エネーチケーがやってきた!ヤァ!ヤァ!ヤァ!

小雨の降るとある休日の午後。 僕が,のんびりとベッドに寝転んで図書館で借りてきた伊坂幸太郎のハードカバーを読んでいると,玄関のチャイムが鳴った。 しばらくすると,ヨメが僕を呼びに来た。 「エネーチケーが来たよ」って。 過去に,社宅に入っていた頃,僕が留守の間にヨメがエネーチケーに応対して勝手にいろいろと余計な契約されてしまった苦い経験があるためエネーチケーが来た場合は「主人が…

続きを読む

雑記Comment (10)