マヤちゃんの前の西山動物園

マヤちゃん いや,麻耶ちゃんを見るまえに一人で西山動物園。 マヤってカタカナで書くと一気に    ガラスの仮面っぽくなっちゃうのな(笑) マヤちゃんと言えば 吉永小百合主演の映画を見ていたら リアル北島マヤ発見 ただ,映画を見てもどの人が北島マヤだか分からず・・・ww マヤトークはまだ続けようと思えば続けられるのですが・・・マヤ(魔夜)峰…

続きを読む

今季最後のレトラム

福井鉄道のF10形(レトラム)は,春と秋の土休日にしか運行されない。 元シュトゥットガルト市電735号のこの車両には冷房装置が備わっていないし,乗降に必要なステップを手動で操作する乗務員が必要などの理由からだと思われる。 今年のレトラムの運行は6月3日(日)が最終日。 この最終日,鯖江市では各地区の体育大会が一斉に開催される。陳旧性心筋梗塞(CKSSKKS)の僕は競技にはほとんど参加し…

続きを読む

鉄道Comment (0)

深緑からの小林麻耶

珍しくヨメがハピテラスへ行きたいなどと言い出したものだからおまえ大丈夫かとおでこに手をあてた~♪ ってさだまさし的な導入となったわけですが,僕は電車に乗りたい。ヨメはハピリンへ行きたい。ずっと一緒にいるわけじゃあないけれど福井市内でメシ食って福井駅前に行くところまでは利害が一致。じゃあということでヨメのチョイスしたお店でランチ。 深緑(ふかみどり)というお店でございます。あとで調べて…

続きを読む

ああ,憧れの軍艦島【後編】

軍艦島といえば 池上遼一先生の名作「男組」にでてくる   この島。 ポパイも南条五郎もこの島で亡くなった(あ,漫画の中のハナシねw)。 そして,能登半島にある 2008年3月(当時のガラケーで撮った写真なので・・・) この見附島が有名だったのだが(オレの中でねww), いま最もメジャーな軍艦島である長崎県の端島。世界遺産である。 そして,…

続きを読む

ああ,憧れの軍艦島【前編】

前回,長崎に来た時にやり残したことが二つある。 一つは稲佐山からの夜景を見れなかったこと。 そしてもう一つは軍艦島に行けなかったこと。 どちらも天候不良によるもの。 特に軍艦島はツアーに申し込んでいたのだが当日に運航中止が決定。その旨を伝えるメールを受け取ったときの虚無感と言ったら・・・まあ転んでもただは起きぬ性格の僕は代りに龍馬ゆかりの地を巡ったわけなのだが(ちょうどその時大河…

続きを読む

長崎電気軌道【後編】

酔い止め薬を買うために電車に乗る僕。 ホテルは長崎駅前電停から徒歩1分なので長崎駅前電停から300形303(1953年製造)に乗車。 観光通電停で電車を降り,Google mapを頼りにドンキホーテ浜町店。 うまれて2度目のドンキホーテで トラベルミン(酔い止め薬)をゲット。 そして鯖江市民の僕はふたたび ひょっこりはん。 いや失礼,…

続きを読む

鉄道Comment (2)

長崎電気軌道【前編】

過去に2度,長崎で乗ったことのある路面電車だけれど,当時は電車になどこれっぽっちも興味がなくただの移動手段だったため殆ど記憶がないのである。長崎には数日間滞在したため鹿児島,熊本と違いかなり電車に乗ったわけで前・後編に分けて紹介する(興味のない人には申し訳ないが長くなってしまったので・・・) 鹿児島,熊本と違い長崎の路面電車は民間の事業者である長崎電気軌道により運営されている。 …

続きを読む

鉄道Comment (2)

長崎に来たらシースクリームを食べるのだ

僕の肉体はとっくのとうに福井に戻ってきているのだが,ブログの中の僕はまだ九州にいる。困ったことに最近は事細かに描写する癖がついてしまい,また話も冗長になりがちで全然先に進まないのだ。だからネタがたまってしょうがないのである。かといって記事を簡略化しようかという気にもならないから困ったものである。 宮崎・鹿児島を経由し熊本から長崎に移動した僕。 SNSで知人が公開しているのを見た「制県伝説…

続きを読む

ヨーロッパ軒豊島分店

ヨーロッパ軒のソースカツ丼に飢えていた。どうしようもなく。 実は,先日職場で昼食に出前を取ろうというハナシになったのだが,まず僕はココイチを提案。賛同者が多数いたのだが,ひとりの男がその前に立ちはだかった。ココイチだけは勘弁してくれい。ともう消えてしまったお笑い芸人のようなことを言うわけだ。 その男のヨメさんはココイチでバイトしていて,家でヨメさんが持って帰ってくるココイチのカレ…

続きを読む

文殊山#26(大村コース)

5月27日(日) はれ 半年ぶりの文殊山。 二上駐車場に行ってみるも満車。駐車場が空くのを待っているクルマもあるという・・・待つのが大嫌いな僕は大村コースへ変更。SKKSになってもやっぱりせっかちなのは治らない。タバコはやめることができても(まだ禁煙治療中であり禁煙に成功したわけじゃないけどな)性格というのはそう簡単に変えられるものではないのだw 大村コースは実に5年振り。 …

続きを読む

文殊山Comment (0)