2016年06月30日

読書日記(2016年6月)と鯖江市立図書館


s-51d+lnAuHmL._SX230_.jpg
よろこびの歌/宮下奈都

福井県出身でいま話題の作家ですが初めて読んでみました。越前市図書館にあったのはこの1冊だけだったので否応なくこの作品を。
合唱を通して女子高生たちが成長していく青春小説といったら陳腐でありきたりに思えますが,これが面白い。実に面白い。大当たりでした。他の作品も読んでみたい。


s-majutu.jpg
禁断の魔術/東野圭吾

ガリレオシリーズ最高傑作。と銘打っているわけで期待は高まるんですが・・・まあ・・あれでしたね。もちろん東野圭吾なので面白いんだけど,逆に東野圭吾にしては・・ってなっちゃうんですよね。


s-yoakeno.jpg
夜明けの星/池波正太郎

池波正太郎の女性を主人公とした小説ってのは,意外と面白い。女性ってのは本当に不思議な生き物だとは村上龍も昔から言っていたが,本当にそう思うよ僕も。


s-kinkakuji.jpg
金閣寺/三島由紀夫

うちの娘は,文学少女というわけでもないのですが,太宰,三島,谷崎などを好んで読んでいるようです。娘が図書館で借りてきたこの本を僕も読んでみたわけですが・・・これって僕が今まで読んだ小説の中で最も難解なものでした・・美しい文章にはっとするような表現も沢山あるのですが,1ページに1つ2つ見たことも聞いたこともない単語が出てくるわけでして。三島由紀夫って超頭イイんじゃねえの。古典純文学ってこんなのばっかりなのかね。
読み終えた時の達成感は,山登りに似ている気がしたよ。


s-IMG_0137.jpg
北陸政界 盛夏号

また購入してしまった・・・今号は鯖江のことがほとんど書かれていなかったのですがこれはいいことなのかもしれませんね(棒読み)。



s-1467288489641.jpg

鯖江市立図書館では「さばとマップ」というアプリが使用できるようになりました。

ITのまちの図書館として、日本の公共図書館で初めて、アプリを使い、図書館内で図書を検索、施設内での現在地と検索図書の場所を表示するサービスを提供することにしました。(鯖江市Webサイトより)

ということでいちおう使ってみたわけです。お目当ての本がどこにあり現在貸出可能かどうかスマホで分かるというのは確かに便利。

ただね・・・

s-1467288655252.jpg

この機種では現在地を測定できません

・・・・なんじゃこりゃぁ・・・

ということでついでに鯖江市立図書館への不満を書いてみよう(ネガティブ思考w)。
前から何度も何度も書いていることなんですけどね,駐車場が遠いんだよ。そして狭いんだよ!雨の降ってる日なんて最悪ですよ。なんとかならないものでしょうかねえ。

s-1467288513276.jpg

↑このわけのわからんスペースを駐車場にすればいいのにと僕は過去に何度かブログに書いております。よくいえば提言。悪く言えばただの文句なわけですが(笑)

そして,鯖江市立図書館の開館時間の短さにも大いに不満があります。
僕は福井県立図書館,敦賀市立図書館,越前市図書館,鯖江市立図書館の4つを利用するわけですが

鯖江市立図書館 :10時〜18時(祝休日以外の金曜日は20時)
越前市中央図書館:9時30分〜18時(水木金は19時)
敦賀市立図書館 :10時〜19時(土日祝日は18時)
福井県立図書館 :9時〜19時(土日祝日は18時)


鯖江市の利用しにくさは一目瞭然。
ITもいいんだけどさあ,もうちょっと利用しやすくして頂けないかなあと。鯖江市って派手なこと目立つこと新しいことが好きみたいなんだけど足元をちゃんと固めてから・・



posted by poptrip at 21:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

雄島を歩く

LULLに行った後,時間もあったので雄島に行ってみました。

雄島(おしま)は福井県坂井市三国町安島にある島。越前海岸にある島のひとつで、同海岸中もっとも大きな島である。越前加賀海岸国定公園に含まれている。
面積は約10.2ヘクタールで、周囲2キロメートルは海食崖になっている。島全体が流紋岩でできており、近隣の東尋坊同様に柱状節理が発達しているほか、板状節理も見ることができる。スダジイ、タブノキ、シロダモのように温暖な気候を好む植物が生えている。
(wikipediaより)

s-IMG_9599.jpg

橋の手前の20台分くらいあるかな,という駐車場(無料)に車を停めます。

s-IMG_9601.jpg

s-IMG_9600.jpg

ヨメは興味がないので橋の辺りで待ってると。
相変わらずノリの悪いやつだ!などとは口には出しませんが,僕は雄島に上陸しないという彼女の自由を尊重する。とそんな大したもんではなくだいたい僕らはどこかへ出かけても別行動なんですよ(笑)
ちょっと散歩してくるわと言い残し,ひとりで橋を渡っていきます。

