2017年04月03日

青春18きっぷを使うために旅をする【前編】

ムスコが東京に行くために購入した青春18きっぷ。スケジュールの都合で帰りは新幹線で帰ってきたので4日分も余っている・・・しょうがないので2日分を買い取ることにした。残り2日分はムスメとムスメの彼氏分w
とりあえず1日分を消費しないと・・・。
きっぷを使うために無理やり目的を探すという,それが「僕が旅に出る理由」。本末転倒なわけですがまあいいだろう。特にこの日は予定がなかったし。

青春18きっぷを知らない人のために,一応説明しておくとJRの普通・快速列車が一日間乗り放題という切符が5枚セットで販売されているのです(昔は5枚綴りの冊子だったのだが,今は切符1枚で5日分になっているようだ)。学生の頃は山に登るために,あるいは東京に行くためにこの切符をよく使いました

ただ,問題が。
新潟県まで富山経由で行こうと思ったら,北陸新幹線以外にJRがないんですけど・・・

調べてみたところ,特例として新幹線の代替となるJR路線がない場合はその区間の第三セクターを通過する場合に限り,青春18きっぷは有効となるのだそうで(ただし,その区間ではJRとの接続駅でしか乗降できないので基本的には利用できないといっていいと思う)。

s-IMG_2609.jpg
案の定,あいの風とやま鉄道高岡駅ではこんな電光掲示が(利用できませんと言い切ってました。特例区間については車掌にお尋ねくださいと補足付でしたが)

いちおう青春18きっぷでちゃんと富山県を通過することは可能ということになりますが津端駅と富山駅と高岡駅以外ではの乗降できないというのはやっぱり不便。北陸新幹線なんていらないと今でも僕は思ってるんですが・・・

ネットで検討した結果,頑張れば四国の高松も日帰り可能っぽいんですが,46のオッサンには体力的にムリ。ネット検索が異常に発達しちゃったので時刻表というものを買わなくなりましたよね。やっぱこういう旅の計画を立てようと思ったら路線図の付いた時刻表がないとダメですね。

ということでおとなしく富山方面へ。
3セクを使って高岡まで行き,氷見線か城端線に乗ってみようか。糸魚川あたりまでいけるかな。富山地方鉄道で宇奈月温泉もありだな。高山線で下呂くらいまで・・・などと想像は膨らみます。

鯖江駅東口の駐車場にクルマを停め(駅まではマイカーという矛盾・・・だから車内でアルコールは飲めないのだ),改札で日付印を押してもらうとまずはホームの端っこの喫煙コーナーへ。

s-IMG_2481.jpg

オレが言うのもなんなんだけど,鯖江駅もホームの喫煙コーナーを撤去すればいいのに。
あるから吸っちゃうんだよね(イイワケ)。
ホームに喫煙コーナーがあるのは田舎の証明だと僕は思ってます。

そして,1番ホームにあるトイレでOPP対策。
普通列車って2両編成とかでトイレが1か所しかなかったりするから非常事態が発生した場合,かなりヤバイので,絞り出します(笑)
マヨネーズや歯磨き粉のほんのわずかに残った分を絞り出すように!力強く!
その間に2本ほど特急列車が鯖江駅に発着したようだw

s-IMG_2482.jpg
8:49鯖江発福井行き

出発時間がちょっと遅くね?
青春18きっぷの旅は深夜あるいは早朝の列車に乗るのが鉄則なんですが・・・
ええ,カメラにSDカードを入れるのを忘れたのに気付いて取りに帰ったからですよ(恥)
出鼻をくじかれた僕はもう死に体。
テンションはダダ下がりですよ。二次関数の極小点にいる気分。

福井駅に到着すると乗り継ぎに20分ほどの時間があったのでホームで駅そばでも食うかと思ったら,なんとオープンは10:00・・・

マジか。

タバコでも吸って気を取り直そう。
大都会である福井駅のホームには喫煙コーナーがないのでいったん改札を出て,外へ向かいます。

すると

s-IMG_2489.jpg

コンコースの駅そばはちゃんと開いてるじゃん。
6:00からオープンしているようです。

s-IMG_2488.jpg
かけそば(300円)

注文して財布の小銭を探している間にそばができあがりました。すげえな。マッハ3くらいの体感速度だよ。

うん,久しぶりに食べた駅そばは,やっぱりそば自体(いわゆる麺)はメチャクチャヤバくて(悪い意味のヤバイね)今庄の人から文句言われちゃうんじゃねえのっていうようなレベルなんですけど,相変わらずこの濃いめのルーシーがヤバイ(いい意味のヤバイねw)。あやうく飲み干してしまうところでした。ライフは半分くらいまで回復。

再び改札を抜けホームへ上がると,

s-IMG_2483.jpg

九頭竜線のラッピング列車が目に留まります。
うーむ。これに乗るのもありなんだけど,青春18きっぷで県内の移動だけってのもさすがにもったいないよな。ていうか越美北線って言わないのね今は。などと考えつつもちゃんと

s-IMG_2491.jpg
金沢行き

の列車に乗り込みます。
北陸線で1本列車を逃すと次の列車まで間が空いちゃうのでスケジュールが大幅に狂ってしまうのです。

s-IMG_2494.jpg

iPodを聞きながら村上春樹の小説を読んでいたら眠くなってきたので谷村新司のように目を閉じて何も見えず哀しくて目を開ければ金沢駅へ着いていた。

s-IMG_2495.jpg

さて,ここからは第三セクターであるIRいしかわ鉄道,あいの風とやま鉄道に乗っていきます。
別会社の別路線だから改札とかがあるのかと思ったら,なんにもないのね。降りたホームの端っこに泊行の電車がとまっておりました(ダジャレじゃないよ)。

s-IMG_2497.jpg s-IMG_2498.jpg
車両は「あいの風とやま鉄道」のもの(当たり前だけど相互乗り入れしてます)

IRいしかわ鉄道のIRには「Ishikawa Railway」と「愛ある」っていう意味,アルファベット順で「I」は「J」の一つ前であることから,「JRの一歩先行くサービスを提供したい」という思いが込められている・・・んだそうで,想像力の欠如した僕はwikipediaでようやくその意味を知ったわけでして。
あいの風とやま鉄道の「あいの風」ってのは日本海沿岸で春から夏にかけて沖から吹く北東の風の富山県内での呼び名だそうです(これもwikipediaで知った)。
「いしかわ」,「とやま」ってひらがな表記なのは優しい感じがするからですかね。メールで「〇〇様」じゃなくて「〇〇さま」って書くような。

福井はどうするんでしょうね。
たぶん公募することになるんだろうけど僕もいくつか考えてみたい。

「ふくい恐竜鉄道」(恐竜を推してるからなあ・・)
「メガネっ娘ふくい鉄道」(いっそのこと痛電にしちゃえ)
「パンツ泥棒鉄道」(大臣のニックネームを冠する)
「ほやほやふくい鉄道」(福井弁とできたてほやほやを掛けてみた)
「ふくいおちょきん鉄道」「ふくいつるつるいっぱい鉄道」「ふくいのくてえ鉄道」(福井弁をいれてみた)
「ふくい天龍鉄道」(福井の生んだ大スターの名を冠する)
「ふくい大徹鉄道」(この前,コンビニで元郷土力士の大徹を見たんですよw)

もっと質実剛健とした「福井帝都営団鉄道」みたいな名前にしてほしいんですが,最近のトレンドはそうじゃないですもんね。地方の空港の名前もひどいっすからね。

さて高岡駅に到着すると,ここからは再びJRに。
もちろんこちらも改札を通ることなくJR氷見線のホームへ。

s-IMG_2499.jpg
忍者ハットリくん列車

久しぶりに乗ったディーゼル機関車。
加速するときにすごい轟音を発します。
まさにエンジンを唸らせてるっていう表現がぴったり。

s-IMG_2502.jpg

ハットリくん(ていうか野沢雅子なんですけどw)が,ニンニンいいながらガイドをしてくれます。ここは藤子不二雄A先生の通った小学校だよ。とか,運がいいと海の向こうに立山連峰が見えるんだよ。とか。

s-IMG_2563.jpg
立山連峰なんて見えねえよ・・・

実はこの海越しの立山連峰を見るために氷見に来たようなものなんだが・・・

そうこうしているうちに列車は氷見に到着した。



(つづく)


posted by poptrip at 21:50 | Comment(6) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする