2016年05月31日

読書日記(2016年4月・5月)

ここ1カ月ほど図書館に行けておりません。
こう見えてもいろいろと忙しくてじっくりと本を読む時間もとれなくて。


s-hyaku.jpg
十角館の殺人/綾辻行人

コメントで薦められたので借りてきました。ああなるほど。これは面白かったですね〜。犯人が誰なのか分かった瞬間は確かにゾクっとなりましたからな。
もちろんいろいろとアレなところもあるんですが・・・この方の他の作品を読むかどうかは微妙だな。


s-hiden1.jpg s-hiden2.jpg
秘伝の声/池波正太郎

僕の大好きな「剣客商売」と同じ時代設定の為,剣客商売の登場人物が脇役として登場したりして楽しめました。もちろんそういう人たちが出てこなくても十分面白いお話でございました。
これ,上下に分ける必要あんのかな?昔は450Pくらいを文庫にする製本技術がなかったのかな。


s-kubiori.jpg
首折り男のための協奏曲/伊坂幸太郎

短編集です。つながりがあるようでないような。
連作短編で最後の短編ですべての伏線が回収されるようなパターンのやつかと思ってたらそうじゃなくて・・・ちょっとがっかりしたというか結果よく分からない作品だという感想に落ち着くわけで。合コンの話が一番面白かったかな。分かりやすくて。


s-ihoujin.jpg
異邦人/カミュ

「きょう,ママンが死んだ」で始まる有名な作品。
この本を読むのは多分3度目くらいだと思うんだけど・・・やっぱり僕の心には響かないんだなあ・・主人公に感情移入もできないし,彼の思想信条も最後の叫びも僕にはよく理解できないのです。僕の読解力が足りないのかなあ。


今回はこんなところで。


posted by poptrip at 21:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

石徹白からの三ノ峰(途中撤退)【後編】

銚子ヶ峰で10分ほど休憩をした後,三ノ峰を目指して登って行きます。
かなりブルーな山歩きです(笑)
気分はチョベリバ(死語)ですよ。
もうただのピークハント。実績作り。義務的な機械的な唯の作業的な。

銚子ヶ峰から無情にもどんどん下って行きます。標高で120〜130mほど下ったんじゃないかな。
そして当然登り返し。一ノ峰,二ノ峰,三ノ峰とどんどん標高があがっていくので登り返しの標高差ももちろん大きくなっていきます。

s-IMG_0439.jpg

鞍部から一ノ峰への激登り。

s-IMG_0450.jpg

ここが一番キツかったかも。
しかも,笹に覆われているもんで・・前回の記事の通り不気味な軟体動物の存在が頭に引っかかっておりまして気持ち的にもなんだかね。

s-IMG_0459.jpg
一ノ峰(1839m)に到着(8:36)

銚子ヶ岳から39分でした。
特に感慨もないのでそのまま通過します。

もちろんここから一旦下って二ノ峰に登るという地獄が待っております。

s-IMG_0464.jpg

とにかく笹が気になって仕方がない(笑)
一ノ峰の登り程ではありませんがかなりキツい。何度も立ち止まりながら山頂に到着(9:06)

s-IMG_0470.jpg
二ノ峰(1962.3m)

いちおうここが福井県最高峰でございます(福井県最高地点は三ノ峰避難小屋の裏の2095m地点)。

三角点はこの後ろの笹薮の中にあるよう。
三角点大好きっ子の僕でもこの藪の中に突っ込んでいく勇気はありません。何度も繰り返しますがあの軟体生物を見つけてから僕は笹薮恐怖症に陥ってしまっているのですw

ちょっぴり休憩してから三ノ峰を目指します。もちろんもう別山に行く気なんてさらさらありません。そんな気力は全くない!

s-IMG_0473.jpg

s-IMG_0475.jpg s-IMG_0476.jpg

一瞬だけガスは晴れて

s-IMG_0479.jpg

三ノ峰っぽい山が目の前に見えました!

s-IMG_0482.jpg

ロープ場を過ぎたら

s-IMG_0484.jpg

雪渓が現れまして・・
困ったことに先人の足跡が見当たりません。
直登すればいいのかトラバースすればいいのか,道がどこに続いているのかガスが再びあたりを覆ったためよく分からないのです。あの軟体生物の存在が頭にこびりついて離れないため笹薮に突っ込む気にもなりません。
いちおう軽アイゼンを着けて雪渓を少し進んでみたのですが・・・こここ怖〜いっす。ストックがあれば多少違うのかもしれませんが,ビビリ君の僕は数メートルで引き返しました。こういうときソロだと相談したりルートを手分けして探したりすることができないので困ります。それだけの知識と技術のある人なら問題ないのですが僕には残念ながらそういうものが不足していることを自覚していますし,1年くらい前に白山でプチ滑落している苦い経験があります。だいたい急きょ予定を変更したため下調べをまったくしていなかったという迂闊さの結果でありまして。

三ノ峰に登ったって何にも見えないだろうし,今まで2回登ってるし,ここまで散々書いてきたとおりテンションはかなり低め。

ちーん。
山は逃げない。
(よたよた氏の表現をお借りしました)

9:38,標高約2,000m地点にて撤退を決定。
幸いなことに未練はほとんどない。

下山途中で何人かの方とすれ違います。
僕も方向転換して彼らに着いて行って三ノ峰に登るという選択肢もあったのですがヘタレなぼくはメンタルリセットすることなどできずおとなしく下って行きます。

s-IMG_0514.jpg
久し振りに見たカタツムリ

そしてまた別の苦難が。
三ノ峰・別山名物の羽虫攻撃です。
登りではほとんど気にならなかったのですが,気温が上がってきて活動が活発になってきたんでしょうか。
ほんとに腹立ちますね,やつら。耳元で「ぶーん」ってなるわ眼鏡にとまるは,もう踏んだり蹴ったりですよ。

s-IMG_0519.jpg
銚子ヶ峰山頂(10:53)

相変わらず何も見えない。ちょっぴり休んで再び歩き出します。

さて,ガスだらけの風景写真を載せてもアレなんでイワカガミちゃんとイワナシちゃんのサービスショットを。

s-IMG_0491.jpg s-IMG_0523.jpg

この子たちは普通下の方に向いて花を咲かせるため中身がどうなってるかは今までちゃんとみたことがなかったんですよ。ほら,なんかスカートの中を覗いているようなね・・・普段隠されている秘部を覗き込んでいるようで興奮しませんか。ああ,しませんね失礼しました。

s-IMG_0535.jpg

下りは慎重に。
睡眠不足と体力の消耗も激しいのでゆっくりと。

s-IMG_0537.jpg
石徹白の大杉

最後の石段が膝にきます。

s-IMG_0541.jpg

s-IMG_0544.jpg

12:33に登山口到着。

いつかはリベンジを・・・しませんなたぶん。
あるとしたら上小池から三ノ峰へ登って二ノ峰まで下るというパターン。いちおうこれでログは石徹白と三ノ峰で貫通しますからね。


【実績行程】
05:43 石徹白登山口
05:51 石徹白の大杉
06:35 おたけり坂下(休憩5分)
07:03 神鳩ノ宮避難小屋(休憩6分)
07:46 銚子ヶ岳山頂(休憩11分)
08:36 一ノ峰
09:06 二ノ峰(休憩7分)
09:37 標高2,000m地点雪渓(ここで撤退)
09:51 二ノ峰
10:15 一ノ峰
10:53 銚子ヶ峰(休憩10分)
12:33 石徹白登山口

獲得標高:1,330m
距離:15.5km
歩数:約33,000歩




おつかれっした〜

なお,この日南竜にテン泊し白山に登った知人によれば,翌日には天候が回復し,なかなかよかったよと・・・orz




posted by poptrip at 19:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 白山・別山・三ノ峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

石徹白からの三ノ峰(途中撤退)【前編】

5月28日(土) くもり

前日,なぜだかなかなか寝付けませんでした。

夜中の0時30分ごろになっても眠ることができず・・・「こうなったら早起きできなければ山登りは中止だな。天気もあんまりよさそうじゃないし。」と,目覚まし時計のアラームもセットせずに。ソロで登る場合こういう風に自由度があるからいいんですよね。みんなで行く場合はこういうことができませんからなあ。

で,結局・・・3時前に目が覚めてしまいました(笑)
2時間ちょっとしか寝てないんだけど。起きちゃったからには山に登るしか選択肢がない(僕の場合,二度寝するという選択肢はないのです!)。

ということで身支度をして出発。
いちおう上小池からの三ノ峰・別山を考えていたのですが,想定していたよりも早く起きてしまったので,これは前から狙ってた石徹白(いとしろ)からの三ノ峰(あわよくば別山まで)というロングコース(三ノ峰往復で17kmくらい?)に挑んでみるかと急きょ予定変更。

3時20分に自宅を出発。
石徹白というところへ行くのはもちろん初めて。そんな地名も山登りをするまでは僕は知らなかったし未知の世界。山登りをすると普段絶対にいけないような地域に行けるというのが楽しみでもあります(旅行好きの僕にとっては)。

道の駅九頭竜を過ぎてから左へ。

s-IMG_0552.jpg

いくつかの集落を過ぎると(こんなところにも人が住んでるんだなあ・・)

s-IMG_0551.jpg

放流してる石徹白ダムの姿が目にはいり思わず車を停めてパチリ。なかなかの光景ですよこれは。

ダムを過ぎるとしばらくはすれ違い不可の狭い道が続きます。
こういう道の運転には慣れてますけど・・対向車が来ないことを祈りながら走るのは精神衛生的によくありません(帰りには3台のクルマとすれ違うことになりちょっぴり苦労しました)。

岐阜県に入り,石徹白集落までくると道は一旦広くなり,神社で左折し再び一車線の道をしばらく行くと登山口です。

20〜30台程度停めることのできる駐車場の先客は5台ほど。どうも釣り目的の方もいるようで。

s-IMG_0346.jpg

そそくさと準備を整えて出発します(5:43)。

s-IMG_0349.jpg

まずは石段を登って行きます。これがなかなか堪えます。
ウォーミングアップにはちょっと負荷が大きい。

石段を登り切ると特別天然記念物である石徹白の大杉(幹周/14.0m、樹高/25m、樹齢/伝承1800年)が現れます。これはすごい木ですね。山に登るといろいろな巨木を見ますが,これは今まで見た中でも最高レベルなんじゃないかと。

s-IMG_0354.jpg

しばらく急登が続き,この後は平坦な道と短い急登の繰り返し。
途中,一人のおじいさんを抜いてどうも僕が先頭に立っちゃったみたい(これがまずかったんだけど・・・)。

s-IMG_0357.jpg

s-IMG_0366.jpg

ブナ林を抜けると

s-IMG_0371.jpg
おたけり坂の標柱(6:35)。

なんかここから急登が始まりそうなのでいったんここで休憩をとります。

s-IMG_0374.jpg s-IMG_0376.jpg

急登。
そして「かむろ杉雨宿りの岩屋」を過ぎ

s-IMG_0394.jpg
登山口から3km

の標柱を過ぎると(このコースには1kmおきにこのような標柱が立っているのです)

s-IMG_0396.jpg
神鳩の宮避難小屋(7:03)

に到着。
立派な小屋ですね〜。

s-IMG_0403.jpg s-IMG_0405.jpg

5分ほど休憩して出発。
そこそこの斜度の登りが続き,林を抜けると笹だらけの道に変わります。

で,ここまで特に言及してこなかったんですけどこの日の天気はですね・・・天気予報通りのくもり。いちおう登山指数はAだったから上の方まで登れば雲の上に出るんじゃねえかと淡い期待も持っていたんですが・・

s-IMG_0410.jpg

s-IMG_0413.jpg

ガスだらけでなーんにも見えないんですよ。
ホントならこのあたりはきっと周りの山々を見渡しながらの気持ちいい稜線歩きなんじゃないかと思うんですけど・・

s-IMG_0415.jpg
母御石

笹だらけの道を歩いていて僕は気づきました。

s-IMG_0420.jpg

ええ,

登山道にこいつらがいることを。

s-IMG_0421.jpg s-IMG_0422.jpg s-IMG_0429.jpg

ワオッ!
オーマイガッ!
なんか気持ちの悪い虫が続々と登場(笑)
これってヒルなの?鈴鹿の山で血を吸われた学生時代の衝撃が頭をよぎります。
ヒルじゃないにしても気持ち悪すぎ・・ww

※自宅に帰ってからネットで少し調べてみたんだけど正体は判明せず。ヒルではなそうなんだけど・・・ご存知の方がいらっしゃれば教えていただければ幸いです。

【2016年6月1日追記】
賢明な読者様のおかげでこの虫はノハラナメクジだということが判明しました!



ただえさえガスだらけで鬱憤がたまっているところに大量の不気味な軟体動物の存在が明らかになったことで僕のテンションはダダ下がり。
しかも笹が濡れているもんでズボンは膝から下がびしょ濡れ(スパッツは持ってたけどつけなかったバカ)。ゴアテックスの防水がなされているはずのトレッキングシューズも帰りには靴下がびしょびしょの状態でした・・・orz

s-IMG_0423.jpg

いちおう二ノ峰までは行くことにしよう。三ノ峰は・・二回ほど登ったことがあるし二ノ峰まで行ってガスが晴れなかったらおとなしく引き返そうと少し重い足取りで登り続けます。

なんとか銚子ヶ峰山頂に到着(7:46)。
登山口から2時間03分でした。

s-IMG_0427.jpg
三等三角点 銚子峰(1810.39m)

もちろん

s-IMG_0426.jpg

なーんにも見えません。
別山はもちろん槍・穂高・立山・乗鞍なども見えるということなのですが・・
ここまであんまりいいことがないなあ。やはり家でおとなしく二度寝するべきだったのか。

なんかしんみりしてきちゃったので(笑),
このあたりで,今回の山で見かけたお花の写真を一気に。
花の写真をブログ載せるときは名前を調べるのにとても時間がかかってしまうので困るんです。かといって名前が間違っている可能性もあるのでございます(泣)

s-IMG_0363.jpg
ユキザサ

s-IMG_0384.jpg
ミツバオウレン

s-IMG_0375.jpg s-IMG_0390.jpg
スミレ/イワカガミ

s-IMG_0492.jpg
ミヤマキンポウゲ

s-IMG_0443.jpg
ツバメオモト

s-IMG_0458.jpg
ハクサンチドリ

s-IMG_0449.jpg
イワナシ

s-IMG_0435.jpg
ミネザクラ

s-IMG_0432.jpg
ツマトリソウ

(つづく)


posted by poptrip at 19:35 | Comment(4) | TrackBack(0) | 白山・別山・三ノ峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

幸楽苑からの・・・

こんばんは。
帰ってきたpopさんのはしごシリーズでございます。

今回は幸楽苑からスタートです。

s-IMG_0330.jpg

幸楽苑敦賀店。
久し振りです。
税抜290円ラーメンのラーメンの販売を中止したのは2015年4月のこと。僕にとってはもうそれだけで幸楽苑のレゾンデートルはなくなったも同然だったのですが,はしごするにはまだまだ利用価値のあるお店なのです!

ということで「塩ラーメン」(421円)

s-IMG_0326.jpg

ラーメンが運ばれてきた刹那。
懐かしい匂いがした。なんだろうこの感覚。なんかグッときちゃいました。プルースト効果というものでしょうかね。

s-1464096644044.jpg

そんなこともあってか,あやうくスープを飲み干しちゃうところでしたが(麺は相変わらずイマイチw),次のお店が待っているので我慢。

店を出ると目の前にあるマクドナルドへご入店。

s-IMG_0332.jpg

ほら,幸楽苑からマクドナルドまでは徒歩10秒なんです。敦賀のアクロスプラザというところには同じ敷地内にマクドナルドと幸楽苑とぽんぽこぽーんがある危険地帯。そしてすぐそばには吉野家も王将もあるという・・・マジヤヴァイ。


スペシャルヤバスなデンジャラスゾーンなんです!!

前回,はしごシリーズの記事にコメントをいくつかいただいたんですが,コメントをくれたはしごマニア(笑)たちはみなマクドナルドを絡めたはしごがスタンダードなようでして,今回はそれに倣いました。

昔は月イチでは必ず利用していたマクドナルドですが,本当に久しぶりです。
エグチのセットをオーダー。エグチってエッグチーズバーガーの略のようなんですが,エグチってなんか恥ずかしくて言いにくいもんで指をさしてコレのセットお願いしますとオーダーしてしまうお茶目な僕。
「シェフの気まぐれサラダ」に代表されるような客が言いにくいメニュー名はなるべくやめていただきたいと・・・

s-IMG_0327.jpg
客は僕のみ・・

s-IMG_0328.jpg s-IMG_0329.jpg

たまご系のハンバーガーは僕は好きなんですけど,こいつはイマイチだったなあ・・・まあ他と比べて安いんだからしょうがないんですけど。

いちおう僕は,絶賛ダイエット中でございます(笑)
ウソじゃないよ。ほんとだよ。
ワンダーコアと山歩きのおかげで順調に体重も体脂肪率も下がっているんですよ。いやマジですよ。
信じられませんか・・・
何度も言うように僕には疑惑と言うものは存在しないんですよ。

こうなったら

s-m.jpg

第3者の厳しい目で見てもらうしかないな(笑)。

なお,この日はいつもより多く120回腹筋したのでございます。

posted by poptrip at 22:15 | Comment(12) | TrackBack(0) | グルメ(マック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

マイクロソフトめ!

母親からメール
「PCのことでききたいことがあるから連絡ください。急ぎません。」

放置していたらその夜,父親から電話
「PCが,勝手にwindows10になっちゃってインターネットも見れなくなった。なんとかしてほしい。うちにある2台のパソコン両方とも知らないうちにwindows10になってた。お母さんの楽しみがひとつ減っちゃって可哀そうだからなるべく早くうちに来てくれないか。」

僕の母親は,僕のブログの熱心な読者でありまして(笑),たしかに僕のおもしろブログが見れなくなるのは可哀そうだ。老人のささやかな楽しみを奪うとは許せない。マイクロソフトめ!
と思いつつも,勝手になるわけないやろ。どうせまたなんか読みもせずにOKとかクリックしたんやろ。と思ったんですが・・・

どうも先日よりマイクロソフトのアップグレード攻撃がヤヴァイことになったようでして

s-cached.jpg

これまでは「今すぐ」か「今夜」という2択(←これも信じられない選択ですがww)だったんですよ。ただ,「×」をクリックしてこのダイアログを閉じればアップグレードされることはなかったのです。

それが・・・

s-cached2.jpg

勝手にアップグレード時刻を設定してしまい,ダイアログを閉じた場合この時刻に勝手にアップグレードされてしまうというとんでもない仕様変更がなされたのです!(ネットによる情報)

ようやく本日になってYahoo!ニュースにも載りましたね。
【参考記事】<ウィンドウズ10>「勝手に更新」苦情(毎日新聞)

お父さん,お母さん,あなたたちは悪くない。
疑って悪かった。

ということで先週末に,実家へ行ってきましたよ。
行く予定は全くなかったんだけど・・両親とは口頭で年間保守契約を結んでいるので行かないわけにはないかない(笑)

実家にはデスクトップとノートの2台のPCがあり、いずれもwindows8インストールモデルなのですが2台ともwindows10に知らぬ間にアップデートされてしまっていました。まあ別にネットとメールのチェックをするくらいだからOSなんてなんでもいいんですけど動きが重たくなるのだけは勘弁願いたいわけで。また操作方法などが微妙に変わってしまうのも御老人には優しくない仕様変更です。

1台はそのままwindows10で使えるように設定。
もう1台は,動きが異常に遅くなったのでもとのwindows8へ戻すことに。

s-edge.jpg
windows10の標準ブラウザ「Edge」

基本的な設定は残ったままなんですが無線LANの設定なんかがクリアされていたもんでネットにつながらなくなっちゃったんですな・・・(設定がそのまま残る場合もあるらしい。この辺は機種により異なるようです)

s-IMG_0266.jpg

s-IMG_0267.jpg

s-IMG_0268.jpg

s-IMG_0270.jpg

s-IMG_0273.jpg

約10分ほどでダウングレードは完了。
これって,一度ダウングレードしたら二度と自動アップグレードが起らないようになってるんだろうか。また勝手にwindows10になっちゃったりしたら温厚な僕も怒りますよ(すでにかなり気分を害しているわけですがw)

なんとか午前中でミッションをクリアすることができました。
しかし,こんなの老人には理解できないよなあ・・・俺もいつかこんな日が来るんだろうか。



posted by poptrip at 22:25 | Comment(13) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする