2017年05月17日

ココイチのエビカツカレークリーミータルタルソーストッピング

ムスメと二人で夕食をとることになった。
ムラカミハルキの小説のようにとんとんとんとヨメとの離婚が決まり,ムスコはヨメが引き取りムスメは僕が引き取ることになったからだ。というのはもちろんウソでヨメが実家に帰ってしまったからだ。

というのもウソでまあ理由は置いといて,とにかくムスメと二人でメシを食べるところを決めなくてはいけない。

いろいろ悩んだのだけれどムスメはそばが嫌いという福井県民として致命的な欠点があるため,結局ココイチに落ち着いた。自分のムスメがココイチ嫌いだったらと考えたら恐ろしい。もう八方塞になってしまう。

ココイチ某店に行き,2人とも悩みに悩んだ末に僕はメニューの写真に釣られ,未食のエビカツカレー+クリーミータルタルソース400グラムをオーダー。ムスメは「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」をオーダー。

この「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」は甘口にもできるのかと質問したところ「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」は辛口はありますが甘口はありませんと。じゃあ「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」のライスの量は選べるのかと質問すると「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」のライスを小にすることは可能ですとの答え。じゃあ「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレー(ライス付き)」のライス小をお願いします。はい。それではご注文を繰り返します。「エビカツカレー,クリーミータルタルソーストッピングライス400グラム辛さ普通」と「スープで食べるタンドリーチキンと野菜のカレーライスのライス小,辛さ普通」をおひとつでよろしいでしょうか。あ,そして二人でシェアしようと「シーザーサラダ+温玉」も追加でお願いします。

長いメニュー名って考え物だよね。
中田英寿は敬語を使うと言葉の伝達スピードが落ちると,ピッチ上では先輩も呼び捨てだったという。

ふと厨房を見ると,知った顔が。知人のムスコじゃないか。ココイチでバイトしているというのは聞いていたが,小さいころから知っている彼の作ったカレーにお金を払って食べるというのはなんとも不思議な感覚だ。

考えてみたら僕の周りには,ココイチでバイトしている(していた)人が何人かいる。従兄のムスメさん,昔社宅で一緒だった同僚の奥さん2人・・・ココイチフリークの僕としてはいろいろと彼らに質問をぶつけたいのはヤマヤマなのだが非常に中途半端な知り合い(笑)だからなかなかそういうわけにもいかないのが悩ましいところだ。まあ知らないほうがいいことってのは世の中にたくさんあるしな。

まずはシーザーサラダが運ばれてきた。

s-IMG_8859.jpg

あっ。

温玉は別皿でくるのね。

メニューでは温玉が乗った状態の写真だったから(それがすげえ美味そうに見えたんだよ),てっきり温玉が乗った状態で来るもんだと・・・

そして,メインのエビカツカレー+クリーミータルタルソースもやってきた。

s-IMG_8861.jpg

・・・えっと。

これも別皿でくるのね。

メニューの写真では・・以下略。

s-IMG_8862.jpg 

ほら,自分でタルタルソースかけたからメニューの写真のような見栄えがよくないカレーが出来上がってしまったじゃないか(泣)

s-IMG_8863.jpg

辛さ普通で注文してとび辛スパイスで好みの辛さに調整するという作業も板についてきて,ルーティーンとなっていることを一応ここでご報告しておく。

しかし,このタルタル。

合うね,カレーにも。

意外な発見だったよ。

アンジャッシュ渡部が明太マヨはなんにでも合うとしょっちゅうアメトークで言ってるわけですが,タルタルソースのほうが何にでも合うんじゃねえか。
そんなことより渡部のせいで僕の好きな女性芸能人ランキングでここ数年1位の座にいた佐々木希はランクダウンせざるを得ない(笑)

知人のムスコは一生懸命働いていて,僕ら父娘がアイコンタクトをとろうとじっと見つめるのだが気づいてくれない。聞こえないガンバレを何度も言うよ。とコブクロの蕾を心の中で歌いながら店を出た。


posted by poptrip at 22:10 | Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ(ココイチ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする