2017年05月13日

福鉄800形を求めて・・若生軒

この日,福井市内に用事があった。
平日である。

よし,温めていたあの計画を実行しよう。

福井鉄道の中古車両にはレトラム,770形,880形のほかに800形という車両がある。当然僕は乗ったことがない。ということで「チキチキ第1回福井鉄道福武線800形車両に乗ろう大作戦」なのである。800形というのは単行(1両編成)であり,めったにお目にかかれないレアものなのだ。ギザ十と同じくらいの価値はあるだろう(あ,ギザ十ってのはギザギザのある10円玉のことね。この説明で分からないヤングたちはググってくださいw)。

s-IMG_9238.jpg
「私と街とふくてつと」には平日の昼間にしか乗れないかも。との記述

ただし,この日この車両が運行しているという保証はどこにもない。福鉄に電話すれば教えてくれるのかもしれないが(保安上の観点から教えてくれないかもしれない),敢えてそういう姑息な手段は選ばない。男のロマンが減るだろ!

この日は三十八社駅でパークアンドライド。

s-IMG_9216.jpg

僕の実家の最寄り駅であるため,プライベートで最も多く利用した駅だ(通学につかっていた神明駅と西武生駅の利用回数のほうが多いと思われる)。
駅前(駅前という単語には相当の違和感ありw)には住宅が立ち並んでいるが,子どものころは駅の周りには本当に何にもなかった。田んぼしかなかった。僕が用水路でフナやザリガニとりに勤しんだのもこのあたりだ。

s-IMG_9217.jpg

s-IMG_9215.jpg

三十八社駅は急行は通過してしまうのが痛いわけで,そういう意味では急行も停まり駐車場も広く自宅から近い水落駅は完璧な駅である(言い過ぎ!)。

s-IMG_9218.jpg

s-IMG_9219.jpg

しばらくしてやってきた電車は・・・

s-IMG_9222.jpg
880形

だった。
チッ(←舌打ちはよくないよ)。
約束の時間もあるためこの電車に乗るしか選択肢はない。

s-IMG_9223.jpg

平日はフリーきっぷがないため,整理券をとり降車時に正規の料金を払わなければならない。往復680円・・・高いな。JRだと鯖江〜福井往復で480円である。
ただJRは本数が少ないのとパークアンドライドができないという大きなデメリットもあるから優劣はつけれない。

s-IMG_9227.jpg

用事を済ませ,市役所前電停へ向かう。

やってきたのはまたも

s-IMG_9229.jpg
880形

乗るしかないか・・昼からも別の用件があるので次の電車を待つ時間的余裕はない。

800形は次回だな(次回があるのか?w)

失意のまま僕は車内の両替機で両替をする。

そしてしばらくして僕は重大なことに気づいた。

三十八社駅には急行は停まらないということに。

s-IMG_9231.jpg

浅水駅で急行電車を降り,次の普通列車を待つ。

ふふふ。

これで800形が来たりしたら絵にかいたような棚から牡丹餅なわけで,もしこれが映画やドラマだったら絶対に800形が来る。

ドラマチックな展開。

なかなか憎い演出じゃないか。

最近880形ばかりで770形にも乗っていない。

だから,100歩譲って770形でも許そう。

そして

浅水駅にやってきたのは

もちろん

s-IMG_9232.jpg
880形

だった。

絵にかいたような泣きっ面に蜂である。

いやしかし,一体どの時間帯に運行しているんだい,800形さんは。すれ違う電車はすべてチェックしていたんだけど800形とはすれ違わなかった。タイミングもあったのかもしれないが・・・お昼過ぎくらいに動いているのかねえ。

僕は三十八社駅から昼食をとろうと再びクルマで福井市内へと(フリーきっぷだったら途中下車して歩くんだけどw)。

若生軒でソースカツ丼でも食おうかと。

で,なぜか食べていたのは

s-IMG_9235.jpg
カツカレーライス

だった。

銀の皿(正確には銀ではなくてステンレスだと思われます)が天敵であるチャンピオンカレーを想起させるわけでして(笑),食べる前はちょっぴり不安だったんですが・・・

洋食屋さんのカレーライスってのはハズレがないねえ。
とココイチばかり食っててほかの店ではほとんどカレーライスを食べないオレが語る。年に1回くらいはこういう正統派のカレーを食べるのもいいんじゃね。

贅沢を言えば野菜サラダとかがついてくるとうれしいんだけど。
このお店に限らず,サラダって単品だと700円とかするからおいそれと注文できないんすよね。ミニサラダ付き1,000円ポッキリとかだと僕は非常に喜びます。

ごちそうさまでした〜


posted by poptrip at 20:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(福井市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする