2018年05月31日

読書日記(2018年3月〜5月)

本日は世界禁煙デー。
例年は無視していたんですが今の僕は絶賛禁煙継続中なわけで。

さて,たまっていた読書日記。


クリスマスを探偵と/伊坂幸太郎

鯖江図書館で見かけて思わず借りてしまいました。
・・・微妙かな。面白い話ではあります。
ファンタジー・童話としては百田尚樹のファンタジー作品のほうが好みだったかも。



コンパス時刻表

時刻表を買うのなんていつ以来だろう?Yahoo!乗換案内とかって便利なんだけど,このルートでここでメシ食って乗換えをなるべく少なくしてなどというワガママなプランを立てることは難しい。特に青春18きっぷで長距離を移動する場合などはやはりちゃんと印刷された時刻表を見ないとね。書店へ行くのだけれど時刻表が見つからない。店員さんに聞くと週刊漫画雑誌の横に大量に積まれていた。ははあ,雑誌の扱いなのね・・・どうも月刊誌らしい(笑)



なぜ福知山線脱線事故は起こったのか/川島令三

図書館で借りてきた本。タイトルとは内容がちょっと違うんじゃねえの。ってのが感想。ハード面での検証(といってもあまり科学的とは言い難い)に重点が置かれ,ボルタレス台車でなければ,ATSがカーブ直前に設置されていてれば事故は防げたということが言いたいようである。鉄ちゃんでなければ読むのはちょっと難しい本だと思います。逆にモノホンの鉄には物足りない内容かも。


このとき図書館にカードを持っていくのを忘れてしまったのですが,ちゃんと専用の紙に名前と住所と生年月日と電話番号を書けば貸してくれるんですね。よかったよ。



s-IMG_20180428_0001.jpg
北陸政界

ここ1〜2年,毎号買ってる気がする。発売日が楽しみだったりもする。ヤバイ兆候です。中毒になってるかも・・・ww
内容はいつものとおりなので割愛(←オイッ!)




まく子/西加奈子

童話?ファンタジー?青春小説?まあ西加奈子ワールドであることは確かだけれども,「サラバ」と比べたらちょっとイマイチ分からないかなあ。というか「サラバ」以外の小説は正直イマイチピンと来なかったりもするんだよなあ。




銀翼のイカロス/池井戸潤

半沢直樹シリーズの4作目。相変わらずの勧善懲悪に,お馴染みのセリフ「倍返しだ」。楽しめました。




鉄道史の仁義なき戦い/所澤秀樹

鉄道会社ガチンコ勝負列伝ということで,官設鉄道対関西鉄道,阪神対阪急(昭和の日本シリーズみたいだなw),東急対東京地下鉄,西武対小田急の戦いを小林一三と後藤慶太を中心に書かれたなかなか興味深い本でした。




終わらない歌/宮下奈都

「よろこびの歌」の続編。前作に引き続き面白かった。とはいうものの前作の内容をほとんど覚えていないという悪い癖が出てしまい途中までこれが続編だと気づかなかった(笑)
この人の本を読むと,音楽の力ってすげえなあって思うわけですが,僕には好きな曲はあっても心を奪われたり運命を変えるような曲というものにはいまだに出会っていません。

posted by poptrip at 21:00 | Comment(0) | 本・まんが・図書館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

熊本・馬料理 天國

熊本と言えば森高千里でとどめを刺す。
そして,森高千里の「この街」の歌詞(というかセリフ)には馬刺が登場するのである。

夜のおかず何にすっと?
久しぶりに馬刺がよか
あっそう,バイパス沿いに
たいっぎょうおいしい店が
できたとだけん
そこ行こ そこ!
やっぱおいしい馬刺は
ここでしか食べれんけんね!




どうも,「この街」という曲にはバージョン違いがあるようで,「馬刺」のところが「とんこつラーメン」になっているほうがメジャーなようなのだが,ぼくが学生時代に聞いていたのはなぜかこの「馬刺バージョン」。なんでやろ。

ということで熊本最後の食事は馬刺でキメッ!!

ちょうど熊本市電の終点が最寄り駅の馬料理専門店がネットで見つかった。路面電車の未乗車区間を乗るついでに馬刺しも食べれるというまさに一石二鳥,一粒で二度おいしいというやつである。

馬料理 天國です。

s-IMG_5002.jpg

「ひとりですが大丈夫ですか」
「どうぞ〜」

後から来たお客さんは「2人なんですけど。予約していないんですけど大丈夫ですか・・」と。
やっぱ予約をしてから来るのがスマートなようですが,一人で予約ってのもねえ(笑)

ちょっと迷ったのだが馬刺に馬ステーキもつくスペシャルセット(3,100円)をオーダー。

s-IMG_4994.jpg
ミニ馬刺六種盛り(馬刺、レバ刺、タン刺、アバラ刺、心臓刺、タテ髪刺)

馬のレバ刺は初めて食べたかもしんない。タテガミはどこかの居酒屋で食べたしなあ。いや意外と馬刺って食ってるんですよ僕。ほら,先月も敦賀の韓国料理屋で食ってるし。でもね・・・受験の時勉強したでしょ。When in Rome, do as the Romans doって。意訳すると熊本に来たら熊本の食い物を食えってことですよ (違うか!ww)。

s-IMG_4998.jpg

レバ刺のみちがうタレで食べるのです。

s-IMG_5001.jpg
馬汁

これが,またウマいのである(ウマだけに)。

そしてしばらくして運ばれてきたのが

s-IMG_4999.jpg
馬ステーキ

これが,ウマすぎるのである(ウマだけに)。

いやあ,堪能しました。

熊本で馬刺を食べることができたのはひとえに森高千里のお陰なのである。


なお,前夜「ねぎぼうず」を出た後

s-4824.jpg

桂花ラーメンの本店を発見してしまい,思わず見とれてしまったのですが入店するのはなんとか思いとどまっていたことを報告しておきます。僕はクロちゃんや嶋大輔や内山信二とは違うんです!


posted by poptrip at 22:00 | Comment(8) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

熊本城の惨状

熊本は朝から雨模様。

電車に乗っていれば雨に濡れることもないし,半日熊本市電に乗っていようかというヨコシマな考えもチラついたのだが,

s-IMG_4891.jpg

電車から見えたこの熊本城天守閣がやはり気になる。
立入制限がされていることは知っていたし,雨の中近くまで見に行く価値が果たしてあるのか,というのが問題。

熊本城には高校の修学旅行で一度来ている(はずだ)し,早めに長崎に移動しちゃうという手もある。

だけどやっぱり熊本城が気になってしまうのは,僕が池波正太郎のファンだからだろう。僕は再建された城(天守閣)にはあまり興味がなく熊本城も西南戦争直前に焼失した天守閣を1960年に再建したものだ。ということは僕は熊本城もスルーかと思いきや池波正太郎が加藤清正と熊本城を小説の中であまりにも褒めちぎるもんだから(笑)

まずは市役所の展望室から熊本城を俯瞰することに。

s-IMG_4926.jpg

s-IMG_4921.jpg
飯田丸五階櫓

奇跡の一本石垣で知られている(ということをあとで知った)

復興への第一歩、熊本城の櫓を鉄の腕で支える(大林組Webサイト)

展望室には震災と復興に関するパネル展示があった。

s-IMG_4929.jpg s-IMG_4931.jpg

ちょっぴり思慮の上,
雨もやんだし近くまで行ってみるか。
ということに。

熊本城に向かって歩いていく。

ん。

s-IMG_4933.jpg

ちいさい石がたくさん見えるんだけど

これって石垣内部が崩れてるのか・・・

s-IMG_4935.jpg
加藤清正像

ここで案内図を見ていると,ボランティアのおじさんが「天守閣の近くまで行けますから,どうぞ行ってみてきてください。」と声をかけてきた。すごく丁寧に,道順を教えてくれたので僕はその言葉に従うことにした。なんとなく従ってしまいたくなるような温かさがあった。熊本県民というのは日本一献血をする県民なのだそうだ。そのボランティア精神が僕の心の奥底にある何かと共鳴し合ったのかもしれない(ウソ)

天守閣に近づいていくにつれて

遠くから見ても分からなかった

s-IMG_4941.jpg s-IMG_4942.jpg

こんな驚きの光景が・・・



一部の石垣の石はナンバリングをされて広い場所に移動され,元あった場所に戻る日を待っている。

s-IMG_4940.jpg s-IMG_4956.jpg

s-IMG_4948.jpg
左から宇土櫓,小天守,大天守

そして,さらに天守閣に近づいていくと

天守はその姿を変え,

s-IMG_4952.jpg s-IMG_4953.jpg

こんなことになってることが判明!

小天守やばばですよ。

これはマジやばばばばば。

こんなんなってるなんて聞いてないよ〜。

s-IMG_4965.jpg s-IMG_4966.jpg

加藤神社の境内へ。

s-IMG_4963.jpg
宇土櫓

写真には写っていませんが,石垣が膨らんでしまっている箇所があります。
補修のしようがないのでとりあえず崩れないようにネットをかけているようです。
現代の科学をもってしても震災前の状態に戻す方法が誰にも分からないんだそうで・・・だって石垣って1箇所直そうとしたら結局その周りの石を全部直すことになるでしょ。放射状に補修範囲は広がっていき結局一から作り直すのと同じことになっちゃうってわけ。

20年で補修を完了する見込みだそうですが・・・前途多難だな。
金があったとしても技術がない(金も厳しいんだろうけど)。自然災害というものはやはり人知を超えているんですよ。

s-IMG_4964.jpg

ぐるっと一周して帰ってきました。

s-IMG_4983.jpg

次に来るときには,きちんと復元された熊本城が見れるといいな。
それまで僕が生きていられるのかどうか。それが問題だ。



先日,大天守の足場が取り払われたといううれしいニュースがありました。

大天守の屋根、1年ぶりに姿現す 熊本城(熊本日日新聞)

”熊本地震で被災し、復旧工事中の熊本市中央区の熊本城天守閣で19日、大天守を囲んでいた足場の上部の解体が進み、一番上の屋根が約1年ぶりにはっきりと見えるようになった。通町筋の市電通りから2体のしゃちほこの姿も確認できる。”(上記リンク先記事より抜粋)



posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | お散歩・お出かけ(県外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

熊本市電

熊本駅へ着いたのは夕方。

駅前には・・・ほとんどお店がない。
どうも繁華街はJR熊本駅からは離れているようだ。金沢と同じパターン,といっても金沢はいちおうフォーラスとかもあるしそこそこ商業施設があるんだけど,熊本駅前にはホテルとビルしかない。いや,もう一つ重要なものがある。熊本市電の電停である。

駅前(駅裏?)のホテルにチェックインすると,

s-IMG_4840.jpg
ホテルの部屋から熊本駅前電停を見下ろす9700形(9704)

一杯ひっかけてこようかと繁華街へ向かう。
熊本駅前電停には長蛇の列。たぶん新幹線が到着した直後なのだろう。行列をみた僕は一つ手前の電停まで歩くことにした。

二本木口電停から

s-IMG_4845.jpg
8500形(8501)

に乗り

s-IMG_4846.jpg s-IMG_4847.jpg
1人掛け転換クロスシートとロングシートを組み合わせたセミクロスシート

熊本城・市役所前電停まで。ねぎぼうずで夕食をとると

s-IMG_4851.jpg s-IMG_4852.jpg

駅前のホテルへ戻る。料金は1回170円なのだが,Suicaで支払い。

s-IMG_4853.jpg

そして翌朝は8:00過ぎに行動開始。JR熊本駅構内の観光案内所で1日乗車券を購入。1日乗車券は電車内でも購入できるのだが枚数に限りがありますので云々かんぬんとWebサイトにあったため石橋を叩いて渡る性格の僕は観光案内所で購入しようと,案内所の営業開始時間に合わせたスケジュールを組んだのだ。

s-IMG_5662.jpg

熊本駅前から1090形(1095)に乗り込む。

s-IMG_4890.jpg

s-IMG_4901.jpg s-IMG_4908.jpg

熊本市電は,昭和の車両を大事に使っているようで(もちろん改良が加えられている),床面が木の車両が多いのがうれしい。
「木のぬくもり」ってのは確かにあるんじゃないかと思う今日この頃。終点の健軍町まで。

カーブが多いこともあるのだが,「左に曲がりまーす。おつかまりください。」「次の●●駅では多くのお客様がお乗りになるので詰めて2列になってください。」「動きまーす。」「信号待ちです。」と,とにかく運転士がよく喋る。滑舌の悪い人には路面電車の運転士は無理だろうと半分マジで思った次第。

s-IMG_4910.jpg
健軍町電停

この1350形(1351)に乗って,上熊本駅前まで。

s-IMG_4916.jpg s-IMG_4912.jpg

ここからの僕の足取りがよく分からない(笑)
残っている画像から判断すると,上熊本駅前電停から

s-IMG_4919.jpg

1200形に乗り,

s-IMG_4920.jpg
1093と8503

熊本城・市役所前電停で降車し熊本城をぶらっと見てからメシを食いに行こうと再び同じ電停に戻ってくると,目的地とは反対方向へ向かう低床車両0800形(0801AB)がやってきたので思わず乗り込んだ(のだと下画像から推定)。

s-IMG_4985.jpg

s-IMG_4987.jpg
0800形 通町筋電停にて

そしてすぐ次の通町筋電停で下車し,9700形(9704)に乗り終点の田崎橋まで。おあつらえ向きにランチを取ろうと思ったお店の最寄り駅がこの田崎橋電停だったのだ。いちおうこれで熊本市電も全線制覇となった。

なお,この9700形という車両が日本における初めての超低床電車である。FUKURUM,ki-boもこの9700形と同じドイツの会社が開発したブレーメン形というものである。純国産低床車両は鹿児島市電の記事で書いたリトルダンサーっていうやつなのだ(つい今しがたwikipediaで知った事実w)。
また,日本初のVVVFインバータ制御を採用した8200形という車両もあるらしい。熊本市電はなかなか挑戦的である。

s-IMG_4991.jpg s-IMG_4989.jpg
9700形(9704) 田崎橋電停にて/9500形と1350形 通町筋電停にて

2連接車両には後部車両のドア付近に客室乗務員(トラムガイド)がいて,運賃の収受のほか車内アナウンスも行っていた。えち鉄のローカル線ガールズみたいな役目で,車掌とは違うような。

s-DSC_0452.jpg s-DSC_0455.jpg
0801および9704の車内とトラムガイドさん

乗客からすると,わざわざ先頭まで行かなくても降りることができるというメリットがある。が,もちろん人件費の問題もあるため福井鉄道では導入しないんだろうなあ。

熊本城・市役所前電停から乗った9704。熊本駅前に着く直前に,トラムガイドさんがお別れの挨拶を始めた。「本日はご利用ありがとうございました。運転手は●●,乗務員は●●でした。またのご利用お待ちしております。」みたいなね。
で,僕以外の全員が熊本駅前で降車。終点の田崎橋電停までは僕と運転士とトラムガイドの3人のみ。僕だけのためにトラムガイドさんが車内アナウンスをするという,福鉄・えち鉄のフェニックス田原町ラインの日曜日の昼下がりの田原町〜鷲塚針原間のような・・・

s-IMG_5008.jpg

この0800形COCOROは,九州ではお馴染みの水戸岡鋭治によるデザインだそうで。残念ながらタイミングが悪く乗ることはできず。

馬刺しの昼食を終えると,再び田崎橋電停から

s-IMG_5003.jpg
1090形(1095)

に乗り,熊本駅前まで。ホテルに預けていたキャリーバッグを受け取り,新幹線で長崎へ向かった。

この日は雨模様ということもあり,また朝のスタートが遅かったため機動性と時間,それに本人のやる気も不足気味で十分に熊本市電を楽しんだというわけではなかったが,総括してみる。

軌間は標準軌(1,435mm)。
新技術を積極的に採用する一方,昭和30年代の車両もまだまだ現役で非常に面白い。
ICカードはSuicaとも互換性があるという優れもの。

とにかく

s-IMG_50061.jpg s-IMG_4905.jpg
床面の補修跡(1095)/この傾斜具合(1091)

こういうのが僕にはたまらなかったのである。

そして,電車に乗ってるとときどき照明が切れるのよ。

s-IMG_4903.jpg

セクションがあるからだね。

なお,このJR熊本駅舎も・・

s-IMG_4836.jpg

お馴染み水戸岡鋭治のデザインだそうです。

s-IMG_4835.jpg s-IMG_4834.jpg

あとは,撮った写真を適当に並べておく。

s-IMG_4888.jpg
1350形(1355)

s-IMG_4850.jpg
8800形(101レトロ電車)

s-IMG_4897.jpg

s-IMG_4878.jpg

僕の泊った東横イン・・・設備も新しく眺めもよかったんだけど満足度が不足しているのはなぜ?

posted by poptrip at 20:00 | Comment(2) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

熊本・立呑み食堂ねぎぼうず

熊本でも郷土料理を味わいたい。

特にこの漫画のこのシーンをいやというほど見ている僕としては「からしレンコン」と「一文字ぐるぐる」は外せない。

IMG_20180516_00013.jpg
民自党の角丸幹事長

IMG_20180516_00011.jpg

IMG_20180516_0001.jpg

多感な時期に読んだ漫画とか音楽って体に染みついているのよ。
このころの「美味しんぼ」は純粋なグルメ漫画だったから楽しめたんだよな。いつの間にか変な思想が見え隠れするようになりつまらなくなったのです・・・合掌。

ネットで調べてみると,評判が良かったのがこのお店。
ねぎぼうずです。

s-IMG_4848.jpg

そんなにお酒が好きでもない僕が,見知らぬ土地で,初めての立ち飲み屋さんに一人で入るなんてちょっとハードルが高いわけですが,僕は東京でuchidaholic氏にこういうお店たくさん連れて行ってもらってますから免疫は十分できています。それに旅の恥は掻き捨てというじゃないですか。勇気を出して入店です。

まあホントのところ,このお店入口が二つあって右側は普通の居酒屋,左側が立ち飲みでして,最初右の方に入ったら満席で「隣に行ってください」と言われたからしかたなく立ち飲みの方に入ったというのが実情。最初から立ち飲みに行く気満々だったわけじゃないんでげすよ。

完全立ち飲みのお店かと思ったらカウンターにはいちおう席があり,丸テーブルが立ち飲みというスタイル。
僕はちょうど1人分が空いたばかりのカウンターに陣取ります。

次から次へと客の注文が入るため,お店の人に注文するタイミングが難しい。とくにシャイな僕にとってはこういうお店は苦手な部類。引っ込み思案な人はいつまでたってもオーダーできないかもしれません(笑)
でも,ハイボールを少し飲んで酔いが回ってくると調子も出てきてけっこう強引にお店の人を捕まえてオーダー。

なお,このお店完全現金払いで目の前にあるお椀にお金を入れるシステム。もちろん多めに入れておいてそこから店の人が注文された品物が提供された時点で精算するというなかなかアレな。僕はそんなこともちろん知らなくてハイボールをもらったときに「ここにお金を入れてね」って優しく諭されましたw

s-DSC_0429.jpg
こんな感じでお椀にお金を

まずは,「からしレンコン」と「一文字ぐるぐる」を。

s-DSC_0433.jpg

これはうまい。
マジうまい。酒にこんなに合う食べ物はなかなかないぜ。

鼻をぶん殴られるような辛さがたまらん。
辛子蓮根みたいにうまいもんがこの世にあるかね。

偶然にも民自党の角丸幹事長と全く同じ感想だった。

s-DSC_0431.jpg
人文字ぐるぐる

漫画では「一文字ぐるぐる」となっていたが,このお店の短冊には「人文字ぐるぐる」とあった。これもなかなかうまい。

s-DSC_0435.jpg s-DSC_0434.jpg
このしろの刺身/マグロサイコロステーキ

ハイボール2杯と上記のメニューを食しお会計は2,051円。

馬刺しは翌日のランチのとっておこうとこの日は涙を呑んでガマン。
そしてこのちょっとした戦場のようなこの雰囲気の中では,太々しい僕でもデジイチで撮影することは躊躇してしまい,画像はスマホで撮影したものとなったのです。

いやしかし,辛子蓮根マジでうまかったなあ・・・熊本で食べたから美味かったんだろうなあ・・お土産に持って帰ってきて食べてもたぶんそんなにおいしくないんだろうなたぶん。沖縄で食べた海ぶどうにも衝撃を受けたんですが,福井の沖縄料理店とかで食べる海ぶどうはそれほどでもないんだよ。

ごちそうさまでした。

posted by poptrip at 21:20 | Comment(6) | グルメ(中国四国九州) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする