2018年09月01日

みちのくひとり旅〜米沢牛をいただく〜

米沢駅から徒歩2分。
ネットやるるぶで調べたきた米沢牛ランチのお店。

ワクワク感がイマイチないのは,前日夜にザギンで肉を思いっきり食べたから。
いやあ,あのときは舞い上がりすぎてて全く翌日のことが頭になかったんだよね。もう肉なんていらねぇ,という気分だったら他の食べ物に変更しようと思っていたのだがそこまでの拒絶反応はなかったため,予定通り米沢牛を。

ただもうね,この米沢牛ランチは米沢牛を心から味わうっていうよりは米沢で米沢牛を食ったという実績,思い出作りの一環に成り果てていたわけ。かわいそうな米沢牛。

ということもなく(←どないやねん!),勇んでお店へ。

s-IMG_8724.jpg

米沢牛Diningべこやでございます。
べこって何だ?

そう,このブログを読んでいるオッサンやオバサマ。いわゆる80年代フリークの皆さんにはお馴染みの吉幾三の歌に出てくるじゃないですか。



東京へ出だなら銭コア貯めで
東京でべこ飼うだ〜ンガっ♪


べこってのは・・・たぶん牛のことだと思われ。

開店時刻の11:15直後に入店します。入口で焼肉ですかステーキですかすき焼きですか。と尋ねられます。このお店では食べ方によって席が違うようで,例えば4人でいって2人はステーキ,2人は焼肉なんていう選択はできないということ。ま,それはそれで仕方ないかなと。僕はひとりぼっちのロンリーランチ,ロンリーチャップリンなので誰を気にすることもなく「焼肉でお願いします」と高らかに宣言。

肉の旨みを,本質的に味わうことができるのは分厚いステーキなのだろうけれど,肉と言ったら僕は焼肉なわけ。似非グルメだから(←だれがB旧グルメOPPブロガーやねん!)。ステーキだと僕はファミレスの固い肉でも美味しく感じちゃうわけで・・・しかもステーキは高いのよ。この店で一番安い米沢牛ランプステーキは単品でも3,500円。うな丼よりもエクスペンシブなのよ・・・

ということでお得な焼肉ランチに僕の心が傾くのは妥当,当然の結果。

s-IMG_8713.jpg

炭火です。

悩んだ末,米沢牛カルビランチ(1,480円)に三種盛り寿司(1,080円)をオーダー。
カルビランチのライスは少な目でお願いしました。
米沢牛カルビランチ(1,780円)にしようかとも思ったのですがこの300円は譲れませんでした(笑)

s-IMG_8721.jpg

スープとドリンクと漬物はいらないから200円ほど安くしてくれませんか。とは言いません。ホントは言いたいけど。

s-IMG_8719.jpg

s-IMG_8716.jpg
米沢牛三種盛り寿司 しゃぶしゃぶ,炙り,ロースト

米沢牛の握り寿司。
シブがき隊風に言わせていただくと,「ウシ食いねえ!」なのです(笑)

s-IMG_8722.jpg

日本三大和牛は神戸牛(こうべビーフ),松坂牛(まつざかうし),米沢牛(よねざわぎゅう)らしい。神戸牛は神戸で何度か食べているんですが松坂牛は食べた記憶がありません。賢島で食べたすきやきは松坂牛ではなく国産牛だったわけでして。ただ,松坂牛をどうしても食べたいかと言われるとそうでもなく。そう,肉の違いなんて僕には分からないからなのよ。

で,この米沢牛のお味はというと・・・福井で食べる高い焼肉と同じくらい美味しかったよ(笑)

店を出る頃には行列ができていました。
事前にたてていたスケジュール通りにランチを終えることができたため,予定通り次の目的地へ急ぎます。



posted by poptrip at 21:00 | Comment(2) | グルメ(関東甲信越東北) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする