…

続きを読む

嶺北の山Comment (2)

我肉ヲ欲ス

肉欲と書くとなんかいやらしいが(笑),僕はときどきガッツリと肉を食べたくなるのです。 焼肉じゃなくてステーキを。 欧米か!(←古い) 今まではファミレス(具体的に言うとトマオニw)のステーキで満足していたのですが最近,トマオニはなんか迷走しているようでサラダバーメインのファミレスに変貌してしまっているため,ほかの店を。 敦賀の場合「ぼたん亭」「牛亭」という専門店があり…

続きを読む

権現山(越前市)

越前市(旧今立町)にある権現山です。 自宅からも比較的近く,ガイドブックに載っているコースタイムを見るとちょうど手ごろな山なのですが,この山には僕を惹きつける何かが欠けている。 そうだ! 三角点がないからなんだ。 でもね,どのガイドブックを見ても載っている山だし,なんか滝がいっぱいあってそれなりに楽しめそうだ・・ということで意を決して。 それでは,2013春の滝コレ…

続きを読む

嶺北の山Comment (0)

源与門のうなぎ

三方五湖周辺にはうなぎやさんがいくつかあります。 お店の場所が家から離れていることと高価であるという二つの悪条件があるためなかなか利用できないのですが,僕がいままで利用したのは決まって「淡水」でした。特に理由はないのですが,はじめて行ったお店がたまたま「淡水」でそこのうなぎがおいしかったからそのまま利用し続けていたというだけ。 今回,はじめて「源与門」に行ってみました。 実は一度挑…

続きを読む