2016年06月20日

日帰り百名山・雨飾山【後編】


笹平の気持ちのいい道を歩きます。

左手には

s-IMG_9886.jpg
高妻山,戸隠山

がみえるようになり,お花なども増えまして。

s-IMG_9892.jpg s-IMG_9889.jpg
ハクサンチドリ/ハクサンタイゲキ

うすうすは気づいてたんだけどさあ・・

s-IMG_9896.jpg

山頂までは直登する道らしきものが見えます。
うへぇ。あれを登るのか・・キツそう。

山頂直下まで来て

s-IMG_9951.jpg
荒菅沢

を覗き込みます。
このあたりには

s-IMG_9948.jpg s-IMG_9949.jpg
シラネアオイ/カタクリ

が群生しています。シラネアオイって初めて見たかも。カタクリ・・なんか懐かしい花だな(笑)

そしてここからは岩だらけの急登を両手を使って登って行きます。

はぁ,はぁ,ぜぃ,ぜぃ。
キツイっす。

そしてここで本日のスーパーおじいさんをご紹介。
小谷コースから登ってきたと思われるおじいさんが,合流してからずっと僕と一定の距離をおいてついてきていたんです。この岩の急登に来るとその差がみるみる縮まってきまして・・プレッシャーに耐えきれなくなった僕は思わず

「お先にどうぞ」

はあはあ言いながら道を譲ったのでございます。

s-IMG_9906.jpg
↑これが,スーパーおじいさんだ!

ほとんど息を乱すこともなく「ありがとう」とダンディに僕を抜いて行かれました。蓼科山に続いて遭遇してしまったスーパーおじいさん。メジャーな山にはたいていスーパーおじいさんがいるんだなあと僕はまたひとつ学んだのでした。

息を整え登って行きます。

雨飾山は双耳峰となっており,まずはスーパーおじいさんについて,右(北)の方へ。

s-IMG_9908.jpg s-IMG_9909.jpg

8:06に山頂(北峰)到着。百名山29座目に登頂成功です。
雨飾温泉から2時間42分でした。エアリアの標準コースタイムは4時間25分ですがこれはさすがに設定が長すぎじゃないかと(登山口の表示では「ゆっくり歩いて4時間」となっていましたが)。

なお,僕の周りでガシガシ山に登ってる人の中には百名山はだいたい30座前後登ったって人が多いです。福井から行ける山ってある程度限られてきますからね。98座っていう知り合いもいますが・・

s-IMG_9916.jpg
北峰から見た南峰

すぐに南峰へ向かいます。

s-IMG_9926.jpg s-IMG_9929.jpg
二等三角点 雨飾山(1,963.27m)

それでは山頂付近からの風景を。北から反時計回りで。
残念ながらちょっぴり霞んでおりまして・・・遠くは南アルプスや鳥海山まで見えるらしいのですが(富士山は戸隠山に隠れて見えない)残念ながら遠くの山は確認できませんでした。

s-IMG_9927.jpg
南峰から北峰

s-IMG_9904.jpg
糸魚川市内と日本海,駒ケ岳・鬼ヶ面山

s-IMG_9910.jpg
後立山連峰

s-IMG_9922.jpg
左から唐松岳,鎧ヶ岳,白馬岳,雪倉岳,朝日岳

s-IMG_9924.jpg
左から爺ヶ岳,鹿島槍ヶ岳,五竜岳,唐松岳,鎧ヶ岳

爺ヶ岳の左には槍・穂高連峰が見えるはずなのですが・・・老眼の入ってきた僕には見えましぇん。いちおう画像処理も試みたのですが,これだけ霞んでいるとやっぱり見えないようで。

s-IMG_9936.jpg
左から地蔵山,乙妻山,高妻山,戸隠山

「戸隠ってやっぱりギザギザしてるよね〜」って見ず知らずのおじさんに声をかけられました。ええ,戸隠山ってのはアホみたいなナイフリッジを通らなきゃいけないんですよね。

s-IMG_9914.jpg
戸隠山アップ

s-IMG_0062.jpg s-IMG_0069.jpg
戸隠山の蟻の塔渡り,剣の刃渡り

グレートトラバース2を見ていて,こんなとこ絶対行かんわと思ったわけで。こんなところに行くやつの気がしれんわと僕は思うわけです。つーかこれを撮影しているカメラマンが一番すごいと思うわ。

s-IMG_9918.jpg
焼山,火打山,金山,雨飾山南峰

s-IMG_9917.jpg
左から鋸岳(奥に烏帽子岳),鉢山(奥に鉾ヶ岳),昼間山,手前は歩いて来た笹平

条件が良ければこっち方面に鳥海山や月山が見えるようなのですが今回はとても無理。

さて,狭い山頂の後立山連峰が見える端っこの方に陣取って助六とおにぎりを水で胃に流し込みます。

s-IMG_9928.jpg
・・・ちょっぴり怖いっす

どんどん人が登ってくるのでそろそろ下りましょうか(8:36)。

s-IMG_9941.jpg s-IMG_9942.jpg

両手をつかってゆっくりと慎重に下って行きます。
いやな下りだよまったく。すれ違いも多く発生し気が抜けません。

s-IMG_9952.jpg

笹平を過ぎ,再び急登の雨飾温泉方面へ。
羽虫が酷いです。時間帯や天候・季節にもよるんでしょうが。
山頂でも「この山,虫がひどいよね〜」なんて話してる人もいましたし,防虫ネットをかぶってる人も何人も見かけました。
でもね・・・三ノ峰あたりの羽虫に比べたらまったく問題になりませんよ(笑)
ウザいことはウザいんですが,あの地獄と比べたら・・・

s-IMG_9960.jpg

登りの記事でも書きましたが,非常に歩きにくい道が続くので,普段よりもゆっくり下りたつもりなんですが・・・

koke.jpg
こけちゃいました!

※週刊文春を読んでいたら,T口選手は不倫の末離婚し「金メダルも取りに帰れない」状態だそうです(ミニ情報です)

濡れると透明になり神秘的だという記事をネットでよく見かけるサンカヨウ。

s-sanka.jpg
ネットで拾った画像

えっとですね,水をかけてみて透明になるかどうか試してみたんです(ヤラセ写真を撮ってやろうという不埒な考え)。

水をかけて透けてくるのを待ちます(なんかエロいなw)

s-IMG_9962.jpg

なんだよ。ぜんぜんスケスケにならねえじゃねえか(←ヤラセはいけません)。
どうも,少しずつ透明になっていくようで濡れたらすぐに透明になるわけではないようです。ははは。

s-IMG_9866_1.jpg
こちらは自然のままのサンカヨウ。こっちのほうがスケスケじゃねえか・・

上記の通りお花と戯れながら下って行きます。
呼吸器系は大丈夫なんですけれど,不規則な段差やガレた石に足をとられたりと,足に非常に負担がかかります。思わず「あっ!」「はぁっ!」って声がでちゃいます(決していやらしい声ではない)

s-IMG_9986.jpg
駐車場が見えた

s-IMG_9987.jpg

s-IMG_9988.jpg

10:38下山完了!
山頂から2時間2分でした。

【実績行程】
雨飾温泉登山口:05:24
P1309  :06:12(休憩4分)06:16
中の池    :06:58(休憩6分)07:02
笹平(分岐) :07:43(休憩5分)07:48
雨飾山山頂  :08:06(休憩30分)08:36
笹平(分岐) :08:53(休憩8分)09:01
中の池    :09:28
P1309  :09:58(休憩4分)10:02
雨飾温泉登山口:10:38

登り:2時間42分(休憩15分含む)
下り:2時間02分(休憩12分含む)
距離:7.2km
標高差:980m
歩数:21,500歩


今回もスマホの調子が悪くログがとれなかったのでヤマレコから同じコースを歩いたログを拝借。



posted by poptrip at 20:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 関東甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする