2015年05月31日

読書日記(5月)


s-shirushi.jpg
白いしるし/西加奈子

福井県立図書館で借りました。
西加奈子ブームも下火になってきましたかね。図書館でちゃんと借りれる本があるんだから。
恋愛小説・・それ以外書くことがない。それなり。この本を読んでやっぱり僕は芸術家にはなれないし芸術家ってのは理解できないなと思ったわけで。

s-madono.jpg
窓の魚/西加奈子

越前市図書館で借りました。西加奈子の作品の中出は純文学系。美しい文章がときどき見えたりします。
ミステリーなのかなと思ったんだけど結局なぞは残ったまま。なんか狙った作品なのかなあ。僕は面白かったと思います。


s-sayosigure.jpg s-sinboshi.jpg s-katen.jpg
みをつくし料理帖 小夜しぐれ・心星ひとつ・夏天の虹/田郁

s-zangetsu.jpg s-miyuki.jpg s-tenno.jpg
みをつくし料理帖 残月・美雪晴れ・天の梯/田郁

福井県立図書館,鯖江市図書館および越前市図書館で借りました。
いやあ面白かったけどもっともっと続けてほしかったなあという気もします。ただ池波正太郎の作品みたいに未完で終わっちゃうのも困るし,こういう連作ものってのは難しいですなあ。
高田郁の作品は全部読んじゃいました。早く新作が出ないかなあ。


今月は女性作家の作品しか読んでないね。
本日は此処まで。


posted by poptrip at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

Playback 80's & 90's 甲斐駒ケ岳・仙丈岳3泊4日(1991/7/16〜7/19)

Playback 80's & 90'sシリーズです。

第10弾の今回は2度目の甲斐駒ケ岳・仙丈岳です。まあこれはメンバーに釣られて行っちゃった山行ですね〜。仲のいい友達と可愛い後輩に釣られて・・。学生のころは若気の至りと言うかメンバー重視だったわけですよ。今は基本的に誰でもウェルカムですけどね。

【1日目】
名古屋バスターミナルバスJR伊那市駅バス戸台口バス北沢峠⇒仙水小屋キャンプ場(泊)


前回は長衛小屋でテン泊だったんですがこのときは仙水小屋でテン泊だったようです(全く記憶になし)

【2日目】
仙水小屋キャンプ場⇒仙水峠⇒甲斐駒ケ岳(2965.6m)⇒仙水峠⇒仙水小屋キャンプ場(泊)


s-IMG_20150516_0001.jpg
栗沢山山頂(2714m)

s-IMG_20150516_0003.jpg
仙水峠からの雲海

s-IMG_20150516_0002.jpg
摩利支天(駒津峰あたりから見てるのかなあ・・詳細不明)

なぜか甲斐駒ケ岳山頂での写真が残っていないという不思議。

【3日目】
仙水小屋キャンプ場⇒大滝ノ頭⇒小仙丈岳⇒仙丈小屋キャンプ場(泊)


s-IMG_20150516_0004.jpg
小仙丈への登り

s-IMG_20150516_0005.jpg
小仙丈ヶ岳山頂(2864m)

ご覧の通りメンバー5人中4人がニッカボッカ。そしてウエストポーチ率100%。ウエストポーチって便利なんですけどやっぱりダサイっていうことになってるのかなあ。最近はウエストポーチしている人あまり見かけません。僕も今はウエストポーチはしておりません。いやでもそのうち買うかもね。山でのウエストポーチはアリでしょ。

ニッカボッカは絶滅危惧種です。ここ数年では北アルプス燕岳で1名,南アルプス北岳で1名のニッカボッカーを見かけました。どこで購入したのか思わず聞きそうになりましたがもちろんそんな野暮なことはしません。だいたい買うつもりもないんだけど(笑)
たぶん全員マップケースは首から下げてたと思うんだけど写真では確認できません。マップケースを首から下げてる人もここ数年で数人しか見かけておりません。ていうか最近の登山者の中には地図を持たない人がたくさんいるんだよね・・・僕は今はもっぱらスマホの山旅ロガー&地図ロイドですが,スマホも地図も持たない人,地図を読めない人って多いみたいで怖いっす。僕らのサークルではメンバー全員が地図を持ち,山行前にはミーティングをして装備の確認とルートの確認をしっかりするというのが当たり前でした。

そしてトレッキングポール率は0%。ええ,この当時そんなステッキだとかトレッキングポールなんてものを持って山に登ってる人は皆無でした。あれ,いつから普及しだしたんだろう?僕は今でもあまり使いませんねえ。邪魔なんだもん。

【4日目】
仙丈小屋キャンプ場⇔仙丈岳(3032.7m)⇒北沢峠バス戸台口バスJR伊那市駅バス名古屋バスターミナル


s-IMG_20150516_0006.jpg

s-IMG_20150516_0007.jpg
仙丈ケ岳山頂(3033m)

21歳の初々しい僕。モザイクなしのサービスカットです(笑)
当時は1週間連続装着可能なメニコンO2というコンタクトレンズをはめて山に登っておりました。

そして僕の隣に写ってるチェックのシャツを着ている後輩が数年後に「新婚さんいらっしゃい」に出場し,夜の話とかも三枝と赤裸々に語ることになるとはこの時は想像もしていませんでした。

s-IMG_20150516_0008.jpg

メンバーには恵まれたんですがカメラマンがいなかったようであまりいい写真が残っていません。
甲斐駒・仙丈は2回行ってるのに2回とも天候に恵まれずほとんどマトモな写真が残っていないため印象も薄いので,また機会があれば行ってみたい山ではあります。


posted by poptrip at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 南アルプス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

popさんのシングルレコードコレクション#3

初恋/村下孝蔵

s-s-IMG_20150524_0002.jpg

1983年2月25日 発売
レコード番号:07SH 1264
レコード会社:CBS/SONY    
初恋    作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷公生/コーラス・アレンジ:町支寛二
丘の上から 作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:田代耕一郎

村下孝蔵の代表曲(と言ってもいいよね)。5枚目のシングル。このシングル発売の数カ月後に三田寛子もカバーしてそれなりにヒットしました(オリコン56位)。
名曲です。ジャケットの切り絵も印象的で、この後のシングル何枚かは同じようなジャケットが続きました。
なぜかコーラス・アレンジが浜田省吾の盟友町支寛二なのです。この後の「踊り子」などの コーラス・アレンジのクレジットには町支の名前があります。アレンジも浜田省吾と馴染の深い水谷公生。
ジョン・レノン追悼みたいなTV番組で彼がアコースティックギターでソロを弾いているのを見てうまさに感動してしまった記憶が有ります。1999年に46才の若さで他界してしまったのがとても残念です。
オリコン最高3位。

s-IMG_20150524_0017.jpg
ジャケ違いを見かけたら思わず買ってしまうのがコレクターの悲しい性
発売当初はこのジャケットが使用されていたようです。



踊り子/村下孝蔵

s-IMG_20150524_0018.jpg
1983年8月25日 発売    
レコード番号:07SH 1379  
レコード会社:CBS/SONY          
踊り子 作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷竜緒/コーラス・アレンジ:町支寛二
冬物語 作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷竜緒


オリコン最高24位。HARD OFFで50円で購入。
これもいい曲ですなあ・・ジャケットは水谷保の切り絵。アレンジの水谷竜緒は水谷公生の別名。中森明菜もカバーしているようです。



夢のつづき/村下孝蔵

s-s-IMG_20150524_0001.jpg

1984年9月21日 発売    
レコード番号:07SH 1515  
レコード会社:CBS/SONY          
夢のつづき 作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷竜緒/コーラス・アレンジ:町支寛二
似顔絵   作詞・作曲:村下孝蔵 編曲:水谷竜緒

8枚目のシングル。
オリコン最高50位。このレコードはデジタル化していないためほとんど聞いたことがなかったので久しぶりにYouTubeで聞いてみました(便利な世の中になったもんだ)。また情報を得るためにwikipedia(ホントに便利な世の中だよ・・)。今聞くとかなり古臭いアレンジですがこれこそが村下孝蔵ワールドなんだなあ。
ジャケットのバーコードはレンタル落ちの証(価値はずいぶんと下がります)。


本日は此処まで。


posted by poptrip at 22:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 80年代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

松屋であみんを想いだす

久し振りの松屋。
福井県にある松屋は福井市の2軒のみ。めったに行けないのですがどちらも利用したことはあります。
今回は福井御幸店でございます。

まあ私的牛丼(牛めし)チェーン店ランキングは

吉野家:偏差値78(東大理Vレベル)
松屋 :偏差値70(早慶レベル)
すき家:偏差値47(地方私大レベル)

というのが20年間変わらない状態なわけで,たまに松屋の牛めし(松屋では「牛丼」ではなく「牛めし」なのです)が食べたくなるんです。あの油揚げの漂うB級テイスト満点の味噌汁が飲みたくなるんですよ。

僕が松屋の欠点と思われるところはやはり食券制というところです。数年に1回しか利用しない僕のような男は券売機の前でずいぶんと悩むことになります。セットメニューはどうやって買えばいいんだろう。おしんこはないのか。なんかセットメニューあるけど卵はいらないんだよな。卵ぬきでセットメニューみたいなやつを食べようと思ったらどうしたらいいんだ・・・とこの日も券売機の前で四苦八苦。混んでなかったからいいものの混んでたら迷惑だよね,僕みたいなやつが前にいたら。

で結局,牛めし大盛りにポテトサラダをつけて

s-IMG_8820.jpg

s-IMG_8821.jpg

松屋で牛めしを食べていて思いだしたのはあみんの名曲「待つわ」だった。


かわいいふりしてあの子 わりとやるもんだねと
言われ続けたあのころ生きるのがつらかった


(いやしかし暗い歌だよな〜ww)

行ったり来たりすれ違い あなたとわたしの恋
いつかどこかで結ばれるってことは永遠の夢

青く広いこの空 誰のものでもないわ
風にひとひらの雲 流して流されて




わたし

s-IMG_8822.jpg

松屋

いつまでも

s-IMG_8823.jpg

松屋 

たとえあなたが振り向いてくれなくても

s-IMG_8824.jpg

松屋〜(松屋〜)

いつまでも



松屋

他の誰かにあなたが振られる日まで



おそまつさまでした。


aming.jpg
松屋待つわ/あみん(1982年作品)

s-IMG_9020.jpg

なお,「待つわ」は亀田音楽専門学校で「まっすぐハモ」の代表曲として教材になった名曲です。



posted by poptrip at 23:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

かくれ庵#2

山から下りたらもう1時近くだったので,福井の「きょうや」でそばを食べようかと。なんかあっさりしたものを食べたくて,おろしそばを食べようと。午後2時過ぎだったらさすがに空いてるだろ。前回11時15分くらいにいったらもう満席だったんすよ。食べログを見ると営業時間は午後3時までとなってるし。
とウキウキ(死語)しながらお店の前までやってきたら「準備中」という無情な表示が。
うーむ。参った参った隣の神社。この近くのそば屋さんで思いついたのは「すいこう」。こちらも大通りからちょっと入ったところにあるお店ですが・・「本日都合により14時までの営業です」と。オイオイ。僕はどうもそばから嫌われているらしい。

そして最後の砦。
下馬の「かくれ庵」。
スマホで調べたらお昼の営業時間は午後2時30分まで。
もしここがダメだったら8号線沿いの「つるき」にしよう。もう別にそばを食べたいという気持ちはどこかへ行ってしまってたんですけどこうなったらもう男の意地です。

s-IMG_9014.jpg

2時25分に入店して「まだ大丈夫ですか?」と店員さんに尋ねると「どうぞ」と。
3軒目の正直。やっとそばに巡り会えた。

ピザやさんとかエステのお店が併設されておりますが,僕はエステのお店だけ行ったことがあります。あ,もちろん唯の害のないウソですが。

席についてメニューをじっくり眺めますが,結局落ち着くところに落ち着きます。おろしそば大盛(850円)です。平凡な選択だけれどこれを食べるためにそば屋めぐりをしたんだから。
しかしオサレな感じのお店ですな〜。ブログで調べてみたら4年近く前に一度だけ来たことがあるようです。

s-IMG_9010.jpg

やってきたおろしそばはもちろん作法どおりにぶっかけて食べます。

s-IMG_9013.jpg

ちょいとおろしは辛めかな。麺は細め。
うん,おいしかったよ。

そしてこの後,お約束のチョコモナカジャンボをコンビニで購入し帰宅したのでした。

posted by poptrip at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする