敦賀赤レンガ倉庫に行ってみた

敦賀の赤レンガ倉庫の耐震補強工事が完了し,観光施設としてリニューアルオープンしました。オープンの翌々日の夕方,会社帰りに行ってみました。 2棟ある赤レンガ倉庫のうち北棟はジオラマ館,南棟はレストラン館となっておりまして,驚いたことにここに三国のソニョーポリがオープンしているのですよ(2号店とかじゃなくて移転したみたい・・) びっくりポンやわぁ・・ さて,中に入り…

続きを読む

赤兎山#2【後編】

赤兎山から避難小屋まで白山・別山・三ノ峰等を見ながら歩くこの道。 避難小屋と別山・三ノ峰 ・・・好きですねえ。 やっぱりこの雰囲気は最高ですよ。 福井県内の山では一番好きなスポットかもしれません。 山頂から15分で避難小屋に到着。 小原峠で会ったソロの親切なおじいさまから「避難小屋から2~3分行ったところに見晴らしのいいところがあるからそこでご飯食べるとい…

続きを読む

奥越の山Comment (2)

赤兎山#2【前編】

10月17日(土) 6人で赤兎山に登ってきました。 出発直前にいつものごとくドタバタ劇がありまして・・説明するのが面倒なので省略しますが,富山から初参加のKくん(平成生まれ)はなぜか小原のゲートの前の広場でシュラフにくるまって車中泊しておりましてそこで合流したという(笑)・・・ 長老,マスター,おばはん,オレ,Tさん,Kくんの6名による男女六人秋物語でございます。 ああ,女性はお…

続きを読む

奥越の山Comment (0)

旧開智学校(松本市)

さて,せっかくなので一か所くらい松本市内の観光スポットに寄っていこうかと。 旧開智学校です。 旧開智学校(きゅうかいちがっこう)は、長野県松本市開智に残る明治時代初期の洋風校舎である。文明開化における学校の役割を絵解きしたようなデザインで、文明開化時代の小学校建築を代表する建物として広く知られている。(wikipediaより抜粋) 内部は見学することができ,開校当時から…

続きを読む

そば処 浅田(松本市)

美ヶ原から下山して松本市内へ向かいました。 うちの兄は,長野県へしょっちゅう出張で行くのですが長野県ってあんまり食べたいものがないから困るんだと言っておりました。確かに・・・ 長野県って言えば真っ先に思い浮かぶのはもちろんそば。 だけど福井のおいしいおそばを食べている我々福井県民にとってはそれほど食べたいと思う食べ物ではなかったりもするのですよ。 あとは,ソースカツ丼か。ソースカツ丼…

続きを読む

美ヶ原(その2)

さて,すっきりしたところで美しの塔を目指します。 トイレから徒歩数分の塩くれ場という分岐点まで来ると ・・・なんということでしょう。 突然,牛くんが現れました! びっくりぽんです。 どうもここが美ヶ原牧場のようです。 うしのうしろに(←ダジャレですw)爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳 牛がとんでもなくかわいくてねえ・・牛ってさあ,正直なんか不潔なイ…

続きを読む

美ヶ原(その1)

クルマで美ヶ原自然保護センターへ向かいます。   道の駅美ヶ原高原美術館から林道を一旦標高で900mほど下った後,右手に北アルプスを見ながら登っていきます。なかなか気持ちの良い道。 美ヶ原自然保護センター駐車場(6:55) ここでトイレを済ませます(きれいな水洗トイレでした)。山頂までは30分ほどの軟弱な山。しかも山頂には王ヶ頭ホテルがあり,宿泊者は高原美術館のほうか…

続きを読む

美ヶ原(プロローグ)

乗鞍岳から美ヶ原へ。 この日の宿泊も,前日に続き車中泊。 宿泊場所は「道の駅 美ヶ原高原美術館」です。 標高2,000mにあり,日本一高所にある道の駅なのです。   松本市街を抜け,道の駅へ向けて真っ暗な道をどんどん登っていきます。 すれ違った車はわずか1台・・・カーブの連続で走りやすいとはお世辞にも言えませんがもう慣れましたこういうのw 20:30ごろに「道の駅 …

続きを読む

北アルプス乗鞍岳(番外編)

乗鞍岳から下りてきた私。 たまには温泉にでも行こうかしら。 この日はあとは移動するだけで特に予定にはなかったしおひとりさまだと簡単に計画変更できるのがマル。。ほとんど汗かいてないんですけど・・・ あまり温泉とかに興味がなく,チームで山行に行った帰りも皆が温泉に寄っていこうと盛り上がっている中,「時間もお金ももったいないから温泉なんかに寄らずに帰ろうぜ」と思っているくらいでして。また…

続きを読む

北アルプスComment (5)

北アルプス乗鞍岳(その2)

蚕玉岳ピークを過ぎ,剣ヶ峰へ。 もう山頂は目の前。 山頂直下に分岐がありまして,左「頂上小屋売店」とありますが,僕の前を歩く人はみな右に行くので僕も右へ行くことにします。あとで気づいたんですが左の道の方が風が当たらなくて快適なんですよね(笑) このあたりまでくると,まだそんなに人が歩いていないからか登山道の岩の上も白いものが積もっているため滑らないよう注意が必要となります。…

続きを読む

北アルプスComment (0)