武生ディープ紀行(後編)

再び尾花新地。 先ほどはこのメインストリートを歩いただけなので,狭い路地にも入ってみることに。   圧倒される。 蛇に睨まれた蛙とまでは言わないが,昭和すぎる建物や街並みと独特の雰囲気に完全に吞まれている自分に気づく。 勇気を出して このような路地にも足を踏み入れてみる。 恐る恐る歩を進めていると 後ろで 「ギャーッ!」 …

続きを読む