2018年09月14日

夏の終わりにだけ食べることのできる敦賀名物



夏の終わりにだけ食べることのできる敦賀名物があります。

僕は特に好きなわけじゃありませんので数えるほどしか食べたことがないのですが,敦賀人はこの時期になると必ずこれを食べるのだという・・・

それは,敦賀市の一大イベントである敦賀まつり期間中にだけ発売される。

気比神宮の鳥居の近くの屋台でそれは売り出され,そこには大行列ができるのだ。

s-IMG_2479.JPG.jpg
画像は2009年の敦賀まつり

手振れが醜いこの画像の右上辺りに名物ういろの文字が見えるだろうか。

そう,この「ういろ」がその期間限定の敦賀名物なのである。
敦賀で働いていた同僚(富山県出身)が転勤した後に,この「ういろ」を買ってきてほしいと頼まれたこともある。地元の人以外でもハマる人はハマるようなのだが,あいにく僕は全くハマらず(笑)

で,この「ういろ」ってなんやねん。
っつーハナシなんだけどイマイチ謎が多い。

名古屋の名物「ういろ」あるいは「ういろう」と関連があるのか。ただのバッタもんなのか。テキ屋の世界とかって素人にはちょいとアレでよくわからなかったのだけれど,

9月4日の福井新聞にこの「ういろ」が採りあげられていたのである。

s-IMG_20180913_0001.jpg

記事によるとこの露店は北村商店(岐阜県養老町)であり,80年前から出店しており行列は少なくとも30年前から続いているとのこと。養老町の店舗と違い,ここで販売するのは敦賀で仕入れた素材を使いその場で蒸す正真正銘の敦賀ういろだということだ。

この記事が掲載されたからか,敦賀出身の同僚が敦賀に帰ったときにこの「敦賀ういろ」を買ってきたのである。敦賀で働いていたことのある人も何人かいておいしそうに食べておりました。僕はと言えば・・・ええ,オレういろう苦手なんで。

大量のういろうに思わず手を出してみたものの

s-1206.jpg

やっぱあんまり僕のお口には合わず・・

まあ,コーヒーといっしょに食べたのが敗因か。

ということでお茶といっしょに食べると,口の中で広がったのは夏の終わりのハーモニー



ということはなく(想定内),やっぱダメなものはダメ。

僕の人生で敦賀ういろを食べるのはこれが最後かな。

と思ったのだが

大量に買ってきてあった敦賀ういろが

s-1241.jpg

翌日にも冷蔵庫から出てきた(笑)

ということでまた1個食べてみたのだけれど・・・やっぱダメでした。すいません。僕は敦賀に通算10年近く住んでたんですが敦賀人にはなれなかったようだ。

興味のある方は,来年の敦賀まつりでういろ食べてみてくださいな。




posted by poptrip at 23:59 | Comment(14) | グルメ(敦賀市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする