2015年07月31日

読書日記(2015年7月)

s-ningenkouta.jpg
人間小唄/町田康

越前市中央図書館で借りました。アメトーークで又吉がオススメしていた本。なんか吉田戦車とか蛭子能収の不条理マンガを読んでいるような感じとでもいいましょうか・・・よくわかりませんでしたw


s-fukuwarai.jpg
ふくわらい/西加奈子

越前市中央図書館で借りました。アメトーークの読書芸人で誰かがオススメしていた本です。面白かったよ・・独特の世界観。新日本プロレスとか猪木とかがでてくるところが昭和プロレスファンにはちょっぴりうれしい。しかし最後のオチが。いやあの終わり方はないよな。あとちょっとグロイ内容もあるので注意が必要です。


s-platinum.jpg
プラチナデータ/東野圭吾

越前市中央図書館で借りました。読ませる力はさすがで一気に読んじゃいましたが・・・ハズレの部類に入るかな。なんか薄っぺらいというかね。


s-hakkouda.jpg
八甲田山死の彷徨/新田次郎

鯖江市立図書館で借りました。映画は見たことがありませんが八甲田山での遭難事故のことはだいたい知っていたのですが,小説にするとこんな風になるのね。昔の陸軍ってのはほんとにどうしようもないな。雪山にはやっぱり僕は登りたくないなというくらいの感想です。


s-sion.jpg
風が強く吹いている/三浦しをん

鯖江市立図書館で借りました。未経験者たちが箱根駅伝を目指す,そして半年のトレーニングで出場しちゃうという設定が受け入れられない人にはその時点でダメなんだろうなあと思います。ぼくはギリギリこれは小説なんだと言い聞かせてこの青春小説を読み進めて行ったわけですが・・面白い。何度も泣きました。後半はもう止まらなくなっちゃって。箱根駅伝って今までほとんど興味がなかったんだけど来年は見てみようかな,なんて。
あとどうでもいいことなんですけど表紙の絵がね,ぼくはどうしても好きになれないんですよね(笑)

ちなみにこの本,美方高校の夏休みの課題図書になってました。先月読んだ「博士の愛した数式」とともに。あと,これも先月読んだ東野圭吾の「白夜行」は敦賀気比高校の課題図書になってましたw


s-taigan.jpg
対岸の彼女/角田光代

越前市中央図書館で借りました。直木賞受賞作品だそうです。女性同士の友情ってめんどうくさいなあ。というのが素直な感想。女性だから書ける内容ですね。面白かったです。桐野夏生の「グロテスク」でも似たような雰囲気があったよな(あの本とは違ってこちらの作品はグロくないです)。


s-parallel.jpg
パラレルワールドラブストーリー/東野圭吾

越前市中央図書館で借りました。東野圭吾もずいぶんと読みましたがワクワクしながら続きを読みたくなるのはどの本も同じでさすがだなあと思います。でも読み終えてみると,「ん?」って作品が時々あるのですがこれもそのうちのひとつ。冒頭の山手線の描写はすばらしいです。

posted by poptrip at 22:15 | Comment(6) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

手打ちそば雪花(敦賀市)

いつの間にか敦賀に住宅を改装したおそばやさんがオープンしておりました。
敦賀のトンネル温泉の近く,なかなかわかりにくいところにございまして・・・まあそういうお店って探し当てた時はちょっぴりうれしかったりするのですがね。

s-1437993819682.jpg s-1437993842889(1).jpg

ふつうの民家のようなというか民家そのものの玄関で靴を脱ぐと,左に案内されます。

そこは・・

s-1437993896504.jpg

自宅。自宅。自宅に帰ろう♪(←最近毎日BSであまちゃんの再放送を見ているのです)

いやあ,ほんとに自宅だね(笑)

自宅だなぁ
ぼかぁ君といるときがいちばん自宅なんだ


座敷に陣取り,メニューを見ておろしそば大盛(1,000円)を。

s-1437993862996.jpg

このお店,大盛りは二皿で提供されます(おろしそば単品だと600円なので200円お得です)。
そして,どうもおそばのメニューには炊き込みご飯が付いてくるようです。

うん。おいしかったよ。
固めの細い麺に甘みを抑えたスッキリ系の出汁。
敦賀のおそばやさんって福井や武生のお店に比べると全体的にイマイチだなあなんて思ってたんですけどここはけっこうよかったと思います。駐車場がない(あるのかもしれませんがよくわからない)のが難点かな。

レジは玄関を右にいったところにあるのですが・・
そこからは雑然としたリビングルームが一望できるという。

・・いやあ自宅だなあ(笑)

なお,デジイチを持参したのですがまたまたSDカードをPCに差したままだったためデジイチでは写真がとれず,今回の記事の画像はスマホで撮影したものです。

s-IMG_0681.jpg


posted by poptrip at 21:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

journey of a Songwriter

浜田省吾が秋からライブツアーをやるということは知っていたんだけど,ファンクラブにも入らずFOBにも入会するのを忘れ,一般発売で富山を金沢を予約したバカはワタシです。

何人かの知人に「申し込んだんか?オレこのためにファンクラブはいったけど。第一希望金沢が当たったよ」「FOBの先行予約は申し込んだんか?金沢当選したぞ。」とそれぞれ申し込みが終ってからご指摘を受けたわけです(←もう少し早く言ってくれww)
唯ひとりの知人は「一般予約始まったよ。申し込まないと!」というありがたいメッセージをいただきました(感謝)。ああいちおう,一般予約は本日までですからね。
あとは当選発表を待つだけなのです!


ということで今回はハマショーのニューアルバム「journey of a Songwriter」のレビューを。

ネットでCDを注文しようとしたら3種類もあるからややこしい。通常版(梅),アコースティックバージョンなどの収められたDisk2がつくもの(竹),さらにDVDがつくやつ(松)。
中流階級,そして自分はとにかく何事においても普通だ!ドノーマルな人間なんだと思いこんでいる僕はやっぱり「竹」を選択。あ,松竹梅ってのは僕が便宜上,勝手につけただけですからね,もちろん。

Amazonでは「竹」は品切れ状態だったので楽天で購入。翌日届きました。

17曲も収録されているというのがうれしい。
10年振りらしいですね,新譜って。「My First Love」ってまだつい数年前のことかと思ってしまう僕はもう老後を迎えたおじいさんのよう。年をとると10年前くらいのことも数年前に思えてしまうんだよね。それに比べて62歳のおじいちゃんの作ったアルバムはすごい(笑)



浜省らしい曲がいろいろ,そして新しい試みのようなものも。

#1「光の糸」
いきなりトリッキーな変拍子のドラムから始まりサビで普通の8ビートのリズムに変わるという。いまだに僕はAメロのところでリズムがとれません(笑)

#2「旅するソングライター」はレゲエテイスト。
#3「きっと明日」には「SAME OLD ROK'N' ROLL」みたいなフレーズが。
#4「マグノリアの小径」
「恋の西武新宿線」を思いだしちゃいました。しかし大滝詠一っぽいね。フィル・スペクターっぽいって言ってもいいかも。「星の指輪」っぽいフレーズも。

#5「美しい一夜」
ドラムは打ち込みなんですな。ちょっぴり違和感・・・この曲はあんまり好きじゃないかも。サビまでくるといいんだけど。

#6「サンシャインクリスマスソング」はいいね。R&Bですなあ。
#7「五月の絵画」はアコギが素敵な曲。
#8「瓶につめたラブレター」これもR&Bだよね。

#9「ハッピーバースデイソング」
これも打ちこみですな。しかし何と言ってもハマショーの英語の発音が気になって仕方がないんです(笑)いや#8のLetterの発音もちょっとアレだったんですがこの曲の「birthday」の発音に思わず苦笑。いやなんか浜省の英語の発音って僕笑っちゃいます(by風見慎吾)状態なんですわ。普段の話し方も英語の部分だけはなんか発音がww

#10「夢のつづき」
この曲が主題歌だった映画を思いだしちゃいます(映画のタイトルが思いだせないところがオッサンの証)。そしてウルウルってきちゃいます(ウソ)

#11「夜はこれから」
いちばんぶっ飛んだのがこの曲。まさかの打ち込み4つ打ちドラム。サビを聞いたら小室哲哉かよっ!って。正直これはナシかな。ライブでやると盛り上がりそうですけどね。ライブにくるのはオッサンとオバサンばっかりなんだから容赦してほしいぞ(だからライブではやらなくていいぞ)。
省吾タンは,ときどきやらかしちゃうんですよね。「午前4時の物語」とか「Love has no pride」のラップとかこの曲とか・・・

#12「恋する気分」
名曲「君と歩いた道」みたいなフレーズが。「演奏旅行」を思いだしました。テクノ歌謡みたいなピコピコ音はいらないんじゃないかと思ったり思わなかったりラジバンダリ(死語)

・・・えっと全曲レビューするつもりだったんですけど疲れたのでこのへんでやめておきます(←オイ!)
この後は組曲みたいなやつもあって壮大な・・気になる方は購入して聞いてみてください。

全体的にみるとrockというよりpopなアルバムです。最高の女とベッドでドンペリニヨ〜ン♪みたいなものを62歳のおじいさんに求めちゃいけないんだな,きっと。

でもね,いいアルバムだと思います。
オリコンで2週連続1位になったとYahoo!ニュースにも出てましたね。ライブチケットとれるかなあ。とれるといいなあ・・情報弱者はこれだから困るのです(笑)

posted by poptrip at 20:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

瀬戸内寂聴・瀬戸内晴美「わが性と生」

s-IMG_6774.jpg

アメトーークの読書芸人で光浦靖子が薦めていた本を越前市中央図書館で借りてきました。

s-waga.jpg
わが性と生/瀬戸内寂聴・瀬戸内晴美

瀬戸内晴美の作品って「美は乱調にあり」以来です。
タイトル通りの内容でちょっとここでは書けないことばかりです。それなりに興味深く読むことができましたが,あまり人にはオススメできないと思うんだよね。初心で純情な僕は肥〇ず〇き(あえて伏字にしてみた。分かる人には分かるんじゃないかな)って初めて知りましたわ。

で,まあ実を言うと本の内容はどうでもよくて(←コラッ!),
今回は瀬戸内寂聴の軌跡を紹介するのがメインなんですよ。

中川ホメオパシー先生(僕もツイッターでフォローしてます)が随時発表している数ある寂聴シリーズの一部を以下にご紹介させていただきます。


































今回の記事,他人の褌で相撲を取った感もありますが・・・中川ホメオパシー先生のセンスには脱帽です。
クイーン在籍時の寂聴,カッコイイっすよね〜(笑)



posted by poptrip at 17:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

若生軒のソースカツ丼

しばらくお店を休んでいたようですが再開しております。
福井の若生軒。

s-IMG_0089.jpg

ソースカツ丼単品830円。

これくらいが適正価格か。

いや本音を言えば750円くらいだとうれしいんだけど・・
たった数十円の違いなんだけどある閾値を超えるとなんとなく高いと感じてしまうのが不思議。

ホントのホントのことをいうと700円くらいだと・・ww
小川家並とはいわなくてもカツ丼って庶民の食べ物だと思うんだよなあ。
ちなみにパ軒のソースカツ丼は880円(総本店の場合)。


僕が思うこの食べ物はこれくらいの価格であってほしいという願望を書かせていただくと・・

ラーメン  ・・・600円
 なんかデフォルトで750円とか800円するラーメン増えてますもんね・・
カツカレー ・・・650円
 ココイチは732円です。
うな丼 ・・・1,800円
 まあしょうがないよね・・高くても
おろしそば ・・・500円
 ほんとは450円と言いたいところ。
 店によって量がとんでもなく少ないところがあるもんで困りますよね。
マクドナルドのセット ・・・500円
 500円以下じゃないともう食べる気がしない・・


posted by poptrip at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする