よい文章とは

僕が文章(文書)を書くにあたってバイブルとしている書物によれば よい文書とは,見ると読む気が起こって 読みだすとひとりでに終わりまで読んでしまう。 書き手の言おうとすることがよくわかる。 しかもそれによって知識を得たり, 書き手に好意を感じたり, 書き手の期待している行動を起こさせる文書である。 とあります。 松居一代さんにぜひこれを教えてあげたいと思ったりするわけですが…

続きを読む

鉄道Comment (7)