雄島というのは心霊スポットとしても有名で,若い頃は肝試しにここへ夜中に行く友人たちが多数いましたが,ビビリくんの僕は参加した記憶がございません。

s-IMG_9609.jpg

怪談,いや階段を登って行きます。

s-IMG_9626.jpg

雄島は一周できるような散策路が整備されているのですが,時計回りだったか反時計回りだったか忘れましたが周り方が決まっていて反対に周ると・・・キャー!などという噂があったりしたはずですが忘れちゃった。まあいいや,分岐を左に進みます。

s-IMG_9614.jpg
大湊神社(県指定文化財)

s-IMG_9615.jpg

ちょっとした山登り気分です。
やはりヨメは置いてきて正解だった。

しばらく歩くと

s-IMG_9620.jpg

海に出ます。

s-IMG_9622.jpg

東尋坊が見えます。

s-IMG_9622.jpg
東尋坊アップ(どのあたりを東尋坊と言うのかはよくわからないw)

さてこのまま時計回りに一周しようかとしたところスマホに着信。
ヨメからの「なにしてるの。はやく戻ってきて」コール。
なにしてるの?って言われても困るんだけど(笑)

s-IMG_9621.jpg

さて・・・
どうしたもんじゃろのぉ。

電話を無視してこのまま進むか,来た道を戻るか。
ビビリくんの僕はもちろんヨメのカエレコールを無視することなどできず,時間のかからないほう(来た道を戻る)を選びます。
来た道を戻ると・・・キャー!という噂もあったりするわけですがヨメの逆鱗に触れるのも・・・キャー!なわけで(ウソ)

橋の手前まで戻ってきて,北の方を眺めます。

s-IMG_9629.jpg
風力発電所が見えます

特にヨメの機嫌は悪くもなく,幸いなことに平和で安寧な状態が維持されていました。

s-IMG_9630.jpg

梅宮辰夫の漬物屋はまだあるんだろうかなどと考えつつ(オープンしたころはちょっとした話題になったと記憶している)クルマを走らせ,帰宅したのでした。

・・・夜来ると怖いんだろうなあ。
ビビリくんの僕は夜には絶対に来ませからね。



posted by poptrip at 20:30 | Comment(6) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

コーヒーに真剣に向き合ってみようと思ったのだけれども。

僕はコーヒーが好きで一日に3〜4杯は飲みます。
でもそんなにこだわりはなくて酸味とか苦味とかコクとか言われてもどの味が酸味でどの味が苦味なのか正直分からない。コクってなんだよwwっつード素人なわけです。
言葉ってのは意味が分かっても実体験しないとそれがいったいどういうモノなのかは本当には理解できないのですよ。僕は肩がこったことがないし,むくんだことがないのでその両方の言葉の真の意味を45年生きてきても全く理解ができてないんです。いやもしかしたら肩が凝ったことがもむくんだこともあるのかものだけれどその現象と言葉の意味が一致していないだけかもしれないですが。

敦賀のキトテノワで飲んだコーヒーが妙に美味しくてね。

たまーに。ほんとに数年に1度ですけど,美味いっていうコーヒーに出会うことがあります。
口に入れるものが美味しいと感じるのは,本当にそのものが美味しい場合とそのときのシチュエーションによるもの,あるいはその相乗効果によるものが考えられるわけですが,とにかくこのとき飲んだブレンドコーヒーが久しぶりの大ヒット作品だったわけです。

コーヒー豆は鯖江のFarbe(ファルヴェ)のものを使ってるとメニューに書かれておりました。ああ,ファルヴェか。何度も飲んだことあるな。実はファルヴェの人ってウチのヨメの知り合いんだったりするんですよ。

久し振りに行ってみるか。
もし,同じコーヒーを別の日に飲んでもそんなに美味しいと思わないかもしれない。コーヒーってのはとっても微妙な飲み物ではないかと思うんですが,せっかくなんで自宅であのコーヒーの再現に挑戦してみようかと。

s-IMG_7239.jpg

やってきました。
旧8号線をイタリア料理店リトローボのところで曲がり細い道をしばらくいくとありました。
僕はお店に来るのは初めてでありまして。

とてもこじんまりとしたお店でございまして。
ああ,店内の風景とかそういう描写は僕なんかよりももっと高尚なブログたつやの感性見聞録の記事をご覧になってください。

キトテノワで飲んだコーヒーがおいしくて。と言ったら,二種類の豆をオススメされましてじゃあそれを。ということで購入したのが

s-IMG_7247.jpg
エチオピアイルガチェフW(深煎り)とケニアAA(深煎り)

ええ,もちろんコーヒーにそれほどのこだわりのない僕はこの豆の種類も焙煎の違いもよく分からないんです。あとエチオピアイルガチェフWの「W」は(笑)っていう意味の「w」じゃあないですからそこんとこよろしく。とりあえず寮の部屋にあるミルでブレンドしてみて飲んでみようと。


うーん。キトテノワで飲んだほどのうまさが感じられない。
6畳間の畳に敷かれたせんべい布団の上で,東京・お台場のフライングタイガーコペンハーゲン(北欧発の安価な雑貨店です)で購入した300円のマグカップでジャージー姿であぐらをくんで飲むというシチュエーションがダメなのか。いやそうじゃない。たぶん豆のブレンド比率,挽き方,煎れ方,水,いろんな要素がうまく絡み合っていないことは間違いない。これは研究が必要です。コーヒーメーカーでもおいしいコーヒーを煎れることはできるって専門家に聞いたことはあるんだけどやっぱりハンドドリップにはかなわないのか。道具からそろえていかんといかんのかなあ。

ということでyoutubeでいろいろと勉強。
便利な世の中になりました。
そして,これもずいぶん前にヨメがファルベで購入した

s-IMG_8385.jpg

コーヒーポットを寮に持ち込んで試してみることに。最近の僕のブログでのワンダーコア出現率の高さは異常です(ステマじゃないよw)

s-IMG_7909.jpg s-IMG_7914.jpg

で,結局のところ・・・キトテノワで飲んだほどのうまいコーヒーを煎れることはできなかったという。いわゆる”残念な結果に終わった”ってやつです。もう少し修業が必要だな。修業する気はないんだけど。

とここまで書いたのが数か月前。
そして先日,うちの母親からハワイ土産のコナコーヒーというものをいただいたのでございます。母親が知りあいからもらったんだけどミルをもってないからと僕のところにこの高級豆が巡ってきたという幸運。

s-IMG_0111.jpg
ワンダーコアの上で写真を撮るのが今の僕のトレンド(笑)

さっそく煎れてみましたよ。
ハンドドリップで。

s-IMG_0112.jpg

うん,なんか美味しい気がしたよ。うまく表現はできないけれども。もちろんコナコーヒーというのがブルーマウンテンとならぶ高級豆のひとつだということをネットで調べてから飲んだものでして,そういう心理的影響があったことも否めないわけでして。

コーヒーって難しいわやっぱり。



posted by poptrip at 20:35 | Comment(10) | TrackBack(0) | おうちグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

星乃珈琲店で娘とディナー

わけあってムスメと二人でメシを食うことに。

この日,僕はお昼にこってりしたラーメンを食べたわけですが,その悪影響が出てしまいまして夜になってもあまり食欲がわかない。娘もあんまりお腹が空いてないというのでじゃあカフェメシで軽く済ませようかと星乃珈琲店へ。

星乃珈琲店はときどき一人で行くのですが,もちろんいつも喫煙席。
週刊文春と週刊新潮とURALAを読みつつ,スマホでネットを見ながらコーヒーを飲み,紫煙を薫らせるのが常なのですが,今回はお嬢様同伴ですからもちろん禁煙席へ。

禁煙席は平和だ。
なんとなく客層も上品な感じがする(イメージですww)

メニューを見て悩んだ結果,ムスメはラザニア(830円),僕は洋食屋さんのオムライス(780円)を。

s-IMG_9205.jpg

s-IMG_9208.jpg

まあ味はフツー。
ただ,できれば料理はふたついっしょに持っていただけるとありがたいかなあと。

ご飯を食べ終わったらスフレパンケーキ(メープルシロップ)を。
ムスメは,友達から聞いたことがあるとのことで,これを楽しみにしていたよう。

ただ,おバカな僕はこのパンケーキは注文してから20分くらいかかるという重要なことを忘れておりまして・・・

ムスメは時間を計っていたようなのですが,マジでちょうどぴったり20分でやってきました(笑)

s-IMG_9212.jpg

まあいわゆる上品なホットケーキなわけで。
ホットケーキ・・・家で作ったなあ。ただ当時はメープルシロップなんてハイカラなものは庶民には手の届かない存在でありまして,森永ホットケーキミックス付属の,粉に水を混ぜるとできる不思議な甘いシロップみたいなやつをかけて食べてたんですけど・・・だいたいメープルシロップなんてものがあると知ったのは大人になってしかもそれからずいぶんたってからのことでした。お恥ずかしい。
バンクーバー〜モントリオール〜ワシントンと海外出張をすることになったのは30歳のころか。職場の女の子からメープルシロップを買ってきてくださいと頼まれたんですが,そのときはじめてメープルシロップというものの存在を知ったのでございます。
いやあしかしメープルシロップってうまいっすよね〜。

s-IMG_9214.jpg

ごちそうさまでした〜。


posted by poptrip at 20:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

お食事とお餅 大福(鯖江市)

「孤独のグルメ」を見ていると(幸いなことにAmazon Prime会員はシーズン1〜4まで視聴可能なのです),主人公の五郎が訪れるお店は,たいていが大衆食堂なのです。

グルメといっても彼は,タバコも吸うし食べ方も上品ではないし美味しいと感じた時の表現も決してすぐれているわけではない。まるで僕を見ているようでして(笑)

で・・僕も大衆食堂に行ってみようかと(すぐ影響を受けてしまうのが僕の悪いくせ)。

鯖江駅前の大福でございます。
このお店,ずいぶん前から行こうとは思っていた課題店のひとつだったんですけど,なかなか足がむかなかったのはズバリ駐車場がないから(後で調べたらどうも駐車場はあるらしい・・・)。

ということで少し離れた本町商店街に路駐。

s-IMG_9767.jpg

本町商店街の道路は隔月で片側駐車可能なのです。

s-IMG_9766.jpg

この手の大衆食堂にはツッコみどころが多数あるのがお約束なのですが・・・いくつかメニューにツッコんでおきましょう。

s-IMG_9754.jpg

・・・チャポン麺
そしてなぜかチャーシューメンだけサラダ付。いや,ラーメンにはすべてサラダが付くのかな。このメニューだけではどちらとも判断がつかない(笑)

s-IMG_9755.jpg

カレーライスが「焼き物」カテゴリーにあるのも御愛嬌。

ほかにもいろいろとツッコミどころのあるメニューなのですが,こんなことをしてる場合じゃない。食べるものを決めないと。とにかくメニューが豊富。うどんそばラーメンオムライスヤキメシクリームソーダと大衆食堂の名に恥じないラインナップがずらり。

s-IMG_9756.jpg

肉丼にも惹かれたのですが,このみ丼をオーダー。
ぼくはキン肉マンのファンというわけでもないのでね。

s-IMG_9759.jpg

かなりでかい丼が運ばれてきました。
うれしいことにスプーン付きで。
吉野家でスプーンを使うのには恥じらいを覚えるオトメチックな僕も,吉野家以外では丼物をスプーンで食べることは厭わない。やぶさかではないのです。

s-IMG_9761.jpg

で,この「このみ丼」。
何の変哲もない玉子カツ丼かと思いきや,ななんと天丼と親子丼とカツ丼がいっぺんに味わえるというシロモノなのです。

s-IMG_9763.jpg
エビ天発見

といっても天丼味がすることはなく,親子丼味。それもちょいと薄味でございまして,僕はもうちょっと濃いめのほうが好きかなあと。

ごちそうさまでした〜。
次に来ることがあれば,ちゃんと駐車場に車を停めてチャポン麺を味わってみようかと。

posted by poptrip at 22:15 | Comment(12) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする