2017年04月18日

えち鉄に乗って勝山へ行こう(その2・手打ちそば八助)

バンビラインを周回し,勝山駅まで戻ってきた。

s-IMG_8371.jpg

街に向かって歩き出す。

s-IMG_8329.jpg

サクラと鯉のぼりの向こうに雪の積もった荒島岳が見える。
何とも不思議ですばらしい光景だ。

サクラはデザートにとっておいてとりあえず,メシを食いに行こう。
勝山でたぶん最も有名なお蕎麦屋さんを目指す。

s-IMG_8353.jpg

s-IMG_8354.jpg

さすが恐竜の町である。
恐竜推しが半端ない。

s-IMG_8346.jpg

s-IMG_8338.jpg s-IMG_8336.jpg

勝山の街なかを歩くのは実は初めてで,新鮮だ。
「かっちゃま」とバカにしていたわけだがいやいやいやいや。
いい街じゃないか。

s-IMG_8337.jpg
大清水

で,手を洗わせていただく。
ええ,ちょっぴり泥がね・・バンビラインでは何度か手はついちゃってますからね・・クスン。

お目当てのお店,手打ちそば八助に着いたのは11:30。
早めに着いたつもりだった。

s-IMG_8339.jpg s-IMG_8340.jpg

・・・マジか!
並んでるよ。

行列は10人くらい。せっかちで並ぶのが大っ嫌いな僕ですがそばなんて,さっと食べてさっと出るはずだから長くても30分ぐらい待てばそばにありつえるだろう。そうすればちょうど12:00だしと高をくくっていた。電車の中で読もうと思って持ってきていたハードカバーをバッグから取り出し読むことにした。

並んでいる間に,店員さんが注文をとりにくる。おろししば1枚というと「追加注文はできませんが大丈夫ですか?」と。足りなかったらもう1軒行けばいいやと「はい」と返事をして待つ。

それにしても・・・回転が異常に遅い。
こういうお蕎麦屋さんを駅そばの回転率と同等に扱ってはいけないのだ(笑)

ようやく店の中に入れたと思ったら中でも順番待ち用の椅子が・・山登りに例えると偽ピークを踏んだ気分だ。まあ座れるだけマシか。

席に案内されたのは並び始めてから1時間後だった・・・orz
メシを食うために一人でこんなに並んだのは久しぶりだ。家族連れの場合いろいろ事情があるから待つこともあるんだけど,一人の場合はフットワークが軽いから別の店行っちゃうもんね。

もともと製粉所だったのを7〜8年前に改造したらしく,店内は狭い。4人掛けのテーブルが一つと,10人くらい座れる丸テーブルがひとつ。相席は当たり前のようだが,一人の客を先に案内するようなことはしないシステムだ。そして外で並んでいるときにも聞こえていたゴロゴロという石臼がとなりで一生懸命働いているのが確認できる。

s-IMG_8342.jpg

470円と非常に良心的な価格なのだが,このお店には大盛がない。
2枚頼めと言うことだね。そうすると一気に940円となり,やはりおろしそばの割高感が表出してしまう。

s-IMG_8343.jpg

うむ。
うまい。うまいよ。
1時間待ったかいがあった・・・と思わなきゃやってらんねえよ(笑)

s-IMG_8344.jpg

で,写真の撮影した時間を確認するとおそばの写真は12:27。店を出て撮ったこの写真が12:31。オレだけ駅そばみたいな食いかたしてるんだよw
もしかしたら,そば湯も出てきたのかもしれないが食ってすぐお会計しましたからね。

s-IMG_8345.jpg

八助をあとにし,もう1軒の目をつけていた蕎麦屋さんに向かう。

s-IMG_8347.jpg
街を歩いていて山が見えるっていいよね!

が,予想通りというかそちらにも行列ができていた。
2軒連続で行列に並ぶほどの忍耐力を持ち合わせていない僕は腹を満たすためにマクドかミスドにでもと思ったが・・かっちゃまにはないんだよ!

コンビニも見当たらない・・・
弁天桜を観てから,福井まで戻って何か食べることにした。

しかし,この1時間の待ち時間は想定外だった。かなり痛かった。
サクラを見たあと,フリー切符をフル活用するために三国まで行こうと思っていたのだが,心がポッキリ折れたのだ。


(つづく)




posted by poptrip at 19:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(福井県その他) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする