2017年05月04日

えち鉄に乗って温泉へ夕陽を見に行くのだ

GW後半戦。

珍しくヨメがどこかへ連れていけと言う。
電車に乗って三国まで行ってそこからレンタサイクルで・・・という話をしたら紫外線ガー,日傘ガーなどというものだからあえなく却下。だいたいあんまり歩きたくないって言うからどこにも行けないんだよ!
どこ行っても混んでるよ。と言うと「夕陽を見ながらお風呂に入りたい」などと言うので・・・・

決めました。
えち鉄・福鉄1日共通フリー切符を使い,電車で三国港まで行って,三国温泉ゆあぽーとで夕陽を見ようと。僕の鉄分補給もでき,ヨメの機嫌もとることができるwin-winのベストプラン。

目的がそれだけじゃ楽しみが足りないので寄り道はする。僕の小旅行は「一粒で二度おいしい」を心掛けているのです。映画チア☆ダンを見てからの温泉!と最初は思ったのだが,上映時間と移動時間を考えると夕陽を見ながら三国温泉というのはちょっと厳しい。じゃあ別のプランを・・・

まずは,いつもの水落駅からスタート。

s-IMG_8898.jpg

ちょうどキーボが越前武生方面へ出発するところだった。水落駅で最初に見た電車がカラフルなキーボやフクラムだとなんとなく気分がいい。逆もまた然り。

2分遅れでやってきた福井方面行きの電車は,残念ながら880形だった。地団太を踏みたい気分でテンションは3割減(当社比)なのだがヨメは全く動じない。動かざること山の如し。というかどんな電車にも興味を示さないひどいやつなのだ(←それが普通だろ!ww)。

s-IMG_8902.jpg

福鉄電車が遅れてくるのはもう許容することにして,電車が近づいてきたらアナウンスか表示灯が欲しいよね。福井方面から電車が来る場合は,ホームの福井側にある踏切がジャンジャン鳴るので電車が来たって分かるのだが,武生方面から電車が来る場合,その踏切は電車がホームに入ってきてからしか鳴らないので気づかないのだ。もちろん耳をすませば武生側の遠くにある踏切の音が聞こえてくるのだが,耳の遠くなってきている僕のようなオッサンは気づかないことがある。水落駅のベンチは武生方面行き電車が入ってくるホーム側に向いているためそこに座って集中して本を読んでいたら電車がやってきたことに気づかず,すごくびっくりして慌てて電車に乗り込んだことがある。

s-IMG_8901.jpg

いつの時代に設置されたものかわからないけれどホームにはちゃんとスピーカーが設置されている。アナウンスがあるとうれしいんだけど。北府駅は無人なのだが,以前「電車が遅延しております」みたいなアナウンスを聞いたことがあるし,無人駅のえちぜん鉄道比島駅でも音声アナウンスがあったし,そんなに金もかからないと思うんだけど・・・

驚いたことに電車は満席だった。立っている人が何人もいる。ただし,全員が座ろうと思えば座れる状態。つまり一人で二人分の座席を使用している人が何人もいるのだ。

s-IMG_9019.jpg
帰りの電車で撮った写真です

いや,ここまであからさまに一人分のスペースが分かるようになってればそんなことは起こらないんじゃないかと思うのだが,ちょうどクッションのない部分に座って二席分を占領している人が何人もいるのだ。前回,超満員の福鉄電車に乗ったときは席を譲り合うほほえましい風景を見かけたのだが・・・

福井市内でちょっとした野暮用があったため,市役所前停留所で電車を降り(ここで運転士さんからフリーきっぷを購入した),目的地へ向かう。歩くと気づくことっていっぱいある。

s-IMG_8903.jpg

福井中央公園,県民会館がなくなっちゃってたのにはびっくりしたし,福井神社なんてものがこんなところにあるとは露知らず。クルマで行ってたら絶対に通らない場所にあるもんな。

s-IMG_8905.jpg
福井市指定天然記念物 福井神社のイチョウ

「このイチョウは昭和20年7月19日の戦災にあい,大きな傷手をうけて枯死したかに見えたが,その後新芽を出し枝をつけてもとのごとく樹勢をとり返した。不死鳥福井のシンボルともいうべき木であり,福井を象徴する名木として特に指定された。」
だそうです。

s-IMG_8907.jpg

県庁のお堀の横を通り,カメやコイを見ながらGoogle Mapの案内に従い目的地へ到着。
所用を済ませ,そこから一番近いえち鉄の駅へ向かう。

s-IMG_8912.jpg
えちぜん鉄道新福井駅

新福井駅も福井駅と同じく,北陸新幹線の高架を間借りしている。
そして島式のホームではないため,反対側のホームへ移動するためには高架上に設置された踏切を渡らなければならないのだが,その踏切を渡るということは即ち北陸新幹線の高架上に降り立ったことと同意なのである。なかなかできないっすよこんな経験。
だがしかし,ヨメはそんな僕の蘊蓄には全く興味を示さない。

s-IMG_8914.jpg

上画像のとおり,新福井駅のホームからは隣の福井駅が目視確認できる。「電車が来ます」ってアナウンスがあってから福井駅を電車が発車するのが見えるというね。
だいたい,この駅必要なのか?まあこの日の僕たちには必要だったんだけど・・・(笑)

ホームからは僕の大好物である

s-IMG_8917.jpg
白山

の雄姿を拝むこともできた。

s-IMG_8916.jpg

やってきた2両編成のなんの変哲もない電車。
僕は2両目から乗ろうとドアの前に立つがいつまでたってもドアが開かない。

先頭で運転士が何か叫んでいる。ドアをよく見ると「無人駅では先頭から乗ってください」みたいな注意書きが。いやいやいやいや。福鉄の場合は降りるのは先頭のドアからだけど乗るのはどこからでもオッケーなんだよね,確かJRも。だいたいアテンダントさんがいるんだからさあ,全部のドア開けてくれてもいじゃない。と思いながら僕たちはバカップル(死語)は,小走りで先頭まで行き,なんとか電車に乗り込んだ。

電車に乗ると,さっそくアテンダントさんがやってきて切符の販売をはじめようとするが,僕たちは無敵の共通フリーきっぷを持っているため,それを見せつけるw

s-IMG_8918.jpg s-IMG_8919.jpg

電車はしばらくして高架から地上へと。

実は用を済ませて駅へ向かう途中,ヨメが転んだ。だるまさんじゃなくヨメが普通の歩道を歩いていて転んだ。老化現象・・・なのか。膝をすりむいてしまったのでさあ大変。でもご安心ください。僕がお風呂セットを入れて持ってきたのは先日購入し,富士写ヶ岳でデビューを飾ったミレーのデイパック。ここにはちゃんと絆創膏や非常食が収められているのです!ふふふ。どうだ。驚いただろう。実はただ単に前回山に登ったあとに荷物の整理をせずに放置されていたのを持ってきただけなのだが。

しかし,絆創膏は1枚しかなく(←オイ),傷口をカバーできない。それを見ていた乗客のおばあさんがウエストポーチから絆創膏を取り出し,僕たちに「これあげるから使いね。」と声をかけてくれた。
礼を言い,ありがたく絆創膏を頂戴した。おばあさんは次の次くらいの僕の聞いたこともないような名前の駅で降りようとドアに向かう。「ありがとうございました。」と再度お礼を言うと「気を付けていってらっしゃい。」と颯爽と去っていった。

福鉄でマナーの悪い乗客を見ちゃったわけですが,こういう深イイ話がやっぱり電車の中では起こるのですよ。

ありがとう,おばあさん!


(つづく)


posted by poptrip at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | お散歩・おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする