2017年08月01日

ガルパンおじさん

Amazonで思わずポチってしまったのがコレ

s-IMG_8819.jpg

「ヨーロッパの解放×ガールズ&パンツァー」

決してガルパン目的じゃないんです。
ヨーロッパの解放という名作が見たかっただけなんです。だってさ,どのレンタルDVD店にもおいてないし宅配レンタルにもないし,動画配信サービスにもない作品なんですよ。

『ヨーロッパの解放』(ヨーロッパのかいほう、ロシア語: Освобождение)とは、ソビエト連邦製作の独ソ戦を描いた戦争映画シリーズである。監督はユーリー・オーゼロフ。
1970年に製作を開始し完成に3年を要した国家的事業の超大作映画で、総上映時間は合計で7時間48分。
グラスノスチ以前のソ連で製作された映画であり、1944年のワルシャワ蜂起には言及していない、また、ドイツ軍が行ったとされる蛮行について多く描かれている一方でベルリンでのソ連赤軍の蛮行は一切描かれていない、ドイツ軍人、特に親衛隊員は冷酷非情な存在として描かれる一方でソ連軍兵士は善人で心優しく礼儀正しい存在として描かれる等、「国策映画」としての色合いが濃い作品である。
日本では長らくセルソフトが絶版であったが、2014年にテレビアニメ「ガールズ&パンツァー」とのコラボレーション企画として、HDリマスター版がリリースされた。
(wikipediaより抜粋)

このように,「ヨーロッパの解放」を見るにはガルパンとのコラボ版を購入するしかなかったんですよ・・・僕はいちおう似非ミリオタを自称してますからほとんど映画をみないのに戦争映画だけは人より多く見ているのです。

このコラボ特典としてプラウダ高校のキャラクターであるカチューシャ,ノンナ,ニーナ,アリーナのピンバッジがついてきたわけでして,これをどう処理しようかちょっと迷った結果,勢いで

s-IMG_8914.jpg

ミレーのデイパックに4個ともつけちゃいました(笑)
いやふつうヤマヤなら百名山バッジとかつけるだろ!なのに僕のデイパには「ウォーキング大会」と「ガルパン」のバッジというね。

これをムスメに見せたところ

パパ,大丈夫け?

ガルパンおじさんや。


まさに
「おまえ大丈夫かとおでこに手をあてた〜♪」
のさだまさし状態で,高校生のムスメに心配される始末。


いやまあ6月末の

s-heartattack.jpg

シアーハートアタック騒動で心配をかけたばかりなのに・・・情けないお父さんで申し訳ない。(Sheer Heart AttackとはQEEENのアルバムタイトルで直訳すると突発的な心臓発作。ジョジョの最も愛すべき登場人物である吉良吉影のスタンドです。)

いちおうガルパンのピンバッジはチームSKKSのキャプテンよたよた氏の山県さくらちゃんピンバッチに対抗する意味もあって,つけてみたわけですが,一晩寝て起きて冷静になってみたら,確かにこれはヤヴァイ(笑)
たいていの物事は一晩寝かせてから判断するのがよいのです。仕事上の書類にしても,ブログの記事にしても書いてから一晩寝かせて再チェックするのが定石。これをラブレター(死語)の法則と言います(ウソ)。

ということで4つのうちカチューシャのピンバッジだけ残して,残りの3つは取り外しました(全部外さないのかよ!)。一晩寝て,冷静になってみて1つくらいはアリだなと思ってしまったわけでw

あ,そんでムスメの口から発せられた聞きなれない単語「ガルパンおじさん」って何?ってハナシなんですが,ググってみたところ

ガールズ&パンツァーが大好きな中年男性の事。
ガールズ&パンツァー劇場版を境に増えていったと言われており、「ガルパンはいいぞ」としか口に出来なくなったり劇場へ向かった当時の興奮を抑えきれず何度も見に行ってしまうといった症状を抱えているらしい。
また、蝶野正洋の異名としても知られる。
(ピクシブ百科事典より)

s-cho.jpg s-cho2.jpg

だそうです。

ガッデム。

うちのムスメ,物知りだなあ(笑)

あ,それよりまずガールズ&パンツァーを知らない人,説明すると長くなるので自分で調べてみてください(←オイ!)

そしてミレーのデイパックにカチューシャのピンバッジをつけた怪しいオッサンを福鉄電車の車内で見かけても,できるだけそっと見守るだけにしておいていただきたいと。切なる願いです。

  

なお,僕はガルパンの劇場版はU-NEXTで,劇場版以外はAmazonプライムビデオで期間限定配信されていたものを見ております(←買ってねーのかよww)。

アイコス減らして浮いた金でそのうち買っちゃおうかな〜などと思っておりますが。


posted by poptrip at 21:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする