2017年08月09日

居酒屋「めん房つるつる」

地元の祭りの打ち上げ。
SKKSになってしまった私は心を鬼にして今年はできるだけ加担しないように,お神輿も参加せず家で待機。いつもはカラオケや抽選会の司会をするのですが今回はそれもパス。もちろんビールも飲まずウーロン茶でガマン。いちおう当日は参加をしたので打ち上げにはしっかり参加します(笑)
だって,僕のようなお酒を飲まない人間ってのは飲み会では貴重。ドライバーは必要じゃんね。

今回は真昼間から鯖江の「めん房つるつる」に11人で繰り出しました。

ファーストオーダーで生中9つとウーロン茶2つが運ばれてくる(ドライバーふたりはお茶)。

ビアホールめん房つるつるへようこそ!
ここは,めん房つるつるだぜ!(←「GIGS」のヒムロック調で)


皆が天ぷら,フライドポテト,たこの唐揚げ,枝豆などをオーダーするなか酒なんかいらない僕だけは一刻も早くご飯を食べたかったので「うなぎ御膳」を。

s-IMG_9116.jpg

s-IMG_9114.jpg

うなぎに関しては,何も言うまい。そりゃあ三方五湖のうなぎとかと比べるのが酷というものです。おろしそば付きで1600円ほどだもん。うなぎというだけで満足しなくちゃならないのです。

僕がじっくり味わっておろしそばとうなぎを食べ終わるまでに,次々と生中おかわりが繰り返されます。ビールがどんどんと運ばれてきます。

ここは居酒屋か!

って思わずツッコまずにはいられないっていうね。

僕のランチは20分ほどで終了したのでもういつでも帰れる態勢なのですが,酔っ払いたちもみな揃いも揃ってうなぎ御膳を追加オーダー(笑)

ご飯もので〆るのかと思ったら彼らはまだまだイキます。

s-IMG_9118.jpg
ひとくちカツ

酔っ払い達はこのひとくちカツがうまいうまいと言ってビールを飲みながらカツを食いやがる。だいたいひとくちカツっていう割にはひとくちで食えないじゃないかなどとどうでもいいことを考えているのは僕だけ。

そしてご飯を食べ終えた僕はと言えば,我慢しきれずデザートをオーダー。

s-IMG_9120.jpg
あべかわもち

にアイスコーヒー(ブラック)などでお茶を濁します(コーヒーなのにお茶を濁すってw)。
もしSKKSでなければ和パフェなどを食べていたと思うのですが,さすがにね。前夜祭,祭り当日,そしてこの日と退院してからははじめての暴食を3日連続してしまっているわけでして。

若手メンバーのひとりは,うなぎ御膳を食べた後に

s-IMG_9121.jpg
こども醤油カツ丼

というミニサイズの醤油カツ丼を食べ始める始末(もちろんビールもちゃんと飲んでる・・)。
あとで聞いたらふつうサイズの丼ものを追加した輩もいたという・・・

そのうちに

追加追加でやってきた

s-IMG_9122.jpg

ひとくちカツ用のソースがどんどんたまっていくww

さらに

s-IMG_9123.jpg
揚げ出し豆腐

までやってきました。

結局僕のテーブルは5人でひとくちカツを5皿(一皿に3切れ)完食。
僕が食したのは一切れだけ・・・うなぎ御膳+ひとくちカツ1切れで十分カロリーオーバーなのだがしょうがない。夏祭りの時期だけは神様も許してくれるだろう。

最初は「2時間は飲むぞ〜」と言っていた彼らも,さすがにこれだけ食って飲んだら満足したようで1時間ちょっとでフィニッシュ。お会計は・・・ひとりあたり4,500円ほど。

つるつるで客単価4,500円って(笑)
だいたい僕は2,500円分ほどしか飲み食いしてないからね。

s-IMG_9124.jpg s-IMG_9125.jpg

このワリカンシステムには僕はいつも泣きを見る。僕が思うにドリンクだけは別会計でお願いしたいといつも思うわけだが,賛同は得られそうもないので沈黙を守るしかない。僕はもともと割り勘負けするタイプだったんですが,その度合いがSKKSになってから増してしまっているのでございます。飲まない分食べ物でとり返そうと思ってもカロリーやコレステロールや糖分が気になってしまうから思い切ったオーダーができないのですw

居酒屋「めん房つるつる」の生ビールは550円だからちょっと高くついたけどしゃあないか。まあ祭りで集まった寄付金の一部を使っているから実質無料なんだけど,オレ寄付金18,000円も出してるんだけど,寄付金8,000円ほどしか出してない若手がガンガン追加オーダーをするのも黙認するしかない。しかもドライバーだからね・・・

うん,いつものことさ。
楽しく酒が飲めれば(オレは飲んでないけど)それでいい。
それだけでいい。

・・・と思うしかねえな。




posted by poptrip at 22:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ(鯖江市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする