文殊山#14

6月13日(土) ムスメを某所へ送って行ったついでに文殊山。 今回はちょっとタイムに拘ってみようと。 話に聞くと健脚な人は30分を切るらしい。僕のベストタイムはこれまで37分(駐車場から)。 がんばってみます。    7:43 駐車場 7:46 登山口   8:03 七曲合流点 8:10 小文殊 8:18 文殊山山頂(大文殊) 駐車…

続きを読む

文殊山Comment (2)

剣山(徳島県)【後編】

一ノ森ヒュッテでコーヒーをいただきながらご主人と雑談。 ご主人は一ノ森章太郎という漫画家です(ウソ) 福井県から来たというと,福井の方はシカの被害はどうなの?と聞かれまして,そういえばカタクリが全滅しちゃった山もありましたねえ。と答えると,この辺りもシカの被害がひどくてね。ここは国定公園だから駆除もできないし貴重なお花も荒らされて・・ネット張るくらいしか対策がないんですよとのこと。うーむ…

続きを読む

剣山(徳島県)【前編】

高知市内を出発し,剣山へ向かいます。 昨日から降り続いていた雨も上がり,天気予報はくもりのち晴れ。 高知自動車道に乗り,とりあえず南国SAでモーニングコーヒーを。 ひまわりコーヒー 四国限定で販売されている高知生まれのコーヒー牛乳。 ”風味に自信あり!絶対に他社のコーヒーには負けません。ひまわりコーヒーは、その風味で、お客様の圧倒的な支持をいただいています。粗挽…

続きを読む

高知市内観光(高知城)

睡眠時間わずか2時間ほどで敦賀から高知までやってきて途中,山にも登っている。こういう過酷な状況でアルコールを摂取すると酔いが早く回るのは必然。 酔い覚ましにお散歩します。 行くつもりはなかったんだけど高知城。 板垣退助像 板垣退助の残した「板垣死すとも自由は死せず」という言葉は,前田敦子の「私のことは嫌いでも,AKBのことは嫌いにならないでください」と並ぶ名言である。…

続きを読む

マルシェワンダーランド2015に行ってきました。

四国編は本日はちょっとお休み。 リアルタイムな記事の更新です。 マルシェワンダーランドと言うクラフトマーケットを中心としたイベントがここ数年,越前町(旧宮崎村)の陶芸村で行われています。今年は4回目だそうで今日と明日の2日間の開催となっています。 主催者のほか関係者に知り合いが多いので毎年のように誘われていたのですが,いかんせんアートやらクラフトやら雑貨的なもの(つまりオシャレ的なもの…

続きを読む

「ひろめ市場」で高知の珍味たちを味わう

「ひろめ市場」です。 高知県の地場産品の販売、特選品の販売などをしており、他には鮮魚、精肉、総菜、花屋、衣料品、酒屋、ゲーム店、マッサージなどもある。市場内の通路には「龍馬通り」「いごっそう横丁」といった高知にちなんだ愛称がついている。ひろめ市場のシステムは、食器の共同管理など屋台村のイメージであり、観光客にも地元の人にも支持されている。(wikipediaより) さて,まず…

続きを読む

高知市内観光(日本三大がっかり名所・はりまや橋)

ホテルでシャワーを浴びてから,はりまや橋へ向かいます。 札幌時計台,沖縄の守礼門と並ぶ日本三大がっかり名所の重鎮です。まあ僕にとっては名所でもなんでもないんですけどね・・だって「はりまや橋」って日本三大がっかり名所だから知ってるっていうだけですから・・ ホテルからはりまや橋までは1kmほど。普通の旅行ならば歩く距離なんですが便利な路面電車がありますし疲労が半端ないし雨も強くな…

続きを読む

鉄道Comment (4)

高知市内観光(桂浜あたり)

ラーメンを食べた後は高知市内へ向かいます。 とりあえず高知に来たら桂浜に行って坂本龍馬の像を見ようと思っていたのです(ベタですみません)。 ナビの目的地に桂浜と設定してナビに従って進んでいくと春野町と言うところを通過したのですがここのあじさいがすごかった。用水路に沿ってあじさいが咲きまくってるのです。これが数キロ続くんだからなかなか気持ちが良いです(面倒臭かったので写真は撮りませんでした…

続きを読む

四国でもやっぱりラーメンなのだ!(ラーメン自由軒伊野出来地店)

さて,土小屋から今度は高知市方面へ車を走らせます。 ええ,この林道もなかなかスリリング。カーブが多いため何度も何度もハンドルを切るんですがなんか腕が重い。石鎚山でクサリ場にちょこっと挑戦したことが影響しているのか。思った以上に負担が大きい・・最後までクサリを登れずリタイヤしたくせに後遺症が出るという情けなさ。 途中工事しているところがありまして,交通整理のおっちゃんが「10:55まで通れ…

続きを読む

石鎚山(愛媛県)【後編】

しばらくはほとんど遊歩道じゃないかって言うような平坦な道が続きます。 細かなアップダウンを繰り返して少しずつ登って・・るんだよね?と確認したくなるような。   右手にはときどき山が見えたり隠れたり。 そして20分ほど歩くと前方に石鎚山が見えてきました。 この辺りからは少しずつ傾斜が出てきますが,ほとんど苦にならない程度のもの。調子よく登っていきます。ほとんど徹夜なん…

続きを読む