読書日記(2018年11月~12月)

三四郎/夏目漱石 夏目漱石のなかでは読みやすいということですが・・・難しい。三島由紀夫の小説ほどではないにしても。あらすじを追うことはできるけれども知らない言葉や理解できない部分が非常に多く,同じ個所を何度も読み返したり辞書を引いてみたりと,とにかく時間と忍耐力が必要。これが当時の新聞連載だったということはあの難解な文章や思想が当時は読みやすかったということなのでしょうかね。面白かった…

続きを読む