福井市飯塚のステーキ贅です。 昼も夜も何度かずつ利用させてもらっておるわけで,1000円そこそこでおいしい(あくまでも僕のB級舌にかかった場合)ステーキが食べれるということで僕のなかでは利用価値の非常に高いお店の一つなのです。 少し高めのサーロインをいただきました。 このように肉はレアに近い状態で供され,このできたてホヤホヤのカップルのようなアツアツの溶…

続きを読む

パ軒岡山店の破壊力

本日は演説の日なのだそうです。 僕のカーナビに住人である日向エリが毎日教えてくれる無駄な情報 エリのスイカTシャツが違和感なくなってきた今日この頃。いや,実をいうとエリは5月1日から衣替えをしておりまして,5月から約2か月間スイカTシャツ姿のエリを見ているわけですが・・・ダサイよね~やっぱり。でも前日の記事で紹介したような萌えキャラよりはいいような・・いやどっちもどっちだ…

続きを読む

瀬戸大橋と四国萌隊

行きは淡路島を通って四国にやってきたのですが,せっかくなので帰りは瀬戸大橋で。 与島PAで讃岐うどんを食べようとしたことは既報の通り。 そしてそこに待っていたのは四国萌隊。 思わずムスメにLINEで報告しちゃいましたよ!(あまりウケなかったようで瀬戸大橋の写真を送れという返事が返ってきただけだった・・) しかしずいぶん昔にムスメをここに連れてきたことがあるんだよと言っても…

続きを読む

四国で食べたうどんとかそばとか

四国グルメといったらまずなんといっても「讃岐うどん」でしょう。というか正直「讃岐うどん」以外思いつかないのです。 僕はあまりうどんは得意ではないのですが,「讃岐うどん」だけは結構好きでして過去2度四国を訪れているのですがそのときはそれぞれ2~3軒ずつうどん屋さんで讃岐うどんを食しました。 なお当然のことですが,村上春樹の名著「讃岐・超ディープうどん紀行」はもちろん何度も読んでおります,ハイ。…

続きを読む

奥祖谷二重かずら橋と祖谷のかずら橋

剣山から下山し,かかしの里へ向かう途中に奥祖谷二重かずら橋という観光スポットがあったので寄ってみました。 かずら橋はサルナシ(しらくちかずら)などの葛類を使って架けられた原始的な吊り橋(wikipediaより抜粋)で,福井県の池田町にもありまして,そこは行ったことがあるので,かずら橋自体に特に惹かれたわけでもないのですがせっかくなので。 550円払って橋を渡ることができます。 二重…

続きを読む

日本三大秘境・旧東祖谷山村で不思議体験

今さらですけど四国編に戻ります・・今さらジローなんですけど・・ 剣山へいく道中,クルマでいくつかの集落を通過しました。 そのなかでもいちばん山奥にあるのが旧東祖谷山(ひがしいややま)村名頃地区。日本三大秘境のひとつだそうです。 そしてここは標高800m以上という高地にあるため天空の里などともよばれているらしい。 地図では標高900mほどのところに集落はある なにも意…

続きを読む

ココイチでは甘さを選べるようになったのです。

ココイチ鯖江有定店。 僕の自宅からもっとも近いココイチがこのお店です。 このお店の難点は駐車場が狭いということ・・あとクルマでの出入りも雪が積もってる時なんかは結構きびしいところ。 ヤサイサラダにエビあさりカレーにフィッシュフライトッピング。 これで1,000円以下におさまるんだから余は満足じゃ。 と何気なく正面を見ると・・ じぇじぇじぇ!(い…

続きを読む

大安禅寺

福井市の大安禅寺。住職の綾小路きみまろばりの面白い法話が有名な臨済宗のお寺です。 三国で働いていた時に自宅と職場の往復をするときに何度も近くを通り,気になるスポットだったんですが行く機会もなく・・・この日は雨が降っていて山には登れないし,大安禅寺の花菖蒲やら紫陽花やら薔薇でも見に行ってこようかと。 雨降りの平日と言うことできっと誰もいないだろうなあと思ってたら意外と人がきているもので…

続きを読む

三ノ峰~別山【後編】

調子こいて当初の予定通り別山に向かいます。 右手には御嶽山のほかにかろうじて乗鞍岳も見えます。 しかしね,とてもマズイことにどんどん下っていくんですよ。 そんなに下らなくてもいいじゃん! って思うんだけどこればっかりはどうしようもありません。 100m以上下りましたな・・・ そして,当然のごとく登っていくのです。 この登りがまたキツかった・・…

続きを読む

三ノ峰~別山【前編】

前々から行きたかった,上小池からの三ノ峰・別山。 三ノ峰までは行ったことがあるのですがそこから先の別山は未知の世界。 天気予報は快晴ではなかったものの6月15日(月)に,休日出勤の代休をとり出陣。 3:30に自宅を出て上小池駐車場には5:20ごろに到着。上小池までの道もまあ走りやすい道ではありませんが許容範囲。 登山届を提出して,出発です。最初は下っていきまして(これがも…

続きを読む