2017年04月30日

富士写ヶ岳〜小倉谷山〜火燈山【前編】

4月30日(日) 快晴

いつものメンバーで富士写ヶ岳に行こうということに。
最近再婚して新婚ホヤホヤでヨメの尻に敷かれてるトレランおやじが今回は不参加を表明した以外は前回のホノケ山と同じメンバー。

前日の夜になってガスカートリッジが残り少ないことに気づいて武生のアルペンまで買いに行ったおバカさんは僕なわけですが,それにもめげず当日はちゃんと早起きしてJR鯖江駅で敦賀からやってきたおばはんを,さらに福井市内でMくんとマスターをピックアップ。長老とNさんは現地近くで合流して出陣です。

s-IMG_8651.jpg

となるはずだったのですが,なんと前日マスターの義母がお亡くなりになられたとの訃報が。ご愁傷さまです。大変なGWになっちゃったな・・・マスター抜きはちょっと痛いんだけどいなかったらいなかったで別に支障はないといえばない。

8:40ごろに登山口についたのですが,予想通り駐車場は満車で路駐。路駐のクルマがズラリと並んだ光景は圧巻でした(画像なしw)。マイクロバスも停まってましたから・・・

前回はソロで火燈山→小倉谷山→富士写ヶ岳と反時計回りで周回したのですが今回は時計回りで富士写ヶ岳→小倉谷山→火燈山で。約10kmと久しぶりのロングコース。若狭・三方五湖ツーデーマーチ20kmの部に初参加しようかと考えている(ただし晴れの日に限るw)僕にとってはちょうどいい足慣らし(まあ平地と山では歩き方がそもそも違うのですが・・)かと。

s-IMG_8652.jpg

準備を整えスタート(8:50)。

林道をしばらく上った後,登山道へ。

のっけから急登が始まります。

s-IMG_8658.jpg s-IMG_8665.jpg

しばらくして僕のふくらはぎは悲鳴をあげます。
先頭を行くペースメーカーである長老の一団についていくのがやっと。
なんていうんですかね,足が山歩きに順応していないというかね・・・やっぱ足羽山とか長泉寺山とはわけが違う(当たり前田のクラッカー)
前日のバドミントンでハッスル(死語)してしまった報いかもしれませんがとにかく足の違和感が拭い去ることができないと登頂もおぼつかない。

そんな情けない僕にできることと言えば,

s-IMG_8673.jpg s-IMG_8686.jpg
ムシカリ/イワウチワ

花の撮影会と称する小休止のみ。
心肺的にはそれほど問題ないのですが(もちろん余裕ではない)とにかくふくらはぎが・・

s-IMG_8664.jpg s-IMG_8675.jpg
イカリソウ/ツバキ

50分ほど歩いたタイミングで先頭を行く長老様より待ちに待った「休憩」の号令がかかりました。
新調したミレーの14Lのデイパックからポカリを取り出す。いやぁ14Lって全然荷物入らないっすね。しょうがないのでガスバーナーとカートリッジはMくんのザックに押し込んだわけでして(笑)
ヘッドランプとか非常食とかヤッケとかモバイルバッテリーとかアイコスとか安全に関わる荷物はどうしても持ち歩かないといけないので(アイコスは違うかww),そうすると14Lではかなり厳しいのです。まあ三床山とか文殊山とか街歩き用に買ったデイパックだから・・・

この10分ほどの休憩とイオンサプライ効果で,僕は我ながら見事に再生した。
力がみなぎってくるのがわかる。
急登がおわったこともあってか本来の調子が戻りつつあるようなうれしい予感。

そして気分もアゲ気味になったところで

今年初の

s-IMG_8681.jpg
ギフチョウ

とのご対面。
ギフチョウに興味を示しているのはこのメンバーでは僕だけ。
花に(多少ですが)興味を示しているのも僕だけ。
まあ山の楽しみ方は人それぞれ。正義なんてものはいい加減であいまいなものなんです。

そしていちおう今回の山行のメインゲストであるシャクナゲともご対面を果たします。

s-IMG_8693.jpg s-IMG_8691.jpg

この日の登山者のほとんどがシャクナゲ目当てじゃなかろうかと。
まだつぼみのものも多くあり,富士写ヶ岳のシャクナゲはもうしばらく楽しめそうです。

s-IMG_8699.jpg s-IMG_8701.jpg
サクラ/タムシバ

タムシバも多かったっすね。

そんな中,

途中ちょっと不思議なものを見かけました。

s-IMG_8704.jpg s-IMG_8712.jpg

画像では分かりにくいのですが,2羽のギフチョウ(チョウの正しい数え方は1頭,2頭だそうですが僕は1羽,2羽がしっくりくる)がくっついているのです。夫婦の営みかとも思ったのですが,下になっているギフチョウはぴくりとも動かないので死んでいるようにも見えます。しばらく観察していたのですが・・・「仲良きことは美しき哉」と言い残して立ち去ることにしました。

そのうち右手に小倉谷山や火燈山(らしきもの)が見えるようになりました。

s-IMG_8715.jpg

s-IMG_8718.jpg

そして前方には

s-IMG_8719.jpg
富士写ヶ岳

この見た目は北岳の草スベリを彷彿とさせる,なかなかの威圧感。

こういう場合,いったん下るという恒例行事がありまして(笑),登り返します。

途中でおばはんが休憩をとると言い出したので「もうちょっとやでガンバレ」って背中を押して登り切ったと思ったらそれは見事なまでの典型的な偽ピークでございまして・・・おばはんは水分を飲むためにザックを下ろし始めたので,調子の出てきた僕は「お先にお先に失礼!♪」っておニャン子クラブみたいに頂上へ向かいます。

s-IMG_8725.jpg
偽ピークから東側の眺望(かすんでるなあ・・クスン)

s-IMG_8726.jpg s-IMG_8727.jpg

そして頂上へ(10:36)。

s-IMG_8729.jpg
一等三角点 富士写ヶ岳(942.00m)

s-IMG_8730.jpg

それほど広くない山頂は人であふれかえっておりました。
なんとか場所を確保し,おばはんたちを待ちます。


(つづく)



着いてすぐ,三角点の写真を撮っておいてよかったよ。
しばらくしたら,

s-IMG_8747.jpg

↑こういう残念な写真になってましたからな・・・


posted by poptrip at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺北の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

来来亭がイマイチピンと来なかった件

この日,夕食の予約を忘れてしまった僕は敦賀市内を彷徨う。

そして,またこの日はヨーロッパ軒の定休日だ。僕が予約し忘れたときに限ってだいたいパ軒の定休日なんだよな。オレが悪いんだろうけど何とかならんかね。

ということで,安定の来来亭。
僕にとっては8番らーめんと並ぶ,はずれのないラーメンやさんです。
10回以上は食べていると思われます。

さて,いつもの通りカウンターに座るとメニューをじっくりと眺め,

こってり,ネギ多め,麺硬めのコロッケ定食をオーダー。

s-IMG_3014.jpg

むっ。

s-IMG_3015.jpg

うそやん。

イマイチしっくりこない。
なんでやろ。
いつもと違って「こってり」を足したのがまずかったか。

うーん。これはヤバイな。
どんどん好きな店とのピントが合わなくなってきている・・・

前回の記事の通りドストライクだった岩本屋には見切りをつけたわけですが,来来亭も僕にフィットしないラーメンと化してしまった。
というか変わったのは僕の方。老化による味覚および体質,ならびに嗜好の変化(退化)であることは言うを待たない。悲しい現実。
年を重ねることに偏食に磨きがかかってきたような気がする。大丈夫か,オレ(笑)
リトマス試験紙である「天下一品」のこってりを久しぶりに食べてこようかしらん。
もし,「天一」にも裏切られたら,僕が食べれるラーメンは8番らーめんととんこつ系のラーメンだけになっちゃう恐れがある。

ちょっとしょんぼりして店を出た。
来来亭も再訪はしばらくないかもしれないな・・・

もしかしたら,普通のたばこからアイコスに変えたことによって味覚に変化が起こったのか。などと考えたりもしたのだが真相はわからない。世の中には理由のわからないことが溢れかえっているのだ。

s-IMG_8633.jpg s-IMG_8637.jpg
会社帰りの西方ヶ岳と日本海

それでも陽は落ちまた昇る。


posted by poptrip at 14:30 | Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

岩本屋の鶏塩タンメン

ずいぶん前に行った時の記事です。

敦賀にも
やっと敦賀にも
岩本屋ができた

福井県内外で猛威を振るっている岩本屋。
敦賀の木崎通りにオープンしたのです。

s-IMG_2456.jpg

この通りには8番らーめん,来来亭,らーめん世界といった強敵が立ち並ぶわけですがまさに殴り込みと言ってもよいでしょう(よいのか?w)

7〜8年前までは岩本屋のラーメンが大好きだったんですが,なんかここ数年は行くたびにがっかりするというパターンで敬遠しておったのですが,これはもう僕の好みが変わったとしかいいようがないのでしょうがない。でも敦賀のラーメン屋はやっぱり制覇したい。RPGですべてのアイテムをゲットしてすべてのモンスターを倒したいっていうのと同じ童心です。
僕はつけ麺否定派なのですが(だから大勝軒も敬遠しているのです),ここでしか食べたことがないのです。,まあそれがちょっとしたトラウマになっていて二度とつけ麺には手を出していないというね。

だいたい武生のお店とか金沢でしか食べたことがないので,来来亭の神髄を極めていないというところは,引け目をちょっぴり感じていあるという紛れもない事実もあるわけで。

ここは来来亭かっ!
っていうくらい元気のいい(人によってはうるさい)店員さんの掛け声に迎えられます。
ま,僕は元気がいいという風に捉えれるんです。

先述のとおり,どうも最近は岩本屋のラーメンが僕の体質,味覚にマッチしないということもあって,ふつうのラーメンではなく「鶏塩タンメン」というものにチャレンジしてみました。食券システムだとどんなラーメンなのかよくわからないので困ります。

まあこれも運ばれてくるまで楽しみを取っておくという風に捉えよう。

s-IMG_2454.jpg

s-DSC_0517.jpg

うむ。
やはり,僕には岩本屋のラーメンは合わなくなってしまったようだ。
なんでやろ。

s-IMG_2455.jpg

この敦賀木崎店が18店舗目だそうです。
人気のあるラーメン屋さんなんですよね・・・オレの舌,おかしいのかな(笑)
まあ人に自慢できるような舌を持っていないことは確かなんだけど。

s-IMG_8632.jpg

この割引券はたぶんお蔵入りです・・・残念。
でも,捨てれない性格なのでいまだに持っているというおバカ。


posted by poptrip at 20:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

ココイチの宅配

ココイチやヨーロッパ軒について今まで散々偉そうに語ってきた私ですが,実はこの両者の出前というものを一度も利用したことがなく・・・今回初体験いたしまして,恥ずかしながら記事にさせていただこうかと。
あ,パ軒の出前は一度注文しかけたんですが,電話の対応があまりにも横柄でやめたということが・・・

この日,会社のみんなで昼食をとることになった。
ちょっとしたあぶく銭があるということで予算は1,200円。
ただし,会社まで出前をしてもらわなきゃならないので食べるものは限られてくる。

幹事さんからのメールでは「ヨーロッパ軒」と「ココイチ」の2択。
どちらかを選んで,返信してくださいとある。

松田聖子と中森明菜のどちらか一人を選べと言われても選べないのと同じで(例えが古いなw),ヨーロッパ軒とココイチのどちらかを選ぶなんて僕にはできない(笑)ので,
「どちらでもオッケー」と返信しておいたところ,どうもココイチ派が多数を占めたようで,いつの間にかココイチに決定しておりました。


ココイチで1,200円で食える最高のトッピングを検討した結果,

ロースカツカレー  :753円
1辛        : 21円
ほうれん草トッピング:226円
ヤサイサラダ    :185円
----------------------------
合計       1,185円

考えてみたら1,200円ではいつもと変わり映えのしないカレーになってしまうことが判明した。せっかくだから予算2,000円でココイチ!みたいな贅を尽くしてみたいと僕は実感したのであります。

12:00過ぎに会議室に移動すると

すでに8人分のカレー弁当は到着していた。

たくさん並んだカレーのなかから自分のカレーを探し出すというココイチフリークにとっては夢のような楽しい作業が始まります。3辛なんて食べるの誰やねん!なるほど,ササミカツトッピングできたわけね。ポテトサラダもいいじゃないか。などいろんな種類のカレー弁当とサラダのなかから,お目当ての自分のカレーを発見。

s-P1030269.jpg
ロースカツカレー1辛ほうれん草トッピング+ヤサイサラダ

s-P1030270.jpg

うん。
お店で食べるのとはまた違う味わいがある。
そして,やっぱりおいしいよ。
王将の餃子テイクアウトとかマクドナルドのテイクアウトだとね,家に帰ったころには冷めちゃってて味がかなり落ちちゃうわけですが,やはりココイチの宅配はひと味違う。

しかし,こんなに大勢でココイチのカレーを食べるのなんて初めての経験である。みんな知恵を絞って1,200円におさまるようにカレーを選んだのだろう。

そんななか,ひときわ異彩を放っていたカレーがあった。

僕が食べたカレーの画像のようなワンプレートではなく,ライスがひとつにカレーソースの入れ物がふたつという・・・本来カレーとライスがおさまっているはずの容器には仕切りがなくライスのみが。そして,サラダが入るべき容器2つにそれぞれカレーソースが。

僕は思わず若手社員を問い詰める。

オレ:「お前,いったい何を注文したんや?」
若手:「あ,僕いつも700グラム食べるんす。ちゃんと1,200円におさまってますから」
オレ:「・・・」



しかし,700グラムって・・・

お前は,熊本ヴォルターズの助っ人外人か!
ってツッコミかけてやめました。パワハラだと思われると面倒だからな(笑)

s-coco.jpg



なお,後で判明したことなのですが予算1,200円というのは税抜き価格だったと。またやられたよ。消費税マジックに。ふふふ。やっぱオレの背中,煤けてるな。

sanaka.jpg




さて,話は変わってアメトークの「カレー大好き芸人」。

ザキヤマがカレー味のおやつとして紹介したのが,

s-IMG_3204.jpg

まずは,

s-IMG_3205.jpg
カレーせん

そして,

2つめが

s-IMG_3206.jpg
なつかしカレー味

そして3つ目。

これも定番ですよねといって

ザキヤマが袋から取り出したものは




s-IMG_3208.jpg
ココイチのカレー弁当

見事な三段落ちだったよ。

s-IMG_3209.jpg

ごちそうさまでした〜。
僕,チーズトッピングはリッチなやつにしか食べれない,ブルジョワジーのためのトッピングだと思ってます。



posted by poptrip at 19:45 | Comment(10) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

愛宕庵(福井市)

まずはこれをご覧いただきましょう。



真央ちゃんが引退して,興味も薄れかけていたんですがぶっ飛びました。もちろん,ファンになりました(笑)
こんな面白いエキシビションを見逃したとは痛恨の極み。生で見たかったなあ・・・
ただ,youtubeのおかげでニヤニヤすることができました。youtubeに感謝。


さて,たまってた食い物ネタを一気に放出していきます。ずいぶん前に行った記事が本日から(たぶん)しばらく続きますがご勘弁。

僕のブログの長年の読者であるN女史から,何度も勧められたお蕎麦屋さんがあります。

愛宕のアンという赤毛のアンみたいな名前のお店なのだが(ウソです,愛宕庵です),近くまでは何度も行ってるんだけど,その時には愛宕庵というお店の存在自体が頭の中からすっぽりと抜け落ちてしまい,行くことがなかったのですが,今回,足羽山から愛宕坂を降りたときにちゃんと覚えていたため行ってみることに。

愛宕坂の登り口のすぐそばじゃん。そばのそばや。

s-IMG_2932.jpg

今まで全く気付かなかったよ。
駐車場はちょっと離れたところにあるということですが,この日は無敵の福鉄電車でやってきているのでノー問題。何の心配もない。

動物園でインコと戯れすぎたため予定よりちょっと遅めの到着。
12時3分前。もう満席かな・・と思ったらまだ席は空いていた。

「愛宕丼」というものが気になったのだが,ビギナーの僕は安パイを選択する。小心者で保守的だからしょうがないよ。

s-IMG_2933.jpg
上カツ丼セット

上カツ丼というのはいわゆる玉子カツ丼なわけですが,まあ玉子カツ丼はたいていのどこの店で食べてもそこそこのレベルに達しているはず。ソースカツ丼はたまにヤヴァイやつに当たっちゃうことがあるのでちょっぴり敷居が高いのです。

s-IMG_2934.jpg

うん。
うまい。
そばも,上品な感じで僕にぴったり(笑)
最近は,太い田舎そばよりもこういう感じのおそばのほうが好きになってきたんだよね。

しかし,一人でテーブル席を占領しちゃうのはけっこう気が引けます。相席も僕は厭わないのですが,外で大人数のお客さんが待っているシチュエーションではただでさえ食べるのが早い僕はさらに急いで食べるという・・・

なかなか美味しかったです!接客もよかったし。
またそのうち行くかもしれませんが,駐車場が離れているってのがやっぱりネックかな。



posted by poptrip at 19:50 | Comment(14) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする