2017年08月07日

ヨメと福鉄デート【前編】

珍しくヨメがフェニックスまつりに行きたいと言い出した。
どうも浴衣を着てお祭りに行ってみたいということらしい。
じゃあ,ひとりで行ってくれば。と喉元まで出かかったのだが,写真を撮ってほしいというのでしかたなく接待することにした。
ただ僕も条件を付けた。

移動手段は福鉄だぞと。

ヨメは美容院を15時に予約したということなので僕は先に水落駅に行き電車に乗って時間を潰すことにした(一緒に家を出ないところがミソw)。美容院での着付けが終わり次第水落駅あるいは現地集合ということにして。

s-IMG_9181.jpg

水落駅からオレンジのフクラムに乗り込む。

フェニックスまつりではフェニックス通りおよび駅前通りを完全に封鎖してしまうため,福鉄電車は市役所前が終点となる。そこから田原町駅までは代行バスが運行するという変則的な運用。だからフクラムの行先表示も「急行 市役所前」となっているのだが,フクラムの電光掲示は点滅周期の関係かカメラで撮影してもうまく写らないのだ・・・

s-IMG_9186.jpg
人間の目にはちゃんと「急行 市役所前」と見えるのだが・・・

写真には写らない
美しさがあるから。

美しさがあるかどうかは別として写真には写らないけれど人間の目には見えるものというのは確かにあるのだ。

市役所前電停は現在改修中であり,仮設ホームでの乗降となる。

s-IMG_9185.jpg

駅員さんが何人もいて切符の販売や交通整理(すぐ先の旧市役所前電停で折り返してくるためその間は道路を横断できないようにするのだ)を行っていた。

s-IMG_9184.jpg

昭和の香りを残す電停の最後の砦だった市役所前電停の改修工事は順調に進んでいるようで,駅名表示も撤去されていた。

s-IMG_9859.jpg s-IMG_9079.jpg
この駅名表示がレトロで僕は福鉄の象徴だと思っていた(というのは大袈裟w)

一抹の寂しさを覚える。

s-IMG_9190.jpg

僕は特に祭りには興味がないしとにかくこの日は暑くて,そのまま越前武生行の急行に乗って涼むことにした。

s-IMG_9197.jpg

涼むつもりだったのだが,困ったことにこの旧式の冷房装置。効きがイマイチよくない。風はちゃんと出てきているのだが送風運転してるんじゃねえかっていう。車内はガラガラなのに都心の通勤時の満員電車に乗っているような生暖かいいやな感覚。気温が30℃程度であればこの電車の冷房もちょうどいいのだけれどこの日の最高気温は35。9℃。途中でこの電車を降り,次にやってくるであろうアホみたいにガンガン車内を冷やしている770形にチェンジしたいのだけれどそれすらも面倒くさいし,外にいるよりはずっとましなので終点の越前武生まで頑張ることにした。

s-IMG_9199.jpg

この800形,デキ,600形,200形が並ぶ見慣れた光景を車内から見るのは久しぶり。
いつも北府で降りちゃうからね。ちょっぴり新鮮。

もう1両の800形は,留置線上に佇んでいた。
もしかしたらフェニックスまつりに合わせて(田原町まで行かないから),運転するのかとも思っていたのだけれど・・・やはり平日のみの運転なのね。

s-IMG_9200.jpg
「市役所前」の表示

越前武生駅で下車するといったん改札を出てぐるっと駅舎を一周してそのまま市役所前行きの普通電車に乗り込む。だって電車に乗れば余計なお金を使わなくて済むんだもん。

770形の空調は完璧で予想通りガンガンに効いていた。こんな酷暑の日にはこの強力エアコンが威力を発揮する。

s-IMG_9202.jpg

ヨメの着付けが終わる時間が全く想像がつかないのだが,せっかくなので水落駅で合流しようと快適な770形を水落駅で下車しヨメを待つことにしたのだが,あまりの暑さにやってきたオレンジのフクラムに思わず乗ってしまった(笑)

冷房の効き具合をチェック。
770形>フクラム>>>880形 といったところか。

せっかくなので僕が一度も利用したことのない電停である商工会議所前(木田四ツ辻)電停で下車。これで福鉄の駅コンプリートまで残すは江端駅のみとなった。

s-IMG_9209.jpg

あっ。

s-IMG_9210.jpg

なんと木田四ツ辻の駅名表示が保存されているではないか。
市役所前の駅名表示も保存してくれないかなあ・・・・

在りし日の木田四ツ辻電停の写真も掲示されていたのだが,

s-IMG_9212.jpg

お前は拒食症かってくらいの,このホームの細さ(笑)
横をビュンビュン電車とクルマが走るわけですから(写真の通りホームのすぐ横は右折レーンなのだが直進するクルマが多くてね)なかなかのスリルが味わえた何とも言えない情緒あふれる電停だった。

それにしても問題は,ヨメから全く連絡がないということ。
着付けが終わったら水落駅からパークアンドライドで電車に乗るように指示をしたのだが,なしのつぶて。

せっかくだから有酸素運動をしようと酷暑の中をウォーキング。しばらくして「電車に乗ったよ」というヨメからのLINEが入っていたことに気づく。

s-IMG_9219.jpg

ちょうどやってきたさくらいろのフクラムに商工会議所前電停から乗り,車内を探索するがヨメの姿は見当たらない。「今どこよ?」と聞くと「ベル前」だとLINEが帰ってくる。なるほど,次の電車だったか・・・

僕は足羽山公園口で下車し,次の電車を待つことにした。

この足羽山公園口電停,屋根がついているのだけれど透明なアクリル板が壁の役割を果たしているため斜めから降り注ぐ太陽に対する日よけの役を全く果たさないのがイタイ。ピクリとも動いていないのに汗がダラダラと垂れてくる。

もう,オレ泣きそう。
デートが始まる前にすでに疲労困憊でストレス満載。

ヨメの乗ったグリーンのフクラムが5分遅れでやってきた。

s-IMG_9221.jpg

汗だくで疲れ切った僕が電車に乗り車内を見渡すと,浴衣を着てご満悦なヨメが涼しい顔で何事もなかったかのように座っていた。



(つづく)


posted by poptrip at 20:30 | Comment(4) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする