三角点がなくなる?

山に登ると山頂によくあるのが三角点。 三角点とは土地を測量するための基準点となるもので,ある地点の経度緯度や標高を正確に測った地点で,ゆがみのない地図を作るための目標として使われます。通常,見晴らしの良い場所に設置されるため山頂にあることが多いのです。1883年ごろから近代国家にふさわしい科学的な地形図を作るため全国約10万ヶ所に設置され,目印として四角い標石が置かれています。 以上はw…

続きを読む

山登り雑記Comment (4)