青春18きっぷを使うために旅をするPARTⅡ【後編】

和歌山ラーメンを堪能したあと,てくてく歩いていたら Happy family Life(意訳:明るい家族計画)を久しぶりに見かけた。 雨も降りだしてきたので足早に駅へ向かう。   紀州路快速というものに乗る。 どうも,大阪環状線を通って大阪駅へ着く列車のようだが,目的地表示は「大阪環状線」としか書かれていない。アナウンスは大阪方面行きだし,ややこしい。 …

続きを読む

青春18きっぷを使うために旅をするPARTⅡ【中編】

「特急サザンは前4両は指定席で指定席券が必要です。」という突然のアナウンス。 きいてないよ~。慌てて乗り込んだのは4両目。 4両目と5両目は鍵がかかってて4両目に閉じ込められたような気分。 見るに見かねた車掌さんがカギをあけてくれました(笑)   岸和田で普通電車に乗り換え,蛸地蔵駅で下車。 現在の駅舎は大正14年(1925)に建築された南欧風…

続きを読む

青春18きっぷを使うために旅をするPARTⅡ【前編】

どうも。 旅するブログライター,poptripです。 福井の里山でのカタクリ情報などもちらほらと聞こえてくるわけですが,心を鬼にして鉄分補給を優先する。だいたい僕には,天気予報が雨の日に山に登るほどの気概はないのだ。 さて,47都道府県のなかで,まだ僕が行ったことのない県が6つある。 秋田県,山形県,福島県,和歌山県,宮崎県,鹿児島県だ(福島県は東北新幹線で通過したことは何度かあるの…

続きを読む

鉄道Comment (2)

料亭 中松(鯖江市)

法事がありまして,その後お食事を。 それっぽいお店として僕が候補に挙げたのは ・藤の家 ・料亭 中松 ・天狗楼 ・割烹 よしのり 「天狗楼」以外は何度か利用しているし,こういう機会でもないと「天狗楼」なんて行けないので心中では「天狗楼」を推してたんですが義父の裁定は「中松」に。「天狗楼」は高いイメージだから電話での問い合わせもしなかったと・・・いや高そうなイメージの店だか…

続きを読む

最もB級なラーメン

即席めんを除いて,最もB級なラーメンって何だと思います? スガキヤ? 幸楽苑? ノンノンノン・・・ これですよ,これ。 このシンプルなたたずまい。 やる気ゼロの緬。 ネガティブ感すら漂う麺。 具はネギのみ。 色だけから判断すると一見して健康そうなあっさりスープ。 わかるかなあ。 そう。 汁そばですよ,汁そば。 そして,この…

続きを読む

氷見魚市場食堂 海寶

JR氷見駅を出て目に入った光景に僕はびっくりした。 駅前に,お店が何にもないんだもの。 鯖江駅や武生駅も駅前はどうかと思ってたけど,氷見駅前にはかなわない。 見事なまでにお店がないのだ。 氷見には何度か民宿に泊まりに行ったことがあるくらいで地理にも疎いし食べ物屋さんについてもほとんど何も知らない。また20年くらい前に行ったきりですから僕の場合,氷見といえば,なんといっても「きとき…

続きを読む

青春18きっぷを使うために旅をする【後編】

高岡駅に僕はいた。 そうだ,万葉線に乗ろう。と思い立ち万葉線乗り場を探す。 ちゃんと駅構内に万葉線のホームがある。 富山駅みたいな感じ。最近このあたり整備されたみたいね。 うっ。 停車していたのは,最新型の車両。 どうせ「なんとかラム」っていう愛称なんだろう。と思って調べてみたら「アイトラム」だった。 もっと古い車両のほうがよかったんだけど,まあしゃあな…

続きを読む

鉄道Comment (2)

青春18きっぷを使うために旅をする【中編】

学生時代に使った青春18きっぷが見つかったのでいちおう画像を掲載。 僕,自分でも物持ちのよさに驚くわ(笑) 氷見市内で食事をとる。 氷見の駅前には恐ろしいほど何もない。 ということでちょっと離れたところまで歩きメシを食う。 メシを食いながら時刻表をチェック。 30分に1本くらいあると思ってたんだけど・・・まさかここまで本数が少ないとは。 メシを食い終…

続きを読む

鉄道Comment (8)

青春18きっぷを使うために旅をする【前編】

ムスコが東京に行くために購入した青春18きっぷ。スケジュールの都合で帰りは新幹線で帰ってきたので4日分も余っている・・・しょうがないので2日分を買い取ることにした。残り2日分はムスメとムスメの彼氏分w とりあえず1日分を消費しないと・・・。 きっぷを使うために無理やり目的を探すという,それが「僕が旅に出る理由」。本末転倒なわけですがまあいいだろう。特にこの日は予定がなかったし。 青春1…

続きを読む

鉄道Comment (6)

花見日和

本日は晴天なり。 絶好のお花見日和。 しかし,肝心の桜の花は, 一輪も開いていない。 優しく開く笑顔のような蕾のまま。 しかし,オッサンたちは「花より団子」。 予定通り買い出しに走り,炭火を起こす。 風はまだ冷たい。 いと寒きに,火など急ぎおこして,炭持て渡るもいとつきづきし。 オッサンたちは,「花よりホルモン…

続きを読む