2016年04月30日

敦賀ヨーロッパ軒中央店のミックス丼

先日,パ軒に行ってみたらお休みだったため別の店に行ったわけでして。ええ,翌日行ってきましたよ!敦賀ヨーロッパ軒中央店に。

敦賀ヨーロッパ軒ってさあ・・夜も8時までだし隔週で週休2日なもんでなかなか行けないんだよね。残業で8時を回っちゃったときにはやっぱり王将かココイチか吉野家かラーメン屋になっちゃうんすよね。
って思ってたら・・

s-IMG_9475.jpg s-IMG_9476.jpg

完全週休2日になっちゃってるよ。
僕の知る限り完全週休2日の飲食店って敦賀ヨーロッパ軒だけ(嶺北地方にあるヨーロッパ軒は厳密には系列が違うので週休2日かどうかは分かりません)。
まあここで働いている人にとっては非常によいことですが,客からしたらうーん。ってな感じなわけで。この辺は賛否両論があるかとは思いますが。

s-IMG_9467.jpg

さて,この日は久しぶりにミックス丼(味カツ,チキンカツ,メンチカツ)を。

s-IMG_9469.jpg

s-IMG_9471.jpg

s-IMG_9473.jpg

s-IMG_9474.jpg

しかしですよ・・・ミックス丼の価格設定にどうも納得がいかないわけです。

パリ丼(800円) メンチカツ2枚
チキンカツ丼(800円) チキンカツ3枚
カツ丼(800円) トンカツ3枚
ミックス丼はメンチカツ,チキンカツ,トンカツがそれぞれ1枚ずつで1,000円なんですよ。おかしくないっすか?

こうなったら久しぶりに連立方程式を解くことにしましょう(以前,ヨーロッパ軒木田分店のトリオ丼の価格に納得がいかなくて連立方程式を解いたのですが,トリオ丼の価格設定が明らかにおかしいということを僕は見つけてしまったことがあるのです)

以下,数学が嫌いな人は読む気にならない文章が続きますがご容赦のほど。結論だけが知りたい方は青字の部分は飛ばしていただいて結構でございます。

チキンカツとトンカツ1枚の価格は同じであることは明らか。
ご飯をa(円),メンチカツをb(円),トンカツ=チキンカツをc(円)とすると

a+b+2c=1000・・・@
a+3c=800・・・A
a+2b=800・・・B

A,Bよりb=3/2c これを@に代入すると
a+9/2c=1000・・・C
C−Aより
3/2c=200 ∴c=200×2/3=400/3(円)
Aに代入すると
a+400=800 ∴a=400(円)
Bに代入すると
400+2b=800 ∴b=200(円) 

つまりこの連立方程式を解くと
ご飯=400円
メンチカツ=200円
トンカツ=チキンカツ=400/3円≒133円
となるわけですが,ご飯が400円もするってのはいくらなんでもあり得ないっすわね。どこかに矛盾があるということ。


【5/1追記】
大変お恥ずかしい話なのですが,上記計算にミスがあるとのご指摘をいただきまして(笑),見え消しさせていただきました。いやあケアレスミスが多いのば僕の悪いところ。
計算しなおしたところ・・・ななんと
a=-400,b=600,c=400となることが判明しました。a,b,cは正であることが絶対条件ですからやはりこの値段設定には矛盾があるということが判明しました。【追記ここまで】


持ち帰りメニューをみるとカツ1枚200円,メンチカツ1枚400円とあります。
チキンカツ丼とカツ丼から類推すると,ご飯は200円ということになります。200円なら納得できます。

なるほど,そうなるとミックス丼は
ご飯(200円)+トンカツ(200円)+メンチカツ(400円)+チキンカツ(200円)=1,000(円)となり計算が合います。
しかしそうなるとパリ丼は
ご飯(200円)+メンチカツ(400円)×2=1,000(円)ということになりますが,実際の価格は800円・・・ワケワカメ!


えーっとですねこれらを総括すると・・
パリ丼は本来1,000円なのだけれども800円としており,実に200円もお得なメニューなのである!ということなのです。ということでケチな僕は次回からはパリ丼を注文することが決定いたしました!!(ウソ)

僕はやっぱりノーマルなカツ丼が一番だと思うんです。あの魔法のソースに最も合う揚げ物はトンカツなんですよ。カキフライ丼も何度か食べてますけど正直うーん。って感じがしますからね。

ていうかホントはメンチカツ1枚が300円であればパリ丼が800円,ミックス丼が900円となり僕も納得いくわけなんですよね。メンチカツがトンカツの倍の値段っていうのは・・





posted by poptrip at 21:20 | Comment(10) | TrackBack(0) | グルメ(パ軒) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

つけ鴨うどん鴨錦#2

ひさしぶりにパ軒に行く気満々で退社し味のお城へ向かってみたところ,なんと定休日(すっかりわすれてた・・・・)。敦賀のパ軒ってさあ,20:00と閉店時間が早いし,隔週とはいえ週休2日なわけでなかなか行けないんすよね。今日はパリ丼でも食うか〜なんてワクワクしていた自分に自己嫌悪。

どうしたもんじゃろの〜(←これ,流行らないと僕は思うんですw)

うーん,ひさしぶりにうどんでも食うか(僕はうどんってあまり好きじゃないから滅多に食べないんです)。

気比神宮の目の前にあるお店つけ鴨うどん 鴨錦でございます。鴨錦は「かもきん」と読むようです。なんか昭和のジャニーズアイドルみたいだな(←それはたのきん!)。
オヤジギャグにも冴えが見られないのはパ軒に振られたショックからでしょうか。

s-1461674175252.jpg s-1461674183900.jpg

写真がイマイチなんもパ軒に振られたショックから・・・ではなくスマホで撮影ししかもピントが合わなかったからでございまして。

お味の方は・・うむ。なかなかいけるんじゃないか。
前回の感想と同様,残った汁をしょうが湯で割って飲むスープがおいしいのでございます。

ごちそうさまでした。

s-IMG_9456.jpg

せっかくなんで夜の気比神宮を徘徊。

s-IMG_9458.jpg

この鳥居は「日本三大木造鳥居」のひとつだそうで。

s-IMG_9459.jpg

えっと・・・おもったほど夜の気比神宮って面白味がなかったので(←コラ)引き返します。秋の「つるがまつり」ではこの辺りには屋台が並びとんでもない人でごったがえします。

・・・すみません。
お分かりの通り,今回の記事はいわゆる手抜きってやつです(笑)

s-IMG_9466.jpg

おやすみなさいませ。


posted by poptrip at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

三床山#20(佐々生コース) with ツギロウ&よたよた

4月23日(土) はれのちくもり

文殊山,マーシンを堪能したOPP三十六連隊(poptrip上等兵,ツギロウ軍曹よたよた大佐)一行は,本日2座目である三床山へ。大佐殿と軍曹殿はちゃんと百均で購入した火薬銃を装備しているのですが,poptrip上等兵は武器の携行許可が出ていないのです・・・・と軍隊という設定で今回の記事を書き進めて行こうかと思ったんですが面倒くさくなったのでやめておきます(←オイッ!)

本日の1座目はよたよた氏のホームである文殊山,2座目が僕のホームであるこの山。ツギロウ氏のホームは吉野ヶ岳のようなのですがそちらはまたの機会に。

「三床山は,その名の通り三度登ると床上手になるという三床伝説で有名な標高280mの山である。」

という大ウソを以前,ブログで書いたら結構ウケたんですけど,いまやここも鯖江市の指定文化財となってしまいました。そのうち鯖江市教育委員会から苦情が来るんじゃないかと僕は戦々恐々としながら日々を過ごしているわけでございます。

三床山の一番メジャーなコースは石生谷トンネルコースですが,クルマ3台を停めるのは先客がいた場合厳しいので,佐々生コースを選択しました。石生谷トンネルコースの場合ちょっと離れたところにも3〜4台停めれる場所があるのですが,登山口まで歩く数百メートルをヘタレな僕は回避したのです。

s-IMG_9422.jpg
登山開始(13:23)

と,ここでツギロウ氏がトイレに(写真にちょっとだけ写っている建物です)。

ツギロウ氏は遠慮がちに「あ,小のほうですから」と。

ツツツツツツツツツツギロウさん,ダメじゃないですか。チームOPPの旗揚げ山行ですから,ここは「すいませ〜ん。OPPになっちゃいましたので大のほうを。」と苦しそうに言うのが理想的な展開なんですからww

トイレを出てくるツギロウ氏を待ちます。
小の割には時間がかかるな。もしかして実は大なんじゃねえか・・大っていうことを恥ずかしくて言えなかっただけなんじゃねえのか。チームOPPには羞恥心は不要なんだぜ。
などと思ったんですが,考えてみたらツギロウ氏はピッチピチのスポーツタイツを履いてるから,用を足すのに時間がかかってたんですねきっと。あのピッチピチのスポーツタイツ,めちゃくちゃ体を締め上げてるからタイツを上げたり下げたりするのがすげえ大変なんです。OPPの人はね,ホントはタイツはいちゃだめなんです。緊急事態が発生したとき,いかに素早くパンツを下げれるかってのがOPP上級者と初心者の分かれ目なんですから!!!

s-IMG_9424.jpg
佐々牟志神社(13:28)

s-IMG_9425.jpg

↑この表示,新しく設置されたような・・・(勘ちがいかもしれません)

s-IMG_9426.jpg

神社の裏から登っていきます。

s-IMG_9431.jpg

よたよた氏を先頭に,ツギロウ氏,僕が続きます。
マーシンでランチを食べた直後ということもあってか,あるいは前日登った恵那山の疲れがまだとれていないのか僕の体は重く,よたよた氏についていくのがやっとという状態(どうもよたよた氏はかなり頑張ってペースをあげて歩いていたようだ)。

序盤はそこそこの傾斜の歩きやすい道が続きますが「山頂まで400m」の表示を過ぎてしばらくしたあたりから階段の急登が始まります。

ここで,急登が苦手なよたよた氏から「限界です。お先にどうぞ」と泣きがはいりました。
満を持してツギロウ氏がものすごい勢いで階段をかけあがっていきます。

s-IMG_9435.jpg

僕はあっという間に引き離されてしまいました。
いやしかしツギロウさん速すぎますよ。まったくついていけません。

そして振り返るとよたよた氏

s-IMG_9436.jpg

もうこんなに差がついちゃった。ほぼ初対面と言うこともあり,ここまでみながそれぞれに気を使いながら,お互いを牽制しながら歩いてきたわけですが・・普段一人で山に登ることが多い3人の個性がここで一気に噴出。

もう,お兄ちゃんたちってみんなワガママなんだから!(と唐突に妹キャラ出現)

s-IMG_9437.jpg s-IMG_9438.jpg

はあ。はあ。
ぜい。ぜい。

息を切らしながら登っていきます。もううしろは振り返らない(すまん,よたよたさん。武運を祈るw)

s-IMG_9442.jpg
三床山山頂到着(13:54)

ツギロウ氏はもうザックをおろし写真撮影をはじめようとしているところでした・・

そして待つこと10分ちょっとで

s-IMG_9445.jpg

汗だくのよたよた氏が到着。

ツギロウ氏が持ってきてくれたノンアルコールビールで乾杯。

s-CIMG4424.jpg
画像はよたよた氏のブログから無断転載

これはナイスでした。おいしかった〜。
ツギロウさんありがとうございました。

お湯を沸かし,よたよた氏に提供して頂いたドリップコーヒーもいただきます。よたよたさんありがとうございます。


お恥ずかしい話なんですがガスバーナを出すために,僕が自分のザックの底を漁ってたら・・

ななんと

s-IMG_9447.jpg

1週間くらい前,青葉山に登ったときに,一緒に登ったメンバーの料理長であるおばはんが作ってきたパンが出てきました。
登る前に各メンバーに2つずつ配給されたんですけど,そういえば1個しか食べた記憶がないな。もう1個はどこへいったんだろうか・・と思ってはいたんですがこんなところにお隠れになっていたんですねw

ノンアルコールビールとコーヒーを提供していただいたお礼に,このパン食べます?とお二人に尋ねてみたんですが,全くウケませんでした。「それはあかんやろ〜」という冷たい返事が返ってきただけ。しらけ鳥が南の空へ飛んでいくのを見たのは子供の頃以来ですよ。
すまん,おばはん。棄てとくわw

「家に帰るまでが遠足」という名言が転じた「家に帰るまでが登山」という山格言があるわけですがこれは誤りだということが判明しました。

ザックの中身を片づけるまでが登山ですからね(新格言です)。

山頂からの風景は霞みまくりでちょっと残念なもの。

s-IMG_9444.jpg
うっすらと日野山

s-IMG_9448.jpg
うっすらと文殊山

さて下山します(14:54)。

s-IMG_9452.jpg

よたよた氏のこいのぼりも,心なしか疲れているように見えるw

s-IMG_9454.jpg

15:15に下山。
だれひとりとしてOPPに見舞われることなく,たのしい山行は無事に終わったのでございます。

再会を誓いここで解散。
お付き合いいただいたお二人,ありがとうございました。

なお,チームOPPではメンバーを募集しています(ウソ)
OPPであることを公言し山に登るだけの簡単なお仕事です(未経験者歓迎)ww



登り:26分(ツギロウ氏のトイレタイム含む)
下り:21分





posted by poptrip at 07:20 | Comment(7) | TrackBack(0) | 三床山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月26日

マーシンの日替わり?週替わり?ランチ

文殊山を下りた僕たち(よたよた氏ツギロウ氏)はランチをとるために鯖江のマーシンへむかいます。

よたよた氏,去年くらいにマーシンに通い始めちょっぴりハマっちゃってるらしく,もうすでに奥さんたちとも顔見知りだと。そして彼らと僕についてよからぬ噂話をしていたらしい(被害妄想)

いちおう僕がクルマを先導したのですが・・ちょっぴり道に迷いました(笑)
分かりにくいんだよ場所が!(と逆ギレしてみるw)

ツギロウ氏もこのあたり,何度が来たことがあるそうなんですけどこんなところにお店があるなんてまったく気づかなかったと。
そりゃあそうでしょう。鯖江市民であっても地元民以外の一般人がこのお店を発見するのは困難を極めるんですから。僕だって結婚してこっちのほうに家を建てるまではその存在すら知りませんでしたからね。食いしん坊で食べ歩きが大好きなこの僕が何度もお店の前の道を通っていたにもかかわらずですよ。

s-IMG_9421.jpg s-IMG_9420.jpg

場所が分かりにくいことに加え,
相変わらずちょっぴり(いや,かなり)入りにくい雰囲気を醸し出していますw

はじめてナマコを食べた人の勇気はすごい!とよく言われますが,この店にひとりではいるにはそれと同じくらいの勇気が必要です(そこまでじゃないけどw)。初めて来たときには僕もけっこうビビリましたからね。

さて,店に入る前にとなりにある鳥小屋へツギロウ氏をご案内。
よたよた氏による解説がはじまります。「こっちの鳥は〇〇ちゃんって言ってね,奥の小屋のは・・」って。もうね,鳥の名前まで知ってるんですよ彼は。さすがに僕も鳥の名前までは知らないわけでして・・

入店し,

s-IMG_9419.jpg

名画「美乳」(←タイトルは適当に僕がつけました)の飾られた特等席に陣取ります。
蛇足ですが,僕は日本人女性しか受け付けません(たぶんw)

ずいぶんと久し振りなんで僕の顔なんかもう忘れちゃってるかななんて思ってたんですけど,奥さんはちゃんと覚えていてくれました。しかしここのオヤジさんは僕のことを思い出すまでにいつもタイムラグがあるんすよねww
ていうか僕を僕として認識しているのかどうか実は僕は疑っています(笑)

日替わり?週替わり?ランチをいただきます(ランチを食べるのは初めてかもしれません)

s-IMG_9418.jpg

s-IMG_9417.jpg

ごちそうさまでした〜
おいしかったです。

また来ます。

今度は他のお客さんがいないような時間に訪問し,少しおしゃべりさせていただいてオヤジさんにちゃんと僕の顔とプロフィールを覚えて頂かないと!

そして僕たちは本日の2座目を目指します。

posted by poptrip at 07:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

文殊山#20 チームOPP(仮称)始動!

4月23日(土) はれ

僕が山を登るに当たり参考にしているブログがいくつかあるのですが,縁あってそのうちの2人の方と一緒に山に登る機会を得ました。

僕を含めた3人の共通点といったら・・・・

全員OPP(おなかぴーぴー)ブロガーだということですよ,もちろん(←何がもちろんなんだかw)。みんなお腹がちょっぴり弱いんです。

福井山ブログ界のスターよたよた山歩きのよたよた氏(ハンドルネームはよっし〜氏なのですが僕はよたよた氏と呼ぶ),新進気鋭の山ブロガー福井 山のぼり日記のツギロウ氏のお二人でございます。

何処に登ろうかとツギロウ氏とメールで連絡をとりあいます。ぼくは昨年ほんの一部のマニアの間で大ブームを起こした(本当にほんの一部の人間だけですがw)みつまた山を強力に推したのですが,よたよた氏からみつまた山は勘弁してほしいと泣きがはいったようで(実際は天候不良の天気予報によりみつまた山を断念したようですw)・・・文殊山に決定!

文殊山を拒否する理由なんていくら探したって見つかりませんから。

s-IMG_9396.jpg

さて,9時ごろに二上駐車場に集合という連絡をいただいていたので9時10分ほど前に僕が駐車場に到着すると,とプリントされたTシャツを着たガタイのいいオジサンが車を空いたスペースへ誘導してくれます。フレンドリーなこのオジサン,よたよた氏です。ツギロウ氏はトイレへ行っていたようで遅れてご挨拶。はじめまして。ふつつかものですがよろしくお願いします。

ここに「チームOPP(仮称)」が結成されたのでございます。いや「福井OPP友の会」「軍団OPP」「性活の党とpoptripと仲間たち」などという候補も僕の頭の中にあったのですが(ウソです。今書きながら考えました),とりあえず福井OPP界のビッグ3が,ここに集結したのでございます(はたから見たらただのオッサンたちが集合しているだけなんですけどww)。

挨拶もほどほどにさっそく登っていきましょう。

僕たちの共通点はOPPだということの他には,男性であるということ。
誰か気を利かせて知り合いのOPP山ガールを連れてくるくらいの気概はないのか。などと僕は憤慨していたのです(自分のことは棚に上げて)。僕は合ハイ(死語)を夢見てたんですよ。・・・というのはウソですからね。我等は硬派OPPブロガーですから!
あ,合ハイってのはね合同ハイキングの略で,合コンなんてなかった昭和時代にはもっともナウい遊びだったんですよ(僕もよくは知りませんけど)。

s-IMG_9397.jpg

8:59に駐車場を出発。
登りが苦手なよたよた氏は,先に行ってくださいと殊勝なことを仰るわけですが,せっかくなんでよたよた氏のペースにあわせてのんびり話をしながら登っていくことにします。まさに文字通り「よたよた山歩き」です。各々の自己紹介等もしながら。

OPPを主題とした会議をしながら進んでいきます(ウソ)。
会話の8割ほどはシモネタでした(大ウソ)。
真面目な山の話や,ここでは書けない山での裏話などいろいろと・・w

s-IMG_9400.jpg
よたよた氏とツギロウ氏

s-IMG_9402.jpg
七曲り分岐(9:36)

s-IMG_9408.jpg
カタクリの実(よたよた氏に教えていただきました)

ここまでイタリアンレストランでランチをするマダム達のようにおしゃべりに夢中でほとんど写真を撮っておりません。ツギロウ氏はけっこうマメに写真を撮っていたようですがw

s-IMG_9409.jpg

山頂に到着(10:06)。
駐車場から1時間7分。
もちろんこれまでで最も遅いタイム。暑かったのでちょっぴり汗をかきましたがまったく息があがることはなく。

ねえ,タイムなんて気にしちゃいけないんだよ。
そんなに焦ってどうするんだい?
山ってのはね,本来そんな楽しみ方をするもんじゃないんだよ。


とよたよた氏に身を持って教えてもらったのです(ウソ)
パーティで山に登る場合,一番体力のない人に合わせるというのは基本中の基本ですからね。

s-IMG_9411.jpg

この日は白山は見えず。

裏のベンチに座って休憩をとりながら談笑します。ここ常連さんだけが座れる特等席だと僕はおもってましたので初めて座ることができました。ははは。

ここで,よたよた氏のファッションチェックを。

s-IMG_9413.jpg
許可を得て撮影しています(笑)

誰か俺にツッコミをいれてくれ。といわんばかりのこいのぼり。
そして火薬銃(ホルダー付)。これはまあスルーするとして・・・(ツギロウ氏も同じ火薬銃を持っておりましたw)

見逃せないのはこっちですよ。

s-IMG_9412.jpg
山県さくらちゃんのバッジ

マニア垂涎の貴重品。ただヤフオクに出品したらたぶん売れ残るであろう・・・
僕はこれ,欲しいんですけど山県市という異常にアクセスの悪いところの山を3つ登らないともらえないんです(毎年こういうキャンペーンが行われているのかは不明)。

ツギロウ氏の場合は,とにかくファッションに隙がない。
ザックも道具もファッション的にもビシっと決まってて,短パンにスポーツタイツというスタイルでイマドキの山男っつー感じ。どこにヨメに出しても恥ずかしくない山男に育ってますよ(ワケワカメ)。
僕もいちおう2WAYのパンツをはいておりますが,高級スポーツタイツであるワコールのCW−Xは白山でプチ滑落したときに破損しちゃったんですよ・・・とほほ。

で,僕はといえば,文殊山くらいならジーンズとスニーカーにみつわのナップサックで登っちゃうこともあるんですが,初対面のお二人に「キミ,山をなめてるの?」って思われたりしたらイヤだし(文殊山くらいなら別にジーンズ・スニーカーでも全く問題ないんですがw),失礼のないようにいちおう数年前,登山を再開したときにコージツで購入した一張羅で(ちゃんとしたウェアはほんとに上下一着ずつしか持ってないんです),正装してまいりました。

s-CIMG4381.jpg s-CIMG4382.jpg
よたよた氏のブログより無断転載(加工修正済み)

ザックは父親のお古のTATONKAというブランド。あんまり使い勝手がよくないので今風の憧れのミレーのザックを買おうと楽天のポイントをためていたのですが(20数年前,僕が山登りを始めたころはミレーのザックって群を抜いてカッコよくて憧れだったんですけど高くて手が届かなかったんすよね)・・ワンダーコアに使っちゃったんです(笑)
なお,今たまっている数千ポイントは・・・熊本地震の義援金として使わせていただきます。ザックはTATONKAでじゅうぶんさ。Tポイントも同様に寄付できますのでみなさんもいかがでしょうか。

さて,ここでお話をしてて初めてわかったんですけど,ツギロウ氏ってぼくよりも年上ですと。うそやん。あのブログのノリは完璧に僕より年下でしょ。まあ駐車場でお会いしたときに俺より年下なのに老けてるよなあと年齢詐称してんじゃねえのなどと失礼なこと思ってたわけですが謎が解けました(笑)

s-IMG_9414.jpg

さて,たっぷりと休憩をとったので下山します(10:55)。

s-IMG_9416.jpg
駐車場着(11:39)

おつかれさまでした〜

OPP3人衆は次なる目的地へ向かいます。

あ,いちおうこの日は粗相があってはいけないと思いワタクシ,正露丸を飲んできております。しかし集合前に便意を催しコンビニで用を足したことを最後に付け加えておきます(OPPだけにこれだけは主張しておきたかったw)


登り:1時間07分
下り:   44分





posted by poptrip at 00:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | 文殊山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする