2015年08月31日

読書日記(2015年8月)


yaiba.jpg
さまよう刃/東野圭吾

鯖江市立図書館で借りました。数ページ読んだだけでどんな話なのか想像ができてしまい読むのをやめようかと思ったくらい。娘が誘拐されて殺され,復讐を試みるという切ない話です。
寝屋川市でも中1殺人事件があり,子供の帰りが遅いと心配になります・・・小説としてはまあ中の上といったところでしょうか。東野圭吾ってあまりにも多作すぎてしかもとんでもなく面白いのがいくつかあるので評価するとした場合,渋くなっちゃうのです。


s-ryouriban1.jpg s-ryouriban2.jpg
天皇の料理番(上)(下)/杉森久英

母親から借りました。ドラマは見てないので先入観なく読んだわけで。
伝記と小説の間の子みたいな・・どっちつかずで中途半端な印象。淡々とストーリーが進むので感情移入がいまいちできないというかね。まあこういう人がいたんだなあと自分の知識は増えたかなと。


s-narutp.jpg
NARUTO―ナルト― 外伝 〜七代目火影と緋色の花つ月〜/岸本斉史

コンビニで見かけると買っちゃうんですよね,単行本。
そういえば,最近とあるローソンで又吉の「火花」が置いてありました・・これは思わず買っちゃったりはしませんでした。ハハハ。

いろいろと忙しくてあまり読書をする時間がとれておりません・・・



posted by poptrip at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月30日

永遠の0(ゼロ)ふたたび

百田尚樹原作の「永遠のジェロ」

s-s-IMG_9943.jpg s-s-IMG_9944.jpg

感動的な小説ですよね〜。
海軍一の臆病者と言われたが空戦の腕は超一流というジェロ。奥さんと子供へのひたむきな愛ゆえ生へのこだわりが人一倍強かった彼がなぜ特攻したのか・・・

すみません,百田尚樹の小説はそんな話じゃないし,ジェロも全く関係ありません。

福井のお年寄りってね,「ぜ」を「じぇ」って発音する人が結構いるんですよ。
全校集会のときにさあ,「じぇんいん(全員),起立」って言う先生・・いたでしょ。いたんだよ。たとえいなくてもいたんだよ!

今月,「永遠の0(ゼロ)」が福井ではドラマと映画の両方が地上波で放送されました。
ドラマのほうは2月にテレビ東京系で放送されたもの。ええ,福井ではよくあることです。民放が2つしかないんだから。そして福井テレビはテレビ東京の遅れネット局なのです。

実は,敦賀では嶺南ケーブルテレビに加入しているとテレビ東京系の「びわ湖放送」を見ることができるため僕は敦賀でこのドラマの1,2話をリアルタイムで見たのです。でも,第3話の放送日は敦賀にいることができなかったため・・・なんとこのドラマを録画するためにブルーレイレコーダーを購入したのですよ!

が,しかし。
なんと使い方がよく分かってなくて第3話の録画に失敗してしまったんです・・・(泣)

ということで今回,ドラマ版第3話と映画版の両方をちゃんと録画しましたよ。フフッ。

もちろん小説は読んでますから,それを考慮したうえでの感想ですが,僕はドラマ版のほうがよかったなあ。うちの兄貴は映画の方がよかったと。ネット上でもどうも映画版のほうが圧倒的に優勢でした。

映画は2時間程度にまとめなきゃいけないので,原作の重要なエピソードがずいぶん省かれていて。特に百田尚樹お得意の朝日新聞批判。高山という新聞記者(明らかに朝日新聞の記者をモデルとしている)と一流企業の会長とのやりとり。サヨク嫌いの百田先生は実はここを一番書きたかったんじゃないかって言うwwこのシーン,映画では当然のように省かれてたんですけど(映画の製作委員会に朝日新聞社がはいっています),ドラマではほぼ忠実に再現されてました。あれを放送するとはテレ東やるなあと。さすがぶれないテレ東!(笑)

s-IMG_1210.jpg
「当時,国民が洗脳されていたというのならそれはマスコミのせいだ。しかもあなたの新聞社は戦後変節して人気を得た。戦前のすべてを否定し大衆に迎合したのだ」
「それは我々の先輩たちが戦前の過ちを検証して戦争と軍隊を否定したために大衆の賛同を得たと思ってます」
「ちがう!あなたの新聞社は国民へ愛国心を失くさせるための論陣をはっただけだ。まるで国を愛することが罪であるかのように」
「それで誤った愛国心を正せたと思ってます」
「それだ!戦前とは真逆の主張をしたくせに,愚かな国民に教えてやろうという姿勢だけは変わっていない。結果,この国ほど自らを軽蔑し,近隣諸国におもねる様になった国はない。」

百田節が炸裂しておりました。


それにしてもドラマ版の主人公・向井理がかっこよくてねえ。映画版の主人公・岡田准一も演技に迫力があったけど個人的には向井くんに軍配が上がる。原作に忠実だったのが向井理のほうだったというのが一番の理由かも。

ヒロインである井上真央と多部未華子は・・・どっちも100点でした(笑)
でも敢えてどちらかを選べと言われたら僕は井上真央を選ぶかなあ・・

s-s-IMG_9949.jpg s-s-IMG_9951.jpg

ドラマと映画でキャストの違いを比較すると

zero.gif

ドラマでも映画でもたくさん涙を流しました。
小説を読んだ時ほどは泣かなかったけど。

僕は,靖国神社にある遊就館で特攻隊員の遺書を読んだことがありますが,鹿屋基地そして江田島へもいつか行ってみたいと思っています。

【過去記事】「永遠のゼロ」を読みました(2013年12月)


posted by poptrip at 21:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月29日

やむを得ずヤングセット

私は単身赴任先では賄い付きの寮に入っております。
だから通常は寮で食事をとるのですが,いろいろと不都合なことがありまして。

まず,前日夜までに予約をしなくちゃいけないということ。
当日になって急に仕事が遅くなったりしてもキャンセルできないし,急に飲み会がはいったときも同様(もちろん有料ですから)。自宅だったら電話一本して,ヨメに文句を言われるだけで済むんだけどww

そしてこれが一番の問題なんですけど,正直ぼくの口に合わないということ。
これって重要ですよね。基本的な味付けにはやっぱり合う合わないというのはあるんですよ。それに愛情がこもってないから・・(ヨメの作る食事に愛情がこもっているかどうかは全く確信が持てないけれどw)

あと,メニューは当然選べないので苦手なものが出てくることがあります。
自宅だったらいちおうヨメは自分の好みを知っているからキライなものは基本的に出てこないのですけど・・
ヨメが作った食事を毎日食べれるってのは幸せなことなんですよ!諸君。
だからそういうときはやむを得ず外食をするのです。まあ外食は好きだからいいんだけどやっぱり寮のメシよりはお金がかかるし,一旦仕事から帰ってきてからクルマで出かけるのもおっくうだし,コンビニで済ませちゃうこともあったり。

前置きが長くなりましたが,この日の寮の夕食メニューは「ビーフシチュー」。いやこれはオレの苦手なやつ。ただでさえ口に合わない+もともと苦手なビーフシチューとなれば食事を寮で食べる必要性はまるでない・・・
ということで久しぶりに餃子の王将です。

s-IMG_0682.jpg
ヤングセット(799円)

王将で何を食べようか迷った時はヤングセットなのです!
まあ,正直ほとんど迷うことはないのですが・・・

・ヤングセット
・ヤキメシ+餃子2人前
・ライス(中)+餃子3人前


の三択が基本中の基本です(笑)

ヤングセットについては散々書き尽くしてますので今さら説明することもなにもないのですが,ヤキメシ・ギョウザ・から揚げというB級中華の三巨頭がワンプレートになった究極のメニュー(←ホンマかいな)。
ヤングセットというだけあって僕のようなオッサンにはそろそろキツくなってきましたが,これを美味しく食べれるというのがヤングの証。

なお,このヤングセットに餃子1人前を追加したものを僕は勝手に「ザ・ヤンゲストセット」と呼んでいます(笑)

ええ,この日も44歳のオッサンpoptripはおいしくいただきましたよ。テヘヘ。
まだまだイケそうです。


posted by poptrip at 18:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(王将) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

別当出合から別山ピストン【後編】

s-IMG_9741.jpg s-IMG_9743.jpg
ガスが晴れるとときどき見える御舎利山と白水湖

見事なまでのガスり具合です。
晴れていれば御舎利山の向こうに,こんなふう↓に白山御前峰が見えるはずなんですけど・・クスン。


2015年6月に別山山頂から撮影したもの

三ノ峰方面はただただ真っ白。僕の心のような純白。
写真を撮る気にもならないわけで。
"gas"には「おもしろい」という意味もあるわけですが,一面の"gas"を見ていても面白いはずがない。なお,登山用語で「ガスる」といのは霧が発生したり雲に覆われることを言いますが"gas"にはそういう意味はないようで。

ここで粘ってもガスは晴れないと判断して,

s-IMG_9744.jpg

別山神社にお参りし,下山開始(11:26)。

ハイマツ帯では鳥がたくさん飛び回っておりました。

s-IMG_9761.jpg s-IMG_9762.jpg
トリの画像だけにトリミングを施しておりますw

しかし,ピントが鳥にぴったりと合ってますなあ。
俺の腕だといいたいところですがCanon EOS Kiss X7iのオートフォーカス技術によるものです。なお,この鳥,調べてみたところホシガラスといいハイマツの種子を食べるそうです。

分岐をチブリ尾根方面へ。

s-IMG_9783.jpg s-IMG_9784.jpg

御舎利山ピストンです。

s-IMG_9787.jpg
御舎利山山頂(2,390m)

山頂からの風景は変わり映えしない一面のガースーであり割愛。
しばらく蝶々と戯れてから下ります。

s-IMG_9808.jpg

遠くの景色は見えず,ただただ下りるだけ。
といっても登りもあるのでなかなかキツイ。

s-IMG_9726.jpg s-IMG_9809.jpg s-IMG_9815.jpg
ミヤマホツツジ/ヤマハハコ/ニッコウキスゲ

s-IMG_9597.jpg s-IMG_9700.jpg
チングルマ(花)/ミヤマリンドウ

s-IMG_9833.jpg

大屏風を慎重に通過。

s-IMG_9837.jpg

往きはあっさりと通過した天池で休憩をいただきます(12:31)

ここで虫たちとお遊び。

s-IMG_9839.jpg
サンショウウオ

s-IMG_9858.jpg s-IMG_9858_1.jpg
オオルリボシヤンマ

このトンボを撮影するのに相当の時間を要しました。ええ,飛んでいるトンボを撮るのは大変なんすよ。時間にまだ余裕があったのと,疲れを癒すためにたっぷりと天池で時を過ごしました。

ここから油坂を下っていくと,小雨が降ってきたためデジイチをザックにしまいます。

s-DSCF9927.jpg

登りも辛かったけど,このガレガレの下り道はなかなか足にくるのです。

s-DSCF9943.jpg
南竜山荘(13:37)

ここでアクエリアス(350円)を購入。ええ,水がちょうどここでなくなりまして。
なお,南竜山荘は宿泊のみの施設で休憩なんかはできません。それ知らずにぼくここにはいっちゃって。ビジターが休憩する場合はビジターセンター(南竜セントラルロッジ)でどうぞ。

ちょっぴり晴れてきた感もあったので,ウィンドブレーカーを脱ぎ,ふたたびデイジチを首から下げて出発。

s-IMG_9897.jpg
南竜三兄弟(勝手に命名)上から南竜山荘,飛島建設事務所,南竜セントラルロッジ

s-IMG_9906.jpg

登山道は雨で濡れているので慎重に下りて行きます。
甚之助避難小屋を14:21に,15:13に中飯場を通過。それぞれ休憩をとってます。

そして運命の分岐点。

s-IMG_9911.jpg

下り専用道へ。
部分的にちょっと歩きにくい細い道を下っていきます。

ゴールまであと数百メートル・・

s-IMG_9912.jpg

この写真↑を撮影してしばらく歩いたところで

左側の崖に・・・


滑落しましたっ!!(2mほどだけど・・・)

足から落ちたのなら大して騒ぐことでもないんですがどうも頭から落っこちらようで(気づいたら草木だらけの斜面にひっくり返っていた)
滑落の状況についてはまた別記事にて詳しく書こうと思っております。

泣きながら(もちろん心の中で),なんとか別当出合に到着したのは15:55。

s-IMG_9913.jpg

おつかれさまでした・・・うっうっおえっ(と嗚咽が止まらないw)

幸いなことに大きなけがもなく,たいした被害はなくてこうして軽いノリでブログを書いているわけですが,かなり落ち込んで反省してブルーが入ってテンションはだだ下がりで意気消沈し自己嫌悪に陥り,立ち直るのに約1日を要しました(←1日かよっ!)・・・肉体的な痛みがひいたのは3日後(まだちょっぴり足が痛いんだけど)。そして手足には無数のかさっぱち(福井弁で「かさぶた」のこと)がまだ残っております。

下に張り付けたログ(ルートラボ)でも滑落した付近ではかなり変な動きをしているのが確認できると思います。

【実績行程】
別当出合 05:43
中飯場06:12(休憩6分)
甚之助避難小屋 07:16(休憩10分)
展望歩道分岐08:02(休憩10分)
油坂の頭09:04(休憩14分)
別山山頂10:44(昼食42分)
御舎利山11:38(休憩5分)
天池12:31(休憩12分)
南竜山荘13:37(休憩14分)
甚之助避難小屋14:21(休憩5分)
中飯場15:13(休憩5分)
別当出合15:55

登り:5時間01分(休憩40分含む)
下り:4時間29分(休憩41分,滑落含む)
歩数:約43,500歩






posted by poptrip at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 白山・別山・三ノ峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

別当出合から別山ピストン【中編】

南竜から南縦走路を通って別山を目指します。

s-IMG_9596.jpg
ハクサンコザクラ(僕の好きな花です)

s-IMG_9592.jpg

ここ↑を右に行けばよかったんですが,まっすぐ進んでしまいまして(どっちみち合流するんですけど),

s-IMG_9599.jpg

テン場を通ってしまいました。少し登って下るのでちょっぴり余計な体力を消費。先ほどのソロの女性・・テント張ってましたわ。すげえな。いろんな意味で。

広っぱ(湿地)に出ました。

s-IMG_9602.jpg

s-IMG_9604.jpg s-IMG_9605.jpg
チングルマ

このあたりの風景もいいですね〜。
南竜から別山に向かう人は皆無でして。
うんこし放題ですよ!(しませんけど)

s-IMG_9606.jpg s-IMG_9607.jpg

目の前のでかい山。

s-IMG_9610.jpg
油坂の頭

ああ,あそこを登るのね・・
それにどう見ても一旦下ってますよね。
誰か橋をかけてくれないか。1,000円いや2,000円までなら通行料払うから!などという邪心はこれっぽっちも持ちませんよ僕は。下って登る。これが縦走の醍醐味なんだよ。と自分の行動に理由付けをします。

s-IMG_9616.jpg

50mほど下った後,沢を渡り登り返します。

ここからの道がちょっぴり酷い。

s-IMG_9619.jpg s-IMG_9620.jpg

草がボーボボ・ボボボーボなんです。
だからさあ,前回の山でも書いたけど・・露出の多い夏なんだからムダ毛処理はしておきなさいって!水着からはみ出ちゃうでしょ!・・などと山に向かって毒舌を吐くサイテーの男。

草たちはもちろん濡れているので僕のズボンもびしょ濡れ。
濡れそぼった草原(←こう書くとちょっぴりいやらしくなるから不思議)を抜けると恐怖の油坂が始まります。

s-IMG_9618.jpg s-IMG_9621.jpg
キオン/サラシナショウマ・ハクサントリカブト

s-IMG_9612.jpg s-IMG_9662.jpg
ヨツバシオガマ/タカネマツムシソウ

花がいっぱい咲いてるんですけど・・

きついんだな。油坂。

s-IMG_9622.jpg

揺れる木漏れ日 薫る油坂
悲しみに似た 薄紅色


と福山雅治も歌っている(←歌ってません!)この油坂。
ここが今回の山行で一番キツイところでした。
振り返ると白山御前峰が見えるのが唯一の救い。何度も振り返ります。

s-IMG_9627.jpg

しかもとてもマズイことに前方にはガスが・・萎えます。萎えます。
何度も何度も立ち止まり,すこしずつ登っていきます。

油坂の頭(2,256m)に到着したのは9:04。250mほど登りました・・・

s-IMG_9637.jpg
油坂の頭より白山御前峰

ここまで来ると北アルプス・乗鞍・御岳方面も見えるはずなのですが・・

s-IMG_9644.jpg
うん・・・なんか見えるな。さすがにどれがどの山か分かんねえ

そしてこれから登る別山方面は

s-IMG_9639.jpg

オーマイガッ!
まあ覚悟はしてましたけどね・・
かなりへばったので,ちょっと長めの休憩をとります。

s-IMG_9648.jpg s-IMG_9649.jpg
殿ケ池避難小屋と白山釈迦岳/甚之助避難小屋

15分ほどやすんで出発。

ここからは稜線歩き。

s-IMG_9653.jpg
天池

アップダウンの繰り返しで昭文社の地図によると「ガレ・危険」と書かれた大屏風というヤセ尾根へと。

s-IMG_9656.jpg s-IMG_9657.jpg
大屏風

思っていたほど怖いところではありませんでした。まあ落ちたら大けがするのは間違いありませんが,こういうところ他の山でもいっぱいありますから極端に恐れる必要はないかと(個人の感想です)。慎重に歩けば何の問題もありません(個人の感想です)。滑ったり躓いたりしないように。それだけ気を付けて・・

s-IMG_9666.jpg
白山御前峰方面を振り返る

s-IMG_9667.jpg
乗鞍・・かな?

s-IMG_9671.jpg
西側には相変わらずすごい雲海

s-IMG_9674.jpg s-IMG_9683.jpg s-IMG_9686.jpg
ミヤマコゴメグサ/ミヤマリンドウ/カライトソウ

s-IMG_9675.jpg s-IMG_9682.jpg
ちょっと崩落してるっぽいとこもありーの

このあたりで先行者を追い抜きます。
「こんちわ」「はじめて人と会いましたよ!」「ハハハ。僕もです」
この方,南竜にテン泊してチブリ尾根から下山するとのこと。

池があるからでしょうか・・
標高2,200mという高地なのに赤トンボもいるんです!

s-IMG_9692.jpg

登ったり下ったりの繰り返し(急登もあり)に加え,ちょいと左足股関節に違和感があったり(気のせいかもしれない。一度負傷しているから過敏になってるだけのような気も),もうこのへんではヘロヘロです。

s-IMG_9719.jpg
チブリ尾根分岐(10:33)

s-IMG_9721.jpg s-IMG_9725.jpg

石室を越えるとだらだらとした登りが。たいした傾斜じゃないんですけど足取りが重くて重くて。この坂で何度も立ち止まります(情けない)。

そして何とか別山山頂に到着です(10:44)。
別当出合から5時間1分。

鳩ヶ湯から三ノ峰経由で登ったときは約4時間30分でしたが,あのときはかなり飛ばしたもんなあ・・標準コースタイムで言うと三ノ峰経由の方が時間がかかることになってますのであしからず。

s-IMG_9730.jpg
二等三角点 別山(2399.31m)

何も見えず,誰もいない山頂の寂しさよ。
鳥と蝶々とトンボとハエと僕しかいない静かな山頂。

s-IMG_9732.jpg
著者近影

カップラーメンを食べて,たっぷりと体を休ませます。40分ほど山頂にいましたが,結局だれも登ってきませんでした・・orz

この後,僕の登山史に残る大事件が待っているとも知らず,意気揚々と下っていきます。


(つづく)

posted by poptrip at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 白山・別山・三ノ峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする