2017年10月31日

読書日記(2017年9月〜10月)

ここ最近は小説よりも実用書を多読しております。その一部をご紹介。

s-suzume.jpg
スズメの謎/三上修

スズメは日本に何羽いるんだろう。そして増えているんだろうか,減っているんだろうか。そしてどうやって調査したらいいのだろうという疑問から始まりそれを解いていく過程と結論がわかりやすく書かれています。面白かったです。先日の福井新聞の六呂師高原のスズメの記事にこの本の著者のことが書かれていました。

s-kekkan.jpg
知らないと怖い血管の話/高沢謙二

心臓病と動脈硬化に関する本は闘病記を含めて10冊以上読みました(すべて図書館で借りたw)。医学というのは日進月歩で10年前の本だともうすでに内容が古く陳腐なものとなってしまいます。この本は2009年に書かれたものでもうすでに内容も古く,絶版となっていますが,僕が読んだ本の中では最もインパクトのあった本です。非常に分かりやすくてためになる本でした。

s-she1.jpg s-she2.jpg
シェエラザード/浅田次郎

阿波丸事件をモチーフに、過去と現代の2つの視点から、太平洋戦争末期に台湾沖に沈んだ豪華客船「弥勒丸」(みろくまる)の沈没の真相と、その人間模様を描いた作品(wikipedia)。阿波丸事件というのを知らなくて面白く読めました・・


s-rakujitu.jpg
落日燃ゆ/城山三郎

東京裁判で文民としてただ一人死刑になった元首相広田弘毅の伝記小説。軍部の暴走を許してしまった「統帥権の独立」について理解するには適した本だと思います。確かに立派な人だったんだろうと思いますし,広田=善,軍部=悪という分かりやすい構図で描かれていますが果たして本当にそんな単純なものだったのかという疑問は残ります。「長州の作った憲法に殺された」という最後の文章が印象に残りました。




   
posted by poptrip at 21:40 | Comment(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

杜の都へ 〜仙台・福島観光〜

鉄道にばかり乗っていたわけではない。
いちおう業務もこなしたし,観光もちょっぴり。
SKKSでなかったらもう一泊してまだ行ったことのない秋田県,山形県あたりに足を伸ばしたかったのですが・・

s-IMG_3476.jpg
広瀬川

広瀬川流れる岸辺
想い出は帰らず
早瀬踊る光に
揺れていた君の瞳♪


みなさんこんばんは。
さとう宗幸です(違うか)。

というわけで,仙台市内。

s-IMG_3471.jpg s-IMG_3474.jpg

朝から定禅寺通りをお散歩。
「杜の都・仙台」を象徴する並木道です。中央分離帯に遊歩道があるのですが,歩いている人は皆無。

お昼休みは,青葉城(仙台城)址へ。

s-IMG_3485.jpg
五色沼

日本フィギュアスケート発祥の地だそうです。昭和初期にはここで全日本フィギュア大会が行われていたというのだから驚きです(当時はもっと大きな沼だったらしい)。

s-IMG_3492.jpg
魯迅の碑

魯迅は仙台に留学していたんだそうで(知らんかったわ)。



そして伊達ちゃん。
仙台出身のサンドイッチマン伊達みきおの銅像が

s-IMG_3511.jpg s-IMG_3499.jpg

あるわけもなく,伊達政宗の銅像が仙台城址にあるのです。
伊達みきおはいちおう伊達政宗と家系的にはつながっているらしい・・

前回,仙台に来たときは改修中だかで足場がかけられてて,全然伊達じゃなかったんだけど,今回の伊達ちゃんはやっぱり伊達でした。ワケワカメ。

s-IMG_350201.jpg
仙台城址から仙台市内を望む

そして喜多方。
ラーメン食った後,次の電車まで少し時間が空いたのでぶらっと。

s-IMG_3655.jpg s-IMG_3656.jpg

s-IMG_3659.jpg s-IMG_3664.jpg

s-IMG_3654.jpg



最後に,会津若松。
飯盛山まで歩こうかとも思ったのですが,自重。
家に帰るまでが遠足(←いや出張です!!w)。体力は温存しなくちゃ。

s-IMG_36831.jpg

まちなか周遊バス(210円)に乗ります。

s-IMG_36841.jpg

雑誌とかに載ってるオサレなバス↓とは全然違うんだけど

aka1.jpg

でも僕はね,

s-IMG_3693.jpg 

こういうレトロなの,大好物です。

s-IMG_3692.jpg s-IMG_3691.jpg

飯盛山よりも鶴ヶ城へ行く人が多いのかな。
バスはほぼ満車なのですが,飯盛山で降りる人は僕を含めて数人のみ。

s-IMG_3696.jpg


ここでIKKO。


IKKO.png
どんだけ〜!


いや,一考。

有料の動く歩道を使うか,徒歩で登るか。
ちょっと迷って徒歩を選択。

「歩いて登るとつらいですよ〜」みたいなアナウンスがしつこいくらいに聞こえてくるのですが(笑),筋金入りのケチである僕には馬の耳に念仏。あれ,体力を温存しておくとさっき書いたような気がするのですが・・・

IKKO.png

まぼろし〜!!

前言撤回。確かに階段はちょっとハードですが西山公園の展望台まで歩ける人なら十分許容範囲。一度もたちどまることなく登りきることができました。

s-IMG_3698.jpg
白虎隊士19人の墓

s-IMG_3701.jpg
自刃の地

幕末にも少しだけうるさい男なのですが,戊辰戦争あたりにはそれほどアレでしてさっと。

s-IMG_3705.JPG
飯盛山より鶴ヶ城

そして,会津若松にやってきた最大の目的であるさざえ堂へ。

s-IMG_3706.jpg s-IMG_3707.jpg

見れば見るほど不思議な建築物です。
中に入っても不思議さは増すばかり(入場料400円)。

s-IMG_3710.jpg

らせん状の通路を登っていくと

最上部に。

s-IMG_3711.jpg

そこからまたらせん状の通路を下っていきます。

s-IMG_3712.jpg

するとあら不思議。
入口とは反対側に出てきました。

・上りも下りも階段がない。
・一度通ったところは二度通らない

s-IMG_3717.jpg

二重らせん構造というものだそうで,世界唯一だそうです(ホンマかいなw)。

その辺にいる観光客が「ブラタモリに紹介されてたんだよ」と話しているのが聞こえました。ははあ。確かにタモリの好きそうなアレですね(笑)

s-IMG_3718.jpg

駅まで歩こうかまた一考したのですが,結局バスに乗って駅前まで行き,ソースカツ丼を食べて帰ったのでした。

(おしまい)

posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | お散歩・お出かけ(県外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

雨の長泉寺山&西山動物園

昨日の森林食堂の記事,味について全く書いていなかったことにあとで気づいたんですが,おそばが特徴的で美味しかったです。丼のほうはスタンダードな福井の親子丼でございました。いやあもう最近ボケが入ってきてましてね。記事もいっぱい溜まってきてて混乱しているのです。ということで本日は忘れないうちにと今日の出来事を記事にしてみました。

先日購入したばかりの防水のシューズを履いてやってきました西山公園。
雨の日でも15,000歩は歩きたいんですよ。昨日は7,000歩ほどしか歩けなかったこともあり,ちょいと無理してでも歩こうと。

s-IMG_4168.jpg

傘をさして100mそこそこの山に登る行動を,果たして登山というのか。言わないと思うのだけれど,登山をしたということにしないと登山目的でこのブログにやってきている読者に申し訳が立たないじゃない(いや逆だろ。登山者に失礼じゃないかww)。

先週の台風で文殊山はえらいことになっていたという記事を,よたよた氏のブログおよび福井新聞で読み,心を痛めていたのですが,長泉寺山のほうも・・

s-IMG_4175.jpg

桜の木が折れちゃってます。

s-IMG_4177.jpg

陸軍墓地につながる登山道も通行禁止という異常事態に。
ぱんだらんど(冒険の森)も立ち入り禁止となっておりました・・・

カメラをぬらさないようにゆっくりと登っていきます。

s-IMG_4178.jpg

山頂に到着。
雨が強くなってきました。
たどり着いたらいつも雨ふり。ってな気分ですよ。



余談ですがこの動画でギターを弾いているのがのちに浜田省吾のアレンジャーをすることになる星勝だったりします(僕は星勝のアレンジは好きじゃなかったりしますw)。

s-IMG_4179.jpg

何も見えない。
何も見させてくれない。
僕の体が昔より大人になったからなのか。

歩き足りなかったのでちょいと大回りして動物園へ。

雨がどんどん強くなってきましたが,屋外展示の動物はどうなってるんでしょう。小雨の動物園には来たことがあるのですがここまで本降りの動物園は初めてなのでちょっぴり興味津々。


行ってみると

屋内に避難させるということもなく,

何事もなかったかのように

s-IMG_4173.jpg

定位置についています。

s-IMG_4370.jpg
違う動物みたいだw

土砂降りの雨の中,いつもと変わらず木の上でお昼寝する子も。

しばらく眺めていたら

むっくりと起き上がり,木を降りてきたかと思うと

まさかの

s-IMG_4197.jpg s-IMG_4202.jpg

OPP発動だったのね(笑)
なんか親近感・・・ww

うんこは屋根の下でするという・・・レッサーパンダは上品だから野グソはしないのです(ウソ)。
そしてわずか数秒で事を終えるという。羨ましい限りです。うんこしてるときは無防備になりますから短時間で済ませるに越したことはないのですよ。僕,うんこしてるときに強盗に襲われたら手も足もでませんw

屋内にいるパンダも機嫌はよさそう。
一方,屋外にいるびしょ濡れのレッサーパンダも走り回っていて楽しそう。

雨に濡れたほうが気持ちがいいのか,それとも屋根の下にいるほうが気持ちがいいのか。パンダの気持ちは残念ながら誰にも分からないのです。

そして,2週間ぶりに「めいしゃん」に会いに行きます。

雨ということもあってか,フィーバーがオワタのか見物人はわずか数人。


s-IMG_4216.jpg s-IMG_4218.jpg

もう母親に甘えるようなことはほとんどなく,単独行動が多くなりました。見ているとときどき危なっかしい場面があるのですがいちおう棚の上り下りもスムーズになりました。

s-IMG_4259.jpg

それにずいぶん男前になってきましたね。
あ,メスだったっけ?

でも,やっぱりときどきは甘えたいようです。

s-IMG_4278.jpg

お母さんはガン無視でありまして,お母さんに飛びついたらスルリと交わされて落っこちそうになる場面が何度かありました。戸●ヨットスクールバリのスパルタ教育です。

展示時間も終わりに近づいたころ,飼育員さんがやってきて餌(野菜か果物と思われる)をあげはじめました。

s-IMG_4288.jpg s-IMG_4287.jpg

飼育員さんにビビって後ずさりするめいしゃんと,子どもをほったらかしでエサに夢中なお母さんと。
野生のレッサーパンダもこうなのか飼育環境だからこうなのか。ほら,「ダーウィンが来た!」とか見てると自分は後回しにして子供に一生懸命に餌をやる親たちの健気な姿をよく見かけるわけで。

しばらくすると,

s-IMG_4312.jpg

めいしゃんも

s-IMG_4323.jpg

食べ始めました。

食べた!
食べた!
クララが食べた!(誰がクララやねん!!)


と僕もちょっぴりうれしくなりました。

s-IMG_4352.jpg

そしてお時間となり,鬼門である退場。
僕が見た過去2回の退場劇は飼育員さんに脅されるように無理やりおうちに帰らされ,一度は棚から落っこちたりもしていたわけで,ちょっと心配です。

ゲートが開くと,お母さんはいつもの通りそそくさと退場。

s-IMG_4358.jpg

相変わらず見事ですww
去り際の美学を見せつけられました。

しかしめいしゃんは,やっぱり

s-IMG_4361.jpg

固まってしまいました。

いつものパターンか。

と息をのんで見守っていると

お母さんの鳴き声に反応し,

おもむろに下に降りてきて

s-IMG_4362.jpg s-IMG_4364.jpg

見事に退場。
2週間会わないうちにずいぶんと成長しましたな。

エサも食べるようになり,退場もできるようになり・・・あとおしりを石にこすりつけるマーキング動作も行っていました。もうそろそろ一人前かな(素人が勝手に判断するんじゃない)。

そうそう,レッサーパンダ舎では別の大人のレッサーパンダ2匹が

s-IMG_4368.jpg

ずっとこの場所で攻防を繰り広げていました。
左のやつが動かないから右の奴がずっと下りれないっていうね(笑)

あといちおうボリビアリスザル。

ストーブが設置されていました(この日は点いてはいなかった)。
そして,おんぶやだっこされている赤ちゃんは見当たらず。

s-IMG_4392.jpg

ツルさんもびしょ濡れのままヨーガをやって腸の移動などを(←その鶴さんじゃないって!)

s-IMG_4399.jpg

今回の記事,いちおう登山というカテゴリーに含めております。
ちゃんと三等三角点を踏んでますからね!!

なぜか今日はスマホがGPS信号をうまく受信できず,ログも残っていないのです。

また,本日もあやうく2時間オーバーするところでした。

posted by poptrip at 20:30 | Comment(0) | 長泉寺山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

福鉄に乗って森林食堂

東北編はまだまだ続くのですが(←まだ続くのかよ!),ちょっと一息。
ここいらで地元ネタを挟んでみたい。

越前市中心街にはそばやさんと食堂が合体したようなお店がとにかく多い。そのほとんどが中華そばも提供しています。
鯖江市民の僕からしたら羨ましい限り。鯖江の食堂といえば「味見屋」「大福」「ふたばや」「丹波や」くらいしか僕は知らない。どのお店も悪くはないのですが,おそばが美味しいのかと言われると残念ながら疑問符が付きます(だいたい丹波屋にはおそばってあったかな?)。

この日はツキイチの診察日。
もちろんクルマで行った方が早いのに電車に乗って行きますよ。テヘ。
そしてついでにラーメンでも食べて帰ってこようかと。

今回は北府駅からのスタート。

s-IMG_3922.jpg

s-IMG_3923.jpg

電車に乗り某所で診察を終え,再び電車に乗り水落駅で下車しクスリのアオキ北野店で薬を処方してもらうと,ふと思いついて僕がまだ未訪問で何度か行くたびに振られていた食堂に行ってみた。武生でメシ食おうと思ってたけどこっちのお店が営業していたらここで親子丼でも食べようかと。

残念ながらこの日も暖簾がかかっていない。

よく見ると

s-IMG_3952.jpg

しばらく休業しますとの張り紙が・・

むむぅ。
鯖江にとっては貴重な存在の食堂。
営業再開を心待ちにしております。

ということで当初の計画通り武生市中心街へ向かいます。

水落駅にやってきた急行に乗ります。この時間帯は休日は1時間に1本しか急行がなく,それはフクラムかキーボと相場が決まっています。最近は,巡り合わせが悪くいっつもグリーンのフクラムばかりに乗っているわけでして。
さくら色に乗りたい。百歩譲ってオレンジでもいい。

さて何色がやってくるだろうか。

やってきたのは・・・

s-IMG_3929.jpg
敢えてモノクロ写真にしてみた(笑)




何色のフクラムが来たのかは,

僕の心の中だけに

とどめておきたい。

いや,

何色なのか隠しても

誰も得をしないのだけれど。

と思い直して

越前武生駅での画像を





s-IMG_3930.jpg

やっぱりかよ!!

ほんとみどり色のフクラムに好かれ過ぎちゃって困るのよね。なお,いちおうバックにJRの特急を入れてみたんですが未だにサンダーバードとしらさぎの区別がつきませんw

気を取り直して,武生の食堂へ向かいます。実はこのお店,初訪問。このお店にも2度振られてまして・・・3度目の正直。こういう個人経営の小さなお店って気まぐれで休みの日があったりするから(笑)

森林食堂でございます。

s-IMG_3942.jpg s-IMG_3941.jpg

こんなところに食堂があるなんて気づく旅行者はいないと思います。僕初めてこのお店に来た時,google mapを見ていたのに気づかずに通り過ぎましたもん。

土間コンにテーブルが2つと妙に高い小上がりにテーブルが2つ。

s-koagari.jpg s-koagari2.jpg
2段登らないといけない(画像は食べログからお借りしました)

例えるなら普通の小上がりはフクラムなどの低床車両用のホームで,森林食堂の小上がりは鉄道型車両福鉄200形用のホーム(笑)

s-IMG_3931.jpg
小上がりからの景色

さて,おろしそばも食べたいし丼物も食べたい。ラーメンは火曜日に食べてるから今週はやめとこう。ということで

s-IMG_3933.jpg

s-IMG_3935.jpg

s-IMG_3936.jpg s-IMG_3938.jpg

越前武生駅には,福鉄らしからぬこのような

s-IMG_3945.jpg

電光掲示があるのですが(ほかの駅にはないと思うんだけど自信はない),

直急ってなによ?

吾輩の辞書には直急の文字はないのです。

「つぎ」と「こんど」の表記にもツッコミを入れたいのはヤマヤマなのですが・・・まあ直急についても棚上げしておこう。そのうち謎は解けるだろう(小池百合子風に言うと解く気もさらさらないのですが。)

s-IMG_3947.jpg s-IMG_3949.jpg

オレンジのフクラムもずいぶん乗っていない気がするな。
まあ,乗ってしまえば何色だろうと関係ないのは頭ではわかっているのだけれど。
ただ,3番線に停車中のオレンジのフクラムは「こんど」の「つぎ」の「そのつぎ」の電車・・・・そこまで待ってまで乗りたいわけでもなく,おとなしく770形に乗って帰ったのでした。

東北帰りでJRにかぶれてしまった僕には,福鉄の電車が狭く感じる(実際に狭いのだ)のですが,やっぱホームに戻ってきたっていう感じがして。
posted by poptrip at 20:20 | Comment(4) | グルメ(越前市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

杜の都へ 〜福島グルメ編(後)〜

最終日の朝は,クリームボックスを食べるつもりだったのだけれど前回の記事の通り振られてしまったため食事を抜いて,喜多方へ向かいます。朝ラーですよ,朝ラー。
喜多方でラーメンを食べるつもりだったから仙台では支那そばを我慢したんですよ。ご利用は計画的に。

喜多方って郡山から2時間以上もかかるのですが,ラーメンを食べるためにわざわざやってきたのです(恩着せがましいなw)。まあ鉄道も楽しんだわけで。一挙両得というか一石二鳥というか。

ローカル線というのはとにかく運行本数が少ないので電車を1本逃すと大変なことになっちゃうので時間に追われます。次の電車で戻りたいのでなるべく駅から近くて喜多方ラーメン食ったぞーって思い出に残るようなお店をと食べログで探してみたところ,駅から徒歩5分のところに喜多方ラーメン発祥のお店があるということが判明。はい。そこに行きます。超有名店である坂内食堂は駅から徒歩15分だし,行列ができてたりしたら電車に乗り遅れる可能性があるもんで今回は見送りました。

s-IMG_3651.jpg s-IMG_3650.jpg

源来軒です。

朝10時半ですが,店内はほぼ満席。
自分のことは棚に上げてこんな時間にラーメン食ってんじゃねえよ。とツッコミたくもなるわけですが(笑)

オーソドックスに中華そば(650円)を。

s-IMG_3649.jpg

やさしい中華そばでした。
もちもちした麺が特徴的ですね。

s-DSC_0169.jpg s-DSC_0167.jpg

10月21日にカーナビに住んでるエリが「今日は蛭子能収さんの誕生日です」って教えてくれたわけですが(笑),この人のサインほど信用ならないものはないと思ったり。

s-DSC_0170.jpg

朝食のあとはお薬を飲むのがルーティーン。
ルーティーンブギですよ(思いついたことをすぐに書くのはやめようw)。

思いのほかスムーズにラーメンにありつけたので市内をぶらぶらした後,会津若松へ。
少しだけ観光をしてソースカツ丼をいただきます。

そうなんです。
会津若松もソースカツ丼が名物なのです。

今は亡き人気テレビ番組「ほこ×たて」で福井VS会津のソースカツ丼対決をやっていたんですが,そのときは福井が勝利しております。

今回の僕は「ほこ×たて」の審査員になったつもりでいただくことにします・・・まあ食べる前から福井の勝利は確定していたわけですが。

じゃあ食わなくていいじゃん。とかそういうツッコミは想定内です(←ホリエモンか!)。
いやいや,食った実績を残すということが大事なんです。
実績作りに来てるんです,僕は。
駒ヶ根,伊那でソースカツ丼食ってますから残るのは桐生と会津。会津のソースカツ丼を食べれる機会をのがすわけにはいかんのじゃ。

s-IMG_3721.jpg s-IMG_3723.jpg


駅から徒歩1分のマルモ食堂はご覧の通りリアルガチな食堂です。

s-IMG_3724.jpg
ソースカツ丼(900円)

s-IMG_3725.jpg

画像では分からないと思いますが,ご飯は少な目でお願いしました。

予想通りのお味で,これまた予想通り福井のソースカツ丼の勝利が宣言されました(心の中で)。やっぱさ,ソースカツ丼にキャベツはないほうがいいんだよ。こういう味付けのカツにはキャベツがあってもいいと思うけど。


(おわり)


posted by poptrip at 19:50 | Comment(2) | グルメ(関東甲信越東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする