2016年01月31日

星乃珈琲店で週刊誌を読み漁る

子どもを某所へ送って行き,迎えに行くまでに2時間ほど時間が空いたので星乃珈琲店。
コメダのコーヒーチケットがあるのでコメダでもよかったんだけど,あそこ混んでるし雑誌類の競争率が高いんすよね。ほとんどの雑誌が出払ってる時もありますから。暇つぶしに最適なのがこういう週刊誌の類ですから。

星乃珈珈琲店は適度な混み具合でちょうどいいんですよ。店側からしたら混雑してた方がいいのかもしれませんが・・・
雑誌類もコメダほど競争率が高くなく(客層が異なるのかもしれません),センテンススプリングもニューウェイブもばっちり3週間分揃ってます。

ちょいとリッチに100円追加でサラダモーニングを。

s-IMG_7532.jpg

ハンドドリップのまあまあおいしいコーヒーを飲みながら週刊誌を読み漁ります。

ベッキーにSMAPに甘利大臣問題・・ゲスい。ゲスいっすよホントに記事の内容が。

s-1454162779058.jpg s-1454162796397.jpg

週刊文春とか週刊新潮って図書館にもおいてある正統派な週刊誌なわけです(という認識でした)。まあ文春には「淑女の雑誌から」なんていうちょっとアレなコーナーもありましてあそこから僕はダジャレの素晴らしさを学ばせてもらいました(ウソ)
週刊朝日やサンデー毎日も図書館においてありますね。週刊ポストや週刊現代が置いてある図書館を僕はしりません。
いちおう図書館においてあるということはそれなりに認められた雑誌なんじゃないかと思うんですが,最近は内容がちょっとあまりにもゲスすぎるんじゃないかと。品のなさにどんどん拍車がかかってる気がします。図書館から撤去される日も近いかもしれませんね・・・売り上げのためにはスクープが必要ってのもわからないではないんですが。

もっとも,それを望んでる読者がいちばんのゲスの極みなんじゃないかと・・・僕自身もそのゲスの一味にふくまれていることをを否定できないという事実に自戒。
まあ正直ベッキーのことはどうでもいいんすけどね。SMAPのことはけっこう気になってますが・・


悪いひとたち/BLANKEY JET CITY
作詞:KENICHI ASAI
作曲:TOSHIYUKI TERUI


悪いひとたちがやってきてみんなを殺した
理由なんて簡単さ そこに弱い人たちがいたから
女たちは犯され 老人と子供は燃やされた
若者は奴隷に はむかうものは一人残らず皮をはがされた

悪いひとたちはその土地に家を建てて子供を産んだ
そして町ができ 鉄道が走り
悪いひとたちの子孫は増え続けた
山は削られ川は死に ビルが立ち並び
求められたのは発明家と娼婦

すさんだ心をもったハニー ヨーロッパ調の家具をねだる
SEXに明け暮れて 麻薬もやりたい放題
つけがまわってくるぜ でもやめられるわけなんてないさ
そんなに長生きなんかしたくないんだってさ
それを聞いたインタビュアーがかっこいいって言いやがった

お願いだぼくの両手に鋼鉄の手錠をかけてくれよ 縛り首でも別に構わない
さもなきゃおまえの大事な一人娘をさらっちまうぜ
残酷な事件は いつの日からかみんなの退屈しのぎ
残酷性が強ければ強いほど 週刊誌は飛ぶように売れる




退屈しのぎ・・・
有名人ってのはかわいそうだよな。

などということを思いながら文春と新潮を読み漁り,1時間以上このお店に滞在したのでありました。

s-IMG_7536.jpg

s-IMG_7537.jpg

posted by poptrip at 17:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

推理ゲーム

旧友たちと秋吉で新年会がありました。
まあ時々飲んでるメンバーなんでいつものとおりどうでもいい話から政治・経済・文学まで話の内容は多岐に渡り盛り上がってたわけですが

そんななかM君が

「なあ,さっきからあっちのテーブル見てるんやけどもくもくと食っててひっとことも会話がないんやけどどう思う?」

と。まあそんなことどうでもいいじゃないかと最初は軽くあしらってたんですけど5分ほどしたらまた

「なあ,やっぱりあの人らひとことも喋ってないって」

と,また言ってくるのでさすがの僕も気になってしばらく観察してみます。

「そんなわけあるか・・・」

sanma1.jpg

「ほんまや!」

ほんとにね,そのテーブルについている集団はほとんど話をせずに,みんながそろいもそろってつまらなそうにもくもくと焼き鳥をつまんでいるわけです。
えっと,たしか↓こんな感じの座席配置と性別・年齢構成だったと思います。

zu.gif

ふうむ。
なるほど。

「たぶん男性Aと男性Bが兄弟やな。」
「ほんであのお年寄りがそのお父さん。これはまず確定やろ。」
「たしかに男性Aと男性Bはちょっと似てるもんな。」
「問題は3人いる中年女性だよな。」


なんとなく推理ゲームみたいなものが始まってしまいました(笑)

「こども2人は,女性Aのこどもだよな。」
「うんうん。」
「で,男性Aがそのお父さんだろ。座席の配置からして。」
「しかし,女性Bと女性Cがどういうことかってことだよ。」


彼らが会話をしていれば,もうすこし関係性も推理できるんですがとにかくホントにこの人たち話をしないんですよ。

「それにしてもホントに話をしねえな。」
「ふつう一人くらいムードメーカーていうかね,沈黙に耐えれなくなって話題を出す人がいるもんじゃね?」
「オレしばらく会話がなかったらなんか話をしちゃうけどな。」


いや,まあいろんな家族がいるからなあ。

「たぶん,メチャクチャ久しぶりにあった親戚同士か,逆にいっつも会ってる親戚同士なんじゃないかな。」
「なるほど。オレは久しぶりに会ったんじゃないかと思うな。」


かなり「余計なお世話」的なことばかり話をしているわけですが飲んでる時ってのはこういうどうでもいい話をしちゃうもんなんですわ。

僕的には”男性Aと女性Bは夫婦だが子供はいない。そして女性Cは男性A,Bの兄弟で独身”というのが結論だったんですが,Mくんは”女性Cはバツイチだな”などとまた勝手なことを・・・

で,正解は・・・

わかりませんよそんなこともちろん(笑)

時々見ていたらひとことふたことは話していました(主に男性Aが)。
そして僕等より先に彼らはお店をあとにしたのでした。

・・・というどうでもいいお話。




posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

王将でアレとアレ

お兄さん,トレンディーだね!

そう,王将での僕の今のトレンドは

s-IMG_7151.jpg

ヤングセット+餃子1人前。
いわゆるザ・ヤンゲスト・セット!

ヤングとかトレンディーとかほんとナウい言葉のチョイスでどうもすみません。王将の餃子と死語が僕は大好物なんですよ。

そうそう。なぜ僕がヤングセット+餃子1人前を食べるかってことです。
やっぱり王将に来たら餃子は最低2人前は食べておきたいでしょ。
ヤキメシもいちおう食べておきたいよね,そんでもってあのチープ過ぎる唐揚げもいちおう押さえておきたいよね。で野菜もちょっぴりほしいなあ。でもみんな別々に注文したら食べきれないしびっくりするような値段になっちゃうんだよ。

s-IMG_7152.jpg

s-IMG_7153.jpg

いやあおいしかった。
そして満足感は半端ない。

こういうの食ってるからワンダーコアが必要になるんだよな(笑)


posted by poptrip at 22:40 | Comment(8) | TrackBack(0) | グルメ(王将) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

三床山#16(雪の石生谷コース)

1月26日(火)

この日は,夕方から地元の体協のボウリング大会があるということで午後からお休みをいただきました。この日は快晴でございましてfacebookには青空とすばらしい雪景色の写真だらけ・・・さっさと身支度をし山に向かうことにしました。
目的地はとりあえず鬼ヶ岳。しかし・・駐車場への進入路は当然のごとく除雪がされておらず路駐をしようと思ってたらなんかパトカーが止まってる。別に僕は悪いことをしてるわけじゃないんだけどなんとなく面倒なことに巻き込まれたくないので目的地を地元中の地元,GMTである三床山に変更。様子を見に行くとやはり石生谷コース登山口の駐車スペースは除雪されていなかったので自宅へ帰りヨメに登山口まで送ってもらいました。

登山口付近の積雪は30cmくらいっすか。
カッパズボンをはいて長靴オンリーで行きまっしょい。ワカンも一応もってるんですけど急きょ山に登ることになったためワカンの履き方を予習してこなかったのでワカンの履き方がワカンナイ・・ということでワカンは自宅に置いてきたんです。

s-IMG_7459.jpg

さあ,スタートです(14:01)。

s-IMG_7460.jpg s-IMG_7463.jpg

それほど人気のある山じゃないので・・足跡はありません。
だから鬼ヶ岳の方がよかったんだよなあ。
こうなったらラッセルですよ,ラッセル。ラッセルするしか選択肢がありません。


ゴッホより〜


ピカソより〜


ふつうに〜


naga.png

ラッセルが好き〜


・・・なわけないだろ!

できるだけ疲れずに登りたいと思うのが人間の性。僕は真性ドMではなく仮性ドMなんでちょっぴり辛いくらいがちょうどいいんです!
この気持ちワカルかなあ。ワカンねえだろうなあ(古ッ!)

ほんとにやっぱり絶対ワカン持って来ればよかったかなあと歩き始めて5分で後悔します。

林道を登っていきますよ。
昨年冬に登ったときにも実感したんですがこの林道が一番積雪が多いんですわ。

s-IMG_7468.jpg s-IMG_7471.jpg

吹き溜まりになってるのか深いところでは50cm以上の積雪がありまして泣きそうになります。ワカンを持って来れば・・・ってワカンって使ったことがないからその恩恵がどのくらいのものなのかは実を言うと未知の世界なのですが。
いつでも撤退できる心の準備はできております(笑)

s-IMG_7474.jpg
林道終点(漆原コース分岐)(14:25)

ここまで24分・・・いつもの倍以上かかってるざ。
稜線に出れば多少は積雪は少ないはずだと期待して階段を登りますが・・いや意外と多いな。

s-IMG_7475.jpg

こりゃあ途中撤退が現実味を帯びてきたな。

s-IMG_7477.jpg
白山はてっぺんだけ見えます

青空と雪の積もった山々。絶景を期待してきたんですがイマイチ。だんだん雲が増えてきて・・テンションも下がってきます。やっぱ朝から登らないとダメなんだよなあ(サラリーマンには酷な条件だ)。

s-IMG_7480.jpg

いちおう白山の頭や鯖江市内の雪景色を俯瞰することができたし,夜はボウリングにいってそのあと反省会と言う名の飲み会が待ってるし早く帰って錦織VSジョコビッチも見なきゃいけないし戻ろうかなあ・・

と思っていたら

登山コースではない斜面から登ってきたスノーシューの跡が僕の目の前に現れました。

s-IMG_7482.jpg

この人はいったいどこから登ってきたんだろう。
まあいいや。とにかくこのラッセルの負担がこれで減りますから。これがラッセル泥棒ってやつか。よし,こうなったら山頂まで行ってみようか!

しばらく歩くと前からスノーシューを履いて下りてくる男性とすれ違います。ははあ,この人だったのか。心の中でお礼を言いながら進んでいきます。

s-IMG_7492.jpg s-IMG_7496.jpg

スノーシューの跡を歩くので多少は楽になったのですが,やっぱ雪のない道を歩くよりは全然キツイっす。

s-IMG_7499.jpg
三床山山頂(280m)

なんとか15:28に登頂成功。登山口から1時間27分もかかってしまいました。通常の倍以上。そして疲労度もいつもの倍くらいあるんじゃねえの。

s-IMG_7503.jpg

さっきはてっぺんしか見えなかった白山もいちおう全景が望めるように。

s-IMG_7507.jpg

s-IMG_7508.jpg

寒いし,疲れたし,タバコも忘れて来ちゃったし・・さっさと下山します。

林道までくるとスノーシューの跡とはお別れ。

s-IMG_7520.jpg

また地獄が始まります・・・

s-IMG_7521.jpg

16:16なんとか無事に下山。
はあ・・・疲れました。
帰って風呂入ってテレビで錦織の不甲斐ない試合を途中まで見てアルプラザボウルへ向かったのでございました・・・

登り:1時間27分
下り:   53分





posted by poptrip at 22:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 三床山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

赤れんがcafeでSABAサンド

天筒山を下りた僕は,赤レンガ倉庫へ向かいました。
少し早いけど昼飯を食おうと。

天筒山で歩いているときにカフェラッテをこぼしてしまいジーンズのお尻にウ○コ色の染みができてしまってるのは既報の通り。いちおう水分は十分にティッシュでふきとれたつもり(笑)
でも染みはとれない。帰ってすぐに洗濯だな。

s-IMG_7428.jpg

赤レンガ倉庫には3つの飲食店がテナントとしてはいっていてそのうち「生け簀の甲羅」は利用したことがあり,「ソニョーポリ」には満席で振られていて・・・もうひとつのこのお店「赤れんがCafe」は初めての利用。「ソニョーポリ」をひとりで利用する勇気は僕にはなかった(お尻に不安を抱えていたし,予算もちょっとねw)のです。

先にレジでお金を払うシステムです。
パスタやサンドイッチ,タルト,プリン,ソフトクリームなどがあります。

僕が選んだのはSABAサンド
若狭名物浜焼き鯖を自家製タルタルソースでいただけるサンドイッチでございます。

もちろんイートインで。

s-IMG_7429.jpg
SABAサンドのセット(ブレンドコーヒー)(734円)

ああ・・コーヒーは紙コップなのね。
イートインの場合はやっぱりちゃんとしたカップで飲みたいなあ・・

s-IMG_7431.jpg

このSABAサンド・・・いけます。けっこういけます。かなりいけます。
鯖ってさあ,なんにでも合う食べ物なんだなきっと(っていうほど僕は鯖のことは知らないんですけど)。


s-IMG_7433.jpg

赤レンガ倉庫の駐車場からも天筒山の展望台が見えました。

店を出てから後ろをあるくカップルが爆笑する声が聞こえました。もしかして僕のコーヒー色に染まったジーンズのお尻を見て笑ってるんじゃないかと(ちゃんと隠してたはずなんですけど)被害妄想。
いやカップルってのは何を話しててもきっと楽しくて笑ってるんだよね・・たぶん・・きっと。


寮に帰ってみたら・・そう。この日は断水だったんだよ。洗濯ができないじゃないか。
断水が終るまで昼寝をしようかなあと思っていたら今度は本物のOPPに見舞われまして。いちおうトイレにはバケツが用意されているんですが,バケツの水でウ○コってちゃんと流れるんだろうか?流れなかったらこれまた悲劇ですよ(トイレは共同です)。ということで特に購入するものもないのにコンビニへクルマを走らせて・・・ってこの最後のセンテンスは蛇足ですね。
センテンス・スプリングというナイスな言い回しを知ってからセンテンスっていう言葉を使ってみたかったんですよ。へへへ。


s-IMG_7449.jpg

ジーンズのコーヒーの染みは無事に洗濯できました。

posted by poptrip at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする